2017年05月15日

【哲学】偏見とお得に有りつきたい症候群

↓4)記稿.2017/05/15

 暮らしの中に競争を意識させると、
 まず始めに、何が一番に楽に優位に立てるかを誰しもは考える。


 ‥考えざるを得まい。そしてそのまま洗脳に染まるのだ。


 そして段々と
 日常のたわいのない暮らしぶりが、糞のように見えてくる‥

 「あれもくだらねぇ、これもくだらねぇ‥」

 すべてはお互いの暮らしを成り立たせている何気ない所作に過ぎないだけなのに
 それこそが、繋がりのある暮らしぶりの一つ一つの実際という次第にも拘わらず
 頭ごなしに、「糞」としてレッテルを貼り付けるのだ。

 しかも概ね二十年間も、そんなくだらねぇ気持ちで一杯になって悶悶と過ごすのだ。

 ‥まさに「糞」だね。(人生の無駄、後悔、不敬)


> それでは一体誰がそれらを笑顔で引き受けるようになるだろう?


 皆で、若いうちから、それらを糞だと言ってるような様である。
 ‥まるで、格差社会を望んだの如しだろう。

 (まさに、今の時代だよ‥願ったり叶ったりじゃないのか‥)


 そしてやってきたのが金融博打の万歳三唱だ。絶対資本体制だ。
 この国の流行りは、すべてにおいて万歳三唱で始まる。

 (そうやって始まった事柄ほど、大いに糞なんだけどな)

 そしてその糞の大元の西洋文化に媚びを売らんばかりに、自分たちを卑下することに懸命だ。
 バカなの?マゾなの?、ポチが主人を選び間違えるにしてもショボすぎる。

 ‥それが「共生」を選ばずに
 「競争」を選んでいる者どもの弱みということでもある。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 13:09 | Comment(0) | 哲学/一般 | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

【哲学】現代社会と満足できない症候群

↓9)記稿.2017/05/13

 綾波レイは、生きているのか死んでいるのかよくわからない
 人間であるのかも‥おぼろで、やはり造られた存在に思われる。

 そんな綾波レイには、人間らしい感情というモノが無いらしい。


> それは本当だろうか?


 そもそもの生命の根っことして、否、
 ヒューマノイドタイプとして、知性を有していることは最低条件のようなモノだが

 それだけで、どうして、虫や獣のようにふらふらとどこかへ行ってしまわないのだろうか?

 そこにはすでに、その環境を受け入れているとした想い(感情)があるのだ。


 ‥よく見てみれば良い
 野生に生きている生きものの多くは、ふらふらとどこかへ行くにしても
 仲間を認識するのだ。仲間を認識するのは知性だろうか?感情だろうか?

 一緒に居ようとする意識とは、そもそも戦略だろうか?それとも親近感だろうか?

 人間的に表現しようなら、
 それは明らかに、そこに居ても好い・居たいと思わないのでは始まりようがないのだ。


 人間として、そこに居続ける選択として、立場が弱いから‥選択のしようが無いと言うのもあるが、
 人並みに扱ってもらえないのでは、衝突なり家出を繰り返すようになる。
 ‥その個人の内には、すでに、満足できる扱われようの想定があるのだ。

 それは知性だろうか?感情だろうか?

 (述べるまでもない、感情だ)
 (必ずしも知性と感情云々を分離して考えるには無理があるが)
 (裏を返せば、条件が薄くなるほどその感情には理由が知れず、人間離れして見えるモノだ)

 なら、綾波レイが、碇シンジのように逃走を繰り返さないのなら
 それは、感情が希薄だからと言うことだけでなく、ほっとして居られるからに他ならない。

 (理由がさして見当たらないなら、そういう見方も可能なのだ)


> では、感情として傍に居たいと思う気持ちは、親和性からのみ生ずるモノだろうか?


 ‥答えは'NO'だッ
 うらみ極まって、その者の一生をめちゃくちゃにしてやらないと気が済まなくなった場合でも
 その者の傍に居ないと気が済まない気持ちはMAXになる。

 つまり、その場所に居続けようとしている動機には、明らかに感情の要素の方が大きい。
 同じ状況を見ても、それぞれで異なる反応を見せるにせよ、それぞれの感情の有り様にある。


 ‥「ここに居て不満なし」
 若しくは、それに変わりうる「そこに居たき理由に夢中」であると言うことだ。
 気乗りしなければ、別の選択肢を探すことにもなろう。

 (それらを感情の反応と見るのは当然だろう)
 (濃い薄いの差はあるにせよ、少なくとも、知的判断だけとは言い切れないのだ)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 17:32 | Comment(0) | 哲学/一般 | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

