2016年04月14日

【参考】詠みとポカ

記稿.2016/04/14

 ポカは誰にでもある。
 ハイになればなる程、右も左も同じに見えてしまうことがある。
 ‥トポロジー的錯覚だ。

 冷静になってよくよく考えてみれば分かることでも
 なぜか、分からないという事態に陥っている。
 ‥まるで初心者に成り下がる。

 例えば

 同じことばかり繰り返していても、トリックのように間違える。
 ピアノでも指の運びにそんなミスが発生するという。
 じゃ、毎日の練習なんか程ほどで好いじゃん。気分が乗った時にやるだけで好いじゃん。

 ‥しかしそれはそれで

 自分で自分に、スイッチを自在に入れることができるかどうかという点に注目が集まる。
 スイッチの入れ方を学ばせたいなら、スパルタもありだろう。
 でも、楽しみたいだけなら、気持ちが大切と言いはじめる‥


> モチベーションなりやる気のスイッチは、自分で入れるモノだろうか?
> それともやって来るモノだろうか?


 うーん、まぁ両方必要だろうね。
 でも肝心なところは、ポカやミスの発生時にどう対処するかである。

 ポカは、気がつかないからポカに繋がるのだ。ミスにしても同じである。
 まぁそういう時は、素直にその失敗を受け入れるしかない。


 傲慢にならない為にも、初心に帰る必要がある。
 ‥脳や体の全神経が、そんなことを言わんとしているのかも知れない。
 ‥もっと違う刺激が欲しいから、休みたいから、距離を置くべきだから。


 自らへの労りなり、他への労りを忘れていると‥そういう流れも醸し出されるのだろう。

 お互い様なんだから、そういう場合、どう対処されたかという所に次の注目が行くはずだが、
 ‥でも大抵の大勢は、無駄に期限や本番での完成度を要求してしまう。


> なぜゆえに、そんな勘定にハマるのだろうか?
> それはそんなにも‥絶対に外しては成らないのか?(事と次第に依るだろうけど)


 罵りたいから、嘲りたいから、自分の方が勝っていると思い込みたいから‥
 まぁ確かに、そう考えると、それだけの社会なんだよ‥競争資本なんてさ。

 ‥それをプロとか言われたら、楽しむと汗するのバランスは誰にも見えて来ない。

 人それぞれで、成長の度合いも飽きっぽさも異なっている。
 育ちにも因るだろう。暮らしにも因るだろう。民族にも因るだろう。

 ‥そんなにも異なっていて、人はどうして、やたらと外の文化を取り入れたがるのだろうか?
 ‥どうして外の方が優れているというように思い込むのだろうか?


 本来的なことを言えば、生まれ変わった方が新鮮に呑み込めるだろう。言語のように。
 ‥無理に違いがあるというのに、取り入れる必要など無いと思う。


> そんな気持ちをめぐらせていないと、定型句での詠みはどうしたって読み切れやしまい。


 「削ぐに非ず、まずは用意しないの心得なり。構えないの心得なり
  ポッカリ空けていれば好し、そこに己の気持ちが注がれるだろう
  勿論、ある段階を維持していないと開かない扉もある。その逆も然り

  ‥その為にも、知るという事への好奇心は欠かせまい。その逆も然りなり」
posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:31 | Comment(0) | 日記/2016 | 更新情報をチェックする

2016年04月11日

【へんな記事】「風そよぐ」は正しい?

