2016年02月23日

【アニメ鑑賞】あの夏で待ってる

記稿.2016/02/23

> ‥どの辺が舞台なのか探してみたところ


 小諸市芦原中学校というのが小諸学園のイメージに近いようだ。
 それにしても、信州のあっちこっちの光景を都合良くぶち込んでいる感覚に面食らった。

 実際的には千曲川が流れているわけだから、
 谷間になってるはずなのに、どこまでも真っ平らで描かれ、
 しかも遠距離から電車の窓がのぞけるなんて光景は、どうしても上田電鉄別所線に見えてくる。
 ‥それでなくとも、ずいぶんと人口密度端折りすぎの背景だ。
 
 それでいて、街並みのキレイさはたぶん軽井沢なんだろうと思う。

 新幹線だって乗り場は佐久市になるわけで、
 信州の風景がどことなく、都内の距離感のように描かれているのは
 全然ちゃうじゃんと言い切って良さげである。(電車の本数の問題として日常感が気になった)


> それはそれで、見せ方としては面白いのでどうでもいいのだが


 「人口密度の端折りすぎは良いのか?」と問いたい。
 人口密度が下がると決定的に違ってくるのが、生徒数の密度である。
 どうしてリアルの日常の密度で生徒数が確保できるのだろうか?
 ‥決定的に文化が違ってくると思う。

 そりゃ、空想の世界だから好きなもんだけ並べりゃそういう映像観にもなるのだろう。
 見てる側としても、そりゃ日常の喧騒が排除されていて好い感じに見えなくはない。
 ‥でも、おかしいだろう。


> そもそもにして、筋の初っ端から無理がありすぎる。


 それにしても、好みのぶれまくっている三角関係は趣味なんですかね?
 宇宙人の乱入で尚更に混乱する三角関係にする意味すらようわからん。
 ‥だったら地球じゃなくてもいいんじゃねぇ。月でも火星でも未来都市で良いだろう。
 ‥まぁそれだとそれこそ普通に転校生の乱入だけどな。


> 記事のタイトル的にどうでもいいのだが


 ashihara.gif

 小諸市芦原中学校の教育目標の「知性、品性、耐性」を堂々と掲げている姿勢には面食らった。
 ‥どう考えたって、生徒を商品出荷に見立てたみたいな剣幕だな。
 ‥そんな学校には行きたくねぇ。「かしこさ、きよさ、たくましさ」で十分だと思うぞ。

 最近の日本人は、日本語の形容詞を使わずに形容しようとする。そんなのは形容詞に失礼だ。
 日本語の形容詞ほどすてきな響きを放つ言葉もないのにな。
 ‥そこを見逃した教育観はとても残念である。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 01:51 | Comment(0) | アニメ | 更新情報をチェックする

2016年02月04日

【アニメ鑑賞】響け!ユーフォニアム(七射)

改稿.2016/02/04...20160203...

> 青春しているなぁと思いつつふと思った。


 コンクールとか試合とか、勝ち負けにこだわって青春を生きようとすると
 自ずと、こだわっている者とこだわらずに時間を過ごす者との差は開く。

 その結果、社会に出た時に何やら不可解な差が出てしまうわけでして

 こだわった者らが、こだわらなかった者らを下に何を言い出すのかという中身が非常に複雑です。
 何はともあれ、それが今の社会構造下にある不穏な空気としてプンプンしている。
 ‥だから俺は敢えて頑張ることを美学とはしていない。


 でもまぁ、汗を流せる青春を味わえるチャンスがあるなら、味わっとくべきだろうな。
 できれば中学時代なんかじゃなくて高校で‥俺は中学の時点で疲れちまった口だ。


青春の的‥七射

|青春を 吾に捧げたきわがままも 向き合わざるは輝きを得ず

|自らに 白羽の矢を射るやる気とは 的に真っ直ぐ真っ直ぐの吾

|いくつもの私を削るこの時の 捨てるも私 育てるも私

|奏でよう!磨き上げれば今ぞ立つ 好きの先にまだ見ぬ好きが

|風に乗る心地よさのこの先を 私で行くのか 手を取り合うのか

|青春の明日の色は 突然の 雨のち晴れの紫陽花か 虹か

|「ここに在る」そう思うほどに切なくて グシャグシャでもハイテンション
posted by 木田舎滝ゆる里 at 10:57 | Comment(0) | アニメ | 更新情報をチェックする

