2016年04月08日

【二次創作】のんのんびより 17 夏休み来たりの巻

↓3)改稿.2016/05/10...20160407...

 一学期が終わった。夏休みが始まろうとしていた。
 旭丘分校恒例行事、終業式後の西瓜タイム(学級菜園産)を味わいながら
 凸激は、その味を噛みしめるほどに沸々とした思いをめぐらせていた。


 田植えといい、学級菜園といい、農家の育ちだからと言うだけでなく
 担任、宮内一穂はそんな時だけ、生き生きと目を開けていた。

 どう考えたって‥普通は逆だろうと思う所だ。(先生の方が本職なのだから)
 凸激からしてみると、それが却って、とても新鮮だった。

 凸激にとって、その時間だけが宮内先生をまともに先生として眺めることのできる時間だった。
 だからだろうか、農業への関心をそれなりに思い抱き始めていた。


 ‥しかし

 学級菜園を拡張して思う存分に試してやろうと考えを巡らせても
 バスの時間の少なさは最たる悩みの種の一つだった。
 そして、中1の勉強と小5の宿題を合わせてやる事自体が、とにかくしんどいのだった。
 ‥凸激は、とりあえず、宿題だけでもチャラにならないものかと‥種を飛ばしていた。


|西瓜食らい、真夏にとつげきこの川辺、乗り越え立つぞ志してー!!!


 凸激はおもむろに立ち上がり、川に向かって大きな声でそう詠み干すと、
 手にしていた残りを一気に囓囓して
 食い切った西瓜の皮を高々に放り投げた。西瓜の皮は、ポチャンと川に落ちた。

 ‥その裸足を伸ばしていたくせに、川に飛び出すでもなし
 勢いだけは豪快な凸激の詠唱に、一穂も蛍もれんげも不思議にこう思った。


 「なにをそんなにお頑張りになさいますのん‥???」


 凸激のそんな背中立ちを女子三人が見ている中、凸激が振り返った。

 「(ごっくん)おかわり、くださーい」

 どうにも、それ程に格好を付けているわけでもなく、
 歌だけが無駄に勢いがあるというだけで、中身はやっぱり普通の小五の少年だった。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 00:56 | Comment(0) | ネタ文学 | 更新情報をチェックする

2016年04月05日

【二次創作】のんのんびより 16 女子と距離感と楽しくの巻

↓3)改稿.2016/11/27...20160509.20160405...

 土日を挟んだ数日後の朝、バス停に蛍が現れると
 ジャーン!!とばかりに、その片手にはピンクの新品の電子辞書がかかげられた。
 ‥凸激に感化されて、蛍も電子辞書を買ってもらったのだ。


 「買ってもらったんですよ、ゆうちゃんと同じタイプです」
 「うわぁ、ピンクいいなん、見せて見せてん」

 凸激が、中身は同じだろう‥とそう思うも
 横目に‥様子を見ていると
 なにやら‥そこには独特の女子空間が形成されていた。


|キャッキャッと振る舞う女子らの異空間、何やら‥俺って蚊帳の外?


 「ほら、とっつん、さっさとそっちに寄るん
  今日は、ほたるんのピンクので勉強するのんな」


 「はーい、れんちゃんどうぞ」

 「え、いいのん?、ウチはほたるんの勉強を横で見ているん」
 「いいんですよ、私はもういつでも使えるようになりましたから
  今はれんちゃんが使ってくださいね」

 「‥では、有り難く貸してもらいますん」


 (‥なんだそりゃ‥俺の時とは大違いだぜ)‥そう思う間もなく
 バス停のベンチの片端に、凸激は、ぽっかりポツンとなった。
 それは、つい昨日先日辺りまでの、両手に花の状態とは打って変わった有り様だった。


|うちやられ‥端に座るらしこれからを思うにすこし名残惜しけれ


 ‥とは言っても、凸激としては、これこそが本来の想定形にあった。
 朝勉のしづらい状況から解放されたと思えば、それだけのことなのだ。
 それにしても、凸激は、
 事の状況の変化に不慣れにあるせいか、それはそれで後に惹かれるモヤモヤが募った。

