2017年03月31日

【用語解説】電子書籍における自炊 (じすい)‥本当の意味

改稿.2017/03/31...20170330...

 ‥どうして本のスキャンコピーを「自炊」と表現するのかが実に謎だった

 そこで、ようやく気がついた
 というより、気がついてしまった

 エッチな本の使い道のことを総じて「おかず」と表現する‥
 そのおかずを自分で手作り用意する意味を込めて「自炊」‥


> データの吸い出しとかそんな言語的な余韻絡みは関係ねぇってことで
> オタクのシモ用語が経済用語に盛られちまったという事のようです。


 オタクのシモ用語が経済用語に堂々と盛られて活躍中と言う‥ものすげー衝撃‥

 「なぁ、新しいおかず仕入れたんだけど、自炊してくか?」
 ‥とまぁこんな使い方をしていたようには思えませんが
 ‥でも、DVDの焼きに対してなら、想定内かなと。

 (どちらにしても、女子からしたら猛烈なキモ用語でしかないけどな)

 ‥どこから発祥したのだろうか、すげー言語センス。(俺には無理)


> ということで新たな表現が求められそうだと‥(今更だな)
posted by 木田舎滝ゆる里 at 15:17 | Comment(0) | 提案熟語 | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

【提案熟語】解凍×→解縮(かいしゅく)

記稿.2017/03/26

 ‥凍っているのを解くから解凍。
 ‥縮めてあるのを解くから解縮。

 前々から日本語として間違っていると思っていた圧縮ファイルの「解凍」なる呼称‥

 よくよく考えてみれば、「解縮」である。


> さぁ大きな声で言ってみよう!「ファイル解縮」


 ‥それにしても
 WAV保管用に、FLACの最高圧縮を使ってみたら、7zipし直す必要がなかった。
 理屈からすれば当たり前なのだが、どうにもやってみていなかった。

 それにしても

 そこからわざわざ、著生は、ZIPの無圧縮を試してみたのだが、
 無圧縮だからファイルの大きさは同じだろうと思ったら
 RARツールと7zipツールでは、誤差程度に差がでるんだよね。


 同じ規格なのに、どうして無圧縮でも差が出るの?(すげえ気になる)


 ‥ちなみにいうと7zipの方がわずかに小さかったのだが
 ZIP通常圧縮したら、この時は、RARツールの方がまさったよ。
 (吸い出しlogを含めておくのに、少なくも通常圧縮しないと意味ないし)
posted by 木田舎滝ゆる里 at 12:43 | Comment(0) | 提案熟語 | 更新情報をチェックする

2016年09月24日

【提案用語】ハコカワ、ヒキカワ

記稿.2016/09/24

ハコカワ
一見かわいいのだが、何かというと箱ごと押し入れなどにしまわれがちな可愛さ。
なぜか誰しもが同じことを繰り返してしまうだけに、見た目だけで使いどころが不明だというのが落ち。
かわいいだけとも言う。

ヒキカワ
ブスゲスの代替用語。又は引き立て役と思しきかわいらしさ。又はとりまきを指す。




ドロンジョ
「それにしてもさ、お前たち、わたしのヒキカワで満足してて好いのかい
 わたしなんかさ、商売が商売だろう、正体ばれるのも厄介だからさ
 このまんまじゃすっかりハコカワだよ、どこかに好い男いないのかね?」


トンズラー
「ボヤッキーはん、ドロンジョ様の今のつぶやきどう思いますん?」
ボヤッキー
「何って、何?、そのまんまにドロンジョ様も欲求不満ってことなんでしょ」
トンズラー
「そこでんがな、あれは誘ってるのではないのかと思いまんねん」
ボヤッキー
「何言ってんですか、トンズラーさん、ふたりで決めたじゃないですか
 僕たちふたりはドロンジョ様の忠実なヒキカワになるって!(キラリン)」
トンズラー
「そうでんがな、忘れとりませんがな(まじまじ)
 だども、ドロンジョ様のストレスを思うにここはハッスルしても好いのではないかと‥」
ボヤッキー
「ちみー、ハッスルってなんですか?、ダメですよよい子の皆さんの前でそんな発言しては」