2016年02月02日

【アニメ鑑賞】シャイニング・ハーツ 〜幸せのパン〜

1-1)記稿.2016/02/02

> タイトルとそれに相応しい感じの絵柄が気になって視てみた。


 ところが、原作がゲームであるという点で
 そのファンタジックなイメージに、色々とへんてこな設定が引っ付いてしまっており
 (無駄にRPGの方にこだわっている感じ‥)
 「別にパン屋でなくても好くねぇ?‥」というぐらいに、キャラの立っていない作品だった。OTL

 「エルフもドアーフも要らなくねぇ?‥」
 「なんでジェット速度で飛ぶカラクリ人形が出てくんだよ。」
 「鋼の戦艦がファンタジーに出てくるのはアウトだろう。」
 「しかもその乗組員が、トカゲ人間とかまったく以てファンタジックとは思えない。」
 「戦闘能力を兼ね備えたメイド兼ドジっ娘ってなんじゃそりゃ!ふざけんな!一瞬で死ぬだろうがッ」


> ‥ツッコミ甲斐においてまとまりがあると言えば、実にそう言える作品に仕上がっている。


 他に言えば、教会にたくさん居る子供たち。
 あれは孤児院ではなく寺小屋で、パンを配達しに来るのは朝ではなく時間的にも昼時だし
 寺小屋の給食というシステムなんだと解釈しても良さそうだ。
 考えるにその辺‥キリスト教とかに断定する必要がない。
 ‥と言う具合に、所々仮想現実である点を強調せんとしてか、村風景は中途半端に描かれている。

 中でも

 トマトやコーヒーが出てくる辺りは、完全に西洋中世のイメージではなく
 かといってファンタジーの食事にこれと言った基準も無いからなんでもありって感じだ。
 ‥なら、味噌とか醤油とかお好みソースが有ったって好いよな。
 ‥さずがに、たこ焼きとかワッフルとかになると金型が必要になるからアウトかも知れないが
 ‥パン屋ル・クールの窯が壊れても、小麦粉料理で回せるだろう点に代わりはない。
 ‥窯が壊れてもなぜか影響もなくパンでやり繰りしている様子には、緊張感がさっぱりと途切れた。
 (べつに壊れたのが窯じゃなくてもよくねぇ?)


 あと、王家である。

 ちっぽけそうなその島を兄と妹で仕切っているという事情のようだ。
 ‥まぁそりゃどう見たって、ワケありにしか見えないよな。

 両親死んじゃって、親身の公爵家にかわいがられて引き取られたけど
 遺産相続に巻き込まれて、まだ若かったしでも兄は美形で、妹は聖魔法に長けてたから目を掛けられ
 少しばかりのおこぼれ程度の島を治めるに至った。チーン。てな感じ。
 ‥どうしたって王家になんか見えないぜ。


> ということで、残念さに納得行かず、


 俺がタイトルのままに感じた空気を以て、物語の筋を再構築してみた。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 21:39 | Comment(0) | アニメ | 更新情報をチェックする

2016年01月31日

【アニメ鑑賞】暗殺教室

記稿.2016/01/31

> くだらなそうなタイトルに反応してチェックしてみた。


 ※ ちなみに、ここずっとジャンプは読んでまてん。


 その結果、出た結論とは‥
 先生としての究極は、一子相伝の暗殺拳に通ずる心得と相成りましたとさ。チーン

 「なんじゃそりゃ!」

 いやぁだってさ、へんてこな生物で優秀ななんチャラなんて宇宙的に考えたら普通でしょ‥
 自分を生け贄にして殺し方を教えるって一子相伝の暗殺拳そのまんまだし。
 自分の命を失った後でも受け継いでもらわなくっちゃならないから、そりゃ愛情注ぐでしょう。
 その矛盾の狭間に位置して教育している姿は、なんか演出的にズルい感じもしなくもないけど
 言ってしまえば、それに尽きる。


> しかし、教える側の究極がそれだとしても


 べつに教わる方はそこまで望んじゃいない。
 このくそ忙しい社会構造上の必要みたいな解釈でしょう。
 ‥逆さに見れば、普通にのんびりした社会なら、先生ものんびりしていたって全然おかしくない。

 ダメダメでも、何か一つ教えられる心得があるならそれでOK!
 そういう時代にすべきだと思った。
 ‥それにしてもフェイントの利いた器用な作風だね。


> ちなみに、マッハ20とは


 1マッハ数=1224km/hは高度0m(気温15℃)の場合であり、
 高度1万m(気温零下50℃)になると1マッハ数=1080km/hになるらしいとある。
 早い話、気温が上昇するほどに評価が上がる。これは音速を基準にしているからだそうだ。

