2021年04月17日

【詩】[破綻上等]以上[その恋愛、スルー上等]未満=[自己嫌悪]

向宜詠吟.2021/04/17


恋、それは魔法
恋、それは魔女
恋、それは魔物
恋、それは魔境

恋は、競争
恋は、早い者勝ち
恋は、奪(お)とした者勝ち

あなたがそう思って手に入れた恋人なら
其は瞬く間に綻びを見せ、憎悪に様変わる事でしょう

だって所詮‥奪い合いありきは、半分呪い懸かった憎悪ありきの形ですから‥
(世間はそれを嫉妬と野次り継ぐ)
(質違いの美貌などそのままに戦場だ、其のどこに慈愛が微笑むだろうや‥)
(世間はそのしあわせ模様を当てつけと野次り継ぐ)
(どうしてお前らだけが優遇されてあり続くだろうや‥)




夢見ていた恋が破綻する時
形はどうあれ、過剰なストレスに襲われるにしろ
多くはその手のストレス耐性とした概念を見落としたままに
ただただ興味本位に愛を思い込んでいただけだった自分に驚愕しています

ストレス耐性を先に獲得してた方が良かった‥などと誰も勧めないにしても
その手のストレス耐性とした身構え方には次のような理解が欠かせません


あなたが好きなものを手にするばかりしか選択してこなかったなら
当然の結果として、あとは飽きたら捨てるだけが流れです
それとも押し入れにしまっておいて、たまには取りだして愛でるコレクション入りでしょうか‥
それゆえに、嫌いとした衝動に駆られた時、そりゃもうゴミの如き扱いに及ぶのです

なら、嫌いなモノを好きになる訓練をしていたらどうだったでしょうか?
(あなた自身が壊れてしまう程に無理をする必要はありませんけどね)

でも多くは、そのような時間を費やす事に無駄だとした思考で停止します

なら、あなたが自己嫌悪に陥ったなら
あなたは、自分に対して同じパターンからの判断を下すはずです
一番に安易で手っ取り早い選択支が自死や投げだしです
(否定されたわけでもなく、ちょっとした注意や想定外などでその相手を毛嫌いしがちも入ります)
その次に取られる選択支は恥を忍んでの相談です


でも本質的に問うなら、それらその手の選択の多くが
あなた自身で、自分自身による自分との対峙を避けて通ろうとした反応に基づきます
あなたが素とした自分自身に価値を見出せないのに
どうして、ありとあらゆる嫌いな事柄への善転視野を発見できるというのでしょうや‥

つまり、自己嫌悪すら克服できていない者には、愛を語る資格などない
‥とした烙印を背負ったままに手に入れようとしていた姿がパターンだったと言う事です


ところが多くは、その様な時にこそ親身になってくれた者の「やさしさ」とやらを強調しがちです
まぁそれはそれですが、本質的には何ら学びを得るには至りません
(自身の失敗から学ぶべき気丈を得ずに、只得たいとした気持ちを所有欲とでも言うのでしょう)
そのようなことでは、あなたは自身による欠落を
只只、相手からの許しや誰かからの肯定で見たそうとしただけです
なんら自身による解決力(肯定力)を身に纏わぬままでは、又同じことの繰り返しです
(あまえる事で得られる力が在るとしたら、それは破綻力ということでしょう)




あなたがもしなんらかの肯定力を見出せたのなら
あなたの中で必要とする価値概念は随分と様変わりした事でしょう
其を「突然変異現象」と表現したとて過言ではありません

でもまだまだです
あなたは、あなたにとって必要とすべき価値概念を支える為の生き方を
まだまだ心得るに居たっていません
発見しただけです、入り口に立っただけの話です
そこからも‥またあなたは性懲りもなく同じことをやらかす事でしょう
なぜなら、好きな事を優先してしまうのは本能でもあるからです
あなたはこれから先も、この手の欠陥と向き合って、扱いこなす必要に迫られています

人はその様な日常を「人生」と称して、よろこびもすればあきらめもしています
あなたが人生を謳歌していると思える時、そこに在るのは、あなた独自の肯定力です
それは、一般常識な肯定観とは違っているので、選択支での解は様々で、完全一致などありえません
つまり、あなたの人生は、あなたの発見した肯定力に添った選択支の道を引き寄せてきます