記稿.2016/04/11

> 「風そよぐ」は正しい?という記事を見つけた
> 気になったので回答を考えてみた。


 ‘風そよぐ’の前に、‘風がそよぐ’のがが省略されている。
 そう考えると、‘川が流れる’→‘川流れる’

 そよぐ作用は、風ではなく草や葉や穂などと言うと
 流れるのは川ではなく、水の流れか、それに浮かぶものという‥解釈も同じになる。


> いやぁ、そんなこと考えて使わんだろう。


 ‘日が照る’→‘日照る’

 照っているのは光であって、太陽ではない。はいはいそうですね。
 ‥まぁ哲学だよね。こんな質問をする君はたぶん理系タイプだね。
 ‥文学にケチを付けるのはお門違いだから、そこだけ理解すれば良いと思うよ。


 昔の人の知識にはね、そんな分子だとか原子だとかそんなのはなかったの
 そこまで考えていると文学できないよね、そしたら何を楽しみに生きれば好いのかな?
 君みたいに哲学できたらそれはそれで楽しいだろうけど
 他の人から見たらそんなのは糞みたいな生活感なんだよ。

 ‘風そよぐ’といえば、そこに生命の躍動を感じ、
 ‘川流れる’といえば、そこに生命の躍動を感じ、
 ‘日照る’といえば、そこに生命の躍動を感じるの、それが文学のほとばしりと言う奴だよ。


> いやぁ一生懸命に回答している側の大人も大人だよね。こっちまで呑み込まれちまいそうだぜ。


 じゃ、もう一つオマケだ。

 ‘宇宙動く’というのもおかしいのかい?

 動いているのは星や塵、星雲群であって、宇宙本体ではない。
 いや〜、そんなこと全然無いよね、本体の大きさなんて分かってないでしょ。
 宇宙と言ったって、誰も厳密に大きさや区分を求めたりして会話しないよね。

 そう考えるとだね、風だっていろいろあるでしょ、弱いのから激しいのまで
 川だって、増水すれば、氾濫したりして流れに変化が起きたりするんだよ
 太陽だって、春夏秋冬で光の強さが違うよね、
 そういうの‥生命一つ一つの顔をだね、大胆に表現するんだよ。言葉にはそういう魔法がある。

 君はその言葉の魔法にケチを付けているだけだよ。ケチを付けるのも表現の自由だからね。
 ‥ケチを付ける視点を間違えないようにすることを心掛けると良いと思うよ。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:39 | Comment(0) | 日記/2016 | 更新情報をチェックする

2016年04月10日

【感想】あの方の桜を見る会に一句

記稿.2016/04/10

|早よう散れ!桜を誉めて散らぬ安倍(総理)

|引き時の読めぬ政治の劇団長 戦国ならばリベンジ無し

|咲く花の素顔ぞ春に咲き返しその潔しに倣わぬ総理

|アベノミクス吾の花と誉めてとな‥一分でも咲き残ると抱負
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 17:21 | Comment(0) | 日記/2016 | 更新情報をチェックする

2016年04月09日

【参考】シーガルフォー耐久年数超過でここが破損

記稿.2016/04/09

> シーガルフォー 浄水器 X-1DS


 ‥買ったのはレシートを見たら2001年だった。(型番変更等なければ、そのままのはず)
 今年に入ってから、カートリッジを更新せずに使用を中止した。


> 三ヶ月ぐらい放置しておいたのを、確認してみたところ


 作りがオールステンレスの削り出しなんかではないので
 蛇口の部分を接続するのに、樹脂・真鍮・銅あたりが使われている。
 ‥その樹脂の劣化がとくに酷い。

 樹脂が脆くなり、水漏れが発生していた。
 圧を掛けない状態で、気になるかならない程度だが、蛇口部の接続から微妙に漏れ始める。
 真鍮の部分は黒くなり、銅部分では緑青が見られた。

 水漏れは樹脂を塗り直せばまだ行けるかも知れないが、
 その後の味臭と耐水圧についてはなんとも言えない。


> 本体の耐用期間が十年という意味として、そんな具合になりましたとさ。


 それにしても、浄水器の進化がここのところ止まっているように思うのだが
 それは陰謀なのか?、それともコスト的にどっちもどっちなのか?
 なにしろ、フッ素とか塩素とか、病状をもたらすものをわざわざぶち込んでいるんだからな
 奴らとしても、そうそうお安く清涼水になっちゃ面白くないんだろう。


