2022年07月28日

【ネタ文学】悪意の種目を先に決めないと処方とした正義は施せない

↓3)記稿.2022/07/28

> 病名の判別が付かないのに医療は行えない
> これは基本理解だが、多くの者らはこの単純明快な理屈を抜きに人生を模索しがちだったりする


 ‥病巣が無いなら、医療は必要ない
 ‥病巣が無いなら、法律の追加は必要ない
 ‥問題定義が無ければ、文学も又成立せず

 ならば、医療が増えていくのはなぜだろうか?
 ならば、法律が増えていくのはなぜだろうか?
 問題定義が同じままに繰り返される文学に意味は有るだろうか?

 それらは、原因を問わずに、付け焼き刃で仕事をしたつもりの輩が多い結果だ
 なぜ、それらが蔓延るのかと問えば、原因たる病巣こそが「能力競争」そのものだからだ


 ‥多くの者らは、無知蒙昧な上にやってみないと納得できない
 それもこれも能力主義を謳っているから、何らかのモーションを掛けて結果を出さざるを得ない
 もとい、成果こそが正義とした術中の中に居る

 無駄だと判っていても、予算を使わないと次回に減らされるのは嫌だからと行動に出ざるを得ない
 結果、立場を失うのは嫌だからと、成果が思わしくなければ誰かのせいにする

 そのような無能・身勝手を撒き散らせば
 世の中は、未成熟の物やサービスを売りつけるばかりの低レベルに落ち着かざるを得ない
 (それは、若手の創造意欲が低下して、マンネリや機械的品質で十分とされていく流れだ)


> 繰り返し何遍でも問おう
> 世の中の混乱の根本原因は「能力競争の在り方」そのものだ
> さらに、多くの者らが、それの価値を売上競争に代替し、本質的な価値問答を避けている


 ‥本質を問わずままのやらかしのどこが能力だッ

 ‥物事の真価は多い少ないでは無い、強い弱いでは無い
 混乱の原因を解き説いて、解決せしめる眼力だッ


 ‥競争の優位を失いたくないからと、心では明らかに負けを認めているくせに
 インチキ・交錯・攪乱・暗殺‥あの手この手を卑怯だろうと仕事だからと成し遂げる
 其もまた競争だからと、誰しもは正義に非ずとも厭わずとした選択支の中にある


> 悪が無ければ正義も又用が無い
> 悪が存在しなければ正義も存在し得ない
> これがごく一般的な心理動機における真実だが、多くの者らはこれを無視する


 まず始まりに、失敗をやらかすのがヒトだ
 その失敗を悪と罵るのが悪という事に成るが、多くの者らは自己責任とばかりに落ち込むだけだ
 失敗から学び成功を得るには、失敗した理由を知るべきだ

 (だが、その前に、己が失敗をやらかしたのだという自覚がまず求められる)
 (だが、心が拒否していたりすると何も始まらない)
 (其をやらずに、落ち込むだけだったり、当たり散らせば、どうしたって胡散がられて遠ざかる)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 15:47 | Comment(0) | ネタ文学 | 更新情報をチェックする

2022年06月10日

【ネタ文学】異世界‥土地持ち騎士爵の石高は?

↓1)記稿.2022/06/10

> 一石とは、一年に大人が食べる米の量を収穫できるだけの土地の広さ
> 一石を得る為の広さとは、大体一坪=3.3平方メートル
> 一石の具体的な量とは、1石=10斗=100升=1000合


 ‥1000÷365=2.7397260‥‥
 一食あたり一合にも満たないが、当時は二食程度だったのだから、まぁ平均的なのだろう
 (薪の確保を考えたら、一日分をまとめて煮炊きしたりもしただろう)
 (足りなかったら、当時から、水でかさ増し何てのもやらかしていたのだろう)


 ‥仮に、800人の村だとすると
 最低でも、800坪(2640u)の農地が必要となるが、なんだかんだの納税義務があると
 その倍の5280uとなる‥(約72.66360m四方)


> だがこれらは、米やら麦とした最低限の想定量なので
> 不作だったりした場合の保険やら物々交換分とした蓄え分は計算に入っていない


 不作に備えるなら‥まぁ最低でも3〜4倍‥
 自分ところの分だけになく他所の分を含めるとその倍あっても問題ない
 現代社会とは違い、米余りなどと言う事を気にするべき用途が無い
 ‥考えるところがあるとするならば
 倉庫の確保が追いつかないのでは、虫やらネズミを引き寄せてしまい兼ねないところだろう
 くたびれもうけは誰もしたくないのだから、そのような事態は明らかに作りすぎになる


