2016年08月09日

【GWX】新規インストールでおさらばできたぜ♪

↓2)記稿.2016/08/09

> 新規インストールの経過(win8.1)


 普通に推奨コースの選択をしても、Windows10の選択肢が一切出て来なかった。
 100を超えるアップデート項目もすっかり消えており、あれはなんだったんだと思った。
 アップデートの追加をチェックしたが
 なにやら追加でインストールされてたが、kb2.....ばかり10~15程度だった。

 それにしても

 なんかよくわからんが、シャットダウンの失敗が一回生じたり、
 アップデート情報を確認しに行ったままそれっきりになったりと
 ‥微妙に不具合が存在する模様。(なんか仕込もうとしてんの?)


> それにしても


 ‥使い込んでる方のインストールされちまってるGWXが消えないのだが
 こっちは削除不能なの?、それともアップデート待ち?
 何となくだけど、そのまんまなんじゃないかなぁと思いつつ
 怪しい奴のKBをスルーしているので、その関係かも知れないと思いつつ、どうなんだろうね。

 ‥個人ならサクッと新規インストールもできるが
 企業のパソコンともなるとそうも行かないだろうから、大変だよな。
 GWX、削らないようならこれ、集団訴訟もんだぜ。

 とりあえず、削除可能30日間なんちゃらの見込み中は、未だキャンペーン期間なんだろうけどさ。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 11:07 | Comment(0) | パソコン悩ましいZ | 更新情報をチェックする

2016年08月01日

【Windows10】Skylake以降とTPM 2.0

↓4)記稿.2016/08/01

 Skylake(第六世代)以降のCPUの中には、TPM 2.0回路が内蔵される。
 それ以前(第五世代)には、TPM1.2が内蔵されている。

 もっと前の世代になると、TPM自体が内蔵されていなさそうなので、アップグレードしても
 Windows10のセキュリティーが十分に機能しないと思われる。

 デバイス マネージャーの
 「セキュリティ デバイス」にバージョンが書かれているそうだ。
 (項目自体が無いなら、TPM非内蔵)

 ‥BIOSで変更できる場合もあるらしい。(再インストールの要有り)


> 今更、何言ってんだい! → 関するページ
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 13:27 | Comment(0) | パソコン悩ましいZ | 更新情報をチェックする

2016年07月28日

【GWX】アップグレードに嫌な予感

記稿.2016/07/28

 ちょっと待て、アップグレード対象になったキーが、
 いつでもアップグレードできるように成ってるとすれば
 ‥どう考えたって、GWXがそのまま駐屯し続けることになるのかも。

 もしそうだったなら、誤算だよ。

 どんなにクリーンインストールしたって、
 Windows10の案内が表示され続けるということになりそうだ‥

 ここに来て、なんだか、嫌な予感がしてきた。

 対象キーにせずに、やり過ごしたなら、確実にその前バージョンは
 クリーンインストールすればさえ、Windows10とおさらばできるだろうが

 俺のはすでに対象キーになっちまってるわけだから
 どんなに削っても湧いてくることに‥なるのかも。


> ‥そう考えるとアレだな


 コルタナの顔を出すロック画面と付き合うか‥
 GWXの顔を出すWindows8.1と付き合うか‥の二択と言うことに。

 「痛ァァァァ‥」‥そうでないことを希望します。

 せっかくだししょうがないので、今さっきインストールした奴でもうちょい様子見実証するか。
 ‥ち、忌々しい。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 21:13 | Comment(0) | パソコン悩ましいZ | 更新情報をチェックする