 凸激は、そこの気持ちの不可解を確かめようと
 バスが来ると、真っ先に乗り込んだ。そして、一番後ろの席の真ん中に陣取った。
 予想通りというか‥
 やっぱり蛍とれんげは、こちらにお構いなしの様子で中途の席に隣合いに散った。


|俺ひとりやっぱり男だ この距離感 まるで過ぎし春のあとかと

|移ろいをさりとて思う散りし花このまま吹けと清き風たらむ
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 01:50 | Comment(0) | ネタ文学 | 更新情報をチェックする

2016年04月03日

【二次創作】のんのんびより 15 窓辺咲きの巻

↓3)改稿.2016/11/27...20160508.20160403...

 ‥凸激はそれとは別の意味でも納得できなかった。
 先生が猛烈に春の陽気を満喫しているというのに
 なぜ、自分だけが春の景色に背を向けて自習学習しなければならないのだろうか?

 「不公平すぎる‥」

 納得の行かない凸激のその気持ちのくすぶりが、ひらめきに変わった。
 そうなのだ!先生がああなんだから、何でもありだろう。
 ‥そう思うとスッキリしてしまった。あとは、蛍とれんげがそれに同意するかだった。


 三時限目の休憩時間がやって来ると、凸激は早速、自分が思いついたアイデアを
 蛍とれんげに伝えた。れんげはすぐ乗り気になったが、蛍は少し戸惑いを見せた。


 「‥そんなことしても本当に大丈夫なんでしょうか?」

 「ほたる姉、細かいことはこの際どうでも良いからさ‥やってみようぜ」

 「姉ねえがどう出るかにウチも興味あるん
  春から姉ねえの居眠りが目の前にあると思うだけで進級気分によくないん
  見ないで済むなら、とっつんのアイデアはすごく良いと思うのん」

 「それもそうですけど‥
  でも教卓に背を向ける形になるのは、やっぱり気が引けます」
 「しょうがねぇな
  ほたる姉が、そうまで気にするなら教卓も一緒に移動させとくか‥」


 ‥凸激の思いついたというアイデアはこうだった。


|・・・・教卓↓

の←凸激
景←蛍
色←れんげ



 このままだと、どうしたって生徒が先生に背を向けることになる。 
 それはどことなく、シカトにもボイコットにも見えてしまうのだ。
 蛍は、そこに視点が向いては、主旨が違って見えてしまうのが気がかりだった。
 ‥春の景色をたのしみたいだけなのだから、一穂に勘違いされては、残念な結果になりかねない。

 そこで、こうなった。



|←教卓

の←凸激
景←蛍
色←れんげ



 並べてみると、どうして、どうして、
 有りだろうと三人は改めて納得した。三人しか居ないという分校のデメリットをメリットに変えて
 最大限に引き出せば、これも有りなのだと‥


|窓際に席を並べて窓に向く 窓辺咲きたる景色のどけし
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 16:57 | Comment(0) | ネタ文学 | 更新情報をチェックする

2016年04月01日

【二次創作】のんのんびより 14 衝撃の宮内先生の巻

↓5)改稿.2016/05/06...20160401...

 教室に来て、自分の席に着くと、凸激は机の配置が気になった。
 昨日から気になっていたが
 ‥どうして自分の席は、女子二人の後ろなのだろうか?