ならば、肯定力に結びつかない段階で得られる恋愛など「破綻上等」だったに違いありません
そこに理解があったなら、わざわざ前面に押し出してまでやらかすエッチを望まないでしょう
「その恋愛、スルー上等」とした自分に置き換わっている事にいち早く気がついていて
それが普通なら、まわりのイチャイチャや色香に煽られる事も減るのです

そんなあなたが欲しているのは、あなたにとって必要とすべき価値概念を支える為の生き方です
あなたが其を見つけられていない段階で得られるパートナーなど
近くに居ようと居ないのに等しいだけで、まぁそういうものでしょう
(それは自分自身の本質や周りの本質を見誤っているような状態と同じですから)
(それは、私は私といつも一緒に居るのに、自分自身の事を深く知らないのと同じです)
(深く識らないのなら、それは、奥深き愛情とした扉など‥只只、言葉だけの範疇です)



> うた詠み終わります、ありがとうございました。



posted by 木田舎滝ゆる里 at 10:25 | Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2021年03月01日

【歌詞】君の名はプラスチック

向宜詠吟.2021/03/01

出会ったスピードでポイ捨てられて行く日々
生産したスピードですぎ去って逝く未来
どんな便利であったら好かったの
生分解性などと謳っていても、その実は、分子レベルまでばらけるだけの非分解性
どれだけ強固な分子構造なの
砕ければ砕ける程に目に見えなくなるだけの
ただそれだけで、呼吸から血管にまで入り込んでくる
壊れること無きデストロイヤー
君の名はプラスチック



> うた詠み終わります、ありがとうございました。



posted by 木田舎滝ゆる里 at 14:41 | Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2021年02月23日

【詩】そこは牢獄だ

向宜詠吟.2021/02/23


一生懸命に恥ずかしいことなど一つも無い
だが、未熟は悶絶するほどに恥ずかしい

(未熟は悶絶するほどに恥ずかしい‥orz)
(未熟は悶絶するほどに恥ずかしい‥orz)
(未熟は悶絶するほどに恥ずかしい‥orz)

其を曖昧にしてしまう過当競争に向き合えるほど
おにぶで居られるモチベーションなど持ち合わせて居らぬ

それでも、恥に死にそうな毎日を頑張って頑張って
尚耐えて「おにぶで居れ」が世の中の声なら死んでいた方が良い


他者と競うことほど、愚かでちっぱいものは無い


競っていると思うなら、汝はちっぱいと思うべし
戦っていると思うなら、引き分けて人間ありきと思うべし
楽しみたいと願うなら、未熟も又汝の友と思うべし

勝ち誇って自惚れたいと願うなら、そこは牢獄だ



> うた詠み終わります、ありがとうございました



posted by 木田舎滝ゆる里 at 16:55 | Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2021年02月17日

【詩】とある天使の祈り

向宜詠吟.2021/02/17

その天使は孤独とした感情が不思議だった
そして、孤独の後に訪れる癒やしがお気に入りだった

だがその孤独も癒やしも次第に自分だけの枠に満足できなくなった

天使は次第に、他者の孤独とした感情に興味を抱き、それの成り行きを事細かに調べ始めた
それから、天使は自分に起きてきた癒やしこそ美学だと思うようになった
そしてお節介にも、他者にも我の美を与えんと思案するようになった


結果、その天使は芸術を創造した


できるだけ華やかに
できるだけ明るく
できるだけ喜ばしく
それは、ヒトとしての価値観を上書きせしめる勢いだった
そうで無いと言う事が、如何に非力で惨めで残念な有り様であるかを、裏返しで教え込んでいた

すると不思議なことに
ヒトは勝手に孤独を募らせて陰湿になった
耐えられぬ者らは、嫉み妬み怨みを募らせ
奪い合う事への正当性を賛美する始末だった

この結果に天使は閉口した
そして始めて気がついた

ヒトの孤独には、元から癒す力が無かったのだと
そして始めて自覚した
癒やしは自らに宿ってこそだということに

ヒトに教え込んた真善美とした芸術観はつまりとても稚拙だった
孤独も癒やしも何も、自分は唯ありのままを受け入れていただけだった
そこに価値観を持ち出した事自体が間違いだった
自分の孤独感と他者の孤独感には幾らかの違いがあり
それゆえに癒やし方にしても幾らかの違いがあってそれで良かった