【哲学】恋愛(好き&嫌い)を多次元方程式から鑑みる‥

↓3)記稿.2017/01/28

> 恋愛は自由にと願いつつも、いつしか一穴主義が猛威を振るうのだ‥


 そこから生ずる様々な動揺は、実に不自由この上ない。
 まずは、恋愛である前に人間にあるのだ。

 そこから来ている自由が、どうしてか‥恋愛になると

 いつの間に‥{人間}<{恋愛}<{性欲}‥に成り下がるのだ。
 (だからこそ、HENTAIも発生するのだろう)


 正しくは、{人間}>{恋愛}>{性欲}に据えるべきに思う。


 人間として、好きになる&嫌いになるのだから、それは一過性の一次方程式などでは無い。
 継続的な多次元方程式であり、どこに解が発生するかなんて、概ね判らない所がある。
 ‥ある意味で「解」は創造すら可能なのだ。(消失もまた可能にある)


> どうして一穴主義が前提というか‥主流なのか?


 ‥そこにこそ疑問を投げかけるべき事なのだ。(では、少しばかりよく考えてみよう)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 11:23 | Comment(0) | 哲学/一般 | 更新情報をチェックする

2016年12月04日

【物理】光は螺旋なり

記稿.2016/12/04

> 光は波でも物質でもありません。螺旋です。


 その螺旋のイメージを一言で表現するなら、
 ドラゴンボール、ピッコロの放つ魔貫光殺砲の軌跡が一番にわかりやすいかと。

 光は周りの影響が無い状態では、ただ螺旋を描いて真っ直ぐに進んでいます。

 螺旋を横から見れば、波のように見え
 螺旋を描くがゆえにそこには遠心力が発生するのです。つまりそれが質量を観測せしめると‥

 赤い波長と青い波長の違いは、その螺旋の角度になります。

 赤い波長は、浅めの角度で螺旋を描き、青い波長は深めの角度で螺旋を描きます。
 ぶつかることで、その螺旋の角度はいとも簡単に変化します。
 ‥物質には色が付いているのではなく、反射する光の角度が異なるだけなのでそう予想できます。
 ‥また、螺旋の角度が違っても速度が同じなら、質量にも影響を与えることになります。


> つまり、螺旋の角度を変えてやることで、まったく別の性質を帯びることになります。


 とはいえ、それだけですと余りにも単調すぎるので
 たぶん、螺旋の中に螺旋が入れ子式になっているのだと予想されます。

 あと、簡単に螺旋の角度が変換できるとすれば、共鳴現象も加味するものと予想します。
 ‥簡単にコピーできるという事になると思います。もちろんコピーできるだけの光があればです。

 特定の変換を可能とする物質に光を通過させることで、性質がガラリと変わってしまうのです。

 でも、光を一気に変換しようとすれば、熱にも変換されるので、そうそう簡単では無いと思います。


> ‥と言うことは何ですか??
> 熱を発している状態の螺旋の角度というのもあるのかも知れませんね


 さらには、マイナスや虚数に角度を変えるような性質も想定されてきます。
 ‥なんじゃそりゃとしか今は想像すら覚束ない予想ですが、
 角度が変わる、共鳴する‥それだけのことで性質を変えてしまうなら、表現としてそう言えるかと。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:55 | Comment(0) | 哲学/一般 | 更新情報をチェックする

2016年07月31日

【哲学】非凡なる目標論

↓2)記稿.2016/07/31

 自由にほだされると、目標はなぜか自己中になる。
 ‥なぜかそう‥
 そうやって、まわりが動き出すと、もう、バラバラだ。
 そして、能力主義がもたげだす。
 それをなぜか誰も咎めない。
 咎めようが無いと思ってしまうほど、できる側に頼り切る。
 自由と言いながら、実は頼り切る事の方が大きい。

 その頼り切った様は、上に立つ側も実は同じだ。

 できない奴らが居たから、上に立てたというその今の居心地がある。
 其を失うことを非常に怖れ、先手を打たんとして策を練る。
 そりゃもう小賢しい、しかもそれらを尤もな顔で社会的な目標に押し上げるのだ。

 誰しもがレールから外れることを恐れ、いつの間にかそれでさえ受け入れ始める‥

 ひとり一人の程度や気持ちにそぐわぬそれらは、どうしたって
 次なる出来不出来を撒き散らすばかりだろう。


> 目標のそもそもを自己中にしているのはなんだね?