 「そもそもこの配置に意味なんかないだろう‥もっと自由に考えて好いはずだ」

 凸激が、そう思ったのも‥
 自分だけが、誰かの背中を見ているという配置が気にくわなかった。
 隣に話し相手が居れば、そうも思わなかったかも知れない。でも、そんな相手など居ないのだ。

 そこで、凸激は、蛍とれんげに、教卓に対してコの字になる配置を提案した。
 ‥つまり、先生を含めて、四人が向き合いになる机の配置ということである。


 今の机の配置は、
  教卓↓
 蛍↑ れんげ↑
 凸激↑

 ‥だった。それをそのままの位置でコの字にすると

  教卓↓
 蛍→←れんげ
  凸激↑


 ‥という話になる。
 その案に対して、今度は蛍がそれに違和感を抱いた。
 コの字そのものはお互いの顔が見えるので、蛍としても賛成だったが
 この位置のままにコの字になるというのが、なんだか腑に落ちなかった。

 とりあえず、凸激の案のままに机をその配置にしてみると、それは一目瞭然だった。

 今は春である。
 自分だけ外の景色がまったく見えなくなるというそれに、
 ‥蛍は、納得できない由を主張した。


 「やっぱり、机の位置はジャンケンで決めませんか?」

 「え☆、なんで?」

 「だって、私の位置だけ外の春の景色が見えないんですよ、あんまりです」
 「・・・じゃ、一週間ずつのローティションというのは」
 「それはそれとして、最初はやっぱりジャンケンで決めましょうよ」


 どうやら、蛍はゆずる気が無い様子だ。凸激にしてもそうだったし、れんげもそうだった。

 コの字の提案は良いにしても、せっかくの春の景色がチラ見もできなくなるのは
 まったく以て、落ち着かないのである。

 こうなると、どうしたって、
 ジャンケンで負けた人が、この週の間だけ見頃のサクラの景色が見えないというバトルだった。
 それは罰ゲームさながらに思えた。お互いに負けるわけには行かなかった。


 ‥結果、こうなった。


  教卓↓
 凸激→←蛍
  れんげ↑

 言いだしっぺの凸激が、外れくじを引いた。
 ‥しかも凸激は、チョキ、グー、グーのストレートで、一回戦脱落したのだった。

 蛍は、凸激と向き合い&春の景色が丸見えの配置に、これだと言わんばかりにご満悦な顔だった。
 一方で、れんげは、教卓とど真ん中に向き合う事になったのが、えらくしんどそうな顔だった。
 ‥凸激は言うまでもない、下手をこいたとばかりにうなだれていた。


 そこに一穂がやって来た。


 「みんなー、おはよう
  あれ、なんだか新鮮な感じだねー
  いいねー、コの字型というのも、ちょうど四人だし

  じゃ、特に連絡事項も無いので、ホームルームは終わります
  このまま授業に入るから、各自しっかりやっておくれ」
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 14:57 | Comment(0) | ネタ文学 | 更新情報をチェックする

2016年03月30日

【二次創作】のんのんびより 13 二宮金次郎像のポーズの巻

↓3)改稿.2016/11/27...20160518.20160329...

 ‥凸激は、先日の登校時に
 自転車を漕ぎながら、あちこちに桜咲く通学路の景色を見はしたが
 多少荷物も有ったし、えっちらほっちらと登り道を行くのに呑気に眺めるなんてどころではなかった。

 帰りのバスにしても、まぁ悪くなかったが‥朝の方が、より景色の具合が良いはずと思っていた。

 ‥そう思えば、まだまだ一学期二日目
 凸激の目には、
 バスで行く旭丘分校への通学路が、新鮮でわくわくの花見コースに見えていた。


|のどやかなカーブ溢るる山やまの広がり見れる是ぞ田舎バス

|山桜遠くに淡く山に染むかぐわしまじくも心つたわる

|ようようと春を曲がって春の来る道なり続くバス登校

|一台や願ったりの貸し切りの道も貸し切り花見ぞ通学


 目的のバス停に到着すると、凸激は運転手さんになにやら尋ねた。


 「ねぇ運転手さん、春だけでも良いからさ、バスの天井、ガラス張りにしてよ」

 「・・・ははは、それはいいね
  でも、予算的にもかなりきびしいんじゃないかな」

 「じゃあさぁ、バスの外に何台かカメラ付けてさ
  遠くの景色や山桜がアップで、自分の席のところの目の前の画面に映し出されるってのは?」

 「いいね!‥それなら普段の観光バスでも、オプション改造だけでイケそうだよ
  なぁぼく、それ、おじさんのアイデアってことにしてもいいかい?」
 「別にかまわいけど‥俺、山向こうに見えてる山桜がもっと見えたらなぁって思っただけだし」
 「そうかい、それじゃ遠慮なく会社に提案しておくよ」


