2023年08月04日

【宇宙全史】真我=混沌ならば、成功の概念からしてまるで違うでしょう

↓2)記稿.2023/08/04

> 人生をどんなにあれこれ思い描こうと「自己満足」止まりだ
> 「自己満足」として、どこに落とし所を付けるべきか‥でしかない


 ‥不思議なことに、思い込みにも憧れからスタートしていたりする
 若しくは、意味不明な裏付けの無い自信からスタートしてたりする

 其に縛られると、其の籠の中で飛ぶ姿を‥夢・勇気・成功などと思い込んでいたりする
 実に不思議なことだ


 ‥実際、あなたの仕事はどれ程に役に立っただろう?
 未曾有の台風一つで吹き飛ぶ程度なら尚のことだろう
 蒸発禍とした熱波一つで命落とす程度なら尚のことだろう

 所詮は、無力だ、無力のくせに
 すべては席順だというし、資本力だというし、結果だという

 結果だというなら、それこそ、てめえが折れた時が負けだと語る話だろう
 水に流された、熱に冒されたというのも負けだとしている話になってくる


> なればこそ、てめえが敗れるイメージを持たぬ者は脆い
> 其は、公平たる意識が脆いとも言えよう


 そもそもにして、成功としたイメージが脆弱なのだ
 志の程度、矜持の程度が、目先での人並みで横並びでしかない程度なのだ
 だから、それこそ自己満足という程度がやっとだろう


> では、問おう
> 自己満足でしかないなら、自己満足で良いらしいのなら
> 貴方の道のりを自己中上等で染めるかね?
> 自己中上等に邁進する社会をライフしたいかね?


 貴方がもし、たとえ自己満足だろうとも、自己満としてのレベルを上げていきたいのなら
 貴方が感じる程度の低さとやらを手放して行かざるを得まい
 (ヒトによってはその逆も有り得るだろう)

 それが辻褄なのだよ、そこに辻褄があるのだよ(成長)


 ‥だが、多くの者には免疫が足りていないようだ
 成功する‥もとい成功したいイメージしか思い描けないがゆえに
 失敗に踏み込んでしまっているという時点で気がつけない


> そこに素早く気がつくには、魂的なうんざりするほどの失敗経験としたすり込みが必要だ


 ‥ここが肝で、真我=混沌として解釈したなら
 真我には、経験値が圧倒的に足りていない事になる
 なぜなら混沌と同じだから、価値観が等価だから、失敗してみるまで馬鹿丸出しとも言えよう

 私たちの本質は、失敗して貰ってなんぼで、真我にエネルギーを奪われているも糞も無い

 宇宙の原初からして、始めから何も知らないのと同じ所からの積み上げをせねばならんのだ
 (全知全能なんざ、露骨に語りだせば、それこそただの思いこみだよ)
 ならばこそ、失敗ビジョンに、しかと反応を示して対処できる者ほど重宝される次第に成るのだ


 ‥それにしたとて、時代が時代なら、環境が環境なら
 何を始めるにしても、失敗するイメージしか湧いてこない状況にもなろう
 ‥それにしたとて、イケイケゴーゴーとした環境にしかないなら
 守るより攻撃こそ最大の防御、攻めるが勝ち‥などとした哲学しか採用しないなら

 失敗への危機感が足りないがゆえに、引き返せない負荷を築き上げていたりするものだ(カルマ)


> どうせ自己満でしかないんだ、少しでも身軽の方が良いだろう
> ならば、負荷の軽い選択として、脳内失敗例を総ざらいに感じ取り、選択肢から外すべきだ
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 03:59 | Comment(0) | 黙示録 | 更新情報をチェックする

2023年07月30日

【宇宙全史】汝が獣側なのか?人間側なのか?‥汝の心に訊くがよろし‥

記稿.2023/07/30

 原始としての宇宙の始まりには、右も左も上も下も無かった(つまり真我?)
 だが目覚めたことで、周囲とした境目を切り取るようにエントロピーが発生し
 創造ベクトルが起動した(つまり自我?)