ドロンジョ
(ちー、まったくスカポンタンたちだね
 どうしてそういうところだけネジがしっかりしてるんだい
 ほんと、このままじゃハコカワで終わりかねないよ、キーィ)


> ‥とまぁ、こんな感じに使うと、放送炎上を気にせずに会話もスムーズになるかと。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 00:17 | Comment(0) | 提案熟語 | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

【提案熟語】巫女子力【ふじょしりょく】

記稿.2016/08/23

 ‥なんか最近
 女子力の言葉の使いどころが偏ってきているなと思ったのでググってみたところ
 人によって解釈が違うそうだ。

 はじめにおいてこそ
 社会の変革の起爆剤的なもてはやされとして、「女子力」なる言葉が登場したと思うが
 いつの間にか、色気や美人になるための努力意識を肩代わりする代替用語に成り下がっている。

 「あいつはイケてないからな」→「女子力ねぇ」

 まぁ、総合的にそんな感じ。
 ‥やんわりとモテないのは努力不足だからと言うやっつけで使われている。
 ‥本来の社会変革の起爆剤意識はどこ行った?


> まぁ、それが大方の女子観ということなんだろうな


 所詮は、誰かに生活の云々の次第を期待して
 ‥そっちのけで、自分の女子力生活が成り立つだろうと思ってしまっているわけである。
 ‥何の為に?、それこそただの自己満足、自己陶酔したいが為だな。

 (自己満足できなくて苦しんでいる。翻せば世の中すべてそんな感じ。)

 それで、そんなちんけな女子力でゲットした旦那を何とか操縦しようと

 美貌をネタにいびりまくれるだろうとの下心が見え見えである。
 ‥どうせそんな程度でも操縦する気があるなら
 ‥横の繋がりを高めて、社会に物申せる連携力こそを女子力と言ってもらいたいところである。
 ‥そういう意識は、どうにも空っぽらしい。そういう比率のようである。


> ちんけな意味合いの「女子力」にすり替わったのはやっぱりAKBの流れだろうな。


 そのAKBの世界観は下克上。まさに腐女子力の世界。
 横の連携よりは、まずは自分がセンターに登り詰めることが優先される世界観。

 腐女子力‥ふじょしりょく‥
 ‥今更、女子力の意味するところの代替性は変わるまい。


> ならば、転じて、巫女子力【ふじょしりょく】である。


 ‥社会変革に導くほどの女子力の意味合いの方を、格上げして扱うしかねぇ。
 ‥こっちの方が、日本語としても無理がない。

 (巫女力【みこりょく】とか縮めると、ゲームのパラメーターみたいなので没)
posted by 木田舎滝ゆる里 at 21:34 | Comment(0) | 提案熟語 | 更新情報をチェックする

2016年08月18日

【提案熟語】拓身時代、拓身文化

記稿.2016/08/18

 拓身【たくしん】‥新しきを活き拓いて身を立てること。その志。


 革新の言葉は何となくビジネス向き(拡大志向)だし
 維新というほどに団結した時代(大義名分志向)でも無いし
 克己というほどにあらたまった個の精神探求でもない。
 ‥どちらかというと、個々に自由なレベルアップ云々の時代。(スローに暮らし向き上昇志向)


> じゃ、そういう時代をどう表現するのか?