 凸激がバスを降りて振り返ると、
 蛍が酔ったらしく、後ろに続くれんげに心配そうにされておりてきた。
 言うまでもない‥
 電子辞書を下に見ていてバスに酔ったのだった。それにしてもれんげの方は至って平気にしている。


 「ほたるん、大丈夫なん?」
 「‥‥気持ちわるぃ‥で‥す」

 「ほたる姉は酔って、れんげはなんともないのか?」
 「ウチはなんともないん?」

 「(鉄人だなこいつ‥)
  じゃ、そこのベンチですこし座ってくか?
  なにも先生が先に校舎にいるってわけでもないからな」


 凸激がそう言うと、蛍もそれもそうだと思った。
 ‥べつに無理してまで、登校の時間を気にする必要もない。
 生徒の自主性を主体にして成り立っているのが、旭丘分校の実情だった。

 蛍は‥気分が落ち着くまで、とりあえずバス停の長イスで休むことにした。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:50 | Comment(0) | ネタ文学 | 更新情報をチェックする

2016年03月28日

【二次創作】のんのんびより 12 電子辞書の巻

↓3)改稿.2016/05/04...20160328...

|バス停の野ざらし腰掛け振り返る夕べのあれ・・朝令暮改


 歓迎会の翌日の朝、今日も好い陽気になりそうな春の空だった。
 凸激は、時間の30分も前にバス停に来て、野ざらしのベンチの真ん中に腰掛けて考えていた。


 そうだった。ずっと考えていたのだ。


 それは、夕べの歓迎会の際に、宮内先生から渡された高検紹介のプリントを読んでからだった。
 食事も進んだ途中、先生の方からプリントを読んだ感想を聞いてきたので、

 「あ、あれ?、俺、さっきの読んでから高校に行く意味ってのがわからなくなった‥」

 そう凸激は、思ったままを率直に答えた。
 ‥それは何というか、今日一日の凸激の様子と比べれば、まったく冴えのない返事だった。
 そんな、ぶっきらな気持ちの中で、一穂とのやり取りが始まろうとした矢先に
 れんげが、横からツッコンで来たのだった。


 「なんなーそれ?、とっつん、朝言っていたのと全然違うのーん
  朝は高校に行ったら楽しむようなこと言てたんに、今は高校には行かないって言ってるん
  そういうのは、朝令暮改って言うん‥」


 確かにそうだった。第三者視点から見れば、そういうことになる。
 それはそれで、とにかく格好が付かないのだ。どう見たって格好が悪い。
 ‥そう思ったら、その話はもう良いということで、お終いにしてしまえと思ったら

 こんどは楓が、興味ありげに
 「なんの話だ?せっかくなんだから聞かせろよ」という次第になった。


 高検紹介のプリントがその場にあったこともあり、
 結局、宮内一穂は、凸激の学力状況をすっかり話さざるを得なくなった。

 居合わせた一同は改めて驚いたものの

 ‥ここ旭丘分校の立場からすれば、高検があろうとそんな選択支は有り得ない
 全員揃ってその存在に疑問を抱きつつ、不思議で一杯になるのが当然だった。
 だから、どうしてそこで凸激が高校進学に疑問を抱いて止まったかは、誰にも解らなかった。

