2018年06月29日

【歌紬文学】俺好みの女子がこんな神待ち娘を演じるわけがない!!

↓5)向宜紬詠.2018/06/29


|足音にすすり泣く影花外灯 神待ち娘は違法の子猫


 その日の夜、俺は遅い仕事上がりの帰り道だった。
世間は花見時だというのに、まったく以てそんな暇なんてない。
俺は、そんな息抜きをしたい妄想に駆られながら地元の駅を下りての帰り道だった。
 ふと気が付けば、住まいの近くまで来て、外灯の下に年頃の女子がすすり泣いているように思えた。


 (ほう)
‥これはもしかして噂に聞く「神待ち娘か」‥春休み終えにしては珍しい‥


 しかし、俺はおもむろに立ち止まってしまっていた。
不思議と、辺りには人の気配が無い。取りあえずほっとした。
俺は好奇心に駆られたが、この手のパターンでの違法行為に足を踏み入れる気は無かった。
俺がその場を立ち去ろうとすると、猫が啼いた。
俺は振り向かずそのまま歩き出したが、なぜか猫がついてきた。
このまま行くとすぐに部屋に辿り着いてしまう‥マジに犯罪者に落ちぶれかねん‥
俺は意を決してふり返り、猫‥もといその娘を諭して去るように試みることにした。


 ‥振り返ること、まじまじにその娘の顔を見やれば、直球で俺の好みだった。‥
 (俺の好みの女子がこんな神待ち娘を演じるわけがない!!)


「お前、なんで俺の後に付いてくるんだ?」
「あのう‥ひと晩、泊めてもらえませんか?」
「はぁ、何言ってんだよ、お前‥お前どう見ても未成年だろう、俺を犯罪者に仕立てる気かよ?
 そういう事はだな、交番にでも行って、『一緒にブタ箱に入りませんか?』って頼みなさい。
 」
「それだと補導されてしまいます‥
 それに、弱みを握るような警官だったりしたらそれこそ最悪ですぅ」
「ほう、そういう最悪性を理解していて、なんで神待ち娘してたんだ?」


「エェぇ☆★☆‥それはまだ秘密ですぅ‥」

(‥な★「まだ」ってなんだよ‥なんなんだよ、その意味ありげはよ‥)


「それじゃ、とにかくだな、普通に交番に行けよ、普通に行く分には想定内だからさ」
「それじゃ、交番まで案内して下さい」
「スマホで検索しろよ、こっちは仕事上がりでゆっくりしたいところなんだからさぁ」
「スマホは足がつくので置いてきました、今持ってません」
「はぁ‥スマホ無しで家出ってのも、おかしいだろう」


 ‥俺が困った顔で、夜空を見上げながら頭を掻いている時だった
 ふと、その娘の女子のような視線が妙に気になった
(あれ?‥今こいつ、俺のことをまじまじと見ていたような‥)

「じゃさぁ、俺の後ろから距離を保って、ツケるようにあと付いて来いよ
 いいか間違っても お付き合いに勘違いされるような距離を取るなよ


「うふふ、おもしろそうですね、この後もお忙しいんですか?」
「・・・いいや、部屋に戻って一人する事なんか決まってるし」


 どのぐらい来た道を駅方向に戻っただろうか?‥気が付けば、神待ち娘は消えていた。


「なんだよあいつ‥まぁいいや、お互いに好き好んで交番には近づかないに限るしな」
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 15:48 | Comment(0) | ネタ文学 | 更新情報をチェックする

2018年03月24日

【ネタ文学】青春の扉

記稿.2018/03/24

> 恋は無くてもSEXはやれる
> 恋は無くても好き嫌いはある
> だから、君の告白が何を目的としているかは、僕には伝わってこない
> 「つきあう」って何?
> 僕を君の思春期の扉に指名するってこと?