 ということで、拓身時代。拓身文化。
 ‥ジェンダーレスなキャッチフレーズとしても適当かと。
 ‥自分に納得できるように活き拓こうというのだから、競争の意味とも違うわけである。



向宜詠吟.

|活き拓け!ここに生きると決めて春
|活き拓け!ここに根張ると決めて夏
|活き拓け!ここに深まると決めて秋
|活き拓け!ここに窮まると決めて冬



> うた詠み終わります、ありがとうございました。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 11:41 | Comment(0) | 提案熟語 | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

【言語解釈】笑けるからの類推

記稿.2016/06/25

 高い → たけぇ
 格好いい → かっけぇ


> この流れで云うと


 笑い → わらけぇ
 「わらけぇ」の意味としては‥とても面白く笑える様ということになるだろうか。


 ‥ところがどうしたことか、形容詞から動詞に転じるという事件が起きた。


 それが、笑ける【わらける】だ。
 意味としては‥とても面白く思えるんだけどくだらない様子。
 ‥と解釈されている感じだが、実際の所よく知らん。


> と言うことは


 高ける【たかける】
 格っこける【かっこける】
 ‥などとしても使ってみるのもありになって来よう。


 高ける【たかける】‥無駄に高いだけで役に立ちそうにない様子。
 格っこける【かっこける】‥格好良さげに見せようとしてはずしてる様。


> ・・好いのか!?


 もう一度、確認してみよう。

 「わらけぇ」とだけで使うなら、どこか個性的だし、キャラ立てに使えそうだ。

 ‥でも

 「やわらかい」では「やわらけぇ」で用いられている。
 「わらけぇ」と「やらわけぇ」‥なんと紛らわしい。

 そういうもろもろの事情から
 「わらけぇ」に係わらず、紛らわしきは自然淘汰されたと思われる。


> ところで‥「やわらける」なんとも不可解な響きだ。どう解釈すれば良い??


 柔らける【やわらける】‥実に柔らかそうでいて、そうでもない様。
 それは、柔らかすぎるのか?、固いのか?、それとも普通なのか?

 まぁそれはそれで
 化学的特性の曖昧さを言い表すのに困るような状態に使えそうかもな。
 ダイラタント流体に力を加えた時は固くなるが、力が抜けると途端に柔らける‥など。

 この場合の「・・ける」は、「ばらける」等のけるの用法に近い。

 まぁそんな風に用いるなら‥力の加減を変えると柔らかくなる様という解釈か‥


> なるほどなるほど、使えなくはなさそうだ‥


 でも、言語としては、相当に乱れそうな感覚が忍びない。

 そもそもにして言語の乱れとは
 細胞分裂のままに、一方に寄って行ってしまうことの流行り廃りに満足してしまう点にある。

 「どうして使い分けて用いようとしないのか?」

 使い分けたいから誕生したはずなのに、こちらの方が今や主流とか言い出す始末だ。
 ‥そういう方向性は、言語としては筋違いである。文化としても争いにしかならねぇ。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 21:53 | Comment(0) | 提案熟語 | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

【提案熟語】デリケートをどう訳すか?

記稿.2016/04/25

> デリケート【delicate】は一般に繊細の意味に用いられている。


 しかしだ、最近の若い奴に見られる‥
 人前に出て何か発言しようとすると腹が痛くなるとか、吐き気をもよおす風なタイプを
 そのように表現するのは、違うと思う。

 ‥そういうのはそのままに

 即腹、即吐と書き表した方が通りが良い。
 しかしそれはその者の感覚であって、第三者に直接に言い伝えるには、症状としてよくわからない。

 そうなると、即鬱、即憂ということになるだろうか‥
 しかしそれにしても、鬱などという症状との区別が付かない。そこで、


> 並苦【へいく】:人前で普通にできると思われていることが難しい様。


 まぁこんな感じになるのではと思う。
 アスペルガー症候群等にも用いることができそうだが、どこが境になるかというと
 ‥人前が苦手という意識があるかないかだろうか。(ひっくるめると、意味としてはぼやける)
 (日常としては、当人に自覚が有るか無いかが相手に伝われば良いので、そんな感じかなと)


 「私、どうしても並苦なんです」
 「ああそうですか、それじゃ、我が社では、端末席ということになりますね」
 「あのう‥端末席ってなんでしょうか?」
 「我が社では、自宅勤務もしくは自宅待機のことをそう呼んでおりますが‥」

 (・・もしかして・・ここってブラック!?)