 一穂にしてみれば、教育の難しさを改めって実感した‥そんな面持ちだった。
 (‥でもまぁ、押さえるところは押さえた、成るようになれ)それが一穂でもあった。


 そんな感じで、夕べの歓迎会は過ぎたのだった。


 凸激にしてみれば、自分の学習事情の点については却って都合が良かったことから、
 一穂に対する信頼はさらに上がっていた。無論‥それを一穂が知る由など無かった。

 凸激が思い引っかかっていたのは、言うもない‥れんげのツッコミにあった。

 あれから、なんだか、自分がひどく半端に思えて癪だったのだ。
 ‥自分の中の何かが揺らいでいる感じが、とにかくみっともなく思えて癪だった。


 それはそれで、まずは、第一目標をクリアーしないことにはどうしようもないのだと、
 気持ちを切り替えて、凸激は、マイ電子辞書にスイッチを入れたのだった。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 16:02 | Comment(0) | ネタ文学 | 更新情報をチェックする

2016年03月26日

【二次創作】のんのんびより 11 歓迎会の味の巻

↓4)改稿.2016/11/27...20160326...

 旭丘分校教師、宮内一穂の自宅(宮内家)において、転入生、夕向凸激の歓迎会の準備が始まった。
 名目は歓迎会ではあったが、特にぎやかな飾り付けをすることなく事は進んでいた。
 それは、一穂の判断からそのような具合になった。
 ‥凸激の雰囲気から、もしかしたら、お勉強に差し障りが出るから発言を想定してのことだった。


 さいわいそのような中止に至ることはなく、凸激もまたその辺の華やかさにこだわる性格に無かった。


 楓、蛍、れんげ、凸激の四人が、夕食の準備をしている合間の
 ‥その頃‥
 一穂は、自室にて、凸激の為に特別なプリントを作成していた。


 いつの間にか、その歓迎会の大ざっぱさが、一穂自身に
 凸激に教師たる貫禄と意地を見せる上においての時間とタイミングを都合していた。
 わざわざ急ごしらえにプリントを作ることになったのも、
 ‥口で説明するだけよりも、何かと書き出しておいた方が、後で混乱しないだろうとの考えだった。


 「いやぁインターネットってのは、ほんと便利で助かるわ
  こんなのひらで言葉選んで、整理してたら、全然間に合わないからね」

 一穂は、自室にてノートパソコンをネットに繋げて
 ネット記事をコピペしながら、自身の言葉を足して再構成した後、
 ‥それを最後にプリンターで印刷したのだった。


 ※ ちなみに
 旭丘分校にはまだネット配線は届いていない事から(予算的に無理)
 一穂は、ノートパソコンを持ち歩き、プリンターは自宅と学校の両方に備えて
 どうにか‥宿題や学習に利用するためのプリント等を作成していた。(まぁそんな感じ)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:44 | Comment(0) | ネタ文学 | 更新情報をチェックする

2016年03月24日

【二次創作】のんのんびより 10 俺の芋がコロッケにの巻

↓4)改稿.2016/05/03...20160324...

 脇ばなしも一息ついて、蛍とれんげは、駄菓子選びに戻った。
 凸激はというと、如何にも用ありげに、レジ前のスペースにそのまま突っ立っていた。
 楓は、その凸激の買い物をする気のない様子を見て取ると、
 こないだの凸激との初対面を思い出して尋ねたのだった。


 「おい、とっつん」
 「なに?楓姉」

 「お前、あの二人に変なこと吹き込んでないだろうな?」

 小声気味に話すその楓の言葉に、
 凸激は、ここがチャンスとばかりに体をレジの方に向き直り、意気揚々に答えた。

 「大丈夫でーす。楓姉はその席に安心して座っていてくださーい」

 「なんだ、その妙にキュンとくるような台詞は、お前、何か下心あるだろう?」

 「実は、
  (そういいながら凸激は、まずズボンから百円玉を一枚取り出すと、レジの台に叩き付けた。)
  (その後から、改めて手にしていたジャガイモの袋を楓の目の前に差し出すと、こう注文した。)
  今食いたいから、この芋を蒸かして欲しいんだけど‥」