【Windows8.1】更新設定を解除してインストールで解消だった

記稿.2016/07/28

> ‥思い立ち、複数ブートに残してある領域に、win8.1のインストールに再びトライ


 途中、ふと好奇心に誘われて、Windowsのアップデート更新をしないに設定したら(非推奨)
 Windows10に絡んだ項目が一切出ずにインストールが完了した。

 サインインにしても
 新しいアカウントをつくるから入って
 拒否して終えることができる

 ‥そうだったのか、これで30日まで待たずに、多少手間が進もうというものだ。
 もっと早くに気がつきゃ良かったぜ。マイクロソフトもほんと目立たない仕掛けしてるぜ。


> それにしてもWindowsのファイアーウォールの設定をよく見ると‥


 送信と受信のそれぞれで許可設定ができる。これは凄い。知らなかったぜ。
 レッドストーンになるとそれがさらに強化されると聞けば、そりゃ興味も湧くよ。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 19:38 | Comment(0) | パソコン悩ましいZ | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

【Windows10】認証失敗でもインストールだけは完遂する

改稿.2016/07/27...20160726...

 セキュアな複数ブートから破棄対象になったwin8.1を削って
 win10を複数分入れてみた、ネットでチラ見した情報から
 キーが無いを選択した。
 以前にキーを打ち込んだ同じHOMEでは、認証に成功したものの


> 興味本位でPROでもやってみた‥(キーが無くてもインストールできるんだよね?)


 そしたら、認証に失敗しているとキッチリとある箇所に記されていた。
 ふーんなるほど、こんな感じになるのか。
 ‥となると32ビット版でも同じことになりそうだな。
 ‥でもNET非接続でなら、そのままちゃっかりアプリの互換性ぐらいの検証はできそうである。

 そんなこんなで、あと他にもできないかと考えてみると

 パーツ一式買うだけ買ってみて、OSを後回しにしようなんて起動検証用にも使えそうか‥
 ‥まぁそんなのLinuxでもできちゃうんだろうけど。USBメモリーを買うのも面倒くさい。


> タスクバーに駐屯しているOneDriveの設定から初期起動せずを指定すると
> 次回から自動起動&手動停止後の復活現象が一切無くなり


 随分とOS側からの無駄と思しきアクセスが激減する。(その他アクセスオフ設定必要)
 win8.1と比べたら(改めてチェックしたらオフになってなかった)、スゲー回線アクセス静かで、
 SSDの寿命に貢献しそうな状況にも見えてくるのだが‥

 レッドストーンにアップグレードすると
 今度はコルタナがサインインする前から起動しちゃうらしい。

 まぁコルタナには32ビット互換という壁があるので
 それほど急激な進化はないと高をくくってみたが、そんな話では、まだまだ躊躇した方が良さそうだ。


> 要するになんですか


 マイクロソフトという会社の性格は、まずは自分たちのヤリタイを押し付けて(発表)
 ブーイングが無ければそのままに、ブーイングがあればそれなりに対応するというスタンスか‥

 「ヤリタイ一番、儲けが二番、ユーザー満足三番目」

 うーん、そんな性格のIEブラウザー支持天国の日本‥(日本がIEを棄てれば総崩れなのに)
 いやはや、日本の国民性って、ばか殿相手に始終してんだな。
 ‥まぁそれでも猛烈にヤリタイを一番に持ってくるってのは、そう考えると一理ありだもんな。
 ‥それならそれで、使いたいように使うしかねぇだろう。


> ‥やはり俺の手元的にメインはwin8.1ということか。


 デスクトップ画面の背景をディープスカイブルーにして
 ウィンドウの枠をディープピンクにして使いたいのに
 ‥win10では色の選択肢が減ってるもんでできないんだよな。

 どうしてそこをケチるのか、さっぱりわからん。


> ちなみに、同じwin10の複数ブートになると、
> 自動的に、ブート画面のそれに番号が付されて、ポチするようになった。


 ということは、家族でそんな感じに使い分けをするには、かなりの仕様教育が必要になるな。
 ‥間違えてブートした場合のロック画面から再起動のさせ方とか、まぁそんな感じ。


 そうするとオヤジとしては、起動に有利なトップの領域を占有したい。
 では、後ろを選ぶメリットはあるか?