 つまり、殺せんせーの日常を気温20度にすると時速1300kmぐらいだろうか。(適当)
 すると、この場合のマッハ20とは時速二万六千キロになる。
 それの六十分の一‥つまり分速433.333キロ、秒速なら7.222キロ
 E組の校舎から街に出るまで、どうみても往復10キロ以上ある。
 先生がどんなに高速移動できても、コンビニでの会計を済ませるのに1分は掛かるだろうから、
 先生がふらっとコンビニに出かけても、すぐには戻って来られない。

 ‥その辺の演出は、マンガ上では描く必要があまりないが、アニメだとえらく気になった。
 ‥というより、何も考えずに演出しちゃってそうな感じ。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 20:59 | Comment(0) | アニメ | 更新情報をチェックする

2015年12月26日

【どうでもいい】アニメの中の2015年‥その1

記稿.2015/12/26

 鉄腕アトムは知らないが、手塚プロ版の「ジェッターマルス」なら、当時見ていた。
 そのOP歌詞の中に「時は2015年」とある。

 ちなみに、鉄腕アトムの制作を請け負っていた虫プロは倒産し、
 その少し前に手塚治虫は、経営方針の食い違いから立ち去っている。
 ‥まぁ、それの手塚プロ版を、手塚治虫が手掛けた所で誰も文句など言わなかったと。
 ‥TPPになろうものなら、そんな遠慮なんか要らなさそうな感じがものスゲー違和感。


> で、そいつを見返してみたところ‥


 通信セキュリティの概念がまったくない。
 その代わりとして、疑うことを知らないやんちゃなロボットマルスが
 悪い大人達に簡単に垂らし込められる‥という話になっている。

 うーん。それはそれで辻褄としては合っているのだろう。


> そして、2015年の今年、「ペッパー」が発売された。


 アニメのそれと比べると、実は、
 思考回路の進歩よりも記憶容量の技術の方が遥かに進歩していた。

 なんと、ジェッターマルスの記憶容量は、1テラバイトにも満たない。
 ‥ギガ換算でも、OS起動と一部アプリで一杯一杯程度だ。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 22:50 | Comment(0) | アニメ | 更新情報をチェックする

2015年12月08日

【川柳】銀の匙SilverSpoon‥十七射+1

記稿.2015/12/08

|酪農の怪我と廃棄は野獣の暮らし
|国産牛‥怪我した乳牛「いただきます♪」
|無事出荷、汗と涙のブランド印

|ガムシャラは若さが勝負の短期戦
|いいのかよ!自由の視野はド近眼

|望んでない!奴隷文化に隷属政治

|安全を勝ち抜く先のブランド皿
|負け組は残飯係とバイオ皿
|いつの間の死に神食品‥ババ抜き社会

|したいこと。どこで学んだ真に受けた?

|カネ無いしキレイな街も見てるだけ
|つながらず誰かの汗も画のモチ

|そっとして見て見ぬやさしさ孤立社会
|恥掻いてつなげる感じに「なぜ臆す?」
|査定しか頭に無くなりゃクズ社会

|はみ出しがチロチロ沸かす炎上社会
|変えてやる!秘めたる先の手にキーボード

|普通とは、食に始まり‥美味いに感謝・協挑・共生なり

↓/稚草を読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 22:01 | Comment(0) | アニメ | 更新情報をチェックする

2015年11月27日

【アニメソング】KACHIGUMI

記稿.2015/11/27

> アニメソング‘KACHIGUMI’とは、(→歌詞


 らき☆すたのスピンオフ作品「宮川家の空腹」のオープニング曲である。
 どんなものかと確認してみたら、挑発的な歌詞の羅列に‥
 やはりこの世界観とは相容れないのだなと確信するばかりに至った。


 その中の歌詞にこうある。
 “お金じゃ手に入らないの 必要なモノは掴みとれ”
 そこでこう思った。

 お前らが手に入れようとしているそれらは、全部作り手のつくり物である。
 お前らが作り手になって、そこに渦巻く名声を掴みとるという話ならまだしも、
 そういうのをKACHIGUMIとは言っていない。(テーマとしてもオタク観のツッコミだしな‥)

 作り手としてのそこは、掴みとるモノではない。掘り起こすものだ。


> そう考えると、すべては内在されていないと始まらないのである。


 進化論を信じるなら尚更である。
 進化できるカラクリが内在されていないのなら、それこそ無駄である。
 掴みとれというのなら、それこそを得るべきだ。

 遺伝子的に不足があるから無理とか、そんなのは関係ない。
 見かけ上の不足とて、情熱に於いて変異できなければ、純粋に進化とは呼べない。
 情熱があると言う事は、願い繰り返すことだ。それで進化が起こらないというのなら進化論も無い。