> この浄水器だと、十四年と半年程度で平均一日辺り単価40~50円の範囲だった。(大ざっぱ)


 途中で円高円安の激しい動きに巻き込まれたりして
 カートリッジの値段が安定せず、一年間交換の基準を一年数ヶ月程度で回していたりしたが、
 今からお高い本体を買い直せるほどの選択肢を保てるほどの状況にはない。
 (このカートリッジの濾過水は硬水になる。軟水が好みならすすめられない)


 ‥最近の自身の趣向としては、鉄分サプリメントを買うのもどうかなので、鉄瓶でも欲しいかなと。
 しかし、夏はやっぱりピュア感が欲しいと思っている。(夏でも白湯で飲むか)


> 昔ながらの簡単構造の電熱器で沸かした方が、光熱費が安いと思う。


 沸くのに大体‥ヤカンに1.2リットル分、300Wで六十分程度と掛かる(気温により変動)
 経験的に、ゆっくり沸かした方が冷めにくく味が好い感じ。(空気の抜け加減)

 脚を立てると熱気が強いので早く沸くように思えるが、密着が正解。(凄ワザの目玉焼きが立証)
 ‥冬場の暖房兼用としてなら、脚立てても良いと思うけど。

 以前、調子こいてヤカンに2リットル、密着で荷重を掛けて沸かしまくっていたら、
 電熱器のニクロム線の土台になっている素焼き部分が真っ二つに割れた。(そのための脚らしい)
 ‥その前にニクロム線の方がダメになる。ニクロム線は交換可能。タイプとメーカーにもよる。

 (ニクロム線の切断部分同士を引っかけるだけの手直しでも、案外、使える)
posted by 木田舎滝ゆる里 at 19:41 | Comment(0) | 日記/2016 | 更新情報をチェックする

【参考】定型句だけだと片手落ち

記稿.2016/04/09

 フォントで縦書き画像貼り付け実験中(非公開)ということで、こちらには乗せていないのだが
 2014の頃は自由律というか、自由詩を中心にやっていた。
 その頃の作風の勢いと比べると、定型句はやっぱり地味としか言いようのないもどかしさがある。

 で、最近の定型句にハマっちまっている状況を鑑みるに、
 あの時分にあった野性味が失われていて物足りなさを感じた。


> それとも、それは、横書きと縦書きの筆のノリの差と言えるのだろうか‥


 パソコンのセットアップも半端なままなので、縦書きは一休みしたままにあるが
 縦書き画像を貼ると、テキストとダブって作業の手間が増えるし
 ‥だからといって、画像だけだと、ケータイから読む場合には負担にしかならない。

 しかし

 読み返す場合は、フォント工夫の縦書きの方が圧倒的に気分が乗る。
 自分の文章を横書きテキスト状態で読み返しても、飾り気も味気も薄いせいか物足りないらしい。
 ‥個人的に言えば、ほとほと読み返すにしてもその気にならない事の方が多い。

 (この気分が乗るかどうかの差を重視すると、横書きテキストで続ける意味に困惑する)


> ところが


 画像ファイルをネットにアップして使用すると、いまだに英数字しかファイル名に使えないので
 その辺の管理をしなければならず、
 あの訳の分からない自動変換の数字の羅列のファイル名で管理しておくのは嫌なので尚更だ。
 しかも、更新すると自動アルバム形式の並び順もバラバラになってしまう。

 ZIPという所で妥協するのも手だが、それでは、検索に引っかからない次第に陥る。
 だから、テキストも省くと言うことになると、作中の語彙すら検索にヒットしない。

 それどころか

 著生にしても、ブログ上から語彙検索して、
 自分の作品の語彙整理や間違い整理の箇所を調べられないという不便にもなる。

 ‥フォルダ内のテキストファイル群から語彙を検索して
 どこに対象が存在するのかを指摘してくれるテキストエディターは今のところ存在しない。
 どちらかというと、ブログに載せてしまった方が、圧倒的に早い。
 (他人に読まれたくないなら、非公開&非検索対象&PASS付きに設定すれば良い)