 ‥どうにも、デフラグを検証してみた結果
 Cドライブを前に置くより、後ろ側に置くほど(HDDの性能次第に拠ると思うが‥)
 デフラグに有利になるらしい。

 リング一周分に情報を沢山詰め込んである方が一見有利に思えるのだが
 ‥どうにも、適度に少ない方が、次の周回にヘッドを移動させるだけで読み書きできるらしい。
 一方で、一週に情報が沢山詰め込まれていると
 わざわざ周回を切り替えずに同じ週を待ち行ったり待ち来たりすることになる‥
 そのケースに於いて、どうにもタイミングに無駄がでるらしい。その蓄積が大きいらしい。
 ‥とくに、細かいファイル群が多いほど、そんな傾向にはまるようだ。(とにかくあれは早かった)


> win8.1との複数ブートのインストールでは一次停止して、手動でブート先をUSB訂正したが
> ‥win10同士だと、その引っかかりもなくすんなり通った。


 ダメが分かってたが、32ビットのブートの混合が可能かを検証したところ
 OS Selectorが必要らしき文が出て、ぼけっと英文を眺めてたら、自動で電源が落ちた。
 ‥アクロニアスのアレとかを使って32ビット版では、そっちでやれって指示ですな。(予想通り)

 つまり

 まったくのCドライブを持たないクリーンな構成&キーを打たずにインストールだと、
 インストール完遂しても認証エラーになると予測される。(セキュア構成必須)
 (‥キャンペーン期間が過ぎてから試してみるべ‥)
posted by 木田舎滝ゆる里 at 21:30 | Comment(0) | パソコン悩ましいZ | 更新情報をチェックする

2016年07月24日

【日記】Windows10を囓ってみたところ‥

記稿.2016/07/24

 新規にクリーンインストールしたWindows8.1を弄っている内に
 いつのまにやらGWXがダウンロードされ、顔を覗かせやがった。
 ‥ダメだな。やり直しだよ。


> で、不機嫌ついでに新規にクリーンインストールしたWindows10を弄ってみた。


 そしたら、HDDの後半部にデュアル構成してあるにも関わらず
 ‥ズリィぐらいにデフラグが早いんだ。デフラグが早いんだぜ。


 あと使いにくかった、どこにあるんだか分かりにくいシステム関連が
 win8.1のときは左下で右クリックだしだったのが、
 win10では、右上で右クリックになってたよ。あとの塩梅はほぼ同じ。


 驚いたのが、スタートメニューのタイルから
 (ちなみに、タイルの置き具合は、8.1より好い感じでかなり改善されていた‥)
 それ以外のファイルにアクセスする時、
 文字メニュー側にある、すべてのファイルなんちゃらをクリックする必要がある。

 ‥なぜ、そんな手順になったかというと
 タイル横のファイル名の欄では、ファイル名を右クリックすると
 そのままプログラム削除を選択して、プログラムと機能に跳ぶようになっている。

 うんともすんとも評価の分かれるところだが、セッティング時の効率は格段に上がる。

 ‥でも、家族で使う場合はどうなんだろうな。
 ‥複数ブートで個別にしちまうってのも有りだからな。
 スマホと同様に、タブレットを共有して使うなんてしないだろうから、そんな感じなんだろう。


> ‥どうにも、Windows10は、クリーンインストールして使うのが正解らしく


 前バージョンからのアップグレードのままだと、何だかんだといろんなところから紛れ込んだ
 怪しいモードが絡みついてくる感じで、宜しくないようだ。
 リソースモニターを少しの間見ただけでも、
 コルタナが頻繁に何かをしているというような気配どころか、まったくアクセスがなく静か。

 要するに、それ以外から落としてきて使いまくっているアプリの方がずっと怪しいらしい。

 ‥というより、アプリと共に使い始めると、挙動の監視とやらが頻繁になるのだろう。
 で、なにがなんだか訳が分からなくなるから、訝しげに見るしかないと。


> それにしても、win8.1がこのままへんてこを抱え込んだままだと


 どうしたって、win10の方がなにやらマシに思えてしまうわけだが
 ‥レッドストーンへのアップグレード次第では、どうなるかなんてまだ分からない。


> それにしても


 ‥新規インストールしたWindowsは
 どうして、再起動しないと後から繋いだHDDを認識しないんだ?