> ・・・・
> まぁ、そんなところよ‥


> では、その扉は出口になった、バーイ♪


> あ、ちょっと、待ちなさいよ!
> (ち、あんにゃろう、噂通りの告白練習機め‥半分は本気だったのに‥)
posted by 木田舎滝ゆる里 at 00:11 | Comment(0) | ネタ文学 | 更新情報をチェックする

2018年02月25日

【ネタ文学】大人学校さくら友好会

記稿.2018/02/25

> これはネタ文学です、つまり物語ネタの公開です
> ここでのネタを元に、誰がどんな話を画策しようが自由と言うことです


 ベーシックインカムが始まろうとしていた頃
 とある地域では、大人学校を画策していた

 生存に困らないなら困らないで、人と人とを如何にして繋ぐかが課題になる

 ぶらぶらできる時間が、一律的に可能と言うことは
 一角に集めて、地域の歴史なり風土を学んでもらった上で
 しっかりと定住して貰うことも可能と言うことだ

 (高齢化社会で、病院にばかり行ってもしょうがない対策を含む)


 その様な段階を踏んで貰った方が、地域作りする上での一体感に結びつくはずである


 過疎化が進みすぎていると難しいが
 ある程度使える空き家が適度にあれば、合宿というスタイルで利用してもらうのもありで
 (大工経験者やら施工資格保有者なら、許可を得ることでリフォーム自由に可)

 学校にしても、余り始めるどこぞの校舎の再利用でも十分だろう
 (仮想的にいくらでも空想できる)


 本格的な授業に縛り付けると言うことで無く
 地域の顔ぶれを把握し合う上での集まりの場を設けようという趣旨である
 地域の歴史と風土についての科目は必修としても
 その他の講義は、希望を募って講師を呼んだりと参加は自由
 中には教師資格者が、再学習授業を行うことも検討できる

 ‥とにかく、成績を付ける事が目的ではない
 あくまで、地域の顔を知るという場所だ
 だから、マンガよろしくにホームルームだけ出席して
 あとは、クラブ活動に入り浸るというのも、大人学校の一つの活用の仕方になる


> ストーリー構成で言えば、クラブ活動ネタの方が創意工夫に結びつくように思われる


 ‥で、ここでのネタは
 全国の桜が瀕死状態と言うことから
 これから定住しようという地域に自分たちで桜の名所を作っちまおうというお話になる

 マンガとして、桜の植え方やら育ち方を事細かに綴るのも含めた内容が想定される

 まぁ、考えれば、色々と潰しの利くネタに思われます
posted by 木田舎滝ゆる里 at 21:35 | Comment(0) | ネタ文学 | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

【ネタ文学】僕と書いてしもべと読むその心は?07

↓2)記稿.2016/06/26

「‥なんだよ、保谷木の奴、あっさりとやってのけたな」
「そうだよな、俺はてっきり泥論場による凄まじい保谷木のOTLが拝めると思ったのによ
 あの口ぶりじゃ、あと一人集まれば、親衛隊OKみたいじゃん‥」
「でも、一週間以内に集めないとやっぱりOTLだな」

「ちぇ、なんかものたりねぇな、もう教室行こうぜ」‥ぞろぞろ


「おい保谷木、明日から一週間その格好で
 メガホン片手に泥論場親衛隊 隊員募集の看板持ちやるんだろう?
 ‥明日の朝か、楽しみだぁ」
「保谷木、期待してるからなッ」‥ぞろぞろ


「‥それにしてもさ、泥論場どうよ?
 なんか、意外とあっさりOKしてくれた感じの流れだったよな」
「そうだよな、自分からダメって言わなくてもさ
 無理難題を条件に出して、ハイさよならって、ありゃ‥かぐや姫だぜ」

「なるほど、そうか、かぐや姫か‥言われてみればそうだぜ」

「だよな‥親衛隊志願にしても、告白にしてもさ
 条件提示してくれりゃ、直にダメ押しされるよりは、なんぼか気が楽かもな」
「‥だな
 相手の条件提示のセンス次第じゃ、その先の付き合いぶりってのも推し量れるってもんだし」


「‥でも、条件付けたのに試練通過して
 まさかの展開にでもなったら、それはそれで、こじれそうな空気だな」
「いや、それはそれで、お互いの性格が丸出しになるところだから、べつに好いんじゃねっ」


「ほうほう、そうなると、まさかの展開の泥論場のあわてぶりって奴も見てみてぇな」
「あっ、俺もどちらかっつうとそっちの方が見たいかも」

「じゃ、お前らで即行入隊してやれよ」
「それは無理’s(キッパリ)」‥あはははは




「(・・聞こえてるんですけど)、みんな‥好き放題云ってくれちゃってます
 でもいいんです、無理強いはできません。
 その代わりに何気にアイデアを頂きましたし、
 今のうちに看板持ちの看板のデザインを考えておかないと‥

