2015年06月10日

【妄想】ろくでもねぇとんずら戦略・続

記稿.2015/06/10

 奴らは20年後の地球の状況を把握している。
 逃げ出す計画において用意周到だ。
 中でも水素事業は欠かせないプログラムである。
 火星には水があるとか‥エウロパには水があるとか‥
 UFOでエウロパまですでに行って来たと考えるべきだろう。
 つまり、水を中心資源にした火星基地での暮らしを目論んでいることになる。
 今のうちに日本企業を使えるだけ使って、基礎技術と量産技術の確保に急いていると言える。


> ‥そう言う見方もできると言うことになるが


 水をそのまま燃料にできる技術もあるそうで、そう考えるとわざわざ水素に分解する意味は
 呼吸のための酸素の確保とも言えそうだ。

 しかし、日本で進められている水素の取り出しは

 水を触媒に通して分解後は、二酸化炭素になっちまうとかの話で‥
 わざわざ水素に注目するには、他にも理由があると考えるべきか‥
 二酸化炭素から直接カーボン繊維の材料にでもしようというのだろうか‥
 ‥まぁそう考えれば一石二鳥ではあるな。(そう言う話はまだ耳にしないけど‥あるのか?)

 レールガンにしろ、レーザー光線にしろ‥いろいろと忙しそうだ。
 対宇宙戦用兵器に、自動で動くアレやコレも欲しいんだろうな。
 Googleがロボットに手を出したって話も、合致するよね。(手数が欲しいわけだ)


> 為替レート100〜110円程度で御の字だったはずなのに


 今現在の円安の流れは底なし気味になって来た。
 なんだかんだと、日本のお金が奴らの脱出のための手引きに利用されていると言うことか‥

 「‥安倍政権はそこまで掴んで動いているのだろうか?」

 掴んだ上でカネを回していると言うなら、これはどうしようもないクズということになる。
 知らないで動いているなら‥それはそれでオマヌケって話か‥
posted by 木田舎滝ゆる里 at 05:17 | Comment(0) | 黙示録 | 更新情報をチェックする

2015年06月08日

【妄想】ろくでもねぇとんずら戦略

記稿.2015/06/07

> 宇宙Now+α第50号が一部公開されていたので読んでみた


 この情報に目を通す限りにおいて、奴らは、すでにタイムマシンで近未来を確認しており
 自分たちの足元である米国大陸が、特定点を境に存続が不可能である事実を理解している模様。
 (無駄にハリウッド映画を使って宣伝しているわけではないらしい)

 なんでも‥核兵器を所持していると、宇宙人からの攻撃対象に嵌まるとかで
 破棄に尽力しているとも書いてある。核兵器を所持したままの地球外移住が不可能なんだとさ。
 (それはそうと、どこに捨てられるてんだよ?‥不明点は多い)


> ということは


 G20の動きという奴は、はなからのフェイクである可能性が濃厚だ。

 AIIBに、欧州の各国が連ねているが、
 協力する振りして、実は、地球でできる活動に支障が起こらないように装っているだけに思われる。
 ‥なんでも、最終的には地球製UFOに乗って火星基地に移り住む計画だってことだそうだ。

 大方、ロズウェル事件の詳細の公開期日をカウントダウンにしているのだろう。


> つまり


 奴らがおとなしくなったように見えるのは、羊の皮を被っているだけで、改心しているわけでは無い。
 ‥まぁなんだかんだとG20の連中の中にも、火星への移住話に乗っかっている連中も居そうだな。

 甘い汁を吸わせているように見せかけて、決定的な破滅に見舞われる際には、
 上から目線で「ざまあみろ」の捨て台詞を吐かんばかりに備えていると言うことか‥


 捨て石にされようとしているのも知らずに、宇宙開発とか踊らされて
 実は、人類規模でのポイ捨てしか頭がないと‥まぁ今年はとくにそこを煽るような番組が多いな。


 ‥奴らの動きは、やっぱりろくでもねぇ。


 「BenjaminFulfordとか板垣英憲とか‥情報屋の平和感覚がただのお人好しに見えるww」

 やはり、すでにリストに挙がっている奴らは、
 地球に居る間にさらし首にして、地球人類の覚醒に役立てるのが一番だと思う!!


> それにしても、どこまで近未来の終末図は決定されているんだ!?