> 当然な話だが


 デザイン構成したそれをやり直そうとすると、画像作成にまで遡らざるを得ず
 ‥頭の痛い話になってくる。

 まぁそういう意味では、出版の方が無難なのだろうけど、
 それはそれでフォントの著作権が絡んでくる。
 また、著生としても、どのフォントを使用したのかを記録しておかないと後で面倒な作業になる。


> 縦書きの道のりは、とてもしんどい。


 一行足しだけの画像を乗せるのもかっこわるいので、
 きっちり収まるように構成する用も生ずる。すると、前後の文章をさらに推敲して
 やりくりしている内に、内容が膨らんだりなど‥

 ‥横書きテキストだけの方が楽っちゃ楽なんだけどさ。
 かっこいい縦書きで読み返したいのだよ。悩ましい課題である。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 17:36 | Comment(0) | 日記/2016 | 更新情報をチェックする

【夢日記】怪しき三人

記稿.2016/04/09

> 最近、変な夢をよく見る。
> 昨朝のは、あまりにもマンガだったので記録しておこう。


 出だしを、暗くてヤバそうな雰囲気以外忘れちまったのだが、
 なんだか知らないオヤジを、視線で追ってるアングルからは覚えている。
 オヤジが家に上がる手前のちょっとした玄関前の階段を上がる時に、
 オヤジの靴底から怪しい種が落ちて、溝(左側)に転がった。(伏線)

 夢だから、別に‥着いてきた覚えも無いのだが
 いつの間にか家に上がっていて、招待されちまたらしい。


 ‥その家の間取りにおったまげた。
 以前にもおったまげた間取りの夢を見たが、今回は多少斬新に思えた。

 玄関半間‥どうやってドアを開けたのか(?)直進で廊下、奥行き一間ほどですぐ壁‥(狭っ)
 廊下のとなり‥部屋(左側)だけど、壁じゃなくてふすまで、ふすま無し(柱だけが目立つ)‥
 もう片方は壁のはずだが、壁がなくてこれまた筒抜けもしくは窓が付いてない(コントかよ)‥
 ‥部屋の大きさは、四畳半もなさそうだが、ほとんどよく見えてこない。

 廊下は、玄関からの部屋横の直進分だけしか見えてこない。玄関も筒抜けな感じ。
 ‥部屋の中には、奥さんと女の子らしき人物がふたり座っていた。

 オヤジがその廊下で寝ると言うから、君は私の隣でと誘っている。
 その布団のとなりには女の子。その隣が奥さんらしいが、奥さんはそれ以降出て来ない。

 ‥なんだか微妙な空気の中、すし詰め状態の就寝に入った。(強制)


> すると


 なにやら、俺の足の方から、床を突き破って
 怪しい根が飛び出してきた。どう考えても吸血植物としか思えない。(さっきの種である)

 俺がヤベーと思っている横で、女の子が俺の服を破き始めている。
 ‥どうも俺は、その吸血植物の餌ということらしい。(吸血させるのに服が邪魔ようだ)

 随分なおもてなしに、
 「やめろこいつッ」とバタバタしはじめたか否か‥俺はすっかり逃げ出していた。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 00:46 | Comment(0) | 日記/2016 | 更新情報をチェックする

2016年04月08日

【妄想】川内原発差し止め認めずの裏

記稿.2016/04/08

> 予言サイトを確認したら


 西日本大震災というのが出回っているようだ。
 その符合なのか、こないだNHKの特集で
 西日本の断層が従来考えられていた単純なプレート枚数ではなく
 もう少し複雑に入り組んでいるという予想をしていた。

 つまり

 西日本のどこで歪みが発生してもおかしくないと言わんばかりだ。
 ‥で、西日本には稼働中の原発がある。それが川内原発だ(鹿児島)
 (長浜原発は、こないだ差し止められた:福井)


