2016年07月14日

【検証】スピーカーの設置部分にゲルシート

記稿.2016/07/14

> ‥畳の上にデスクトップパソコンを置く場合にも、ゲルシートを使用したい。


 でも畳だから、直接的にゲルシートをPCケース底面に貼り付けても何の意味もなさそう。
 そこで、今時の百均に置かれるようになった‥
 滑り止めシート(ロールタイプ)を適度に切って(表と裏がある感じ)

 敷いた上に、PCケース底面にゲルシートを貼ったそれを乗せてみた。

 これが、畳の間にゴム製の奴を挟むだけのズリズリ感から遥かに改善されて固定されており、
 ‥それなりに好い感じになった。
 ‥ただ、ゲルシートを大8個も引っ付けたので、シート枠に対して均等幅に置くのが難しい。

 置いた先からシートに引っ付いちゃうわけだから当然だが

 だからといって、滑り止めシートをぴったしに切り取って先に貼り整えても
 摩擦抵抗アップの余白分の余力が発生しなくなるので、まぁそこそこの見映えで良しとした。


> そんなことをしていると、以前に使っていたゲルなり、買い込みすぎやらが余る‥


 ‥そこでふと気がついた。
 スピーカーだって、底面が接触しているんだから、相互的に外部からの振動を拾っているはずだ。
 なら、ゲルシートを挟んで外部ノイズをカット&接触部からの伝導遮断を望めるはずだと。


 で、やってみた。(気持ち‥音のハッキリ感が少し良くなった気がする)


> ちなみに愛用のスピーカーは


 TIMEDOMAIN社製の「TIMEDOMAIN mini」
 ‥このスピーカーを以前に購入し、五年ほど箱に入れっぱなしにしておいただけなのに
 ‥ボリュームつまみに接触不良が発生。右側の音が出なくなる。(さすが、製造が中国の中国製)
 ‥その状態で騙し騙し三年ほど使っていたのだが、最近どうにも合わせ反応が鈍くなり
 ‥ネジ外せる範囲で分解して掃除を試みたところ(底面部のツメが硬すぎ全分解不可。途中で諦めた)
 ‥ケース内部スピーカー部分の後方の空間に、フェルトの破片屑を固めたモノが左右共に入っており
 ‥どうにもそんなチープなモノで音作りをしていたという衝撃!(そんなんで音変わるんかい?)
 ‥理論が好くても、作り込みがあまく、ついでに使われているコンデンサーも安い感じで残念。orz


 ※ スピーカーを買い換えるゴージャスな余裕は無いので
 色々と工夫したところ、Windowsの基本ボリュームを最大にすると
 右側の接触不良をしのげることを発見。(調整は、各アプリの音量設定を下げて用いる)
 それにしても、左右から音の出るボリューム位置が、ほぼ一定箇所に定まっていることから
 ‥ボリュームつまみ自体の機能性はほぼない状態。(昔ラジオの糞チャンネル合わせ同然)

 (じゃ、ボリュームつまみ要らないね、そんなもんあるから接触不良になるんだろうがッ)
 (左側は至って正常だが、つまみを弄ると左だけならなくなる位置が存在する‥謎だ‥)
 (そんな具合なんで、どんなにつまみ弄って調整しても)
 (左右の一致感に難があったのだが‥ゲルシートで改善した感じにちょっとうれしい)


> それにしてもハイレゾ対応にしてみてぇなぁと思うこの頃だったが、
> ゲルシートの利用で、まだまだイケそうな感じがしてきた。(まぁ検証してみてください)


 これもそれも、今年の夏頃に東海地震が来るという危機対策からの拾いもの。
 ‥ありがとうございました。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 08:39 | Comment(0) | 目の付け所をナス/2016 | 更新情報をチェックする

2016年07月02日

【デザイン】未来的PCキーボード

↓3)記稿.2016/07/02

> 衝撃的な光景だ、
> スマホ1台で仕事が完結――HPが「Elite x3」で目指す世界
> スマホとスマホ用スタンドとキーボードとモニターだけである。


 l_st_hpelitex3-05.jpg


 あ、マウスもあるか。まぁそこは置いといて
 ‥この写真から、まだまだ無駄と思しき部分を考えてみた。

 まず

 キーボードのテンキー部分を取っ払って、スマホをドッキングさせるようにして
 スマホの画面を使って、テンキー代替にして、切り替えて利用できるというのはどうだろうか?

 ‥でも、キーボードに電源を引っ張ってこないとダメだな。

 USBから給電されてるとしても、モニターに挿してるとしても
 キーボードとて、どこかにある電源を利用している点は変わらない。
 そうなると、どうしたってキーボードPCなんて発想になってきてしまう。
 それならそれで、キーボードPCとスマホをUSBでつなげば良いだけのそれだけだ。

 (だがそれで‥不用意に感染してしまうと嫌だから、そうはなっていないんだろうけど)


> ならば、そのアイデアをキーボードに特化して考えてみよう。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 10:10 | Comment(0) | 目の付け所をナス/2016 | 更新情報をチェックする

2016年06月14日

【事情】「戦争と平和」をマンガにするとロシアっ子が大助かり

記稿.2016/06/14

> かわいそうなことに


 ‥ロシアの学校では、長期休暇になる度に
 トルストイの「戦争と平和」の感想文が宿題になるそうだ。

 余りにも長編ストーリーにあることから、
 あらすじ本が出まくっているという‥しかも、学年別に合わせた内容のモノが
 出回るほどだという‥あらすじだけでも読むのが大変。