 起動した創造ベクトルが失われることなく在り続けるには
 エントロピーとした不安定な磁場を誘発して、近場を巻き込むことで
 創造ベクトルを保持せざるを得ない(つまり活動エネルギーの補充、互為協賛、喰らい沙汰)


 だがしかし、創造ベクトルのベクトル修正には、補充エネルギーの減速等の処置が欠かせない
 この時、巻き込まれたばかりの側にブレーキングを求めることは無理(諸々自我の初期段階?)
 謂わば、十分に反応しきっている側にこそブレーキングとした選択の決断を迫る(諸々散華段階?)

 だがしかし、主体的に自我の散華を望む者は少なく
 結果的に、自我のエネルギーを吸い上げるとした方針が採用されるに至った
 (強制的に真我に食われている?死滅ありき?自我の希薄性要求?)
 
 もとい、真我に至るとは
 必要に応じて創造ベクトルを調整すべき減速方針(吸い上げ)を理解することであり
 同時に、降ろす・与えるとした創造を担う自覚を誘発している
 もしくは、散華を蹴って
 姑息に吸い上げる者らを掌の上で活用する手綱を握るべくした高度な意識感化の渦に在り


> されど、真我には、右も左も上も下も無いのだから


 どちらが主体的なベクトルとしたよすがに在るかも、副次的な修正ベクトルに在るかも
 その区別における主副とした判断を為るところに無し

 在るのは、必要だから行うとした無情たる趣になるであろう

 とはいえ、仏陀とした存在の奥行きを知れば、誰だろうと
 真我にも奥行きらしき理の差の有り様に、思いを巡らせざるを得ない

 (宇宙全史では、次元の狭間には何兆兆次元も存在すると語られてある)
 (仏陀にあろうと、その狭間で語るとなると人寄りに近し‥みたいな)


 ‥詰まる所、必要だから行うべしとした理解の差が
 「人」と「神」で異なっており、「自我」と「真我」で異なっており
 各々においても、理性に従ったり、感情に従ったり、知性に従ったりとしており

 役割の向き不向きとした因果に満ちて在る所の揺れ方、振れ方に
 己がどう思い、為したのか・為さなかったのか‥唯それが在るだけだ

 それらが、宇宙な一体として在るばかりだろう
 (汝が予測したり、観察し得ているなら、確かに宇宙とした部分生命として在るのだ)


> だが、そこには価値観とした価値観が存在しない


 されど、ご褒美欲しさに、思いこみ勝手にも、自他の価値付けをやらかす姿が有るばかりだろう
 其をエゴというそれだけのことだ

 美醜、好き嫌い、ケチ・親切、優秀で使える・馬鹿で使えない(誰だってやらかして在るのだ)

 その上で、エゴの肥大化を邪悪と区分する‥其れだけのことだ


> そして「価値付けとは何か?」と問うなら


 その手の価値付けにこそオリジナル感を馳せ感じたいとした趣になる
 我こそが上位者であるとした上下観、それの有り様を正して証明したいと望むばかりだろう

 そこに汝の酔狂を纏おうとしてあるなら、エゴの希薄化など無理
 むしろ、邪悪への道こそ上等とした立ち位置を占めて在る


 価値を欲していれば、欲するほどに軽く足を掬われ、価値にスガルばかりだろう
 拠り所としてスガルとした意味としては、どれも同じであるがゆえの「力こそ正義依存」だった‥


> 獣じゃあるまいし、もっと自由に発想せよとした意図が、人間種には込められて在る



posted by 木田舎滝ゆる里 at 00:37 | Comment(0) | 黙示録 | 更新情報をチェックする

2023年06月12日

【宇宙全史】絶望しないと人間が覚醒せんから堕とす歴史が必要だったみたいな

↓2)記稿.2023/06/12

> 完全覚醒すると宇宙から排出されるらしい
> これをどう解釈するべきかのヒントとして
> 「自我(エゴ)が絶望するから」と付け足して‥さぁあとは考えよう‥


 ‥実に興味深い謎掛けなんじゃが
 排出って産卵みたいなもんなの?それとも汗髪垢糞尿扱いなんすかね?