そして、その天使は自分のやらかしてしまった事態に始めて気がついた

「私は何と愚かで非力だろう‥」


それからというもの、天使は唯、見守ると言う事だけに専念した
それからというもの、天使は常に誰かのために祈るようになった

「誰の孤独にも癒やしが宿りますように」



> うた詠み終わります、ありがとうございました。



posted by 木田舎滝ゆる里 at 11:42 | Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2021年02月04日

【詩】道は、なぜ未だそこにあっただろうや?

向宜詠吟.2021/02/04


道は、なぜ未だそこにあっただろうや?

それはそこを往来する生きものが居たからに他ならない
人間を優先して、獣の往来を無くしてしまえば、けもの道など容易く消滅する
人の暮らしも同じで、往来を無くせば文化は消滅する
経済効率を優先して、店舗を無くしネット化すれば良いとした解釈は道を薄めるばかりだろう

ならば、人の暮らしも同じだ
私たる道を中途で閉ざせば、歩いてきた道は無くなる
私を介していた往来が止まるのだ
右に続けとしてきた同じことを、今更ながらに篩に掛けられている


その道の端と端を往き来できている者が少ないがゆえに
居たとしても伏せられがちであるが故に
必要と不必要の論は、いつだって各々の知った枠でしか述べられていない


今や資本主義に毒されている人類の多くは
同じ土地に住む人の為よりも、知らない海の向こうの知らない人の為に働いていたりする
地球は一つで、人類は繋がっているから同じことだとしても
細胞レベルで考えると、不可解しな事をやらかしているのは明らかだ

(もとい、富裕層の利益の為として働いているケースの方が太いだろう)

頭の細胞が心臓の細胞の為にできることは、頭の機能を正しく行うことで有り
心臓の細胞が頭の細胞の為にできることは、心臓の機能を正しく行うことで有り
それら身体の細胞の為にできることは、当人が正しく暮らすことである

だが今の時代、何を以て正しく生きていると言えるのかに、誰も解を持ち合わせていない

一人一人がその程度なら、国の程度も高が知れていて、さらに国際社会の程度も底が知れている
その国際社会の論こそ、利益の為でしかないのだ

.

それら恩恵を受ける為とした手立てはどうして成り立って来ただろうや?
どうしてそこに道ができただろうや?


やらかしていることは、上が下から吸い上げることであり
それの還元を公平にするわけでもなく、その道は一方通行のままどや顔をしている
其を機能させてきたのは、宗教に有りがちな本音と建前のすり替えの果ての人々の思い込みである

助けてくれるはずだからと、神を正義として信じ込んできた
ならば、助けてくれないお互い様の暮らしぶりはなんだ?
そこに神など居らぬ、もとい助け合わない分断があるだけだ
其を今まで神として崇めてきた、しきたりを守ってきたそれだけの話だ

其を護ってきた連中が居たというそれだけの話だ

それこそあなただよ、それこそお前だよ
誰だって足を踏み入れずには通れない暮らしぶりになっていた
そのような一方通行寄りの道だった

..

往来できる世界に階級は要らない
往来できる世界なら、面子もプライドも薄くて良い
文化の違いは当然で、郷に入っては郷に従えば好い
嫌なら出向かなければ好い
「身分云々×大枚云々」と‥おもてなしを要求するばかりの片寄りでは宜しくない
その土地のおもてなしの形が気に入らなければ出向かなければ好い
頑ななままで人気が無かろうと、それも一興だ
そうできない形に飼いならされてしまっているのも、資本主義による洗脳ゆえだ


あなたの道は従来の道とはずいぶんと違うかも知れない
されど、その道を歩もうとしない限り、そこに道が刻み込まれることは無い
宇宙に私を刻み込む‥刻み込んできたと言える皺や年輪のような痕跡を「道」と呼ぶのだ

それが誰の為であるかなど問う必要は無い
そこに道があることで導かれし者らの道に成るだけだ
続く者らが僅かだろうと皆無だろうと
宇宙に私を刻み込む気概を失っていては道など生まれやしないのだ

気概を失っている者らに魅力を感じ得ずもまた宇宙である
貴方もきっとそうに違いあるまいて

...