 ‥仮に10倍辺りから、村暮らしに余裕が見られる程度だとすると
 ザックリ8000坪(26400u‥約162.480m四方)
 (何気にドーム球場がすっぽり収まるぐらいらしい)

 だがしかし、そこから得られた収穫を収める蔵も必要だ
 当然、家も道も用水路も必要だ(場合によっては、橋やら堰やら堤も求められる)


 どちらかというと、そちらの許容面積の方が、断トツで広さを要求する
 (一家族で60坪なんてざらだからな)
 (往来なんか片側で2.3mなんてざらだからな)

 さらに、馬を飼育するのに必要な稲わらの量を換算し出すと
 不足分を牧草地で足した方が割に合うとした話にもなっているのだろう


> すると、たかが800人程度の村なのに
> 途端に、400〜500m四方の土地を必要とする(すし詰め計算)


 ‥当然として、この必要面積をブルドーザー発想にも、括って平たくするわけでは無い
 有益と思われる雑木林を残したりするわけだから
 じゃないと薪を確保できんし、木の実も得られない

 なので、のんびりした感じの村空気としては、2km四方まで広がるように思われる

 (※但し、これは空想の中での想定なので、そこまで理想通りな訳では無い)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 14:48 | Comment(0) | ネタ文学 | 更新情報をチェックする

2022年06月06日

【ネタ文学】騎士爵が貧乏化する魔の十年

記稿.2022/06/06

> 異世界での騎士爵には、有史と異なり所領が見られる
> これは魔物警戒からの土地余り事情からくるうんちくだ
> なので立場は村長さんと言うことだが、村長さん立場がいきなり貧乏な訳が無いんッ


 ‥放って置いても、戦に備えなければならないのならば
 子沢山になるのは目に見えている
 ならば、裏山や森で狩りをしない領主など有り得ない
 弓を苦手としていても、腕の立つ狩人を領内に招いて免状を与えるのは
 身ごもる妻を思えば、至極当然の成り行きだ


 ‥なので、異世界での騎士爵の貧乏とて、頭から始まるわけでは無い
 おらが村の村長さんが、始めからそれでは新しい村人など誰も寄りつくまい


 ‥なんだかんだで村人募集中、それが騎士爵に変わりは無いわけだが
 不慣れな土地に来てまで、安定した収穫を得られるほどのベテラン農家の移住など
 中世寄りな文化において、尚更に期待できることでは無い

 たとえ、豪農出身の農業好きのン男坊らにせよ
 科学的な根拠を知らないレベルとなると悪戦苦闘を余儀なくされる
 奇跡的にもそんな顔ぶれが三人も集まりゃ、各々の経験の足し引きからペースも上がるにせよ
 その様な逸材らが、武闘派貴族の僻地開拓に興味を示すほど冒険好きにあるわけもなく

 だからこそ、烏合の衆と化しやすく、そりゃまぁド素人とした不慣れさに怒ハマるのが空気だろう

 つまり、不得意分野を手掛けなければならない上に
 ベテランが寄り集まらないとした土地事情を良く理解しないで、開拓をやりすぎても
 虫やら病気やらの害に行く手を塞がれると、あっという間に右往左往するだけに陥る
 (ベテラン農家ともなると、とくにそのような未知なる害を警戒して近づかない)


> 貧乏子沢山騎士爵への道のり条件@‥猟師を招く伝を持てても、農業そのものの伝が弱い


 子供の数を増やしたいのだから、村を挙げての農地拡張は悲願だが
 慣れない土地で早々から無理をやらかすのは冒険になりがちだ

 だが、子供の数は問答無用で増えていく

 だから、最初の2人3人までは、絶頂感を味わえるにせよ
 4人5人ともなると、様子に陰りが見え出す(子等だって察知するレベルになる)
 それが解っていると、夫人としても家族を増やすより安定期を楽しみたいとした欲求にも成る
 体力的にだって、年子を4年も5年もやらかしたら夭折しやすくなるのだから
 間を置くのは当然だ、すると、貧乏貴族ネタの七女やら八男なんて事になると
 それだけで、その夫婦の年齢が知れてくるわけだが
 正妻一人でそれをやり遂げるというのは、栄養不足と化する後半にもなると絶対に無理

 つまり、妾の登場は至極必至

 だが正妻からすると、自分や自分の息子達の権利が脅かさせるのは我慢できない
 だから、庶民の娘となら許すとした暗黙の了解が成立することになる


> 貧乏子沢山騎士爵への道のり条件A
> つまり、歴史的な貴族と庶民の間に根深き格差を生み出したのは、正妻たちであって
> フェミリン共が騒ぎ立てるような男尊女卑とは限らない!