 真我の先にも世界ありきで

 さらに排出されているにもかかわらず
 通信可能みたいな‥出戻りも可能みたいな‥じゃ何だったの?
 完全覚醒したとしてもノンタッチか否かは当人次第で‥

 (通例は、ほぼふり返りもせず、こちら側に興味なしスタンスだけだった話にも見えてくる)
 (通例は‥実験側の空気を読んでいただけみたいな)


> そもそもの宇宙が、「願いは叶うさぁ願ってみよう」スタートやらかしているわけである
> どうにもそれって、おもてなし論なんだよな


 ‥でも大抵の多くは横並びでしか願えず
 他者の持ち物を欲しい程度が精々で、後出しジャンケンなら絶対勝てると思っていても
 自慢したかったら後出しじゃ駄目で、だからこそオリジナリティを願うべきに陥るのだが

 独自性やらオリジナリティを得るのは非常に難しい
 (そもそも何らかの流派的な始祖になろうと、時代が経つと普通だったりするわけである)
 (器用貧乏だろうと、オールマイティに能力あった方が優良物件だったりするわけである)


 ‥真剣に考えすぎた結果、トライしすぎた結果、得るものなしに至った御仁らに
 叶えるべき最終もてなしとした手段こそが、「バイなら」という事なのだろうか?


> ここで、プレアデスは失敗作と言われる所以についてちょっとばかり述べると


 ‥プレアデスでは集団幼児教育を施す
 プロフェッショナルの担当が居て、赤ん坊の段階から一手に引き受けて、英才教育を施すのだ
 (親としてみればとても楽チン)
 (それだけで、多種目族間の軋轢が丸く収まるとした効果優先らしい)


 特定年齢に成ると親元に戻って暮らす
 (過疎過密を嫌って暮らしているそうなので、人口増加も緩やかなのだろう)
 (成人すると個々に居住区画を森付きで割り当てられ、四人組で行動するのがパターンらしい)
 (そういう風に教育されて仕上がってくるわけどえす)
 (恋愛に関しては、ペアありき重婚ありきで、かなり自由だそうだ)
 (そんなこんなで、オーム宇宙の大都会とした扱いで人気が高い)


 ‥とくに驚愕なのが、寿命が千歳平均から来る近親相姦の管理能力でーす
 なんでも七世代開けておくと、近親相姦での奇形の発生確率が限りなくゼロになるらしい

 ‥避妊の方法も驚愕で
 受精卵を得た時点から着床するまでの間に、とある薬草を飲むと強制生理、強制排卵するという
 でもまずは、受精卵を鑑定できないと無理なので、鑑定できる年齢に成らないとリスクなので
 大抵の者はセックスを控えるらしい
 (薬草とて、それなりに飲み過ぎ頼みはリスクくさい‥強制生理だからな‥)
 (セックス等の機能は地球と同じく、10代の内に獲得するそうです)

 (地球の医者はこぞってオナニーは身体にも良いとしていますが、プレアデスの見解は反対です)
 (地球の医学では、エネルギー云々とした視界を得ていないからな)


 ‥そげなプレアデス人の多くは、お花畑にも、宇宙の最終局面でも楽しいことを考えよう
 などと宣うような傾向にあるという
 (まぁ並べてみると、そげな天然に至るように刷り込まれてあるみたいな)

 それでも、行き詰まりを見せたのだから
 実験側としては、失敗作として念を押しておきたくも成るのだろう


> 良さげで屈託せずに済む環境で育つと、平均的にそうなってしまうばかりでしょう
> そうなると誰も覚醒なんか求めない(求めて貰えないと困る都合があるらしい)


 ‥だがしかし、絶望の度合いにも天と地があるというのだから絶句ものだよ
 最上的に絶望しきらないと完全覚醒しないとか、理解不能
 (だったらその逆も有り得そうだが、プレアデスで懲りてそうなので、今や論外みたいな)

 (宇宙全史でも怠惰の果ての覚醒もあったとの話がありますからね)
 (勿論、そんな話をマスゾウくんが聞けば、真っ先に飛びつくわけですが禁止令だった)


 ‥とにかく、地球での現状において要求されている完全覚醒とやらの条件が
 「絶対絶望からの突破」とはなんぞや?という事らしい

 (まぁそこからはみ出したユニークな覚醒も有りなんだろうけど、宇宙全史では対象外だ)
 (そんな事情を感知したら、仏陀だって再降臨を辞退するに決まってる)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 19:50 | Comment(0) | 黙示録 | 更新情報をチェックする