 (‥一週間先の心配なんかしちゃいられませんのですッ!)」
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 11:20 | Comment(0) | ネタ文学 | 更新情報をチェックする

2016年06月14日

【ネタ文学】僕と書いてしもべと読むその心は?06

記稿.2016/06/14

「おはようございます、泥論場(どろんじょ)さん」
「‥???‥
 おはよう、珍しいわね保谷木(ぼやき)がわたしに挨拶してくるなんて
 それにしても、保谷木、あんたどういう格好してるのよ
 まわりの男子も含めて、まるで誰かを待ってるかのような騒ぎよね」

「は、はい‥実は、泥論場さんをお待ちしておりました(キリッ)」


「ちょっとやめてよね、そんな格好までしてわたしを待ってたってどういう意味?」


「・・じ・実は‥
 ま、ま前から泥論場さんのことが、だ・だい‥大好きでありまして
 ‥それで、泥論場さんの親衛隊を結成して、お互いに盛り上がってみたいなぁと思いまして
 ‥こういう感じに表現してみました」

「・・あんた、本気でそれ言ってるの?」

「マジです、まずは親衛隊から始めてみようと思ってます」
「親衛隊からってね‥あんたそれ、思いっきり告白じゃない」
「はい、そう思って頂いても結構です」
「・・・それじゃ、ただの親衛隊のままでも構わないってことよね」
「はい、そう思って頂いても一向に差し支えございません」


「ふーんそう、それはまずまずの心掛けよね‥
 それで、その親衛隊ってのは何人居るのかしら?」

「はい、今のところ僕ひとりだけです」
「はぁ??、ひとりだけって・・・
 そんなんでこのわたしを取り巻こうって言うの?
 そんな貧相な親衛隊なんか要らないわよ、逆にこっちが恥ずかしいだけじゃない
 最低でもあと一人、確保してから声かけなさいよ

 ‥そうね

 明日から一週間、今日みたいにその格好して毎朝校門で声掛けしなさいよ
 一週間様子見て、保谷木以外に隊員が集まらなかったら
 縁が無かったと言うことで諦めなさいよね」


「え☆???」(・・話が違うんですけど)

「え、じゃないわよ、きっちり一週間よ!
 まぁせいぜい、このわたしを喜ばせるように頑張りなさい

 わたしのことを慕う奴がこの学校に一人しか居ませんでしたなんてね
 こっちも恥ずかしいだけなんだから、あんたそこん所わかってる?
 ‥まぁ逃げてくれるってんだったら、こちらとしてもそういう意味では助かるんだけど
 保谷木くんの一週間のご様子次第では、逆恨みも有り得るってことよね(ギロリ)」


「・・・が、頑張らせて頂きます!(シャキッ)」
posted by 木田舎滝ゆる里 at 06:12 | Comment(0) | ネタ文学 | 更新情報をチェックする

2016年06月09日

【ネタ文学】僕と書いてしもべと読むその心は?05

↓2)2016/06/09

タッタッタッタ

kannagi-cutie3.png

「ボディの奴、ちゃんと校門の前に突っ立てるかしら?
 わたしも何だかんだっ言って、どうなるのか楽しみなのよね

 ‥それにしても
 タイミングを見計らって登場する為にもこうして、いつもより早く出てるのよ
 外野がからっきしだったんじゃ意味が無いもの、ほんと付き合う方も大変よ」


その頃、一方のボディはと言うと
学年の男子から校門の前で根掘り葉掘り問い出されていた。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 11:34 | Comment(0) | ネタ文学 | 更新情報をチェックする

2016年06月08日

【ネタ文学】僕と書いてしもべと読むその心は?04

↓3)記稿.2016/06/08

「あれから三週間ね、代替案ぐらい三日で考えてきなさいよ」
「お言葉ですがキューティ様、アイデアはその日のうちに思いついたのですが
 思いついた勢いで、少々作る方に手間が掛かってしまいまして
 このようにお待たせしてしまう次第になりました、申し訳ございません‥」