 ‥つまり、旦那が妾を設けた頃合いから、領民からの見られ方が変貌する
 知れずと、地元領民の娘の血の流れる息子・娘たちは領民の肩を持ち
 逆に、家督相続の軋轢に巻き込まれたくないと考える正妻の息子・娘らからすると
 領民のことなど知ったことに無く、頭が疎かろうと武闘派とした兄貴を立てるのが筋としか考えず

 結果的に、領内経営に亀裂が入ったままガタガタになる


> 子沢山騎士爵への道のり条件B
> 間に、戦があったりして武功を立てて新たな土地を得られれば、村民の不満も解消するだろうが
> 不和あらば、そんなに上手い話にはならず、足を掬われる話にもなりがちだ



posted by 木田舎滝ゆる里 at 16:14 | Comment(0) | ネタ文学 | 更新情報をチェックする

2022年06月04日

【ネタ文学】異世界くるめて‥西洋タイプの秋祭りとは‥酒祭りだった

記稿.2022/06/04

> 麦の収穫期は、大麦小麦ともに5月〜6月です
> ホップの収穫期が少し遅れて8月あたりです
> 葡萄の収穫期は述べるまでもありません
> ハチミツも又述べるまでもありません


 ということで、熟成した昨年の残りを多いに飲み干してしまえと言う考えだったらしく
 新酒の味見も兼ねて、秋に祭りをやらかすのが西洋タイプの秋祭りだった‥

 ここは、日本の新嘗祭とした秋祭りとは感謝の方向性がまるで違っています
 (神にお供えするとか‥日本ではやることが‥神前すぎ)

 つまり、西洋タイプの祭りとは、それこそ我が家もといおらが村的享楽であって
 遊びの延長にしかなく
 感謝の感の字とした意味が大幅に違う模様‥(んが!!)


> まぁ付け足すならば、冬入りの前に、たっぷり栄養を付けようz大会みたいなぁ


 干し肉とか、腸詰めとか、冬越しの際にたくさん作るわけでして
 酒の肴ついでに、味見も兼ねてやっちまおうzとした勢いだった‥
 (娯楽の少ない時代でもあったわけですから)


> とまぁこれを日本の側で構成しなおすと
> 米を捏ねて、餅にするというのがお楽しみとした工夫であり、流れだったものと思われ
> 祭りの際に酒を振る舞うなんて文化は、江戸時代頃になってようやくに定着したくさいかと‥


 ‥さらにそうだったなら、酒を造るなんて文化自体が、日本では技術的に限定的だったくさく
 (杜氏はまさに、言葉の特殊性からして秘伝口伝だったくさいかと‥)

 ‥そりゃまぁ見よう見まねという奴はあちこちでやらかしていたはずですが
 味噌はそれなりに発酵できても、醤油にはなかなか辿り着けないのと同じだったのではないかと


 ‥大ざっぱに見ても
 温暖湿潤にあらば管理がずさんなら、あっという間に腐っちまうわけでして
 それこそ冬にしか仕込めないともなると、誰が寒い中にすすんでやらかすんじゃか?
 その点、西洋の気候だと、秋に熟成して冬には呑兵衛できちゃうっていうまさに怠惰上等文化圏


> 感謝祭と称されたというのなら、それこそ只で飲み放題だったに違いない
> (昨年度の残りだし、村で一番の飲みっぷりを競い合うにしても‥そうでないと辻褄が合わん)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 22:07 | Comment(0) | ネタ文学 | 更新情報をチェックする

2022年05月07日

【ツッコミ隊】剣が先か?斧が先か?串焼きが先か?

