2016年05月15日

【リンク項】のんのんびより 二次創作 -俺は夕向凸激篇-

完稿.2016/05/15

 この二次創作の舞台は、
 舞台としては、“のんのんびより”を借りてますが‥時間軸が異なります。wikigoogle画像

 ここでは、旭丘分校に通うのは、
 宮内れんげ(小4)&一条蛍(中2)だけの‥分校生徒二人の春という時間設定から始まります。
 ‥まぁ早い話が、越谷さんちは三人ともすっかり卒業してしまった直後の春ということでーす。
 (※ 越谷夏海が、無事にどこぞの高校に入れたかどうかなど知らん‥関知せず)

 ちょうどそこに‥


> 桜咲く春の旭丘分校に、転入生(男子)がやって来たという筋書でーす。


 ‥まぁ、恥ずかしながら
 オリジナルキャラを投入して、二次創作&文学しようというわけですが
 話の流れとしては、大筋で‥「この一発ネタをやりてー」というネタ狙いの展開で進みまーす。

 まぁそんなこんなで、

 経過の辻褄を見通せればよしの程度に、全体をメモっとく感じでーす。
 ‥ネタ上、どうでもよさそうな部分は、ニュアンス仄めかしてあとすっ飛ばしが入りまーす。


>のんのんびよりに来たり
>短歌を詠みまくる小五男子 その名は夕向凸激‥(ガキ大将くん)
>読めばきっと‥画像で見たイィィん症候群になるのーん!




01 男子の転校生の巻 ⏎/4.50KB

02 俺は夕向凸激の巻 ⏎/5.94KB
03 鍵の用と不用の巻 ⏎/4.97KB
04 自己紹介の巻 ⏎/5.17KB
05 このあと歓迎会までにの巻 ⏎/3.38KB
06 花占いの巻 ⏎/4.81KB
07 無人販売所の巻 ⏎/5.56KB
08 凸激と駄菓子屋の巻 ⏎/8.61KB
09 再び駄菓子屋への巻 ⏎/4.20KB
10 俺の芋がコロッケにの巻 ⏎/7.08KB
11 歓迎会の味の巻 ⏎/10.0KB

12 電子辞書の巻 ⏎/5.70KB
13 二宮金次郎像のポーズの巻 ⏎/8.55KB
14 衝撃の宮内先生の巻 ⏎/11.1KB
15 窓辺咲きの巻 ⏎/5.80KB
16 女子と距離感と楽しくの巻 ⏎/7.30KB

17 夏休み来たりの巻 ⏎/7.53KB
18 夏休みにこもるの巻 ⏎/5.91KB
19 夏を味わうの巻 ⏎/3.18KB
20 「夏休みの宿題は?」と志の巻 ⏎/3.76KB
21 凸激VS.宮内先生の巻 ⏎/10.6KB

22 部活をやろうの巻 ⏎/21.4KB

23 卒業と蛍の巻 ⏎/2.19KB
24 ダブって欲しいのんの巻 ⏎/7.05KB
25 今年で廃校かもの巻(完) ⏎/12.1KB



語稚草

> 表現上の都合から、こちらから今回新しく設けた新語


 窓辺咲き【まどべざき】‥入学時の桜満開の光景または印象。主に校庭の桜。季語。
 門出咲き【かどでざき】‥卒業時の桜満開の光景または印象。主に校庭の桜。季語。
 懐傷【かいしょう】‥過ぎてしまった時間を懐かしく思い出した様。
 志新の【たけはるの】‥夢に向けた志の意を表す。枕詞風に用いる。
 並苦【へいく】‥
 日常への理解力&身体機能を人並みまたはそれ以上に備えるものの、
 対人コミュニケーションを極度に苦手とし、
 大抵の多くに対して恐怖症に近しき感情の乱れ・躊躇・拒絶を見せる様。


稚草

> かれこれ二ヶ月程費やすとは‥ネタの端から端まで二日ぐらいだったのに‥
posted by 木田舎滝ゆる里 at 17:11 | Comment(0) | ネタ文学 | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

【二次創作】のんのんびより 25 今年で廃校かもの巻(完)

↓2)改稿.2016/05/17...20160425...