 それを見て、楓は思った。思ったと言うより呆れた。
 凸激は、駄菓子に関わらず怪しい甘味料を断固拒否していると言うことに。
 そうなると、楓も商売上がったりだ。それで、こんな取引を持ちかけているのかと‥
 勿論、楓としては、断る理由などまったくなかったが、どこか自分に情けなくも思えた。
 ‥とは言え、向こうがそれで好いというのなら、甘えて見るまでだった。


 「一人で食うのか?」

 楓がそう聞くと、凸激は歌で返した。


|ひとりでは周りの目が気になって おいしさ半減 分ければ倍増


 「そんなの歌にして言わねぇで、ふつうに口で言えよ、
  じゃ、ちょっと待ってろ、いま蒸かしてやるから」

 楓はそう言うと、台所に向かうべく振り返ったが、
 ふと気になって、足を止め、頭半分戻してこう訊いた。

 「なぁ、レンジでチンでもいいか?」
 「電子レンジ禁止でお願いしまーす」
 「な、なんだよとっつん、お前のその性格はどこから来るんだ?」
 「親ゆずりでーす。あと、味付けは塩で、よろしくお願いしまーす」


 それを聞くと、楓もまんざらでもない様子で、ジャガイモをさげて奥に入っていった。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 13:53 | Comment(0) | ネタ文学 | 更新情報をチェックする

2016年03月22日

【二次創作】のんのんびより 09 再び駄菓子屋への巻

↓2)改稿.2016/05/02...20160322...

 トンネルを抜けるとそこは駄菓子屋の見える通りだった。
 こちらのトンネル路から駄菓子屋に向かうのは、凸激には、今日がはじめてだった。
 その何となくの夢見感覚に、凸激はぼんやりとしたものを感じた。
 その余韻に浸ろうと思って凸激はすこしばかり歩みを緩めた。

 ‥先に、蛍とれんげが、駄菓子屋の中に入っていくのを見届けると
 凸激は、少し離れた位置から、そのまま店の外をしげしげと観察した。
 どんなに眺めてみても、こないだ来た時とさして変わりはない。


 そうこうしているうちに、店の中から和気藹々とした声が聞こえてきた。


 男一匹、女子のそれを聞く度に思うのは、どうやって切り込むのかでもあった。
 するとなにやら、茶目っ気たっぷりの一首が浮かんできた。
 ‥凸激は、店の入り口に姿を見せるや否や、言い放った。 


|トンネルを抜けて駄菓子屋 菓子の家 棲みたる魔女は楓姉


 「誰が魔女だッ!お前また喧嘩売りに来たのか!?」

 お約束にも店から外に届くほどに、楓の落ち着き所の無きむしゃくしゃが返ってきた。
 それにはさすがに、店の中で駄菓子を選びはじめ出した蛍とれんげも驚いた。

 ‥この二人の間に、すでに何があったというのだろうか?

 「駄菓子屋、なにそんなに怒ってるのん?」
 「・・・怒ってなんかいねえよ、気にしないでそのままでいいぞ」
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:22 | Comment(0) | ネタ文学 | 更新情報をチェックする

【日記】演出上に勘違い発見

改稿.2016/03/22...2016/03/19...

> のんのんびよりのバス停の設定を一部で勘違いしていた。(修正済み)


 学校側のバス停には屋根が着いているが
 住宅側のバス停には屋根が着いていない。(野ざらしベンチ)

 やべぇ、見落としてたぜ。

 ‥文の表現的にはさほどの違和感は生じていないのだが
 アニメの中では、住宅側の道路はさすがに、きれいに目に舗装されて見える。
 さすがに、一輪のヒナギクがベンチの目の前あたりに咲いているというのはきびしいかなと。

 「あーあ、どうしようかな‥」

 もう少しぼろそうな舗装だったら、可能性としてはなくもない。
 ‥田舎の舗装が三年でそんなにボロくなるとも思えない。
 ‥まぁ描き方次第かなと。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 22:53 | Comment(0) | ネタ文学 | 更新情報をチェックする