↓2)記稿.2022/05/07

> 磨製石器の時代には、斧の痕跡を見ることができる
> だがしかし、森林地帯だった日本を開発した弥生期の遺跡から斧を見ることはほとんど無い
> これの差は、とんでもなく不可解だ


 ‥弥生期に、大陸からの集団移動がやって来た
 彼らはまず、斧を振るって木を切り倒し、その後に田畑を作った

 この作業手順は変わらない
 (まぁその前段階として、領地を分捕るための戦があったわけだけど)
 (人口比がどのぐらいだったかは謎だが、川べりでの争いは必然だっただろう)


 ‥そもそも、鉄器を作るには大量の薪やら炭が必要になる
 大量の炭を得るに最も安価なのは「竹」だ、次に「くむぎ」「ウマメガシ」ということだろう
 (ちなみに、ウマメガシは備長炭の材料だが、これが使われ出したのは江戸期である)
 (つまり、より強い火力を得られるようになった江戸期の刀の方が、戦国期より上質なのだろう‥)

 ‥ということで、まずは大量の斧が生産されたものの
 森が切り開かれた後には、それらの多くが、耕すための鍬やら鎌に化けたのだと予想される
 なので、遺跡から発掘される多くの鉄器に、生活感はほとんどうかがえない(ここ重要)


> とくに東南アジアにおいては、蘆植物に竹という‥薪としてのお手軽素材を手にするにも
> 「鉈」程度の刃物があれば十分で、斧需要の専らは大黒柱用途だったように思われる
> (それにしたって、日本ではとくにノコギリの登場により、そうそうに駆逐されったっぽ)


 ‥そもそもの斧は、効率を得る為に刃の形状が丸くある
 日本刀は、この形状に目を付けた画期的な発想だったのだろう
 (そう考えないと、斧文化の痕跡を説明することができない)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 13:28 | Comment(0) | ネタ文学 | 更新情報をチェックする

2022年04月25日

【ネタ文学】異世界モノの都市と農村の人口比の想定が不可解しい

↓6)記稿.2022/04/25

> 異世界ものにおいて冒険者ギルドすら無い町は過疎に近い
> 魔物の出現するような世界で、過疎で暮らせるわけが無い


 ‥ということから、異世界の舞台はゲームだろうと
 そこそこの生活感の成立する村とした概念優先になって描かれている

 だが通常、そこそこの村として機能するにも産業が無いのでは、村の暮らしは成立しない
 だが、しがない村として一番に質素な産業とは、宿場町である

 平原だろうと、都市と都市の間の交通に
 大きな森が立ちはだかれば、必然的に森の入り口と出口付近に宿場が形成される
 (魔物が登場するファンタジー世界なら尚更だ)


 ‥すると
 子供にしてみれば、その森の向こうに行くのからして冒険だ
 「母をたずねて三千里」という程では無いにしても、置き換え物語が登場してもなんら問題ない
 だが、そのような視点を持って作品が描かれるという気配はまるで無い
 (つまりは、宿場町とした概念が書き手の間に疎いのだ)


 ‥小さな宿場町には、冒険者ギルドが無いので
 依頼したければ、すこし戻って都市寄りの町まで行かないとならない‥とかなんとか‥
 子供にできることと言えば、顔馴染みの宿屋の主に頼み込んだり、泊まりに来る冒険者狙いになる
 なんて展開から始まることになる(しかもなけなしの大事な物でお願いします‥とかなんとか‥)

 (冒険者の中には、人さらいよろしくを目論むワルも居るわけで‥)
 (お母さんに会いたかったのが、お家に帰りたいになりかねない危うさが常に付きまとう)
 (お母さんは、森向こうの宿場町に住む姉妹のお産の手伝いに行ったとか何とか‥)
 (小さい子連れでは、なにかと手伝いには手間だし、森を往復するにもお金が掛かると‥)
 (動機としては、下の弟妹が余りにも泣きじゃくるので、自分も連られてしまっているなど‥)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 18:19 | Comment(0) | ネタ文学 | 更新情報をチェックする

2022年04月20日

【ネタ文学】魔獣と召喚と隷属と使役から得られる解

記稿.2022/04/20

> 異世界もの創作では、魔獣のGETを「ティム」と表現するようだが
> 英語だと「tame」‥カタカナ表記が違うように思えるのだが
> 「ティム」でググると弾かれる‥よくよく確認すると「テイム」だったz‥


 ‥魔獣を自分の物にして使役するのは何も人間だけでは無い
 そこは、異世界におけるGETはポケモンとは違い
 従魔契約の主従互いでの魔力や能力の影響を受ける

 とくに使役する側の魔力量は、使役する上での絶対条件みたいな扱われ方をしている

 そして、通常、テイムものを描くのは、動物好きから来る路線である場合が多い
 そして、異世界ものであるという自由から、餌がまんま魔物である事も多い


> だがしかし、幼少の魔王の子供がテイムに目覚めたとしたらどうか?