 誰かが作りだしたモノよりも、ノウハウこそを得るべきである。

 確かにそれは、お金じゃ手に入れられない心と汗だ。好奇心とも必要とも言う。


> そもそも


 人間なる群衆は、集合意識においてすべてが共有されるようになっている。
 進化の方向性にしても、集合意識次第に置かれているようなものにある。

 だから

 消費独占・市場独占を求めれば、全体としてもそのようになり、
 勝ち負けしか意識できない群衆に仕上がることにもなろう。

 だかしかし、オタク的な視点で言うならば、それは‘勝ち’ではなくて‘価値’である。
 価値の下にひざまずいているような様だ。でもそうじゃない。
 この曲のそれは、希少価値を手に入れたとしてふんぞり返っている様だ。
 ‥そんな意識で作り手の側になると、ほとほとに六なモノしか作らない。作れない。

 オタクにしたってそこは十二分に心得ているわけで、この曲は、悪ノリしただけのお門違いだ。

 どちらかと言えば、ただの物欲賛歌だ。
 まぁそういう曲なんだけど、物欲にしても、手に入れんとしているのは、
 誰かの作り物だし、サービスだし、そこにしか興味関心がないしても、感謝を持つのがオタクである。
 ‥感謝を持たねぇオタクの推奨は、本質的にクレイジーでしかない。

 「一緒にすんな!、ボケ」
posted by 木田舎滝ゆる里 at 10:19 | Comment(0) | アニメ | 更新情報をチェックする

2015年11月06日

【アニメ鑑賞】GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり

記稿.2015/11/03

> 異世界の扉が突如銀座に出現、その後自衛隊が大活躍


 ‥という筋書きの作品なのだが
 「どうして異世界の門が国の管理下に置かれるのだろうか?」

 ゲートは、向こう側の世界の魔道士が思惑を以て開けたとか
 そういう流れは無かったのだろうか?

 「向こうが意図して開けたのなら、いくつでも開けられそうではないのか?」
 「どうして銀座に一つとか、そんな半端な状況なんだ?」

 その辺の説明というか、展開がまったく以て無い。

 お陰で、始まりに於いて、
 ゲートの向こうから正体不明の軍隊が攻め寄せてきた感じは面白いのに
 見方によっては、魔軍の襲来かという感じにも見えたが、話が進んでいくとそうではない。
 あくまで、自衛隊の戦闘能力が存分に発揮できるようなへっぽこな勢力の「?」な襲来で
 ‥決して、難しい任務という展開にはなっていない。


> あのゲートは、どうして開いたのだろう‥謎のままだ。


 偶然だったなら、いつなんどきに閉じるとも限らない。
 そんなヤバそうな代物を、如何にも今後永久的に国家が管理していきます展開というか神経は
 明らかにおかしい。まずは、そのゲートの確かさを示すべきだろう。
 ‥そうでないと、説得力が無い。

 例えば、こじ開けた魔道士が死ぬと閉じちゃうとかな。
 「その魔道士を倒したら帰れません。どうしますか?、でも奴らは襲ってきます。」
 ‥て選択支に苦悩する自衛隊員たちの絵図ぐらい欲しいだろう。


> なにあの余裕の展開。しかも、


 あれだけゲートの向こうの相手国に対して、血生臭い戦闘を押っ広げておきながら
 平和交友に向けての民間調査とか、まさに米軍に染まりきった内容だよ。
 ‥米軍のやって来たことのコピーを自衛隊にはやって貰いたくないよね。

 大体、平和交渉の前の民間調査って、普通なら丸腰調査だろう。

 ‥そこを装甲車両で前進って、米軍のそれより外交音痴って感覚が無策すぎる。
 ‥それで人の良さそうな顔をしております。云々ってのに信用なんかある訳ねぇ。
 ‥まるで、沖縄戦にやって来た米兵の正義ずらそのまんまじゃん。

 そういう風にしか、国家の戦闘能力を扱えない頭というのは、明らかに間違っている。

 そういう場合の落ちというのは、
 決まってこちら側の技術で、秘密裏に内緒で実験的に開けてみました‥
 という流れになり、自衛隊はお馬鹿にもそれに乗せられた連中という落ちになる。チーン。



追加分.2015/11/06

> 気になってググったら、原作の柳井たくみは、自衛官経験者だという。


 その者が、自衛隊の在り方について、こんな感じという理解をしていたという事になる。
 ‥それはそれで、圧倒的火力支援による虐殺も、命令次第では受け入れると受け取って良いのだろう。

