2016年05月15日

【命題】憲法十四条VS.一条、其もまた矛盾と言える

記稿.2016/05/15

> 第一条


 天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であって、
 この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。


> 第十四条


・すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、
 政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。
・華族その他の貴族の制度は、これを認めない。
・栄誉、勲章その他の栄典の授与は、いかなる特権も伴はない。
 栄典の授与は、現にこれを有し、又は将来これを受ける者の一代に限り、その効力を有する。


> 九条と自衛隊の関わりが矛盾というのなら
> 第十四条と天皇家の存在性も矛盾することになる。


 天皇の存在性は一条より確認できても
 天皇家の存在性は十四条より否定される。

 つまり、天皇の地位についての表記はされていても、天皇家の表記はされていない。

 天皇家&皇族なる概念と、並びに、その歴史的流れからの惰性は、どうしたって違憲に該当する。


> だが‥天皇並びに天皇家を、単なる稼業として捉えると話は別になってくる。


 二十五条の保障をしっかりやればバランスは確保される。
 ‥ところが、そうではない。二十五条などどこへやらなのが実際だ。

 宮内庁予算と国民負担との差を考えれば、どうしたって、「アレは何?」って話だ。

 そこには確かに身分差が発生しているし、差別に不平等、特殊な扱いが改革されずに行われている。
 ‥誰がどう見たって、稼業の違いたる解釈の範疇には無い。



> では質問です。「天皇家の稼業とは何?」


 答え:そりゃどうしたって、それこそが九条の存在意義でしょう。

 そこが保たれないって言うなら、
 天皇&天皇家なんか要らねぇって、それが国民感情になってくる。


 ‥そこから自衛隊を考えると、また別の見方が生じてくる。

 「あれはね、天皇&天皇家の私設防衛機能なんだよ
  日本国に軍隊は存在しない
  しかし天皇&天皇家は私設防衛機能を保有している、それが自衛隊‥」


 なぜか天皇はその指揮権を有していないように見える。それは一任しているから。
 それが「日本国民統合の象徴」と並べ繰り返している文言の正体。

 ただし、そこの一任については、法で述べられることが無い。
 ‥でも、大臣の任命授与は天皇がやるんすよね。

 まさに闇‥

 {自衛隊}={天皇&天皇家の私設防衛機能}という解釈。



> 続いて第二問。「二十五条を担うべき立場にあるのは誰?」
 

 答え:そりゃ、一任されてる形にあるなら国民でしょう。


 言いたいことは、まず、国民の代表としてのあれやこれに言えってことだ。
 その点は、天皇&天皇家の存在性に文句を垂れても筋違い。

 自衛隊の予算配分が多く見えるにしても、内閣に文句を言えばって話だ。
 その内閣にしてみれば、国会に文句を言えばって立場だ。
 国会に文句があるなら、選挙をちゃんと考えろって話だ。

 選挙の不満のそもそもは、二十五条が行使されていないという一点。
 そこがスルーされている要因は、どうしたってカネの仕組み&財源のカラクリ。
 ‥そこをスルーされては、選挙の価値なんかなんにもねぇ。
 (富裕層の劇団員が政権を担ってるだけ)

 富裕層は競争の勝ち組だから、競争を否定しない。二十五条より十三条重視だ。
 十三条に示されるインフラ(公共の福祉)を維持するのは富裕層の企画推進能力。
 ‥でもそこの革新には必ずしも民意は伴わない。(建築やネット周りの事情は特にその象徴)
 ‥民意などあとからついてくる。夢を追う者らの多くがそう思っている。


 ‥そんなこんなで、少なくとも‥
 戦争に巻き込まれていない内は、天皇&天皇家に文句を垂れるのは筋違い。
 それが日本国憲法なのだよ。(中身に秘められた絶妙なバランスなのだよ)
posted by 木田舎滝ゆる里 at 10:05 | Comment(0) | 命題 | 更新情報をチェックする