 魔獣がまだまだ普通程度の魔法を扱う能力しかない段階だったとしても
 興味本位に交配を重ねて、兵器化よろしくに強化することを愉しむかも知れない

 そのような文化が、魔王の趣味で魔界全体で繰り広げられたりすると

 魔界だけに‥バトル博打ありき、流行りありき、商売ありき、飼育放棄ありきで
 それまでに存在しなかった脅威を帯びた魔獣の自然界放流とした流れにもなってくる
 それらが自然交配した結果の新種の誕生という流れにもなってくる

 さらには、増やしたそれらを兵器として定期的に異世界に解き放つとした処分方法も流れだろう
 (自分たちで殺すのは忍びない派閥の意見尊重込みとかなんとか)


> ‥などという‥迷惑の結果が、異世界の魔物事情としたらどうだろうか?


 当然として因果律が崩れかねないのだから、おくられた方としては
 対策として「勇者召喚」を編みだした、若しくは、転生都合したと思しき辻褄が出来上がろう

 そもそもの勇者召喚には、王族によるテイムとした扱いに近いところがある
 異世界転移の場合なら、神々による急を要した外から来た魔物対策にもなろうが

 それにしたって、因果律の歪みによる調整弁とした見方は、解釈の流れだろう

 魔物を送りだしているような連中が、それらに、遺伝子改造用途魔石込みエトセトラなら
 こちらが弄ってはダメとしていてはとても因果律のバランスは保てない
 又、スペック等を始めから弄る前提なら、誰だって良いともいえる

 (若しくは、スペックを弄る上で一番に無難な民族が地球人とかなんとか‥という解釈‥)
 (なかでも現代日本人の社●は、世界観での違いがあろうと適応性が高いとかなんとか‥)


> 魔界の王族による愛玩魔獣愛恐るべしのなれの果てこそ‥異世界かも知れないとかなんとか‥



posted by 木田舎滝ゆる里 at 17:10 | Comment(0) | ネタ文学 | 更新情報をチェックする

2022年04月13日

【異世界】魔法学校から冒険者ギルドまでの魔法使い比が怪しい

↓5)記稿.2022/04/13

> 魔法学校の表現の多くがハリー・ポッターの影響に思われるが(未だ視てないけど)
> それはそれで異世界側の世界都合に沿っていないおかしさに満ちている


 ‥異世界モノの魔法学校の生徒は、なぜか、貴族の子息令嬢を前提とする
 貴族だからこそ、はじめから才覚無き者は門戸を叩かないはずでも
 魔法の才覚ゼロでも通わされていたりするのも貴族の子息令嬢だったりする
 (それは、お家を保つための品定めとした社交場扱いでもあるからだ)

 (社交場扱いなら尚のこと、勢いのある商人子息令嬢とした特例があってもおかしくない)
 (但し、身分格上の学校に通いたいだなんて、よほどの策略家か人垂らしかのどちらかだ)

 というあたりでこれをそのままに解釈すると

 冒険者ギルドの魔法使いの七ー八割からして、貴族様という事になりかねない
 すると冒険者パーティとて貴族世界の入れ子式だ

 (庶民からしたら、冒険者ギルドだろうと自由なんてどこにも無い空気に違いない)


> だが、そんな比率で表現されている様子はほぼ見受けられない
>(なら、そこには、未だ表現されずにある見落とされた要素があるということになる)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 21:21 | Comment(0) | ネタ文学 | 更新情報をチェックする

2022年04月11日

【異世界】瞬間移動が先か?‥空を飛ぶのが先か?