 次の日の朝、
 れんげがいつも通り元気よくバス停に来たものの、にゃんぱすーに反応が返って来なかった。
 ‥見れば、凸激が考える人になっていた。電子辞書も手にしていなかった。


 「どうしたのん?
  とっつん、とっつん、起きてるのん?
  どうしてそんなに朝から固まってるのん?」

 「ああ、れんげか、おはよう‥
  今朝方に見た夢が、随分とショッキングだったんだよ
  ‥それからずっと考えてるんだ」
 「ほほう、それでどんな夢だったんですのん?」

 「いいか、れんげ、聞いておどろけ
  今年で旭丘分校が廃校になります‥という夢だった」

 「なんですとーん‥☆
  昨日あんなに頑張ろうって気になったんに‥なんでまた、そんな展開になるん
  とっつん、そこをもっと具体的に‥」
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 16:54 | Comment(0) | ネタ文学 | 更新情報をチェックする

2016年04月24日

【二次創作】のんのんびより 24 ダブって欲しいのんの巻

↓2)改稿.2016/05/17...20160424...

 ー 四月。れんげ小六、凸激中一 ー
 れんげと凸激の仲睦まじい(?)生徒二人で通う分校生活が始まった。

 朝のバス停から一緒、教室でも一穂が寝落ちしている時間もまさにそれ‥
 ほぼ毎日が二人きりになるのだ。
 意識しない方が不自然といえば不自然に思える流れだった。


 始業式&入学式のその日の朝、飼育小屋の世話を終えると
 れんげと凸激は、教室に戻るのも息苦しいとばかりに
 校庭の鉄棒に寄り添いながら、しばし、のんびりと春の空気を吸うことにした。
 すっかり青葉ではあったが、
 桜の木の近くで過ごすことで、蛍が居なくなった気持ちの名残を味わおうとの阿吽でもあった。

 春の日射しの下、
 おもむろに、れんげがため息をついてこぼした。


 「ウチ‥とっつんが居てくれて、ほんとによかったのん‥」


 普通に聞いていると、それは意味ありげに聞こえてくるが
 凸激は、達観した風だった。


 「‥ああ、わかるわかる
  俺が居なかったら、れんげ
  今日から4年間、それこそ独り、雨ニモマケズの生活に突入だったよな

  朝はひとりで教室を開け、昼は姉の遅刻を横目で蔑み、夕刻まで姉の居眠りを見て堪える‥

  考えただけでも窒息しそうだもんな」


 「そうなんな、とっつんの居てくれたお陰で、それも一年程で済むん
  でもん‥その一年を考えるとなん、どうしてもウチ、耐えられそうにないん
  ‥そこで相談なのん、とっつんには、ウチのために一年ダブって欲しいのん!!」

 「・・・れんげ、お前それ、本気で言ってるのか?」
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 16:37 | Comment(0) | ネタ文学 | 更新情報をチェックする

2016年04月23日

【二次創作】のんのんびより 23 卒業と蛍の巻

改稿.2016/05/14...20160423...

 ー 時は過ぎ、すっ飛ばして、蛍が卒業間近の3月 ー

 その年は例年になく、早くに桜が満開になった。
 卒業式まであと僅かばかりだった。
 三人は、机を窓際に沿い付けて、しばしの窓辺咲きを楽しむ。

 ‥凸激は懐傷にも、自分が転入してきた時の事を思い返していた。
 ‥それは蛍にしてもれんげにしても同じだった。


|過ぎし日々追い綴らむと花の咲く卒業近づく友との窓辺


 ついに卒業式の朝。
 蛍が記念に写真を撮ろうとカメラを持ち込んでいた。
 少しずつ散り始めていた桜の前、三人で一緒に写真を撮った。


|けふ風にひとひらひとひら散れり花 思いとどめむ卒業す友


 長かったような短かったような‥蛍との分校生活が終わった。
 卒業していく蛍の胸中が如何ばかりかなど、凸激には知る由もない。
 ‥ただそこに募る気持ちは、誰が巣立つ側でも変わらないのだろう。
 ‥桜だけが、それをよくわかっているようだった。