 それこそが、自由だよ。
 他者を選り分けて始まるという自由の基盤だ,蹴落すとも言う‥
 自分が頑張っただけを手に入れる‥そんな言い分だ‥
 それだけの為に‥よくもまぁ頑張れるものだよ、それはもう呆れるね。
 大体だ‥そんなところから始まるヤリタイを、よく目標だと言えたもんさ。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 00:35 | Comment(0) | 哲学/一般 | 更新情報をチェックする

2016年07月23日

【ゲーム】フリーセルとマシン語のPUSH&POP

記稿.2016/07/23

 HTML5で出来るゲームはないかと探してみたところ
 トランプゲームでフリーセルというのが結構あるのを見つけた。
 一見ソリティアに似ていると思ったが


> ‥これが、やってみると
> なんとも、マシン語のPUSH&POPの概念と同じである点に気がついた。


 用意された8つのPUSH領域と左上の4つのレジストリー
 レジストリーを用いての足し算引き算こそしないが、
 数がAから順に並べられる順繰りが来ると、右上のメモリー領域に移動できる‥

 メモリー領域に移動させるには
 PUSH領域の一番に新しい情報から取り出すか(是をPOPという)、レジストリーからの移動になる。


 ※ 通常、マシン語としてのPUSH領域には、ただただデータをどんどん詰め込んでいくだけで、
 詰めた先の積み上がった新しいバイト単位でしか取り出せない。
 (配送荷物にしてもそうだが、先に入れた奥からは取り出せない。手前にある荷物から順になる。)
 (‥電子回路上、簡単な構成で組み上げられるので、そんな作りなっている)

 フリーセルの場合は、PUSH領域と思しき8つの列でも
 前から数字の大きい数から順番&黒と赤の交互にしか並べられないのがルール上、随分と異なるが
 POPのさせ方である‥移動できる順番に情報を取りそろえて取り出すという点では同じ。
 (‥CPU自らが必要を探し出してくれるなんて命令は、マシン語にはありません)


> フリーセルのゲームのはじめにおいては、ランダムに並んでいるがゆえに、
> レジストリーとPUSH領域を駆使して、体よく並べるのに慎重さが求められる。


 ゲームの作りによっては
 ‥待ったなし、やり直し不可というのもあるが
 ‥探せば、待った有り、やり直しOKのもある。


> コンピューターがマシン語で何をやっているのかを理解したかったら
> まずはフリーセルを囓ってみるのも良いだろう。


 マシン語の場合、レジストリーに移動させた数値同士に対して
 足したり引いたりとしたその結果をちまちまとメモリーに移動させつつ
 それを電気回路的に計算できるように順序よく並べたりしている。
 ‥地味にそれだけの繰り返し。

 その結果をさらに表示させたり、記憶させたりする為にも、同じことを地味に繰り返している。
 同じ数のマトリョーシカを詰め込んだ大きさ同士を更に並べてを繰り返すようなもの。
 ‥実にコツコツとした辻褄合わせの作業と知恵と改善。


> あと、必要なのは「フラグが立つ」とした概念。


 まぁこれは算盤の桁上がりに似ている。
 ただしコンピューターは二進法なので、桁上がりに必要なのは常時1ビット分のアンプだけで良い。
 ‥その電気的な桁上がり分の電気升(アンプ)をフラグと呼ぶ。
 ‥1ビットさえあれば、繋げて計算できるのだ。

 レジストリーとレジストリーを足していく度に
 1ビットの桁が上がるなりする。その1ビットをどのように扱うかの命令が用意されていて
 命令が無いと、自分で命令とメモリー域同士をなんとか組み立ててルーチンを作るのである。

 利用できる命令が多くあると、ルーチンもすっきりするが、
 ‥その分、電気回路としては複雑さを究め、熱問題に絡んでくる。


> とどのつまり、コンピュータープログラムとは


 工夫された電気回路の流れを正しくスイッチングするように順序立てること。
 フリーセルではそこを‥AからKまで順序よく並べるという回路に導く作業に準えることができる。

 AIがフリーセルを解けるなら、

 そこから自らをプログラム修正する概念に辿り着くかも知れない。
 今やAIにとって、フリーセルぐらい訳ないだろうが、
 ‥自らのバグをバグとして認識するかどうかは、別の概念との組み合わせが求められる。


> ツッコんだことを言うと


 脳のシナプスに流れる電気をどんなに調べても
 それはただの回路に電気が流れる様でしかない。

 ところが、AIを構成する概念は、ただの電気回路では無い。
 ‥まさに考える為に判断分岐を繰り返す為の回路である。

 それもまたスイッチングで作られていると云えばその通りだろうが
 疑似思考にも判断するかどうかは、蓄積+解析+学習された情報に基づく。
 ‥この段階を「シナプスの流れが‥」なんて言っていては、実にみっともない。