 宇宙全史の方でも、人類の2割程度しか生き残れませんなんて今さらながらに言ってるぞ。
 ‥最悪1割が2割に上昇したんだから、とりあえず自らの成果をよろこぶべき処だと思うが。

 そこを無駄に緊迫感丸出しにも
 しっかり地に足を付けて生きていない人は、地球に残れませんなんて注釈するわりには、
 まんだらけ自体の存在性が、引きこもりの助長にしかなっていないと思うのだが‥

 ‥そう言う意味では、改めて「地に足を付けたお仕事って何ですか?」って訊いてみてぇぜ。


 (オタクのグッズを右から左に流通させるレベルがOKなら、大概なんでもアリになるからな)
 (大体あすこの社長は、それ以外の実的活動に熱心なところが無いわけでありまして‥クワァ!!)
 (オマケにブラックとか訴えられたこともある始末だし‥クワァ!!)
 (そこんところどうなんだよ、あん?)
 (祈りが基準と言わんばかりの主張をいつもしているが、それならそれで矛盾発言だな)


 ‥地球に残れる残れないの選択は、どう考えても、地球の物差しだとしか思えない。

 それはつまり
 宇宙船の中でも生きられさえすれば、とりあえず好いとか諦めているような奴は×と言うことだ。
 「ふるさと」でないと生きていけませんとした気概は重要だと思うぞ。
 それでも、奪い合いが当然としか考えていない奴は、どう考えても×と言うことだ。

 ‥宇宙に類を見ない生命豊かな星が、糞難しいことなど要求しているわけがない。

 それにしても、今のところ2割セーフだって見立てだからな、
 それはつまり、ちょっとしたことで、息絶えないとも限らないレベルに置かれたままと言うことだ。

 ‥生まれ変わるにしたってな、そんな状況でハッスルできる御仁はどれ程居るの?
 つまりそういうところも吟味してだな、生きる意欲に乏しいと運も乏しいと‥
posted by 木田舎滝ゆる里 at 07:55 | Comment(0) | 黙示録 | 更新情報をチェックする

2014年09月29日

【予想】水蒸気爆発はこれからも頻繁に有り得る

記稿.2014/09/29

 宇宙全史の黙示録には書かれていなかったが、
 地球が浄化に向けて、色々とやっている事の一つに、
 温暖化に伴うはずの海面上昇を緩和すべく、
 大気と大地にその水分量を分散しているという。


> 気象観測上でも、最近は雲自体がすぐに消えないようになってきているそうだ。


 また、大地に水を吸わせているというのが宇宙全史での内容だった。
 その片隅に富士山噴火が書かれてあるのだが、どうしても腑に落ちないでいた。

 その中身がどうやら‥今回の御嶽山の噴火に示されたと言うことになる。

 未曾有の大雨が度重なって降れば、嫌でもその水分が地中深くに注ぎ込む‥
 日本の地下がマグマ溜まりなのは言うまでもない。
 その溜まりに溜められることになる雨水量が、マグマに熱せられる。
 その結果、「ドカーン」となってしまうのは、普通に考えても物理反応だ。
 (‥確率が上がるとの解釈はされるべきことだ。)


> つまり、地下の水量増分とマグマの位置を割り出せばいい。


 後はデータを積めば、事前注意ぐらいは出せるようになるはずだ。
 もっとも、データが積まるようになる頃には、富士山噴火と重なりそうだけどな。

 ‥理屈さえ解れば、そのぐらいの技術はもうすでにあるよね。あとはよろしく。

 さしずめ、雨量で言えば、富士山より阿蘇山の方が恐いよね。
 桜島も、いつになくデカい奴を吹かしてるわけだしさ。
 (‥最近の台風が、静岡県を空振り気味に通っていく理由が分かった気がする。)
posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:25 | Comment(0) | 黙示録 | 更新情報をチェックする

2014年09月08日

[メモ]人間計画の焦点

1-3)記稿.2014/09/08
> 宇宙意識らが自らの求める創造を試みた段階で、扱いやすい道具が求められた。


 そもそもにして、自然界を見回してもそうだが、
 念の力で惑星を真っ二つにできるとしても、刃で切り裂いたような姿にはなるまい。
 遠目で見てスパッと斬れたように見えても、近くで見ればデコボコだろう。
 つまり、ミクロン単位で出来ることには自ずと限界があったものと考えられる。

 ならば、生物だからこそ創造し得ている細やかさも中にはあることになろうか。


> 得手不手の解消に道具を用いることも創造の形の一つである。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 17:05 | Comment(0) | 黙示録 | 更新情報をチェックする