|舞い降って花も祝うか門出咲き泪か笑みかうしろがみ覚ゆ


 卒業式が終わった。門出咲きのその中を蛍が去っていた。
 四月からの旭丘分校の生徒は、れんげと凸激の二人になるのだった。


|在校の幹を残し友巣立つふたりだけに減りさびしき分校


 ‥この日
 凸激は、自分にしても小学校の卒業式だったが、そっちはまったく気にすることがなかった。
 なにしろ、また同じ校舎に通うのだ。それが旭丘分校に通うこの地域の事情だった。

 凸激が目標だった中学課程をやりきれたかというと、幾分まだやりきれていなかった。
 ‥そういう意味合いも含んでいたかも知れない。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 10:21 | Comment(0) | ネタ文学 | 更新情報をチェックする

2016年04月21日

【二次創作】のんのんびより 22 部活をやろうの巻

↓4)改稿.2016/05/13...20160421...

 ー季節はすっかり秋に変わったー

 そして、凸激と言えば、
 宿題も中1になり、小5授業の問題集をやり込め、勉強の時間に余裕が生じていた。とはいえ‥
 一人で英語の参考書やら問題集と睨めっこしていても、今ひとつ物足りない思いがあった。

 そこで

 英検3級資格を取ることをネタに、
 「部活動をやらないか?」という次第を蛍とれんげに持ちかけたのだった。
 部活動と言っても、学校でしていては下手をするとバスの時間を逃がさないとも限らない。
 そこで、帰宅してからの集合というのが、凸激の提案だった。

 そもそも、それはまた「男が女と何をしてどう遊べるか?」という模索でもあった。

 凸激としては
 やっぱり何らかの目的がないと、男としてはどうにも気乗りがしない所があったからで、
 ‥そこも合わせて考えたのが、めざせ英検3級部だった。


 「それじゃ、神社にジャージ着で集合な」

 「ねぇ、ゆうちゃん?
  英語の勉強をするのに、どうしてわざわざジャージ着なんですか?」

 「部活の気分を出す為にも、まずは軽くランニングするんだよ
  有酸素運動は脳細胞の活性にも良いって言うからな」

 「とっつん、走るってどこを走るのん?」
 「そんなの適当で好いだろう
  本格的に走り込もうって訳でも無いし、行きたくなった方向でさ
  ようは、気分だよ気分!」

 「走るとなると勉強道具とかはどうするんですか?」
 「走る時はべつに要らないだろう
  今日は初日だし、やってみることがまず先なんだからさ」


 蛍にしてもれんげにしても、
 なんだか、とてもアバウトに思えてきたが、それはそれで、
 とりあえず、やってみようというのが先に立っていた。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 17:01 | Comment(0) | ネタ文学 | 更新情報をチェックする

2016年04月20日

【二次創作】のんのんびより 21 凸激VS.宮内先生の巻

↓3)改稿.2016/05/12...20160415...

 二学期の始業式も終わり、いよいよだった。
 教室に一穂が入ってくると凸激の構えが増した。


 「はーい、それでは夏休みの宿題を提出してもらいまーす
  まずは、夏休みの友から持ってきて」


 教卓↓
蛍→←れんげ
 凸激↑


 机の配置がコの字だったこともあり、列の後ろからまとめて集めるという程になく
 各自が教卓の所まで出しに行くのだ。
 一つ一つ持っていくのも面倒な形ではあったが
 先生のノリとしては、一つ一つ確認していくのが筋なのだろう。