「・・・ちょっとボディ今なんて言ったの?」

「はい、ですから
 思いついたアイデアを実際の形に作り上げるのに手間取ってしまったものですから
 三週間もお待たせしてしまいました‥」

「嫌だわぁー、あなたって思い立ったら突っ走っちゃうタイプだったのね
 このわたしに相談を介さないでいきなり予算を注ぎ込んじゃうなんて
 夫婦生活じゃ妻を泣かせるタイプよね
 あなたが考えたというそのアイデアが糞で、却下された時はどうする気だったのよ
 今後からは自重しなさいよね」

「申し訳ございません、ですが、僕
 普段から、思い立ったらすぐ作ってみちゃうタイプなんですよ
 ですからついつい作る方に夢中になってしまいまして‥」

「へぇ、そうなの、手先が器用なことは立派な事ね
 でも作る方に夢中になっちゃうのって、恋愛で言ったら自爆発言よ
 彼女のことも忘れるぐらい夢中になっちゃうなんて下らなさすぎるパターンね

 でも、まぁこれは試験課題でもあるから熱意の表れとして受け止めといてあげる
 それじゃ見せてちょうだい
 手先が器用だったにせよ、出来上がって来たものが糞だったら
 それこそ無駄ってわけだけど」


「えへへ、では早速」

(な、なによそのにやけた顔は‥変なモノ出してきたら承知しないんだからね)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 10:58 | Comment(0) | ネタ文学 | 更新情報をチェックする

2016年06月07日

【ネタ文学】僕と書いてしもべと読むその心は?03

記稿.2016/06/07

「それじゃ、あとは僕認証が必要ね」
「キューティ様、なんですかその僕認証というのは?」

「・・ボディ、あなたね
 ただ普通に、わたしの三歩あとから付いてくればそれで万事丸く収まると本気で思ってるの?
 そんなの回りから見たら、ただの変態よ!
 そんなくだらない回りの錯誤に
 このわたしを、あなたのどうでも良い物好きに巻き込もうって言うの?

 もう一度確認しておくはね
 今現在あなたの立場は、わたしから見てなんなの?」

「僕です‥」
「そうよ、僕よ
 世間に対して、誤解が無いように僕であることを示し歩いてこそ、問題のない形ってことでしょ」
「え?・・まぁそうですね
 間違ってもストーカーには思われたくはありませんし
 そんな噂が立ってしまっては、お互いに元も子もありません」


「じゃ、そういうことだから、自分で首輪買ってきなさいよね」
「あのう、キューティ様、どうして首輪なんでしょうか?
 他にも色々とアイデアがあると思うのですが‥」

「あなたね、僕の癖に、なに反論だけしてるのよ?
 まるで、お約束馬鹿の反対野党と同じじゃない
 僕なんだから、ご主人様に恥を掻かせたらお終いなのよ
 今のところやり直しなさいよッ」

「申し訳ございませんでした、キューティ様のご指摘、ご尤もだと存じます」


「じゃ、もう一度言うわよ
 そういうことだから、自分で首輪買ってきなさいよね」

「申し訳ございません、ぼくとしましては
 キューティ様のしもべとして以前の‥気持ちとしまして、やっぱり人間です
 人間としての尊厳を貶めるようなスタンスはお互いの為に宜しくないと思いますので
 今しばらく代替となるアイデアを考える猶予を頂きたく存じます」

「あら、そう‥それじゃしょうがないわね

 今しばらく待っててあげるけど、わたしの納得できる代替案を示せなかったら
 わたしとの僕の立場からのスタートも無かったことになるからね
 じゃ、わたし今日はもう帰るから
 どうせなら、できるだけ具体的な形で示せるように提案するのよ

 ‥なに呆然としてんのよ、返事は?」

「はい、仰せ付かりました‥」
posted by 木田舎滝ゆる里 at 10:37 | Comment(0) | ネタ文学 | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

【ネタ文学】僕と書いてしもべと読むその心は?02

記稿.2016/06/06

「あのう、昨日一晩考えたのですが、僕の件有り難く受けさせて頂きます」
「・・ふーん、そう
 それじゃ、抱負でも聞かせてもらおうかしら」

kannagi-cutie2.png

「抱負ですか?」
「そうよ抱負よ、僕としての心得を簡潔に述べてみなさいよ
 恋だ何だかんだって言ってもね、結局は誠意を伝えるのが筋ってものよね
 そこん所が始めからズレてたらお互いに遠回りするだけでしょ
 わたし嫌なのよね、そういう始めから勘違いにもブレ合っていました‥なんて」