2023年05月24日

【宇宙全史】親霊と子霊の都合には、肉親から借り受けるエネルギーも絡んでいる草

↓3)記稿.2023/05/24

> 地球の阿頼耶識界とやらに、親霊がVRゴーグル付けて着席するようにして
> 地上にオギャinすると、アバター(子霊)が動き出すわけだが(そんなイメージだそうだ)


 その際に、地上世界の神からチートなエネルギーを受け取るのでは無く
 肉親からエネルギーの一部を受け取る仕組みになっているという

 その理由が、なんと、エネルギーの譲渡を介さないと、きちんと子育てしないという
 様々な実験結果からの補正した意味での貸し借りなんだとか
 (なんでも返して貰いたいとの思いも合わせて、子がより可愛く見えてきちんと育てるんだと)

 (それが宇宙的な規模でフラクタルだとすると‥まぁとんでもねぇ話ッスよね)


 ‥じゃ、「精子提供だけなんですけど」はどうなるの?
 (それを知らずと「ばら撒いてる」と、無残なスカポンチン状態に成りそうですよね)
 (誰も質問ツッコみせんネタのようで、難ですがッ‥主題はそこに非ず‥)


> じゃ、死ぬ時に肉親から貰った分のエネルギーを返すわけですよね
> (という質問が未だにお目見えしないのだが、お前らスルーしてんなや)


 ‥つまりだな、死んだら肉親から頂いたエネルギーを返すわけよ
 すると、てめえのアイデンティティーを100%保持できないわけよ

 (どのタイミングで返すのかなんて知らんけど)
 (タイミングが悪いと、自分で自分を理解できなくなるという副作用にもなるだろうね)

 (生きている内は、周りや肉体が記憶をサポートするわけだけど)
 (死んだ後のことなど謎だらけだからな)


 ‥どちらにせよ
 子霊が、きちんと親霊の元に戻ったら戻ったで
 親霊同士からしたら、どうぞどうぞお持ち帰り下さい、ありがとうございました‥なんだろうけど
 肉子の霊からしたら、精神分解オチなわけよ

 (いやぁまぁそういう話だよね)
 (だからそのまま親霊に吸収同調しちまった方が、混乱せずに済むって流れ)

 ‥親霊は親霊で観察してたわけだから、それなりに記憶の辻褄合わせになるわけよ
 でも、体験していた側に無いので「あの時の気持ちってどんなだったけ?」とはなるだろうよ

 (そんなこんなで、過ぎた事に‥ままどうでも良くなっているのも成仏状態の特徴くさいとっ)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 11:44 | Comment(0) | 黙示録 | 更新情報をチェックする

2023年04月26日

【宇宙全史】邪悪から出てきた存在は居ますか?

↓3)記稿.2023/04/26

> 真我 ← 自我 → 邪悪
> 自我にはそういう幅があるらしいというのが宇宙全史の含みだが
> マスゾウくんは、真我から出てきた存在ばかりに注目して
> 邪悪から出てきた存在については言及していない


 ‥ぶっちゃけ、その二つは
 設計した側からすれば同じ可能性でないと困るはず‥

 ‥ぶっちゃけ、地上の人間の傾向では
 真我から出てくる話より、邪悪から出てくる話の方に関心度が高い(謎)
 (アナキンスカイウォーカーとかどうなるの?‥みたいな)


 どちらにせよ、自由自在とは
 どっちの極端に偏っても真ん中に戻ってきて、地上活動に参加して貰わないと実が無いわけでーす

 (そうでないと設計者としては、完全性を担保し得たとは宣言できんわけですよ)

 (別口では、「人間をオーム宇宙外に出荷する」‥言ってますからね)
 (ラ宇宙の種族らとなにが違うんだよ?)
 (漫画「御祭舟」では、そこはツッコまなくて好いみたいになってるけどさ)


> では、自我とは何か?
> ここでは、自転車漕ぎ自家発電に参加することを地上に降りると仮定しよう(転生欲)


 ‥自分で発電した分は自分で自由に使って良い
 ‥創造企画側は、其に抵抗を課して、ちゃっかりとエネルギーを頂戴しちゃっているけどな
 ‥参加者は、頑張った分で夢を描くことになる