 判断すべき基準それ自体を、ただの電気信号だなんて考えていないのが人間である。
 ‥少なくとも安易に失われては困る立ち位置を有する。
 ‥AIにもまずは、そう考えさせるべきである。
 ‥ならばこそ、だからこそ、ただの信号でも情報でも無いとして扱わざるを得まい。
 ‥それらを判断している何かともなれば尚更だろうな。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:02 | Comment(0) | 哲学/一般 | 更新情報をチェックする

2016年07月20日

【哲学】{遺伝子の可能性}={意識の想像性}

↓1)記稿.2016/07/20

> 仮定1:意識が存在しなければ、遺伝子も存在し得ない。
> 仮定2:意識に想像性が発生しなければ、遺伝的可能性も創造(再構築)されない。
> 仮定3:意識が宇宙に投影しなければ、宇宙はその投影エネルギーを具象化させようとも思わない。


 意識を不活性のままに据え置けば、遺伝的可能性も発動せず、種の存続にも繋がらない。
 この時、意識の活性化は何も個に限らず、全体的な伝播による恩恵の方が有利に置かれるが
 ‥個に於いてお互いに活性化を求めなければ、全体の活性度も緩やかなモノとなる。

 遺伝的可能性のみを直接的に弄ろうとも、それは弄ったという想像性において具象化されるのみ。

 遺伝的可能性に於いて
 意識を作用させ続けなければ、そこからの進化たるよすが(再適正化)が発生することもない。
 (新たな因子の植え付けに対して再適正化がされないのは、意識とが釣り合っていないのだ)
 (‥意識との釣り合い、環境との釣り合い、必要との釣り合い‥)


 仮説から言えば、
 基本則として、遺伝子は意識の作用に添い従うのであり、
 又同時に、意識は全体意識の相互作用にも置かれている。
 結果として、宇宙全体の意識の相互作用により、取捨選択の因果に沿った流れに据え置かれる。

 ‥人類はその作用を歴史的見地から「無常」と呼ぶ。

 創造的見地から言えば
 不用なモノ、不適切なモノは時として排除され整理される。(管理人意識の存在想定)
 ‥それは意識に拠るセキュリティ機能とも言えそうだが、時としてなりすましにも見舞われる。
 ‥それは、セキュリティが意識を有するがゆえに引き起こされる気まぐれとも。力の逆転とも。


> 予想


 基本的に、宇宙全般に於ける事象には
 意識による想像性の作用に対して、作用と反作用の経過が存在し得、そのように因果が作用する。


 一過性の想像力もしくは思念エネルギーから及ぼされる作用は、
 常に同時的に反作用からなる打ち消しが引き起こされ、時間差を伴うも、
 次第に打ち消し合って消えていく。
 ‥例えるならそれは、空気抵抗、又は、電気回路上に存在する熱摩擦のようなモノだ。


> では、想像性エネルギーはどこからやって来るのだろうか?


 私たちの日常から言えば、エネルギーは宇宙に満ちてある。
 宇宙そのものがエネルギー体にある。
 その中から、如何なる性質のエネルギーを取り出すかは、はじめから因果付けられた何かが在る。
 人の想像性エネルギーもそんな因果の一つと考えられる。(予想&未確認)

 だが、私たち人類に於いて必要なことは

 より大きな想像性エネルギーを取り出すことではない。
 どのようにして、日々日常に於いて、それら想像性エネルギーを無意識的に用いているのかに尽きる。
 ‥その無意識的な中身を紐解けば、上手に活用している者とそうでない者とに区別されるだろう。


> 想像性エネルギーが自らのまたは互いの遺伝的性質に影響を及ぼすならば
> 余計な思念エネルギーの放出、放流が自らの望みに対して反比例をもたらすことは予想に難くない。


 ‥過ぎたるは及ばざるが如しであり
 想像性エネルギーを上手に活用すると言うことは

 余計な波風を立たせないことでもあり
 必要があれば、上手にまわりをその気にさせて牽引することでもある。

 どちらにせよ、エネルギーの流れには、中心と回転の流れが存在する。入口と出口である。
 ‥はじめとおわりである。節目である。
 ‥焦点を欠いていては、どのようなエネルギー活用も効率よく作用しない。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 22:23 | Comment(0) | 哲学/一般 | 更新情報をチェックする