 蛍とれんげが、先に提出したのを見計らうと
 凸激は、新品同様の自分の夏休みの友を、堂々と教卓の上にわざと裏返しに置いた。

 一穂は、ピカピカのそれを見ると、まさかと思って、凸激の夏休みの友を手に取った。
 すると、その下に、別のノートが重ねられていたのに気がついた。
 ‥別のノートとは、凸激のこの夏の短歌日記である。


 (夏休みの友とは対照的に、表向きに置かれたノートには名前がしっかり付いていた。)


 一穂は、怪しいとばかりに、凸激の提出した夏休みの友をぺらぺらとめくった。
 その中身は、新品に見えた通りに何ら手付かずのままだった。

 「どうして何も手を付けていないのに提出するのだろうか?」

 明らかに、凸激のそれには、意図的なモノが感じられた。
 下にあるノートもそうだったが、これは、どう考えてもよからぬ予感の狼煙なのだろう。
 だが、教師の立場上、スルーというわけには行かない。
 そして、注意深くことを運ばないと、凸激のペースにやられかねない。
 ‥一穂にも緊張が走った。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 15:01 | Comment(0) | ネタ文学 | 更新情報をチェックする

2016年04月16日

【日記】原作では夏休み明けテストが

記稿.2016/04/16

> 今更なのだが‥


 のんのんびよりの原作では、
 夏休み明けテストが、速攻で始業式後になっている。
 しかも五教科を一日でやっちまうみたいだな。

 いくらなんでもそれはありえない。

 まず宿題回収するだろう。どうしたって適当に時間が潰れていくぞ。
 ‥そのあとで行うのでは、どう考えたって、物理的に五教科は無理。
 ‥路線バス通いなんだからさ、帰りのバスの時間に遅れるぞ。


> そもそも、どうして小1までが、それに巻き込まれなければならんのだ?‥無理すぎる


 俺の小学校では、始業式の日に授業なんてしないで避難訓練の流れで午前中でお終いだったぞ。
 集団下校って奴を演習したもんだ。
 (東海地震うんぬんでうるさかったからな。防災頭巾をかぶって下校するとかしないとかな‥)

 中学では‥なぜか記憶にうすいが、ほぼ同じで、違うのはその後、部活だったはず。
 (三年生は引退だから、その頃はそのまま帰ったと思う‥)


> 夏休み明けのテストにしたって、中間や期末と違って、授業ごとに行う程度だったと思う。
> どう考えたって、2日程度に分けて行うのが筋だと思う。
> 原作のそれを取り入れても、始業式の日に2教科ぐらい、あとは翌日に持ち越しぐらいだろう。


 原作の旭丘分校では、小学生まで夏休み明けテストをするようだが‥
 中学生の英語のテストの時間、小学生はなにをしているんでしょうかね?
 (辻褄の合うところで、作文でもやってなさいって感じかなっと‥)

 ツッコミ出すと切りが無いが、
 いろいろと作者の描きやすいように構成されている。(どっちかというとジャンルはギャグ系だし)
 ‥小中課程の分校なら、ほぼ公立と考えられるが、その辺の空気は私学のノリに見えてしまう。


 予算的にも、夏休み明けのテストは、一穂が手作りしているように思える。

 多くの公立校の場合、夏休みの友とセットで買ってると思うぞ。(私学にもなると違うだろうが)
 ‥たしか、そんな感じの発注印刷のテストだった記憶がある。

 そもそも、教科担当の先生が違っているとテストも違ってくるから
 夏休み明けにテストする目的が、均一に学年での学力評価を行う為なら、そうすることになるからな。
 ‥一穂の場合、その必要がないわけで、わざわざ予算を掛ける必要も無い。

 尤も

 本校と呼べる学校とその辺の連携があるなら、同じテスト用紙が回ってきてもおかしくないが
 小学校と合併している中学分校ともなると、それもどうかという見方もできてしまう。
 ‥それにしたって、小学生用のそれは無いわけで、一穂の手作りと言うことになるだろうな。
 ‥夏休みの友にしたって、採用するかどうかは学校毎の判断。テストもそう考えて良さそう。