↓1)記稿.2022/04/11

> 実を言うと手持ちのHDDが2台も‥キャッシュ周りでの黄色信号をやらかしまして
> その内の1台がDドライブ含みだったという大慌てだった最中
> 「異世界迷宮でハーレムを」というタイトルを発掘しチェックしたところ


 ‥これがなかなかのイチャラブ冒険譚だったので怒ハマりましたん
 その作品の中でも、とりわけワープの用い方に興味が湧きました

 ‥ちなみに、「異世界迷宮でハーレムを
 2022夏アニメが予定されていまして、面白いタイミングで発掘したもんだなあ
 と言うところでちょっと紹介しておきます


 ‥この物語は、ゲーム世界だと思っていたら
 実際的な世界に飛ばされていた主人公♂という下りで始まります

 この主人公♂の強みは
 「鑑定」×「キャラクター再設定」と、それの追加「パーティジョブ再設定」です

 (飛ばされる前に自分で、世界設定とキャラ設定をする下りです)

 キャラクター再設定は、あとから設定をやり直せるだけでなく
 修得してあるポイントを、その都度目的に沿って特化できちゃうという内容です
 マメな性格と頭脳戦略を持ち合わせていないと成り立ちません

 主人公♂は、そういう所に気が回る性格ですが、人付き合いが苦手のぼっち性分でもあります

 その上、飛ばされた世界での言語に共有はなく
 自分と同じ言葉を話せる者以外とは意思疎通できないという下りです

 そこで、初期イベントの流れから
 商人から意思疎通できる奴隷を手に入れてパーティを組む事を進められる展開となり
 GETした奴隷が、スタイル抜群の♀にあるのはお約束という流れですが

 (作者側が、面倒くさいことを一切描きたくない趣向にあるせいか)

 一度行ったことがあり、具体的に憶えのある場所なら
 拠点と拠点をワープで移動しまくれる下りなので、主人公パーティの日常は
 ほぼ、拠点と迷宮を行き来するだけの毎日で
 主人と奴隷というよりは、♂上司と♀部下にも見えるし、家族にも見えてしまうので

 それはそれで、イチャラブ冒険譚に見えてしまうところが無駄に新鮮に映りました


> そこで、日常的にワープ利用が世界に普及したとしたら‥と思ったのです
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 13:40 | Comment(0) | ネタ文学 | 更新情報をチェックする

【ネタ文学】並行異世界「青春リターン」‥という新ジャンル提案

↓1)記稿.2022/04/11

> 異世界モノを創作する上での悩ましさに挙がるのが名付けである
> 次に、ぼっちパターン&ゲーマーパターン&ニートパターンと来たもんだ
> いやいやいや、そういうのは自分たちの首を絞めているようなものだから
> (ついでに付け足すなら、料理云々の似て非なる事情という奴が涙ぐましくて‥)


 ‥もっと広い層に受け入れて貰うには、そう、「青春リターン」込みが必要だ

 青春をもう一度やり直したい
 ブラックな会社に入ってしまったばかりに
 自然消滅してしまった彼・彼女との関係をやり直したい‥とかなんとか

 そして、青春リターンとしては
 向こうも同じ転移者なのでは?とした流れと
 並行世界の同じだけど別の人かもしれないとした流れと
 自分がちょっと先の未来から舞い戻ってきたとした内容を受け入れて貰えるか否かという流れが

 交錯した‥ちょっと見たことのない展開でのラブコメを描くことが可能になる
 (どちらともに、積極的にカマを掛けないと確信を得られないのだ)

 さらに、どちらともに同じ転移者として描くとしても、舞い戻ってきた年代が同じとは限らない
 ならば、そこにそれだけの差があって
 ようやくにしてお互いのすれ違いを解消できたのだ‥とかなんとかという流れでの演出も可になる


 (さらに、この場合のやり直したい青春絡みのお約束とした下ネタありあり空気は)
 (そのまんま二次創作要素としても見逃せないのである)


 ‥だが、異世界とした要素も当然外せない
 なぜなら、異なる様相を加えないと
 時代の復習型とした優位点の洗いざらい妄想に陥るだけで、ちっともつまらなくなりそう‥

 (誰だって公務員でお金を貯めて、ライブドアで儲けて、勝ち馬に乗ろうとしか考えない)
 (ホリエモンは、そういう意味でも歴史のキーワードたる存在観ありありだ‥おったまげ)
 (そういう偏りばかりでは、面白くないのだ)


> そうだ、だからこそ、異世界をフェードさせる意味で再利用すべきは
> 1999年七の月、空からアンゴルモアの大王が降ってくる‥というあれになろう


 土地バブルが弾けて、勝ち組負け組がきっちりしだした端境期
 携帯端末にしても、2Gから3Gに切り替わったとか何とかで‥
 生活感の差としても、ギリで、携帯電話の無かった時代との差を考慮せずに済むみたいな‥
 (さすがにまだ高校生には普及していない時期だろうから、その差はでると思うけど)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 01:38 | Comment(0) | ネタ文学 | 更新情報をチェックする