2015年09月29日

【命題】安全が一番、自由は二番

記稿.2015/09/29

宇宙はグレーだ。
混沌としている。
それはルールが無いからだ。

そこにルールがあるように見えていたとすれば、
それはまぁ管理が行き届いた宙域が存在するからだろう。

それにしたって
それはただの縄張りの主張のような類いかも知れない‥
つまり緊張と対立だ。


そんな日常に対して、私たち人類はいたって傍観の様にある。
何かをしなければ、そこに在る緊張の解消はもたらされることがないのだとしても
どこから手を付けるべきかにこれと言った見解も又無いのだ。

そしてまた、私たちのルール作りにしたって大した所が無いのだ。

大した所が無いからお互いに守る気もしおしおなのだろう。
自由にならんとばかりはガツガツしていても、
安全にあらんとばかりのガツガツにはないのだ。
そして無駄に心配ばかりに懸命だ。


「ならばこう考えざるを得まい」


自由の価値なんぞそれほどでもない。
一番の価値は安全だ。

支配者は、自らの安全に自信が有るから、人々を自由に振り向けさせている。
その証拠に、庶民に並べられる自由を得ても、大して安心できる代物にはない。

支配者にしたってそうだ、常に安全に駆り立てられている。
そんな安全は大したことがない。
そこに確信がないから、バージョンアップを頻繁に繰り返さなければ安心できない。
自由を奪い合う形には、常にそんな構造がある。


安全は一人では確保できない。
分かりきったことに意識が振り向かないという日常はクレイジーだ。

「どうしてそうなっている?」


それは、自由が一番、安全が二番に置かれてしまっているからだ。
身につけてしまった間違いは、死んだみたところで早々に直るものでもない。
お互いに尊重し合えていない有り様は、まさにそれである。

‥だからその証明こそが宇宙の現実なのだ‥

私たちがそのようでしか無いのなら、安全はただの幻覚のままだ。
理想とする未来はきっとあるとした妄想のままだ。

自由を得る為の力を身に纏って見せても、そんなものだ。
誰彼の安全までを考慮して使いこなせてなどいないのだ。

「見よ、私たちの日常を!」
そこに有る力がちっぽけだとしても、何ら使いこなせちゃいないのだ。

結果、滅び逝かんとばかりの自由にしがみついていては、それこそ生きる価値も無い。
まさにそのような現実の到来は、私たち自身による宣誓にしか映るまい。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 10:53 | Comment(0) | 命題 | 更新情報をチェックする

2015年07月04日

【命題】自由恋愛の本質

1-4)記稿.2015/07/04

> 自由恋愛の本質とは、自分から声を掛けることである


 それ以外に、自由に恋愛をするとした意味合いなどない。
 しかし、大抵の多くは相手から声を掛けてくることを望んでいる。
 ‥否、どこかカンニングをしてからとばかりの考え方に陥りがちだ。
 ‥そんなのを自由とは言うまい。とにかく不自由な感性だ。

 繰り返して述べよう。

 大抵の多くは、相手からの了承を得たいとばかりだ。
 それゆえに、まずは向こうからの声掛けが先にあると‥そう望んでいる。
 ‥なぜそうあるのかと言えば、そこにある真相を良く理解していないからでもある。


 相手からの声掛けを望む心理には、同時に‥
 自分から別れ話を持ちかけることもできない心理を抱え持つ。
 何事も相手からの了承がないと動くことができない。
 ‥いつの間にかそう言う流れに填まってしまっている。


> そんな不可解な心理の何を以て「自由恋愛」と呼べるだろうか?


 自由な選択肢があるという空気だけが救いというだけなら
 自由であるという中身に、本質的な自由などありはしまい。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 04:21 | Comment(0) | 命題 | 更新情報をチェックする

2015年03月11日

【命題】中央VS.地方の終わらない原点

1-4)記稿.2015/03/11

 中央が外交権&外商政策権を持つ限り
 中央が法律を決定する権限に立つ限り
 中央が成果主義を推進する限り、


> 誰が何と言おうとも、外向きな政策が打ち出されることになる。


 なぜなら、中央官僚の成果主義がそこに渦巻くからである。
 自分たちの成績&出世の椅子の数が決まっているのなら、それは推進されるのみである。

 ようするに

 地方が内向きに活性を目指そうとも、権限に乏しく
 肝心の中央は外向きであり且つ法律の決定権の位置に立つのだ、勝負にならない。

 ところが

 中央から外交権&外商政策権ともども付き合わせて地方に移せば良いかというと‥
 ‥今度はどうだろうか?