> 原作もノリで描かれているみたいだし、二次創作だし、俺もそこはノリで描くことにする。


 まぁ実際、二次創作と言っても、
 のんのんびよりの舞台だけ間借りしていて、時系列ずらしてオリジナルキャラを投入しているわけで
 二次創作とも言い切れず、かといって、舞台はそのまんまだからオリジナルとも言い切れず‥
 ‥だからといって、無理に似たような舞台を持ってくるとパクリと言われるのが落ち。
 (そんなこんなで、二次創作との流れに落ち着くだろうな)


 しかもよく見れば、原作の場合、進級イベントが発生せずに季節を延々に繰り返すパターン。

 ‥言ってしまえば
 「もし進級したら?」のやり放題の二次創作観がそこに広がっていたと‥
 分校だから‥尚更に転校生の追加やり放題。というかそれはお約束で必須。

 勢いとノリでここまで綴ってみたら、ものの見事にハマってて、自分でも驚いている。


 でもまぁ、あまり順序よく書きすぎても、自由度を失うので、その辺端折って夏に飛ばした。
 ‥原作にしてもそんな感じだし、そこがリピートパターンのノリだったらしい。
 ‥あ、でも、俺のは、進級する流れになると当然こうなるだろうまでのツッコミが入る予定っす。
 ‥原作者もその辺考えたんだろうと思う。それは避けたいから進級させないパターンなんだなと。

 (蛍の卒業場面どうするか?、詠むんすか?、ええ??全然浮かんでこないんすけど‥柄じゃねぇし)
posted by 木田舎滝ゆる里 at 12:11 | Comment(0) | ネタ文学 | 更新情報をチェックする

2016年04月15日

【二次創作】のんのんびより 20 「夏休みの宿題は?」と志の巻

↓3改稿.2016/05/11...20160415...

 夏休みも終わり、今日は二学期の始業式である。
 分校通学のために、朝のバス停にれんげがやって来ると
 何事も変わりなく凸激がベンチの真ん中に座って電子辞書を触っていた。


 「にゃんぱすー」
 「(ああ‥)にゃんぱすー」

 相変わらずというか‥凸激の朝の挨拶は素っ気ない。
 ‥とはいえ、たまにではあったが、「にゃんぱすー」に「にゃんぱすー」を返すのが凸激流だった。

 挨拶うんぬんよりも、どうにもこの時間の凸激は、
 なにか話題を付け足さないと、話しに合わせてくれそうにないのも、いつものことだった。
 ‥そこで月並みではあったが、れんげは夏休みの宿題について聞くことにした。


 「とっつん、夏休みの宿題終わったのん?」
 「愚問だな」


 凸激の返事は、これまたぶっきらだった。
 れんげも久しぶりの朝の感覚に
 その気になって、敢えて、愚問の意味を電子辞書で確認してみた。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 16:09 | Comment(0) | ネタ文学 | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

【二次創作】のんのんびより 19 夏を味わうの巻

改稿.2016/05/11...20160414...

|茂り狂う緑にどっかり雲の峯 注げり暑さに揺らぐみち


 外も暑かった。
 日中に家で勉強ばかりしていたせいもあっただろうか‥
 凸激には自分の体の感覚が、どこか鈍っているように思えた。
 ‥歩いているのもしんどく思えて来てもどかしかった。