昔にあった一番に身近な道は家族だった、一族だった
それがこれからも人気があるかどうかなど、宇宙とて知らぬ

宇宙は何ら貴方の命運を握ってなどおらぬ
宇宙は誰彼に期待などこれっぽちもしていない
ただ興味半分にも、放りくべたりとやらかすことはある

宇宙だって手を抜くことは有る
宇宙だってここは外せないとした集中を発揮することもある
貴方もきっとそうに違いあるまいて


宇宙と貴方とに差を感じるとしたら、それは経験値の差だ
経験値による視野の差が圧倒的なら、貴方が道と思って頑張ってきたそれの見方も変わるだろう
だが宇宙はそれを無駄とは突っぱねない
呆れた顔で先行きがどうなるのかを楽しんでいる

‥貴方が道を楽しめていないのなら‥
貴方が道と決めてきた価値とシンクロしていないと言うそれだけのことだ
貴方が道を閉ざされたというのなら、見落としてきた何かを問われているばかりだろう

宇宙の支援が、私たちが思い描く好いこととした形ばかりにあるとは限らない
ぶっちゃけ、宇宙と私たちとは腐れ縁以外のなにものでもないのだよ



> うた詠み終わります、ありがとうございました。



posted by 木田舎滝ゆる里 at 15:53 | Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2021年01月29日

【詩】意味ねぇだろう!!!

向宜詠吟.2021/01/29

誰にだって失敗はある
誰にだって成長できない壁がある

それを許し合わない形が能力主義
それを許し合わない堀が成果主義

私たちの勝ち組に乗りたいどや顔・絶対資本体制は
いつになったら助け合いを柱にした平道を口にするだろう
口でもない、気持ちだけでもない、具体的な放棄と法規が求められている


いつだって蜂起は簡単だが、後の祭りしかやらかさない
否、むしろ資本社会こそ蜂起構造だ
その証拠にいつだって、戦争の準備を正当化してけしかている、予算を分捕っている
裁判にしたってそうだ、村八分に追い込む形が民主主義だとした勘違いさえ伺える

其を失敗の歴史でしたと言えば、愚かそのものだ
成長できない壁でしたと言えば、言い訳そのものだ
手を取り合わない理由こそ簡単だ、それを続ける才覚を自由主義と呼んできた
手を取り合わない理由こそ簡単だ、それを国家経済としての正義と呼んできた

私たちの伸び代をいつまでそちらよりに振り向けさせるつもりだろうや?
偽りの勝ち組スタイルをいつまで賛美し続けるつもりだろうや?

競争を煽るばかりの科学に躍進なんか無かった
其は地球環境の劣化を目の当たりにすれば明らかだ

安全性を担保できないなまくら認知では
科学だからとて、誰でも同じに再現できる訳では無い

その証拠こそ地球環境の劣化だよ

手を抜く楽チンを正当化してきたのは他ならぬ「競争」だ
売上が上がるからと指図をしてきたのは何処の誰だったか?
それは、有能なフリをしてきた連中のインチキ三昧による後の祭りだよ

それが多数決だったからというのなら、民主主義などただのハリボテだ

だからいつだって、平和など無いに等しかった
その総ざらいこそ、コロナ禍での政府対応だ

明日こと果てるかも知れないという程に、生活ままならないというのに
なぜ、ワクチンだけはタダなのか??