 普通に考えても、自我とは、そこに顕れたチャレンジ精神なだけですが

 自我が、悪辣になりだすと
 何とか楽をできないかと余計なことを考え始め
 (集中できなかったり、ぼやきが多かったり、隣の芝が青く見えたり)

 改造を試みて科学と叫んでみたり、みんなのエネルギーを集めて使えば効率が良いと目論み
 結局は、集めたエネルギーの使い方をみんなで決めよう合理主義を目論み
 その手の悪辣が巨悪化すると
 自分たちだけにエネルギーが集まるようにシステム化するように詐欺を始めるわけです


 ‥理屈としては只それだけなのですが
 なぜか其の椅子に座り込むと、ドドーンと人相も思考もすっかりと変貌を遂げて
 なぜか、地上のモノは俺のモノと思い始めるようです

 でも、其れは、管理側からすると排除の対象に成るのですが

 それに投げかけた殺気に触発されて、自己崩壊してくれれば助かるとばかりに
 地上のモノは俺のモノ、裏切り者には報復をッ‥暴走するようになっており
 最終的に、全滅やらかして手放す羽目に陥るというのが邪悪の収束点にあるようです
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 20:21 | Comment(0) | 黙示録 | 更新情報をチェックする

2023年04月23日

【宇宙全史】いやいやいやいや‥まさかの目的が無い臭いんだけど

記稿.2023/04/23

> マスゾウくんは小さい頃から覚醒したい願望の持ち主だったという話


 ‥でもそれは、どこか頭の良い小学生がやらかす
 大学行くなら東大でしょ‥みたいなノリで
 東大受験合格で人生終了にしてしまう受験以外に目的が無かったパターン臭がしている‥

 釈迦にしたって生老病死からの解脱が目的だったわけで
 たまたま真我にシンクロしてましたなんてケースの御仁も居るみたいだけど


> 覚醒に向けた目的(覚醒後の意図)が語られていないという事実に気がついてしまったz


 ‥そこに山が有るから登るだけ
 登山家とはそういうものだと云わんばかりで、生きているなら覚醒目指すでしょうみたいな

 そこだけを聞いていると「そういうものなのか?」‥と思わざるを得ないわけだが

 目的が無くても覚醒は可能???‥なのもまぁ見方としては見物だろうけど
 それはそれで、桁が外れているというよりは、人間離れの逸脱感ありありなのである


> 私たちが居る時代からして終末という特殊性が漂っており
> しかもオーム宇宙での人類実験の総仕上げで、今回の区切りを以て終了とかなんとか


 ‥まぁそこの意味からしてよう分からんのだが
 思うに、死ななくなるという言葉が、別口で発せられてあるように
 次元上昇する事が影響して、外の宇宙人でさえ体験したことが無い状態に移行するくさい

 結果‥その先も生まれ変わる必要が無くなる(生き残れたらの話みたいだけど)

 生まれ変わりたい理由としては、新しい肉体が欲しいぐらいなんだろうけど
 それも何らかの科学ありきに思えるわけだが‥どうなんでしょうね

 (生まれ変わりで戻ってくる選択だと、そこは体験できないわけだが)
 (その先に生まれ変わって、戻って来られるかにしても謎めいてるからな)


 ‥つまり、周りがそういう状況に移行したならしたで
 マスゾウくんの覚醒とした証拠を垣間見せたいというなら
 当人も予告しているように、真我に入った証しとして、姿を消すという形を取る事に成るのだろう
 (服だけ残して蒸発するみたいな)


> で、真我の向こう側を垣間見たいなどと願望しているほどなんだから
> ケロッとした顔で「見てきたよ」をやりたさそうでもある


 それが目的臭くも見えるわけだが、只のパフォーマンスしたいだけの御仁くさっ
 いやぁまぁそれはそれで「覚醒なんて日常でしょ」をやりたいのだろうとしか言いようがない

 だがしかしそれは、どうしたって、どや願望丸出しにしか見えてこない
 (異世界帰りのおじさんがニヤニヤして語りたい‥そんな空気ありありじゃねぇか‥)
 (まんだらけの会長ならありみたいな絵図)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 01:24 | Comment(0) | 黙示録 | 更新情報をチェックする