 それが自衛隊として本土防衛ならいざ知らず、

 この話での筋書きは。調査即ち進出上での接敵を余儀なくされた作戦だ。
 ‥何をどう考えても憲法9条違反だ。創作とは言え、発禁ものと言えそうである。
 ‥小説のままだったならまだましだったろうが、アニメ化されているというのは如何なものだろうか。


> そして


 自衛隊経験者でさえ、そのように理解していたとなれば
 国民のかなりの数が、そう思い込んでいると言えるそうだ。
 ‥だからこそ、政治家の一部にもそんな考え方でOKみたいな事情にあるのだろう。
 ‥何をどう考えたって、憲法9条の何を理解したのかという有り様としか思えない。

 太平洋戦争における虐殺の有り様に懲りたから、
 そういうのは止めようと言うのがそもそもの憲法9条の出発点である。
 ‥戦略的に都合が良かったからと言って、そのような表現に自衛隊を用いては、世界に違和感だ。


 ‥どうせなら、改憲された後の世界観にした方が、論として嫌味が薄くなったろうに。
 (総理大臣等が必然的に架空になるのなら、そこまで踏み込んだ方が自然だった)


 大体だ、この手の作品の外交は、話の筋に欠かせないデリケートな要素なのに
 大ざっぱにも省いてしまっている。ありえない。(妄想扱いも覚悟してんだろうな‥元自衛官)
 ‥原作はどうかしらないが、アニメに於いてはひどいものだ。誤解を招くばかりで宜しくない。
 ‥第二期やろうとか考えてんじゃねぇだろうな。(第一期枠は尻切れトンボだし無さそうだが)


 「やりたいなら、一から出直して作り直せや。」
 「どうせなら、廃盤にして原作から練り直すべきである。」
posted by 木田舎滝ゆる里 at 11:05 | Comment(0) | アニメ | 更新情報をチェックする

2015年10月20日

【ガンダム】鉄血のオルフェンズに思う

1-3)記稿.2015/10/20

> ガンダムの解釈がまた変わった感じかな


 主役側で、躊躇無く人を殺すタイプのガンダム乗り。
 今のところ心の中にそれへの不快も動揺も描かれていない。
 ‥あるとすれば、弱さへの憤りだろうか。

 今後の変化に注目と行きたいところだが

 組織上、ダチの命令で動いているという展開が、うんともすんとも苦々しい。
 自分の意思で殺しているわけで無いとした見方が、すれすれでずるい感じだ。
 そういう奴ほど、殺すことへの躊躇に後悔の色は薄い。


 「そもそも、それをガンダムでやる意味があるのか?」
 「ガンダムという影響力を過小評価しているとしか思えない」

 ‥変化させるべきなら、単純にダチが死んじまって、三日月がどう出るかになる。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 16:14 | Comment(0) | アニメ | 更新情報をチェックする

2015年09月20日

【アニメ詠み】LBXバトルはスポーツだ!‥二二射

記稿.2015/09/20

|活きすぎだ!ダンボール戦機の辻褄合わないオーバーアクション


|LBX好奇心わくわく子供の夢玩具。どう見たって銃刀法違反なり
|強化ダンボール。鉄より硬度ありそうで、破片が飛べばどう見たって危険
|箱の中、夢が一杯。危険が一杯。やっぱりそこは戦場だ


|いざバトル!CCMを押しまくる親指の指紋は消えている

|われらの代わりに戦う姿、ダンボール戦機ぞ武士魂


|尽きない弾丸、尽きない動力。どう見たって辻褄合わなすぎ
|トリトーンの無理すぎる接着溶剤その容量、世界で一番に重そうな玩具だな


|フレームの素材は何だ?ビームを放つその耐熱性
|玩具だもん。武装の整備装填、刃物の研ぎはNGシーン


|戦闘中、海中で槍をポイ捨てしたのに戻ってる‥
|フェアリーのドングリ搭載してるのに、破壊しても誘爆せず


|ブレインジャックでLBXに襲われる。安全性ゼロだったと山野博士のお墨付き
|LBXの研究所‥どう見たって軍事基地
|山野博士のお仕事は‥どう見たって兵器開発
|儲かれば黙して騙して嘘の後


|戦う性能こそが勇気とは、力こそ正義と何ら変わんねぇ


|LBXは安全面からの欠陥品。嘘を擦り付け合っているようにしか見えて来ない
|玩具なら爆発するな暴走するな

|LBXバトルは、控え目に見たってスポーツだ!

|LBXの勝敗だけで進んで行く。そこんところだけは武道の世界観
|即ち、爆発アニメとは武道の精神にありと見つけたり(押忍)
posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:07 | Comment(0) | アニメ | 更新情報をチェックする