 繋いで起動、まず認識しない。
 そのうち再起動をしている内に、いつの間にか認識‥まぁそんな感じ。

 これは、俺がCドライブを2.5インチに入れているからなのだろうか?
 ‥それともRAID関連のメンテナンス性を兼ねた仕様なんですかね?
 ‥まぁ認識すりゃそれでええんだけど、ど忘れしてると焦るよね。

 10年ぶりに化石になってたHDDを繋げてみたところ、認識しねぇとかありそう。
 ‥勘違いの勢い余って破棄しちまったりな。なりそう。
 ‥マイクロソフトはそこんところをちゃんと説明しとかないと、集団訴訟されちゃうぞ。
 ‥そういうときの確認用のサブとして、Linuxを入れておくのも悪くないかもな。
 (Linuxがどんな案配にあるかなんて知らんけど)
posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:43 | Comment(0) | パソコン悩ましいZ | 更新情報をチェックする

2016年07月18日

【レポート】UEFIモード利用による複数ブートの場合のWindows10

記稿.2016/07/18

> 300MB:回復//100MB:EFI//128MB:MSR//CドライブWin8.1//DドライブWin10//


 ‥という風に構成されました。
 回復//EFI//MSRの三点セットが重複するのかと思いきや、前方にひと組の構成でした。
 一旦この構成が整うと、その起動対象となるドライブ内ではもはや弄る必要がなさそうです。

 Cドライブの部分に8を入れていておいたのを
 そこだけパーティションごとざっくり削除して
 8.1のパーティションを新たに構成し直して、インストールできました。


> それぞれに新規インストールをしました。(両方に同じキーで入力できました)


 そのどちらにもアクティベーションという概念がなく
 そのまんまで良いようです。

 ‥しかも、どちらをブートしたいのかを選択できるように
 起動の度にブート選択画面が立ち上がります。(ある意味じゃまなんですけどね)

 ほうほう、なるほど、どうやらキーまでがWindows10用に置き換わるというのは杞憂のようです。

 存分に行ったり来たりしてくださいの空気です。
 前からそうだったんなら、途中変更などありえませんね。
 ‥お騒がせして申し上げありませんでした。m(_ _)m


> それにしてもWindows10のコンセプトはやっぱり従来のパソコンではなさそうです。


 GodModeを知らないとシステムにすらたどり着けません。
 ‥まずはじめの、リーモートアシスタント接続をオフにできないという事態に。
 ‥その他、コントロールパネルも、ディスクの管理も見あたらなくなり
 ‥それこそファイルはすべてクラウドに上げましょうの雰囲気です。
 ‥スパイウェア呼ばわりされる以前に、コンセプト観の相違です。(実に迷惑、押し付け商売)


 スタート画面は幾分ましになってるようですが、
 ‥設定変更の枠組みがぐっと縮小されており、従来に比べて個性を演出しない方向のようです。
 ‥この辺は、どうにもMacやLinuxの流れに沿ったという次第なんでしょうか。

 OneDriveの起動ファイルは、タスクマネージャーから消しても復活しないようですが
 コルタナはさすがに復活してきます。
 ‥まだまだ大したファイルサイズにないので、やってることも高が知れているのかも知れません。


> ディスク管理ツールからして添付されてないようですから
> フリーでも市販でも自由に使っておくれと言うことなんでしょう。
 (こういう所は素直に引くんだな)


 UEFIモード利用による複数ブートの場合、
 対象となるブート先のすべては、隠されずにフォルダーが丸見えです。

 つまり、Windows同士なら、何をインストールしているかをその都度確認しながら
 以前パーティションの中身を救い出せるという塩梅のようです。

 ‥といっても、直接的に起動までできるという程にありませんので

 どこまでデータを対象インストールされたドライブから
 データを吸い出せるかは、専門知識が求められてきます。

 ‥つまり

 感染しちまっても、複数ブート先を確保さえしておけば、
 そちらに新規インストールするなりして、いくらかはデータを吸い出しながら
 もしくは、クリーンなCドライブから起動して、スキャンを掛けて
 なんとなくでもウイルスの排除が可能なんでしょうかね。
 ‥といっても、最近のマルウエアは高度に仕掛けてきますから、専門知識は欠かせないでしょう。


