2024年06月26日

【日用エンコード】我が名はシンQ郎。ピクセル化1080pにてテレビUSB挿し爆Qを極めし者?

1)記稿.2024/06/26

> 8ビット×拙いref値でさぁどうしよう
> そこで動画フィルターの項目にある「ピクセル化」をピックアップ!
> デフォルトの{2,2,平均}をそのまま使います(最小と最大あるけど選べまてん)


 ‥すると、解像度は1920×1080なのに
 中身は‥960×540‥としたハーフFHDに様変わるどえむ
 これにシンQ郎が加わると、なんちゃって480インターレース解除風‥みたいな

 (もう、テレビUSB挿し×爆Qサーチ最優先には、これっきゃねぇ)


 ‥だがしかし、PCM音声を一気にAACに変換すると高音部でノイズだらけにしか聞こえない
 DVDのAC3からの変換には問題無いのに、PCMからだと高音部でノイズだらけになる
 どれで組み合わせてみても全滅せり

 仕方がねぇので、一旦AC3にしてからAACにせざるを得ず(やや面倒くせぇ)
 (そういう隠れたお約束な仕様なのだろうか???)

  ‥まぁ、俺はAC3派なので、保存環境としては、全然かまわないんだけど
  テレビUSB挿しとしても全然そのまま回せるので問題ありません
  (Chromebook用途だと、鳴らない仕様なので、変換の用有りどえす)


> E-AC3からもありか‥調べてみたら、AC3を介するのが一番に安全ぽい
> ‥AC3(576)→AAC(576)という具合に‥×1倍にて掛け渡すのが良さげらしい



1-1)1

 幅:1920 [2]
 高さ:1080 [2]
 スケーリング:双三次スプライン
 ディザリング:自動
 アスペクト比:オリジナル× → ◎16:9(嫌々せずに手動にて切り替えます‥何かが違う‥)
 アスペクト誤差:-0.0000
 拡大:なし
 □ アスペクト比を保持
 1920×1080


 逆テレシネのフィールドマッチング(i解除時に使用)
 インターレース解除(リニア混合をi解除時に使用)
 クロップ
 パディング
 解像度
 ピクセル化(テレビUSB挿し用途にて使用‥今回の要)


> キュルキュル増が目的ですので、MP4にてエンコードしまーす(いきなりにMKVは駄目れす)



コーデック:MPEG-4 AVC/H.264

フレームレート:23.976(オリジナル or 2-3プルダウン型はi解除すべし)
カラーモード:YUV 4:2:0 Planar 12bpp
レート調整モード:2pass平均ビットレート(品質0を選択しても、なぜかエラー吐いて止まる)

ビットレート:12500‥(ピクセル化ゆえの一択どえす‥25分モノ2.333GB程度予想)

プロファイル:High‥(テレビUSB差しなので8ビットどえす)
レベル:6.1‥(実験検証中なので6.1で回しておりますが、内容的には5.1可)

Open GOP:□
キーフレーム間隔:6‥(原画マン風なキーの入りは無理なので、動画マン風均一感になってます)
最小GOPサイズ:1
表示モード:プログレッシブ
スレッド:0
強制的に固定フレームレートのタイムスタンプを生成:オン



subme(7)にほだされて
ブロッキングのオンオフ切換ノウハウをすってんてんに忘れてました‥
今回は、ソース1920×1080(16:9)が対象なので‥ブロッキング{オン,0,0}です

(※ 720×480をブロッキング□で確認し直しても解らないレベルだと思うz)
(  そこは明らかに、subme(11)だったからかも‥になるかも)



言わずと知れた「わさb抜き」どえす



適応型DCT:オン
I8x8:オン
I4x4:□
P8x8:オン
P4x4:□
B8x8:□



VBVバッファサイズ_:18000
VBV最大ビットレート:32000
VBV初期バッファ:0.9
可変ビットレート:9801.0‥(打ち込み後→「即予約打ち」の用あり)
量子化圧縮:0.6
先読み:999‥(ファイル選択行を移動すると250に強制変更あり)
Lookahead Threads:0
Syne Lockahead:999‥(ファイル選択行を移動すると250に強制変更あり)
MB-Tree:オン



M.E.範囲:4
シーン変更感度:89
M.E アルゴリズム:SATD Exhaustive Search
サブピクセルリファイン:7-全フレームのRD
Chroma M.E.:オン
P-フレーム予測の重み:ブラインドオフセット



量子化最小値:10
量子化最大値:69
量子化最大値(Delta):4
IP比率:1.4
PB比率:1.3
彩度QPオフセット:0
輝度量子化のデッドゾーン(Inter):21
輝度量子化のデッドゾーン(Intra):11
AQモード:暗いシーンのバイアスを自動分散
AQ強度:1.0



Trellis:常時
Psy-Trellis強度:1.00‥(キー枚数増幅装置作動中みたいな‥切ったらあかん奴)
Psy-RD強度 :1.00

参照フレーム数:3‥(テレビUSB挿し再生負荷軽減措置‥1080pは重いどえす‥)

ノイズ減少:0
参照フレームMix:オン
CABAC:オン
DCTなし:オン
Fast P-Skipなし:□
心理的エンハンスなし:□



ビデオ形式:指定なし
カラー優先度:指定なし
行列係数  :指定なし
伝送特性  :指定なし



> これから諸々の確認に入りますのであしからず



posted by 木田舎滝ゆる里 at 03:05 | Comment(0) | AVC-シンQ郎 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。