「意味ねぇだろう!!!」
「裏が有るに決まってる!!!」
「極悪非道があるに決まってる!!!」



> うた詠み終わります、ありがとうございました。



posted by 木田舎滝ゆる里 at 11:05 | Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2021年01月01日

【歌詞】青空の下でのお正月

向宜詠吟.2021/01/01


なんにもないけど お正月
だあれもこないけど お正月

青空の下でのお正月
今は なつかしい 屋根と炬燵

おはよう青空 おやすみ星空
相談したとて 臥薪嘗胆

給付金制度の枠から外れて
青空の下でのお正月

ああ、夢にも浮かんでしまあた
GoTo刑務所 給付金も貰える

ああ、それでも臥薪嘗胆
こんなに不公平に臥薪嘗胆‥




> うた詠み終わります、ありがとうございました。



※ 臥薪嘗胆(がしんしょうたん)
(かたきを討とうとして)苦心・苦労を重ねること。
かたき → この国の不公平な制度 → この世界の不公平な制度



posted by 木田舎滝ゆる里 at 00:00 | Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2020年12月12日

【詩】至遊至在(じゆうじざい)

向宜詠吟.2020/12/12

宇宙に「私」たる概念はあるだろうか?
仮にあるとして、どこまで重要視しているだろうか?
多く見積もっても、半々‥

そのぐらいだとすると、私たち人間の悩みの種のそもそもにも理解が見えてくる

宇宙は、私たち人間の普通にありたいと願う幸福感覚に必ずしも興味を有するわけでは無い

ならば、自由自在などという感覚はすでにブレている
ずばり、至遊至在(じゆうじざい)だったのだ


具体的に述べれば
宇宙は、詰まらなさにも飢えている
宇宙は、泪にも飢えている
宇宙は、支離滅裂にも飢えている
宇宙は、何かをしたいとか‥その手の要求をとくに自らに仕向けたりしていない
宇宙は、必ずしもポジティブだけを重視しているわけでは無い
宇宙だって睡眠が大好きだ

泣きべそだって、ぶさいくだって、ドジっこだって、やらかしだって、全部好物に違いない

‥唯物論者が大好きな
宇宙は無機物で不思議な熱量の塊のようだと思うほど
生きる事に無関心な態度も持ち合わせているに違いない

そうでなければ、私たちのそもそもが存在できているわけがない


「さぁどうですか?」


希望も絶望も宇宙にはきっと等しく見えている
そしてそんな宇宙は
夢オチだって容赦なくやらかすに違いない
マンネリだって容赦なくやらかすに違いない
下ネタ堕ちだって容赦なくやらかすに違いない

いやはや‥何かこう言い並べているだけでゴミ屋敷っぽく見えてくる

でも宇宙は、それでも整然と輝いているんだから
どこかに気持ちの整理が付いて在るのだろう


ならば、私たち人間の悩みの種の多くは、整理を付けるのが下手くそだってことに尽きる
それこそが、自分はこうでありたいとした欲求だ
自分のその願望を軸に「自由自在」を目論んでいるというわけだ‥だからダメ‥

「至遊至在」に自分の定義などきっと無い

在るのはきっと一体としての可能性の発掘ということなのだろう
一体こそが私だとの自覚が強くなればなるほど、一体のひろがりこそを望むに違いない
そしてその手の方法論ともなると‥そりゃキチガイだってやらかすに違いない

ならば宇宙は、畜生にだって飢えている‥ということかもね(まさに不可解)
ならば宇宙は、悩み垂れても居たいのだろう(それが私たち人間のマンネリ症=幸福願望に違いない)



> うた詠み終わります、ありがとうございました。



posted by 木田舎滝ゆる里 at 06:11 | Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2020年09月15日

【詩】屈辱

向宜詠吟.2020/09/15

自己紹介とは屈辱である
日常茶飯事、当たり前のように人前に出なければならない社会などハラスメントである

「案ずるより産むが易し」などスローライフ時代のきれい事だ

デジタルネット時代の貧乏にハイテク技能を期待する社会はイジメである
貧乏ほど何もできないがんじがらめに、出来レースの競争をふっかけて何が自由かッ

積み重ねをしない馬鹿ほど狡を武器に競争に勝てると粋がるのは、どうしようもないクズだ

力こそ正義を武器に力を行使しても力に飢えた者しか集まらない
カネこそすべてを武器にカネを行使してもカネに飢えた者しか集まらない
美貌を武器に美を行使しても美に飢えた者しか集まらない
飢えた者を相手に競争をしても空しい
金持ちを相手に競争をしても誰も救えやしない

どうしてこんなにも詰まらなくなるほどに格差をやらかしてまで自由に首ったけ人類なのだろうか?