 「どうしましたか、並苦でもひどくなりましたか?」
 「・・・端末席でも一生懸命頑張らせて頂きます‥」


> 懸末【けんまつ】:並苦なのに人並みになろうとして頑張ろうとする様。


 「お前ってさ、並苦なの?」
 「なぜそう思うんだ?」
 「だっていつも一人で居ようとするじゃん」
 「ほう、それなら、そういう見方をする方が並苦なんじゃないのか
  俺から言わせればな、スマホと睨めっこばかりしている奴の方がよっぽか懸末だろう」

 「・・お前、それって自覚が無いだけなんじゃないのか?」

 「それを言うなら、お互い様と言うことになるだろう
  だからこそ、並苦は、当人に自覚があるかどうかが重要であって、
  第三者から誘導的に持ちかける言葉として扱ってしまいかねない偏見に用いるのは間違いだ」
 「つまりそれは、自己申告扱い用語ということになるのか」

 「そりゃそうだろう、気の持ちよう次第では、いつ直るとも限らないわけだからな
  こちらがレッテルのように貼っちまったら、迷惑なだけだろうが」
posted by 木田舎滝ゆる里 at 09:34 | Comment(0) | 提案熟語 | 更新情報をチェックする

2016年04月23日

【提案熟語】センチメンタルをどう訳すか?

記稿.2016/04/23

 センチメンタルの翻訳は一般に「感傷的」とされている。
 グーグルで中国語の方を確認したが「感傷」になっていた。
 (‥これは、日本からの輸入だろうか、それとも並行?)


> で、思うに


 日本人の感傷的という言葉の印象を考えると
 それはたぶん、思い込み的な感性に偏った使われ方をしていて
 勝手に煩っているような感じに思えなくもない。

 昔の一頃の懐かしさを振り返るような気持ちを表現するには、
 どうにも違うんじゃないのかな‥と、そう思った。


 ‥そこで考えたのが、回想と感傷の中間ぐらいな気持ちだろうとして

 旬想、旬懐、懐傷を思い浮かべた。


 懐かしい頃を人生の旬と解釈して思うから
 旬想【しゅんそう】、さらに強調したいなら旬懐【しゅんかい】

 でも、それほど距離感の無い日常だったなら
 旬傷【しゅんしょう】かなと思うが、ぱっと見‥訳わからん。ピンボケ感ありありだ。
 ‥それは懐かしさなのか青春時代の傷なのか、その辺が曖昧になる

 表現したいのは、もっと身近な日常での懐かしさの振り返りなのだ。青春時代に限定はしたくない。
 そこで、懐傷【かいしょう】かなと思った。

 懐傷【かいしょう】:過ぎてしまった時間を懐かしく思い出した様。うれしい様。
 懐怨【かいおん】:過ぎ去った時間を無駄にも思い出してしまった様。不快な様。少しは大人目線。


> 昨夜、子供の頃のアルバムを見て懐傷してました。
> 昔なつかしい駅弁の味に懐傷です。


 まぁそんな感じ。
 今時の日本語を見ていると、誰しもが馬鹿の一つ覚えのように
 「感動」しましたと言っては、その言葉の単調さに疑問を抱いていない。
 それは、どうにも違うだろう。そう思わざるを得ないのだ。

 で、向かった方向として誕生してるのが、若者用語の「ヤバイ」表現‥

 詩人としては我慢ならん。
 ‥それはまるで、中指を立てつけられた心境だ。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 20:08 | Comment(0) | 提案熟語 | 更新情報をチェックする

2016年04月21日

【検討枕詞】志新の(たけはるの)