2023年04月13日

【宇宙全史】陰●の依り代の心理学

記稿.2023/04/13

> 陰●について軽く説明しておくと
> 宇宙全史では、その本体を「陰始」五体の分身を「陰糸」と分けて呼称していたと思うのだが
> マスゾウくんの記憶からすっぽ抜けてるらしく
> こちらとしても曖昧なので確認してみると良いでしょう


 ‥でその仮称様がいつの頃からか死にそうな様相で地球に紛れ込んできて
 ‥でいつの頃からか天上界すら気がつかないレベルで寿命更新するようになり
 ‥でいつの間にやら地球に巣くう邪悪の根源にまで魔力太りしていたという話(最凶)

 サタンとかルシファーとかトカゲとかフリーメイソンとか
 そういう邪悪さとはまるで異なる‥とんでも魔力吸い取り装置みたいな能力を重ね持つ

 依り代を渡り歩いて寿命更新でき
 人類の夢に現れては、恐怖を植え付け脅し、人生観に影響を与えてエネルギーを吸い取る
 (対象の選択肢を奪うことで、自勢力の選択肢を広げていく作戦らしいのだが詳細不明)

 (なぜ効率良く選択肢を奪えるのかというと、対象の過去世を読み取って弱みを把握できるから)

 (ぶっちゃけ当人様には、それ以外に脅し能力は無いらしいのだが)
 (潜在的に弱みをあぶり出せるというのは、文学的にはチートで)
 (そこから得たノウハウから、ある程度なら部下に能力を授けることもできちゃうらしい)

 (一度マークされると、いつでも監視され)
 (何らかの形で契約らしきを交わしてしまうと、もはや眷属扱いで、魂食い尽くされるみたいな)
 (夢の中に意図不明の契約書がバーンと現れて、名前を書かされそうなんてパターンも出る‥)


> そんなとんでも邪悪の考えることなんて、頭から謎なんだろうけど
> 宇宙全史のスキャンでは、「滅びたい」という「珍回答」になっている


 ‥滅びたいなら、巻き込まないで、コソッと消えれば良いじゃん?
 普通ならそうに思うわけだが、一大勢力を抱え持つ邪悪群のトップなわけだから
 辞めたきゃ辞めりゃいいじゃんとも思うわけだが
 どうにもそうでもなさそうなので、謎は深まるばかりだった


> で、気がついたん
> それは、陰●の感情に非ず、依り代の方の感情なのでは?


 パラレルからやってきた目風としての分身は
 マスゾウくんを依り代に存在を保持しているようなモノですからね

 そんな彼曰く、マスゾウくんとの記憶が折り重なってきて
 どっちのモノだったのか判別できなくなってきた‥と悩みを打ち明けてるわけですよ

 (つまり、記憶する脳が一つゆえのアイデンティティー同根となる悩みになるわけだが)
 (生まれた頃から一緒だった遊撃手にハクゾウくんからしてみれば、そんな悩ましさは微塵も無し)
 (どうにもそれは、パラレルからやって来たという感覚を持つ側の所以らしい)


> それはつまり、陰●と依り代にしても同じでしょう


 ‥陰●としての記憶はどこに保持されるのか?
 ‥依り代にされた側の意識の状態はどのように保持されてるのか?

 依り代にされた側の意識が、完全に沈黙してしまうようだと
 苦しみも怨みも無く、安らいじゃうわけでしょうけど
 憑かれる時の感情に恐怖や拒否があったなら、そのまま保持するだろう予想にも成るわけです

 それはつまり、誰かの愚痴を四六時中聞かされるような場所を根城にするわけです

 陰●にしてもそのような空気を纏って
 (もしかしたら、対象にはそれしか記憶が見えない状態で)取り憑いてくるわけですから
 (以前に取り憑いた者らの苦しんでいる記憶を見せられているのかも知れない)
 取り憑かれた瞬間から「死にたい」→「滅びたい」類の感情に取り込まれるように思われます
 (誰かの苦しみを味わうのを極上に思う口なら、まぁそこはレストランなわけでーす)