> なにが言いたいのか分かるよね(確実にまた狙われているとして警戒すべき状況)


 でも、人工地震とはいえ、核兵器の威力を合わせないと東日本大震災程にはならない。
 そういう判断もされるだろう。でも、同じ手としての海底掘削船「ちきゅう号」はありえない。
 あまりにも露骨にバレバレすぎてしまうからだ。
 (前回のそれにしたって、地震計の偽装が必要だったからそうしたまでだろう)


 「じゃ、今回なら、どんな手が想定されるのだろうか?」

 まぁそれが、北朝鮮からの核ミサイルという符合。こいつを目隠しに責任押し付けて
 実は寿命の来た米原潜(?)でも派遣しておいて、そこから、核をつんだ魚雷を海底に放てば
 破壊的な津波を起こすのなんて訳ないんじゃないのかな‥
 それこそ、何発でもぶち込んできそうである。(東日本大震災で三発程度)

 (まぁ乗船したい奴も居ないだろうから、リモートというのも想定されるだろう)
 (そっちの方が楽。海底沈着にへばりついてドンと船体もろともって感じだろうか)
 (さて、問題です、原子力空母の破棄の仕方はどうなってるでしょうか?海中投棄?北極圏氷溶?)


> いやぁ、こう考えるとほんとタイミング狙ってそうだよね。


 そして、日本は、報復的対抗手段に出るという展開に持ち込まれそうである‥
 ‥安倍政権のしている足取りの先にはそんな絵図があるのかもしれない。
 ‥まぁ、当人らにしても、まだ何も聞かされてそうになさそうだけどな。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 09:22 | Comment(0) | 日記/2016 | 更新情報をチェックする

2016年04月04日

【信長の野望】創造pkの難易度設定とチート

1-4)記稿.2016/04/04

> 一月頃に遊んだ時のまとめ
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 00:29 | Comment(0) | 日記/2016 | 更新情報をチェックする

2016年03月19日

【短歌】先導的テロ広報に異議あり‥十二射

記稿.2016/03/19

|豊かさを削り取られて残るのは「持ってけ泥棒!」命は取るな
|戦争の足音立てる広報テロ 守るモノ得られずに「だから何?」

|結婚もまともにできねぇ世の中に突きつけるとしたら政府だけ
|豊かさを知らずに育った矛先ぞ政治不信だ革命上等

|戦争で奪い合うなど今は昔 たたかう術も絆もなし
|防衛に真っ先するべき村八分 不買運動こそ抑止力

|日本がやられて困るの世界の方 応援しなけりゃ逆戻り
|競争と煽ってみてもビジョン得ず ついてく方がとりあえず楽

|住めぬほど国が砂漠に果てるなら中華を運ぶ船など無し
|外向きに温度を上げても空回り民族崩壊すなわち難民

|足元を良くしたいと思わずばどこに行っても村八分
|ふるさとのうまさを知らずに育つほど嘘のはびこる智慧のすたるる
posted by 木田舎滝ゆる里 at 16:28 | Comment(0) | 日記/2016 | 更新情報をチェックする

2016年03月18日

【短歌】北朝鮮ミサイル発射、なぜまた急に?‥七射

記稿.2016/03/18

|国越えて票取りミサイル劇場の防衛実直なんちゃって

|財源もないのに防衛開発最優先どこの国でもあーれそれー

|国あげて戦争すれば総力戦 重税徴兵消耗品

|平和こそ実験なんだ経済の首が絞まりゃミサイル払い

|国債で税金せびるその裏で投資してたの戦争ごっこ

|国債で戦争談合飲み明かし 払うの国民 悼むの国民

|朝日から夜の月まで嘘ばかりそれが世界だ戦争トレードだ
posted by 木田舎滝ゆる里 at 20:20 | Comment(0) | 日記/2016 | 更新情報をチェックする