 地方が活性化を目指す方向性は途端に怪しくなる。
 なぜなら、内より外向きの外商政策の方が手っ取り早く実入りが好いからだ。
 ‥はじめこそ内向きに政策を進めていたとしても、いつの間にか外向きに成っていたりするはずだ。


> この外交権&外商政策権が自由になるという実際が、内向きを狂わせる元凶だ。


 その根底にある考え方こそ、成果主義である。
 官僚がお互いをどのように評価しているのかの中身がそもそもにして人類の争点なのだ。

 優位に立つための収益=交易である。人脈=派閥である。

 成績を金額でしか量ろうとしない在り方では、この矛盾した因果から逃れることができない。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 02:09 | Comment(0) | 命題 | 更新情報をチェックする

2015年02月24日

【命題】責任省(後始末)の概念が必要だ

1-3)記稿.2015/02/24

> 地方主権が叫ばれる中、疎かになっている概念に気がついた。


 地方に権限を委譲するにしても、
 国家の中で起こった事件・事象をケアする機関がないとなれば、
 場合によっては、境界を分断した‥たらい回しの出来事だって起こり得る。

 ならばはじめから、

 国家機能の中に、
 国内で起きた事件・事象とそれに関わる被害対応を一手に引き受ける機関が必要だ。

 外交と防衛だけが中央の権限として大きく取り上げられるが、
 如何なる被害も被災の後始末も、その後のケアを担うべきは国家である。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 01:00 | Comment(0) | 命題 | 更新情報をチェックする

2015年02月16日

【命題】法案提出は民衆の権利であるべき

1-4)記稿.2015/02/16

 現状に於ける法案は、そのすべてを官僚が手掛けているに等しい‥

 最終決定が立法であるのなら、何も法案提出を行政や政党に限定する意味合いは無い。
 国会に提出するまでの枠組みで考えずとも、省庁等に法案を提起できる形は認められるべきである。

 しかし、法案を考える上で重要なのは、現行法への理解である。


> その基準として、法律検定制度を検討すべきである。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 00:34 | Comment(0) | 命題 | 更新情報をチェックする

2015年01月11日

【命題】日本国憲法第二十九条の解釈

1-4)記稿.2015/01/11

 銀行券(証文)の発行には、裏付けとして担保が欠かせない仕組みにある。 
 なぜなら、担保こそが人質であって金貸しの利益を生むからだ。
 国債であろうと個人への貸付であろうと同じである。

 「なぜ、そのような商売が成立してきたのだろうか?」

 それこそが証文のカラクリであった。
 証文とは、金貸しの財産である。
 証文を財産としてきっちり定義する必要があった。


 日本国憲法第二十九条
 財産権は、これを侵してはならない。
 財産権の内容は、公共の福祉に適合するように、法律でこれを定める。
 私有財産は、正当な補償の下に、これを公共のために用いることができる。
 


> ‥まるで、ユダ金業の財産を指して語っているかのようでもある。 


 ユダ金業の権利は、これを侵してはならない。
 ユダ金業への利払いの内容は、政府官僚の利益に適合するように、日銀法でこれを定める。
 ユダ金業の権利は、要求した担保の下に、これを政府官僚の利益のために用いることができる。


 憲法本文は、財産権の対象を一切触れずに据え置いている点がとても巧妙だ。
 財産を保障するかどうかにしても、公共の都合=政府官僚の利益であると言わんばかりだ。

 中核に位置する組織性の維持を最優先する。それはいつの世も政府官僚のやり口であった。

 ‥だからだろう、銀行を潰さないためと言っては税金を投入し、
 「国民預金と国債の帳消し論」も、さぞ当たり前のようにメディアに出回っている‥


> しかしである。


 そこには誰がという定義は無いものの、公共の福祉に適合と記される。

 憲法二十九条に書かれたその言葉の意と照らしてみても、
 国民預金と国債の帳消し論は、違憲にも絡んでくる単なる思い込みであり、
 恐怖と無知を煽るばかりの脅し文句にすぎない。
 聴く方も語る方も未熟であり、集団的詐欺催眠状態にあるとしか言えないのだ。