> 陰●としては、わざと意識を残してやりつつ奪っている感を味わうのだとすると
> 依り代が大胆な奴だと困るわけですね、自死されかねませんから


 まぁそういう意味でも
 長く取り憑くのにしっくり来るタイプともなると御馳走に見えてると
 ガチでヤバイ、究極のサイコパスとした解釈に相違なき輩でしょう



posted by 木田舎滝ゆる里 at 11:30 | Comment(0) | 黙示録 | 更新情報をチェックする

2023年04月09日

【宇宙な?】宇宙全史の読み方

↓2)記稿.2023/04/09

 宇宙全史の執筆者は、霊道が開いているらしく
 宇宙全史の事柄を話している最中の一句一句の合間にも
 己を介して対話している


 対話と言っても、エトセトラという程の自由度を得るには瞑想が必要だと言ってるので

 日常の会話の最中ともなると通じやすい存在に限定されるわけだが
 何も知らずに見ていると、精神分裂とした多重人格者にしか見えない
 (良い意味で言うと、その都度、妖精さんと会話して居るみたいな)


> ここでは、彼の名を「マスゾウくん」と呼んでみよう


 ‥マスゾウくんの話し方は独特で
 5W1Hのすっぽ抜けているのに平気なところが良くある
 (ぶっちゃけた云い方をすると彼の描くマンガもそんな雰囲気満載だ)

 さらに、諸々の前提を端折って難しい単語を用いるので
 その都度確認が欠かせないわけだが
 大抵の読者(信者)は、スルー模様なので、解析作業はとても難解に違いない

 だが、宇宙全史の主宰神は、とても先回りしているので
 必要な回答を、どこかに散りばめ、織り込んであるので
 マスゾウくんのすっぽ抜けが付きまとうとは言え
 俯瞰して再構成する力さえ有れば、読み解けないという事でも無い‥らしい‥


> 但し、次の事柄を知らないとなかなかに難しい(おののいた)


 それは、マスゾウくんが訊いた段階での境地・境涯が低かったのに
 後から境地・境涯が上がっても

 その時に感心してしまって、その気になって印象深く覚えたままのことが
 後になっても通用する内容にあるのかどうかは謎だ‥と言うことだ

 (訂正してくる案件と、更新されていない案件とが混ざり合っている)

 マスゾウくんは、そこん所もすっぽ抜けて喋るので
 喋ってる内容が、いつ頃のお伺いかにアンテナを張っていないで鵜呑みにしていると
 こちらは、間違ったままを信じ込むことになる(愚直な鵜呑み姿勢はとても危険)


> さらにその現象は、読者(信者)の側にもフラクタルに付きまとう


 読者の質問の際の境地・境涯が低いと返ってくる内容も有り体の物になる
 そもそも読者は、言葉の定義を気にせずに問うのだから、クソどうしようもない

 例えば、実存と真我「是に違いは有るのでしょうか?」

 だがその前に、それら言葉群の多くは
 マスゾウくんがどこからか拾ってきた哲学言語なわけで
 その定義のままに宇宙全史でも使用されているのかすら定かに無し
 (そういう案件が、しばしば見られる)

 だがこうも言っている
 「実存にはすべてがあるのだから‥」
 さらにこうも言っている
 「実存の先を見てみたい‥」

 つまり
 「実存の先を見てみたい‥」というモチベーションは素晴らしくとも
 それを実存の側から見て、其が、マスゾウくんの真我からなのかエゴからなのかはまるで謎!

 だがこうも言っている
 「一度見たことがある‥」

 こういう案内されたような言いっぷりを噛ますのもマスゾウくんなわけだが
 昔に食べたあの時の味を自分でも再現してみたいと言わんばかりで
 羨ましい限りのモチベーションだなあと思わざるを得ず

 (何はともあれ、特殊な構造をした御仁ですからね)
 (見せたのはハクゾウくんかもしれないし、遊撃手の記憶の断片かもしれないと‥謎)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 12:27 | Comment(0) | 黙示録 | 更新情報をチェックする

2021年11月21日

【妄想】今現在の地上は人と獣を決する勧誘バトル中くさっ

記稿.2021/11/21

 ‥コロナワクチンこそが獣の刻印らしく
 ‥コロナワクチンの効力が消え失せて、未だ安泰なのは、人選別組だったくさいが
 ‥何度も打ち込むことで、人としての居残り資格を剥奪する戦略に置かれている