> それにしても


 Windows8.1のダウンロードイメージからのインストールは
 アップデートファイルが、さらにてんこ盛りになっています。
 その中から怪しい奴をより分けなければ成らないかと思うと実に面倒です。

 その点、Windows10はキャンペーン終了まじかということもあってか
 それほどに多くのアップデートファイルは見あたりませんでした。
 ‥落としてくるISOバージョンの中で更新でも繰り返しているんでしょうかね。


 で、そのどちらにも、アドビーフラッシュ用の管理フォルダーが用意されていて


 「あんなもんインストールして使用し続けりゃ、それこそ大穴を開けたまんまだろうが!」
 「何を以て、堅牢なセキュリティとか言ってんですかね!」

 そんなこんなで

 8.1は非推奨のアップグレードをしないを選択してインストールを終えました。
 OneDriveも使用しない選択をしましたよ。(こいつ系が勝手に情報を上げている模様)
 ‥あとは面倒くさいので、キャンペーン終了してからゆっくりやりたいと思います。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 16:57 | Comment(0) | パソコン悩ましいZ | 更新情報をチェックする

【予想】無償Windows10に仕掛けられた新規インストールの罠

↓4)記稿.2016/07/18

 まず、Windows8をクリーンインストールし、アクティベーションしないままでも
 Windows8.1とWindows10のイメージを無事にダウンロードできました。


> その途中厄介な現象にいくつか見舞われました。
> まず一つ目


 それは、UEFIモードでインストールしようとした時の注意表示です。

 「‥パーティションの順序が基準に沿っていない」というのです。

 旧ドライブに戻してググって見たところ、きちんと書かれた内容の記事がなかったので
 パズルゲームのように悩んでから‥「あっ」と、正体に気がつきました。


 通常、買ってきたドライブにエラーがないかとチェックします。
 その時、GPTドライブ(通常3T以上のドライブ認識)にするかどうかと言う流れになります。

 ‥GPTドライブにして扱う選択をすると
 決まってドライブの先頭に、128MBの大きさのMSR領域を作成してくれちゃいます。
 このMSR領域をインストール領域の選択時に
 対象としている新規ドライブ上から一旦消して、OSインストールする必要があります。
 (OS領域作成時に、その指定領域内に、改めて作法に則った位置に作成されます)


> ‥でないと、注意書きが消えることはありません。


 ‥複数ブート目的でインストールする場合には
 インストールしたOS毎に基準に沿っていれば、目的とする一つのドライブ内に
 MSR領域がOS毎に対応して、複数作成される模様。(対応したそれぞれまで削るのはNG)

 ‥ということなので
 いくら予算に切羽詰まっていたからとばかりに間に合わせにも、
 データ領域を持つドライブに空きを設けて、OSを複数インストールする手順はお勧めできません。
 (その場合に、後方等に置かれた‥データ用パーティションが吹っ飛ばされる懸念がございます)


> 「え、そうだったの?」‥無視しても普通にインストールできてるようですが‥


 ‥作法に則っていない場合のパーティション構成は
 128MB:MSR//300MB:回復//100MB:EFI//Cドライブ//回復//回復・・・なんて形に成ってます。

 ネットでググっても、そんな感じで、Windows8からアップグレードを繰り返すと
 その度に、回復パーティションの怪しいバーゲンセールが気持ち悪いと不評です。
 ですから、それが当たり前だと思ってたりするようです。

 ‥この勘違いのそもそもは
 32ビットOSのMBR絡みのインストールからの慣習とごっちゃに成ってるからだと思います。
 そんな中途な案件が山のようにありそうです。(これはアップグレードの際の罠になりそうです)