詰まらないから逃げ出したいなら、その逃走は不自由であると思い知れ
楽しい毎日から外に出たくないなら、その心根は不公平にあると思い知れ

出世など命令したい立場に成りたい者らの戯れだ
出世を望まずに仕事を探しても命令の下僕にしか成り得ない
出世したとて人手を集められない者らはカネの下僕にしか成り得ない
最終的にコネを武器にしたところで、コネの下僕にしか成れていない

それが出世というのなら、才能より血であるとした順位に覆りなどあるまい

ならば、劣った血である同士で自己紹介をし合う意味とはなんだね?
お互いのポジションを決め合う為の偽装でしか無いならそれこそ屈辱だッ
競争社会での名刺交換ほどその範疇だ

斯様な人類のあり方は、誰がどう見たって友好なんかじゃねー
平道に無くても良いだなんて基準のままで人権論議やってんなー

其に目を瞑って、なにが男女間の差の公平性だよ(ふざけんなッ)
だったら日本を東の国と言われたら屈辱でしかねぇんだよ(わかってんのかッ)
誰だってセンターが良いんだからさ、何処の国視点なんだよ(冗談じゃねぇッ)



> うた詠み終わります、ありがとうございました。



posted by 木田舎滝ゆる里 at 05:37 | Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2020年09月06日

【詩】しっかりと育てられたい症候群

向宜詠吟.2020/09/06

人にはなぜか「しっかりと育てられたい症候群」が植え付いている
然れど、「しっかり」とはなんだろう?

自分の中の其れの思い込みから外れている時
たいていは、育てる側に逆恨みを覚えたりする
家庭であれ、学校であれ、仲間であれ、会社であれ、世間であれ
何でもかんでもまずは、自分の身の置き場に対して期待をやらかすのだ


つまり、「しっかりと育てられたい」と思っている
然れど、「しっかり」とはなんだろう?

単純にそれは「私らしく」という事になるだろうか?
しかしそうは言うものの‥多くの者らは具体的な「私らしく」を知らない


‥知らないからこそ
憧れや劣等感に引き寄せられていたりする
得か損か、善か悪か‥価値の有無に引き寄せられていたりする
満足できるか否か、自慢にたるか否かに引き寄せられていたりする

私たちはクズだから、クズ脳でしか無いから
知らぬ間に「私らしく」よりも偽りのそれらの方に納得したりする


「しっかりと育てられたい」気持ちを、わざわざ好んで競って裏切り合うのだ


失敗も過ちもすべて糧になるから大丈夫などと調子こいている
それでいて、世間からお叱りを受けようなら、ふて腐れたり、開き直ったりする

そもそもが幼少期の多感さゆえから始まる「しっかりと育てられたい欲求」など
得てして横並びの受け売りだ、人並みで十分だったその頃の空気は
歳を重ねるにしたがい、格差上等に腐りだす


‥斯様にも
一般的に人並みと思える環境に育った者らの多くは
「用意されていないと始まらない症候群」に陥っていたりする
お膳立てされていないと自分が大事にされていないように思い込むらしい

それが愛情豊かに育った結果のパターンの過半数なら、人類に救いなど無いだろう

否、自らクズ脳に陥っていながら
「しっかりと育てられたい」などと病まざるを得ない多数決群など、それこそ死に体だ
そんなことではいつになったら、「しっかりと育てよう」のその気になるというのだろうか?


‥育てられていないのでは無い
自らが自らを育てようとしていないだけである
いつだって、まずは「自分をどう育てるか‥」から始まっている
それが「私らしく」としての姿だ

(すべてはそこからの鏡似性だった)


その「私らしく」から背いていては
誰だって‥すぐに不満を並べる才だけを伸ばさざるを得まい
そしてまた世間体さえ良ければ、都合さえ良ければ、それで十分などと白を切る
徒然に甘ったれた数々のクズ脳からなる鏡似性世界からの脱出は、どうしたって険しい

「この(どうしようもない)クズ脳がwwwッ」



> うた詠み終わります、ありがとうございました。



posted by 木田舎滝ゆる里 at 17:45 | Comment(0) | | 更新情報をチェックする