> という約束事を天上界にけしかけたのかどうか知らんが
> 獣謀反組の強制契約内容が、そういう方向に変化しているのが現状の並行軸らしい


 ‥つまり、時刻が訪れると問答無用でバタバタと選別死にて果てるシナリオか?
 (基本的に日本人の大半が居残り組だったのに、人居残り組を放棄してしまったと‥)
 (さすが、宗教勧誘に達者な民族力の発揮だったくさっ)

 ‥つまり、時刻が来るまでの間
 それこそ‥ありとあらゆる勧誘を仕掛けてくるのが世界の今であり、どさくさであり
 火事場泥棒であり、ありとあらゆる情報がごまんと出ても撲殺されるのが流れらしい

 (派閥の暗躍の最中なら、組織として使えるモノは使うだろうから、交代劇がサインでせう)
 (本能的に死にたくなければ、死に物狂いで隠蔽に奔るでせう)
 (今までとはその質が圧倒的に違ってくると構えておくべきでせう)
 (ワクチンパスポート作戦はまさにその流れの一つっぽ)


> 過剰なバイアスに掛からないように注意しておくと
> 時刻以前に死んだ場合の選別云々は、グレーゾーンということで‥


 ‥これは地上的な人口間引きとはまた違った論点らしく
 つまり、魂的に引き入れるための儀式進行くさいので
 生き残ったからといってセーフとかそういう中身にはない

 (まぁ確実なことは、その気も無いのに魂で引き込まれたら大損って事ッすね)
 (でも、生き残ってもしばらくは廃墟劇場=地獄同然なので、安泰とは言えないでしょう)


> ブースター接種なんかやってる場合じゃないんだよ、ちみたち


 ‥なんでもコロチンには、嬰児の細胞を用いてあるらしい
 mRNAを受け渡すのに、どのような媒体を介しているのかなあと不思議に思っていたけど
 生け贄の儀式を介した嬰児の細胞だった模様

 つまりコロナワクチン接種とは、儀式の進行過程下におかれてあるくさっ
 (他人の細胞だから、打ったら速効死んじゃったなんてケースは、拒絶反応がらみくさっ)
 (その拒絶反応を大きく抑える効果を期待しての嬰児っぽ)
 (副反応にしたって、10人に1人程度の想定なら、撲殺できると‥)


 ‥あと他にも、ナノロボットで操ろうとかの実験も兼ねてあるくさっ
 それが、いろいろとした寄生虫が混ざっている報の中身だろう

 (獣の刻印は、デジタルチップに違いないもしくは国民番号だろう‥は囮扱いだったくさっ)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 13:07 | Comment(0) | 黙示録 | 更新情報をチェックする

2021年06月24日

【妄想】五輪後に湾岸陥没はやって来るのか?

記稿.2021/06/24

> 宇宙全史の預言は東京五輪延長を含んでいない
> その条件下で語られている湾岸陥没は、国政選挙が翌年だったからだ


 ‥俺が地球だったら、今年の案としては、まずは政権交代させれば済む話
 今更ここで強攻策をやらかし急ぐ用も無いはずだ
 (政権交代を果たした党が、それの後始末ともなると酷すぎる)


 ‥それでも政権交代しないなら、現野党側も地球からの支持に乏しく
 やはり、強攻策をやらざるを得ないどうしようもなさがあると判断せざるを得なくなる
 (それはそれで、日本は根元が真っ黒けって意味で絶望しておけって警告だろう)


 ‥だがしかし
 かけそば論争に再び火が点りだしているので、政権交代は確実だろう
 それでも成らなかったとしたら、シンクホールランダム地獄って事だろう
 (コロナ禍だってのにそれって‥相当な急展開って話になりそうである‥)


> それとも、政権交代するだけでコロナ禍騒ぎが収まるとしたら‥
> もはや問答無用で、政権交代を見せることになるのかもしれない


 ‥さてさて、どうなることやら‥



posted by 木田舎滝ゆる里 at 13:05 | Comment(0) | 黙示録 | 更新情報をチェックする