 ‥帳消しにするにしても、福祉としての実が釣り合わなければ違憲となるのだ。
 そこに、すり替えの限度が横たわろうか‥
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 22:40 | Comment(0) | 命題 | 更新情報をチェックする

2014年12月29日

【命題】民主主義と信教の自由

記稿.2014/12/29

> 信教の自由を、もっともそうな顔をして‥一神教を信じる。


 ‥其はどう考えてもおかしな状況である。

 信教の自由とは民主主義の精神に基づいているのだから、
 どう考えても多神教の理解で有らねばおかしい。


・一神教を信じるがゆえの盲信
・他教の排斥
・自分たち戒律のみの押しつけ
 ‥といった諸々に教えを畏れる重圧が、人種差別の根源をもたらすのだ。

 そもそもはかような状況を好ましく思わないからこそ、

 事前に、事態の発生を避けるが為の法律が「信教の自由」でもある。
 なにも自由の意味合いのみが先行して、承認されているわけではない。


> だから、信教の自由とは、始めから争い事の放棄宣誓を求めているような次第でもある。


 ところが、実際の日常意識の中にそのような考えは乏しい。
 それは、教えをどう考えるかが、そもそもにして多面性にあるからだ。
 一方で、多神教の教えの中にも、根本神の考えを示す見解がある。

 これでは、誰もが混乱してしまうのは当然だ。

 ‥されどそれは、
 宇宙を一つの法則で語れるだろうとの考えにすぎない。またそれは、
 統治者は指示を降ろせども、自ら進んでは何もしないのが相場であるのと同じである。


> 科学、一つ挙げてもそうだ。


 どの方向に科学を用いるかは、哲学であり信心である。
 一方で、科学が科学として、一つの法則を貫いていると考えること自体に問題はなかろう。
 しかし、その上で、その科学的法則をどう用いて役に立てるかは、私たちの問題なのだ。

 ならばそもそもにして‥
 一神教を信じる形の中に、民主主義との矛盾を抱え込んでいることに気がつかなければならない。

 尤も‥

 一神教に縛られていなければ、
 その人自身の心の中では、如何なる神とて、多神教の中の一柱と捉えられる点も忘れてはならない。
 ‥その点に於いて、信教の自由とは、心境の自由の了解でもある。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 14:12 | Comment(0) | 命題 | 更新情報をチェックする

2014年12月14日

【命題】和歌(みそひともじ)

1-2)記稿.2014/12/14

> まつりごと学んでおさめよ和のこころ和歌(みそひともじ)に礎を見よ


 地球を統べて坐するは神界である。
 神界とは八百万の神々の集まりである。
 八百万の神々は和の国の言葉で語る。


 「なにゆえに、和の国に和歌があるのか?」


 和歌を詠むためのような日本の四季‥
 和歌を詠むためのような日本のわびさび&雅な文化と言葉‥

 即ち、和歌を詠まざるして神の国は治まらぬ理なり。
 即ち、和歌をたしなまざる者、神に通ずる知恵宿らず。
 和歌を口にできぬ輩をまつりごとの舞台に上げるべからず。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 12:58 | Comment(0) | 命題 | 更新情報をチェックする

2014年12月09日

【命題】議会制民主主義と野党連立の落とし穴

1-3)記稿.2014/12/09

 議会制民主主義は、なんと言っても数である。
 であるならば、こぞって直接候補を立てるのが戦法である。
 その反面、お互いに死に票も増えることになる。
 ‥だからこその連立というのが、小沢一郎の議会制民主主義に対する哲学だった。


> その愚直さは、小沢王国以外に直接候補を立てずの姿勢こそ一番の証明であろう。


 この一点を見ても、この男のフェアーな心掛けの心証は覆せるものではない。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 14:46 | Comment(0) | 命題 | 更新情報をチェックする