記稿.2016/04/21

 志新咲きというのをもっと砕けて使えるようにと思ったら
 志新の【たけはるの】と枕詞風に詠むのも有りだろうと気がついた。

 志新の【たけはるの】:春の花の咲き返す様を背景に絡めて詠む感じ。

 枕詞として扱うなら、その対応は、花に限らず‥社会的な絡みかなと考えられるけど
 ‥そこまで本格的に形におさめる必要は今のところわからない。


|志新の世の為人の為言うけれど使い潰されりゃ根腐る

|少子化の青春時代ぞ高嶺なり志新の明けてなんと幻

|志新のスーツの色は地味ばかり傾奇てみたし懐細し

|志新の出先に期待花さがしハナミズキの目立つ‥「ああ‥そうか」



稚草

> ‥ということで、面白そうだから上の四景句の意訳でもしてみようかなと


 ブラック企業を避けるべく俺は慎重に会社を選んだ。
 でも、いざ晴れて入社を済ますと、重大な見落としに気がついた。それは‥
 きちんとした恋愛を目指すにしても、もはやまともなチャンスは学生時代にしかなかったのだ!!

 「ええ、そんなー」と思ってみても今更始まらない。

 そんな周りを見て見れば、どいつもこいつも地味なスーツ姿が変に思えた。
 そうだ、この中で目立つ格好をすれば、そりゃ目立つだろう。
 向こうから寄ってきて貰えるかも知れないな、でもカネねーし‥

 そんな時に、出先の命令を得た。

 意気揚々と出かけたけど、そこでも同じことが起きていた。
 何となく見える花にしても、年上の男待ちのお姉さんばかりにしか見えない‥
 本命の桜と言うよりは、すこしズレて咲いてるハナミズキと言わんばかりなんだよな
 ‥ああそうか、そうだよな。そういうものだったのかと、改めて先行き不透明な時代を思うのだった。

 「まじやべえよ少子化‥」
posted by 木田舎滝ゆる里 at 09:30 | Comment(0) | 提案熟語 | 更新情報をチェックする

2016年04月20日

【検討季語】門出咲き&志新咲き

記稿.2016/04/20

 二次創作用に卒業の詠みをひいこら考え出したら
 ‥門出の意味を入学でも使ってしまっている方も居るんですね。

 いやぁもう、訳わからんね。混乱するね。
 ‥どう考えたって卒業でしょ。


> などと考えていたら


 「門出咲き」を卒業に固定して
 「窓辺咲き」を入学の意味合いに固定しちまえば好いじゃん‥と閃いた。

 しかし、卒業してしまった後の思い出を詠むなら、
 どう考えても、窓辺咲きの方がニュアンスとしては良い感じだ。
 つまり、窓辺始めから卒業前までの桜の記憶をまとめて窓辺咲きという感じかなと。

 卒業だけが門出咲きと表現されることになる。

 ほほう、なるへそ。
 ‥恥ずかしながら、門出の単語を忘れてました。ははは。(また直しとこ)


> でも社会人で言うと


 門出咲きを新入社時の詠みに用いてもおかしくない。
 ‥門出にはそういうニュアンスを感じる。
 (まぁ、この辺の感覚をわかっていないと、ごっちゃになるんでしょうな)

 でも、‘出’の字を使ってるんですからね、縁起を担ぐなら使わんでしょう。

 「入ってきたのに、出ちまうとは是如何に?」

 昔の門出は、それこそ行って参ります。という意味だった。
 ‥奉公に行くのか、戦場に赴くのか知らんけどな。
 ‥まぁ江戸時代の気分で言うと、国(自藩)の外に出向くってことだろうね。

 そんなこんなで、「志新咲き」とでも綴っとけや。

 社会人のそれは、社屋の桜が春に咲く度に、志新咲き【ししんざき】と詠むべし。
 ‥まぁ、そうなると俺が使うことはかなり薄いということになるな。
 ‥それじゃあれだから、浪人&再就職組でもOKということにしておこう。


> しかしこうしてみると


 桜とか言ってる割りには、
 誰もその辺の言語の不十分に対して、改善の音頭を取らなかったんだね。

 「日本人の七不思議だな。」
posted by 木田舎滝ゆる里 at 22:19 | Comment(0) | 提案熟語 | 更新情報をチェックする