> ‥で、UEFIモードのきちんとした作法に則って
> 他のドライブを外した状態で、Cドライブ用HDD一台のみでインストールした後に
> 他のドライブを接続しても、認識されてませんでした。
> BIOSからは認識されてましたが、OSからは認識されてませんでした。


 しょうがないので、以前の状況を思い起こして
 他のドライブも繋げて、再びOSインストールしてみたところ、無事に認識しました。

 「‥これは一体‥なんなんだ???」


 どうにも思うに、OSのインストールの仕方によっては
 HDD自体のフォーマットから何から何まで
 使用してるOSのインストール状態に関連づけられて管理されている模様‥それがUEFIモード‥


 「へぇ?」
 「じゃ、USBから繋げた方がデータの受け継がせの面では無難って事なのか?」
 「え、でも、それもどうなんだろう???」
 「接続の安定を考えれば、どうしたってSATA優位に構成されて然るべきだが‥謎だ‥」


> 一杯に詰め込んだHDDが認識されなくなるなんて、論外だ!!


 そんなまさかの打開に、LANでデーターをサーバー化必要、プロ版OS必須、知識必須
 ‥普通にOS&マシン構成を買い直した方がアンパイっつことだね。
 ‥無償サービスになってねぇ、期間サービスだった位置づけだよね。所謂、表記不適正。
 ‥結局はWindows10しか選択肢ねぇって流れなわけで、古いままの保持活用が健全。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 12:19 | Comment(0) | パソコン悩ましいZ | 更新情報をチェックする

2016年07月17日

【知らなかったぜ】64ビットOSのインストール事情

↓2)記稿.2016/07/17

> とりあえず、Windows10の無償イメージを確保するとして、どう扱うか?


 インストールしておいてもいいのだが、それ用だけにドライブを使うなんて勿体ない。
 そこで、色々と調べていく内に分かったのだが、
 64ビットOSに限って、一つのドライブ上で簡易にマルチブートできるらしい。
 (マザー対応確認要有り)
 32ビットOSを一つのドライブに混ぜてインストールして使うことは
 パーティション管理上の制約からできない仕組みだが
 ‥64ビット同士なら可能らしい。(規格に沿ったフォーマット利用に限る)

 そうなると、

 通常Cドライブの後ろにはDドライブを作ってるわけだが
 新規購入をDドライブに宛がって、お古になったCドライブの後ろのDドライブ領域を活用すると‥
 ‥まぁ、そんな風に考えはじめた。(ノートパソコンの場合は‥ちと無理か)


> 通常のブートは、BIOS側が記憶するらしく(マザーボードごとの差はあると思うが)
> 手動で切り替えない限り、前回に利用した方を、ブート対象にすると思われる。


 ‥で、気になるのがマイクロソフトの言い分。
 一つのマシンに一つのOSというアレ。

 ここでは、こん畜生にも、同じキーでインストールしたいわけであり、
 敢えて言うなら、
 バックアップをパーティションに乗せてるか、ファイルイメージで保管しているかの違いでしかない。
 ブートできるのは、同じPC上だから、どれを起動しても、他はバックアップと同じになる。

 でも、認証の段階または再起動後にて、前バージョンが削除対象に成りかねない。

 そこを思案すると、先にWindows10を後ろ側にインストールしておき
 後から前位置に使用中バージョンの64ビットWindowsを再インストールする手順か‥
 まさか、わざわざ先にインストールしてあるWindows10を削除しようなんて設定にはなっておるまい。
 ダメならダメで、インストールの中途段階でストップさせるだろう。

 ‥などと考えている。


> とりあえず、こちらの状況は


 Windowsイメージをダウンロードしたいが、
 どこかを手動でロックしてしまってるので、落とせない状況。

 とりあえず、イメージを入手する為に、
 新規のドライブにWindows8をインストールして
 そこからイメージを拾ってきて、それぞれをUSBメモリーにコピーして
 Windows8を新規インストールしたその後ろにWindows10を新規インストールする予定。