「‥わかりました、不肖ながら語らせて頂きます

 昨日、あのあと、僕からのスタートと言うことで色々と考えたんです
 男が女の三歩後ろを歩かされるなんて、なんて屈辱なんだって最初は思ってたんですが
 よくよく考えてみると、大人になって社会に出れば同じことだって気がついたんです
 如何なる仕事だろうと‥お客様、世間様の三歩後ろから寄り添うような有り様ですよね
 その許可の光栄に預かれるというのなら
 それもまた少年時代における貴重な体験なんじゃないかって‥
 好きな子の好き嫌いのツボも見極められない様では
 そんな将来、先が知れてると思いました‥以上です」


「へぇ、あなたって意外としっかりしてそうね
 まぁそれだけ言えれば、三歩後ろから付いてきてもらうに十分な心得よね
 それじゃまずは、呼び名を決めましょう
 わたしはキューティ、あなたはボディ、わかった?」

「わかりました‥‥キューティ様
 あのう、キューティ様、またなんで僕の呼び名がボディなんでしょうか?」


「はぁ、な〜に、不満でもあるの?」
「滅相もございません
 ‥ただ呼び名としてはどこか腑に落ちないというか、意味ありげに思いましたので」

「それはそうよ、だって僕の役割なんて決まってるじゃない
 世間を見てご覧なさいよ、主の愚痴をグチグチ聞く側にまわった方が僕なのよ
 ‥そう考えてみたら、愛情などとうそぶいてみたって、所詮は
 主と僕の関係に成り下がったのが、今社会の夫婦の典型って事よね

 そしたら

 僕には僕らしく、まずは愚痴の掃きだめとして受け止めるべき響きが最もになるでしょ
 まぁ頑張って、まずはお気に入り目指しなさいよね」


「わかりました‥ボディというその呼び名、有り難く頂戴させて頂きます
 ところで、キューティ様、一つ確認しておきたいのですが宜しいでしょうか?」

「どうぞ、なに?」

「これって、しもべごっこって解釈で良いのかな?」

「はぁ、なに馬鹿なこと言ってんのよ
 ごっこって言ったら、オトモダチでしょが、オトモダチはあくまで対等の間柄なのよ
 対等だからこそ他人でもあるのよ
 しもべだったら、遠からずともすでに身内でしょうが、
 身内だからこそ、主従関係が発生するのよ
 ‥そっちがごっこ遊びのそのつもりなら、真面目にお付き合いする気が疑わしく思えてくるわよ

 それって、どういう意味?
 わたしとのこと、始めからその程度だったって事かしら
 昨日、言ったわよね、今はまだ恋する気分無いって」

「申し訳ございませんでした、全力で僕から励みのぼらせて頂きます」OTL
posted by 木田舎滝ゆる里 at 11:43 | Comment(0) | ネタ文学 | 更新情報をチェックする

2016年06月05日

【ネタ文学】僕と書いてしもべと読むその心は?01

記稿.2016/06/05

「あのう、僕とお付き合いして下さい」

kannagi-cutie.png

「えーそんなこと急に言われても、わたし今、恋とかって気分無いのよね」
「そこをなんとか、気分出して一緒に盛り上がってくれませんか」

「まぁ、せっかくだしそんなに言うんだったら
 しもべとしてわたしの三歩後ろから付いてくるぐらいなら構わないわよ
 僕って書いてしもべって読むでしょ、同じことよね」

「え?・・・」

「どうしたの、もう用無いならわたし帰るからね」
「あ、あのう‥」

「なーに?」
「しもべからのランクアップはあるのかな‥」
「そんなのあなた次第よ、先に言ったでしょ、わたし今、恋とかって気分無いって
 そんなことも分からないようじゃ、ずっとしもべのままかもね」

「少し考えさせて下さい!」
「・・・まぁ好きにしたら」
posted by 木田舎滝ゆる里 at 21:04 | Comment(0) | ネタ文学 | 更新情報をチェックする