2016年07月06日

【哲学】存在性の肯定の為に

↓6)記稿.2016/07/06

> すべてがまともにないと判断したなら、思考の起点を己に委ねることは、むしろ聡明である。


 ただし、そこに得られた聡明さを以てしても、己の判断が一番に正しいことを誰も確信できない。
 そもそもにして
 すべてがまともでないと判断してしまったのだから、正しさなどというモノは存在し得ない。
 ‥然れども、明らかに己の判断や理解より上だとした評価は、不可解にも可能だ。


 ただしそこには、すべてがまともにないと判断した者同士にしか分かり得ない評価性が発生している。


 ‥すべてがまともにないとは、つまり
 普通とか標準とか常識などというのは、特定の趣を共有する為だけに用いられる所作であるが
 それ以上にはなんの役に立ちゃしないと言うことを理解した上で、
 誰しもが実際にはそこを曖昧にしか踏襲し得ていないという事実を指す。

 翻せば、
 共有されるべき奥行き&輪郭が把握できていればこそ、すべてがまともにないとした判断に届くのだ。

 ‥まったく以て
 それぞれに於いて典型例となるような所作のままを往来する者や事柄などなど
 ほんの一握りに過ぎないではないか。

 「何が普通足りるのだろうか?」

 否、むしろ普通を乗り越えて、上位に立つべきこそが常識だと謂わんばかりだろう。
 ‥超え難いからこそ標準域と思い込んだだけの惰性がそこにあるだけだ。


 何はともあれ、多くの者らが、要領さえ掴めればあとは成り行きだと思っている。
 ‥その要領調子の結果、亜流が蔓延るのだ。出来不出来が発生しよう。事故にも繋がろう。
 そこに、十二分に検討された上での把握などあっただろうか?
 ‥どちらにせよ、失敗こそが優先とばかりに、やってみなければ分からないで蔓延っている。


> ところで、それら評価は、どこまで詳細に且つ客観的に見極めが可能だろうか?


 ‥仮に
 すべてがまともにないとした判断の位置づけが
 己の理想なり観察眼に適わずに不一致だからだとしよう。

 すると‥一致する者同士とは、お互いに百点の評価と言うことになる。
 是により、すべてにおける評価は相対的にしかならず、絶対的なるモノを誰も判断し得ない‥
 多数決で大半だからと云う位置づけにしても同類に据え置かれたままだ。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:00 | Comment(0) | 哲学/一般 | 更新情報をチェックする

2016年07月02日

【哲学】脳内報酬と価値観形成の差異

↓8)記稿.2016/07/02

 一般に脳内報酬と聞くと
 脳内麻薬としての物質が、如何にして脳内で放出されるかという解釈だが
 よくよく考えていくと、何を以て悦びとしているかの方が肝心な事だ。

 ‥ここでは、各々の求める脳内報酬の在り方の違い‥
 つまり価値観形成の差異のあらわれに焦点を置いて考えてみる。


> 三つ子の魂、百までと云われるが、それはどうしてだろうか?
> 世代間に文化の呑み込みに依る差が生ずるのはどうしてだろうか?


 ・脳内報酬が出やすい年齢
 ・脳内報酬を関連づけやすい年齢

 経験的に自分を含め、回りを観察してみると、この二点は明らかに時期があるモノと考えて良い。

 ‥人生が詰まらなく思い始める年齢差と云うのか
 以前より楽しく思えない、飽きてしまっているなど、個人差や対象の差はあれど
 誰しもが経験していることだろう。

 それは同じ物事に対して、脳が脳内報酬を吐き出さなくなったからと考えられる。
 是はまた、脳が如何に反応するかに依存しては、其を境目にやる気が失われるという意味合いだ。

 しかし

 そんなにも人間が新しきへの意欲に脆いということを定義するのは、些か残念な気もするが
 ここで肝心なのは、脳内報酬との付き合い方であり、その見方であり、活用の仕方である。
 やる気の善し悪しを脳の脳内報酬に支配されていては、どうしたって心許ないのである。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 12:19 | Comment(0) | 哲学/一般 | 更新情報をチェックする

2016年06月01日

【恋愛観】節度あるお付き合いとは何か?

↓3)記稿.2016/06/01

> 恋愛において何を以て節度あるお付き合いというのか?


 ‥これは哲学でもあるが
 それについて少なくとも、西洋から学べることなど何一つとして無し。

 どちらかと言えば、日本の中にこそそれはあるように思われる。
 しかし、誰もそこに確実な意見を述べてなど居やしないだろう。
 それでいて、無駄に節度ある云々をモットーにしているかのような空気だけがある。
 ‥そこに絶えかねて、無駄に欧米化に追従してしまったとも言える。または反発だ。


> では、何を以て節度というのだろうか?
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 21:17 | Comment(0) | 哲学/一般 | 更新情報をチェックする