 そのあとで、キャンペーンが終了してから

 Windows8.1update1のイメージを8を消してからインストールしてみようと考えている。
 ‥これが通れば、いつでもWindowsr10の検証が可能になる。


> Acronis True Image 2016を買っても6000円程度、ドライブを買っても同じぐらい。


 え、そりゃチョイスするならドライブでしょ。
 ‥ドライブが複数あった方が圧倒的に利便性が高い。
 ‥Acronis True Image 2016なんてそのあとでも十分だ。

 ちなみに

 WDのドライブを買うと、WDバージョンのAcronis True Imageの利用が可能だが
 ‥まぁ、どんな塩梅なのかはまだ使ってみてないのでなんとも言えない。
 (現状況でインストール不可)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 15:41 | Comment(0) | パソコン悩ましいZ | 更新情報をチェックする

2016年06月27日

【HDD】ガリガリ音を黙らせるには制振ゲル

記稿.2016/06/27

 デスクトップパソコンのCドライブに2.5インチHDDを使っていると
 3.5インチに比べてガリガリ音が目立つなぁと思っていたが
 その要因の最も大きいのは、安っぽいベイに入れて配置しているからと云うことに気がついた。


> 同じ位置に、静かなはずの3.5インチを配置してもガリガリ言い出すというショック‥


 そこで、制振ゲルシートである。
 特大サイズの制振ゲルシートを、HDDの回転軸の真下に配置して
 ベタに床面下から、ひたすらにHDDを積み重ねた方が、ずっと静かになる。(固定ベイ不用)

 尤も、回転軸の真下にだけでは、ひっくり返らないとも言えず心許ないので
 色々とした調整が必要になる。(百均制振ゲルを適度に刻んで挟むなど‥)
 (できれば、HDDの下に敷くのに最適な形状での販売が求められる)
 (風通しを考えると、下面全域に貼るというのはお勧めできない)


 ‥と言っても、ケース毎にできる範囲には限りがある。


 制振ゲルを間に挟んで積み上げたHDDのサイド崩れ防止の工夫として、
 ネジ穴にネジをあえてかまして、
 ネジにニクロム線などを挟み込むなどして、ぐるぐると固定してしまえば、
 ‥具材がこぼれでるような悲劇には至らないはずだ。
 (板状のアルミパネルで固定できるような資材があれば尚好い)


> また、制振ゲルには、埃がこびり付きやすいので


 剥き出しのままにあるHDD基盤を養生しておこう。
 (電磁波・ノイズ吸収シートなんかが最適だと思う)


> 単純に、2.5インチHDDを3.5インチの上に


 金属マウンターをかましたまま、制振ゲルでぺったっと貼るだけでも
 そのガリガリ音の抑制は、効果てきめんになるはず。
 (ノートパソコンにも応用できそうだが、SSDの選択肢もある)



 ‥ちなみに、空冷の風位置は
 HDDに近ければ近いほど良い。1mmほどの距離にまで近づけるのがコツ。

 ‥まぁようするに、ペットボトルで作るエコクーラーと原理は同じ。
 狭い口からすきま風を入れて、その風が解き放たれて広い空間に放流されると冷えるという図式。
 風の入る量が決め手だから、近ければ近いほど効率が上がる。

 理屈で云えば、HDDのサイドをガッチリ塞いで、固定して
 HDDの間に風を差し込む開け口を差し込んで、その開け口から風が入るようにファンを当てて
 出ていく方向にはサイドの余りをあえて延長しておき、風の抜けを二段階にするなど‥

 ‥そんな、工夫をしてやれば、適度な風量でもエコクーラー効果を追加で得られると思う。


> まぁようするに


 HDDの外面形状をもう少し工夫して
 エコクーラー効果を得やすい取り扱いにすべきだろうね。
 できれば、始めから制振ゲルで積み重ねるような仕組みにして、ネジレスにしてしまうのが
 サーバー運用には、メンテナンス軽減によろしいのではないのかと思いまーす。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 18:25 | Comment(0) | パソコン悩ましいZ | 更新情報をチェックする