2014年09月07日

【刮目】闇と光

1-3)記稿.2014/09/07
 「闇とは何か?」
 「光とは何か?」

 闇は明日への希望無き様を指し
 光とは明日ある希望を垣間見ている様を指すと考えるなら、
 ‥物事の多くは常に闇に包まれていよう。

 調子の良いことなどさほど長続きはしない。
 全体で見れば尚更だ。
 ‥100を割って、誰が多くを得るかなど所詮そんな所である。


> ゆえに、日常において何が光であるかは、そのままに相対的でもある。
> 数多在る人それぞれの見方が公平だということだ。


 ‥それは即ち、誰しもは闇を抱え、光を求めて彷徨っているかの如しでもある。

 闇の度合いに差があるだけだ。
 闇が深い分だけ、光を放つ時の度合いが時には優って見えもするだろう。
 しかし、たまにしか発せられない輝きに、希望の眼差しはなかなかに向けられないものだ。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 01:13 | Comment(0) | 黙示録 | 更新情報をチェックする

2014年09月05日

[メモ]人間計画の概要

1-4)記稿.2014/09/05
 これは、魂の永遠を信じない方には用の無い話です。
 興味のある方もまぁ話半分でご覧下さい。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 15:41 | Comment(0) | 黙示録 | 更新情報をチェックする

[メモ]人間を出荷するという宇宙的計画

1-7)記稿.2014/09/05
 これは、魂の永遠を信じない方には用の無い話です。
 興味のある方もまぁ話半分でご覧下さい。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 00:36 | Comment(0) | 黙示録 | 更新情報をチェックする

2014年07月28日

[裏読み]人類、危機一髪「太陽風」あわや200兆円損害

1-1)記稿.2014/07/28
> たったの200兆円???


 地球規模の経済ダメージの被害総額がたったの二百兆円‥
 どんな計算してんだよ‥

 ということで閃いてしまった。

 この二百兆円とは、とある連中がせしめている金利の総額だと言うことに‥

 仮に年間3%の金利をせしめている計算をすると、
 その元となる連中の握る経済規模は、六六六六兆円・・・(暗号かよ)


> 南海トラフの被害総額にしたって、
> 同じことになるのかなっと。ググってみると‥


 南海トラフ地震、被害額最大220兆円。(年間1%の金利だと2京2千兆円)
 なんと、太陽風のそれより南海トラフの方が大きい‥
 (‥日本の占める経済の役割がとてつもなくデカいということか)


 これはつまり、
 世界を変えるには、日本から崩さないと効果が出ないことを意味する。

 (‥日本でそれを叫ぶと、誰からも非難を受けざるを得ない)
 (確かな一発逆転策しか受け入れられねぇって状況だな)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 12:20 | Comment(0) | 黙示録 | 更新情報をチェックする

2014年07月04日

[驚愕]○○制が無くなっていくんだと‥

1-1)記稿.2014/07/04
 ○○制が無くなっていくということは、
 ○○国憲法の前提が無くなるって意味であって、

 ○○家が滅びると言うことは、

 世界中の○族も滅んでいくということであって、
 搾取システム全崩壊だから怪しいと思っていたが、
 ‥サイトのコメントの方に、黙示録の著者がつぶやいていた。


> 改めて、ああそうなんだと思わざるを得ない。


 時期については述べられていないため、
 何がどうなるかについてはまったく不明。

 2020五輪は怪しいけど2024五輪はなんとか開催されそうです‥などと言ってるから、
 如何なるペースで事が進んでいくのかは、正直まるで予想できん。


> とりあえず、考え直さないとな。
> それにしても対宇宙人時代になるというのに、どんな統治システムが登場するんだ?
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 16:59 | Comment(0) | 黙示録 | 更新情報をチェックする

2014年07月01日

[仮説]潜在意識をサーチする能力とは、味覚(食事)ならぬ気覚(呼吸)である

1-5)記稿.2014/07/01
 宇宙全史の著者は、サニワ(神を降ろす媒体)と聞き手で構成されている。
 今回の黙示録を降ろしたのもこの二人であり、
 そのサニワの潜在意識サーチ能力は陰始を上回るものがあるという。

 そんな似た者同士の特技の中に、

 疲れたらこそっとエネルギーを頂いてしまえる能力があるという。
 「20年後世界人口は半分になる」の中でそのように紹介されていた。

 ‥ただし、宇宙全史のサニワの場合、
 直ぐに反作用が体に現れて、調子こいて頂ける代物でないそうだ。


> この潜在意識サーチ能力とエネルギー吸収と体内反作用はセットである。
> ‥そう考えた時、宇宙のエネルギー循環における基本的なメカニズムが浮かび上がった。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 13:17 | Comment(0) | 黙示録 | 更新情報をチェックする