|へとへとす木陰に退避 日なた見る‥あんなにまっしろ 気分まっくろ‥


 これは何か相当にヤバいのではないのかと思うと
 凸激は栄養補給が必要だと思い、久しぶりに駄菓子屋に行くことにした。

 「そういえば、かき氷があったよな‥」

 ‥今こそ食うべきだ!
 食わずに夏を通り過ごしては、楓姉からも後で何を言われるか分かったものではない。


|蝉やかましや氷シャリシャリかきこんで染みわたる夏の涼


 駄菓子屋に着くと
 凸激は一番高い宇治抹茶金時を注文した。

 「なんだよ、かき氷食うのかよ」楓がそうツッコんで、さほど経たずして‥

 凸激が二杯目を注文した。
 同じ物を注文するそのパターンに、楓はいつになく呆れた。
 そして、また同じかき氷の三杯目を凸激が注文すると‥


 「大丈夫なのか?」
 「なにが?」
 「いや、その腹の方だよ、いくら何でも普通、三杯はイカねぇだろう」
 「又、後で寄るのも悪くないけどさ、腹も減ったからそのついで」


 凸激はその日から外を歩くようにした。
 ‥さすがに、太陽に弱いなどという自分の身に起きてしまったその感覚が気に入らなかったのだ。


|夏空に憎いほどまっすぐ向日葵のじりじり迫る盛り丈


 凸激が時間を決めて、夏の外を歩き始めるようになると
 いろいろと欲が出て来た。
 ‥考えてみれば、越して来たここら山里の夏を堪能しないのではもったいないのだった。


|掻きむしる夏にあぐねて飛び込めばザッパンと川に涼しさ跳ねる


 肌もだいぶ黒々としてきた。
 暑さにも慣れだすと、羽目を外して川の流れに飛び込んでも見たくなる
 凸激にしてもそこは変わらなかった。


|ヒグラシの夕暮れ綾なす帰り道 すっかり残照灼くる余韻


 気がつけば、外をぶらぶらしている時間も長くなっていた。
 自分の体調が充実感に満ちてきていて、凸激にはゴキゲンだった。


|すがすがし昇る光で息を吸い 夏に挑まん再びの朝

|絶好調そうめん啜る勢いのツルリと喉ごし夏の昼


 こうなると、自分のペースというのが充実してくる。
 食欲も湧いてきて、あれほどに暑苦しく感じられていた家での学習にも集中力が戻っていた。


|「沈むのか‥」遥かに消ゆる熱き日よ 背影立ちたる思い余りぬ


 それとなく自分なりの景色のベストポジションを探すように
 凸激は、夕暮れ時を狙って足を運ぶようにした。

 ‥その暮れていく‥
 この日一日の夏の夕日を見送りながら、凸激は思うのだった。
 今日もまた暑かったが、乗り越えられる自分が居てこそ、夏は味わい深くなるのだと。


|夏休みけふで終わりぞ月並みの宿題放棄も備え良し

|「待ってろよッ」残念教師の居眠りの退治に挑まん鼻の息


 ‥いよいよだった。
 凸激にとってのこの夏の志はとりあえず成ったようだった。さてどうなるやら。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 00:55 | Comment(0) | ネタ文学 | 更新情報をチェックする

【二次創作】のんのんびより 18 夏休みにこもるの巻

↓3)改稿.2016/05/10...20160411...

|1・2・3‥右に回して鳴る声に胸を大きく‥なぞらう不思議?


 夏休みの朝、その都度ラジオ体操を終え、
 ハンコを押して貰うと、凸激はチャリにまたがりダッシュで帰った。

 なにか誘われようとも、
 「勉強があるから」と言うだけで、有無を言わさずそれは成り立った。
 ‥れんげも蛍も、それが、男子の行動としてなのかそれなりに不可解だった。


|カブトムシ暑さ湧け立つ誘う山 遊べばその分負け戦


 里の朝の道のりを一人チャリで飛ばしていると、どうしたって気持ちが良い。
 しかしだからと言って、のんびりしていては、気温が上がりはじめて勉強がしんどくなる。
 夏の生い茂った山々の青深さが目に入って来るも、そこそこに切り上げなくてはならない。

 ‥朝のラジオ体操通いという奴は、この夏の凸激にとって、実に中途半端なものだった。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 00:55 | Comment(0) | ネタ文学 | 更新情報をチェックする