 ロシアっ子曰く、「トルストイなんて大っ嫌い!」‥とか。


 今から振り返ってみても
 戦後日本では、米国側の嫌赤主導から、ロシア文学に焦点は注がれて来なかった。
 ‥今でも、ロシアから入ってくる生活文化を聞かない。
 ‥戦前はそれなりにもてはやされていたご様子を感じるけど。


> ということで


 トルストイの「戦争と平和」を
 マンガ&アニメにするとロシアっ子が大助かりになりそうな感じ‥

 雰囲気としては
 トルストイよりは、ドストエフスキーの方がまだマシな感想を抱くらしい。

 ‥まぁそれにしても
 日本でも需要が出るかどうか怪しいのが、思想でびっしりのロシア文学のスタイルにある。
 無論、本を読まない俺が読むわけがない。


 マンガでもアレだよな、現代社会に置き換えないと、もはや受け付けないと思われる。
 テルマエ・ロマエのヤマザキマリみたいなパターンで
 ロシア大好き人間がその気にならないとダメだと思う。

 ‥描く方にしても楽しくないとダメだからな。
 ‥じゃ、キャラが物語スリップしてその時代との考え方の差を解説するパターンかな。
 ‥影武者じゃないけど、物語に跳んで、そのそっくりさんと入れ替わるとかな。
 ‥そっちに居た主人公が死んじゃって入れ替わる。
 ‥今風に言えば、VR技術ネタで行けそうかもな。

 ‥ロシア教育界の推薦図書を狙うなら、それなりに羽目を外しすぎても望ましくない。

 ‥それにしても登場人物559人だってさ。描く方も混乱しそうだな。
 ‥マンガでもギャグにしないと無理な登場数なのに
 ‥それを文字だけで綴ってみせたトルストイって、記憶力が達者だったんだろうな。
 ‥名前を一発で覚えるそんな人の文学世界、そこん所だけでも距離感を感じざるを得ない。


> そもそも


 当時は、娯楽が少ない。冬になれば出掛けることも少ない。
 そうなると、無駄に長いお話にも需要が集まった。
 その上、議論できる内容が好まれた。

 概ね‥信州人が議論好きとの遺伝子も同じ理屈なんだと思う。

 そして今や、そんな共通性などまばら。環境自体が存在しない。
 ‥そもそもにして
 文学で、長編に挑む意味が不明に思えるほどの時代の空気。

 何故に議論のテーマを「戦争と平和」に固定されなきゃならんのだ!?
 ‥まぁ少なからず、その辺の土壌は着々と日本に登場しつつあるけどな。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 14:09 | Comment(0) | 目の付け所をナス/2016 | 更新情報をチェックする

2016年05月31日

【アイデア】三倍速再生+日本語字幕という選択

記稿.2016/05/31

 ビットレートにも依るが、
 三倍速でも乱れない範囲なら、日本語字幕付きでも十分に視聴できる
 ‥ということに気がついてしまった。

 わざわざ日本語字幕を付けるメリットとして

 年代や名称を視覚で判断できる。
 正直、二倍速で聴いていると、そこら辺で認識しづらかったり頭に入ってこなかったりする。
 その点、視認できると判りやすいし覚えやすい。

 普通に考えると日本語字幕は要らないと思いがちだが、
 手動切り替えにて、三倍速で確認できれば、二度目以降から場面探しが楽チン。


> どうせなら


 ‥語学用途として
 二カ国語の字幕を同時に上と下に表示できるようにしてくれると判りやすいはずだ。
 動画再生プレイヤー次第では、いくらでも機能追加できる範囲だと思う。


> もう一度言うと


 三倍速で場面を探し+二ヶ国字幕を同時上下で語学学習という選択。
 ‥できれば、メイン画面の外に学習言語字幕を割り出してくれるとより見やすいかと。
 ‥で、わからない単語をクリックするとブラウザーと連携して即ググってくれると好いよね。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 22:06 | Comment(0) | 目の付け所をナス/2016 | 更新情報をチェックする

2016年05月16日

【日記】ブラウザーのホームページ設定

記稿.2016/05/16

 どうせ検索するからと検索サイトの画面を
 ブラウザーのホームページに設定していたのだが
 Firefoxの場合、タブにロックしておけるので
 その必要がなくなった。

 そこで、

 weblioの画面を選んだら、方言辞典が載っている。
 「え、そうだったんだ‥」
 とりあえず、こうすると電子辞書要らねーな‥という事に気がついた。
 ‥辞典は読むだけなら紙版の方が圧倒的にめくりやすいと思うが、これでも好いか。

 それにしても、

 辞書サイトの広告で重い感じは好かんな。
 どうせなら、俺向きにアニメの広告でも載せてくれよ、そういうところは詰まらん。


> ブラウザーからさ、あらかじめ広告の種類を選べるなんてのはできないの?


 種類というか割合でも好いだろうな。
 そういうのが収集できるだけでも、商売のネタになるだろう。
 「え、違うのか?」
 ‥広告の学習機能なんてな、怪しいだけだからな。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 07:55 | Comment(0) | 目の付け所をナス/2016 | 更新情報をチェックする

2016年05月06日

【アイデア】Googleさん、夜空の星マップがまだっすね

記稿.2016/05/06

> タロットの詠みをやっていてふと気がついた。


 月のカードの図案を見ていて
 犬はシリウス‥ザリガニはサソリ‥
 もしかしたら、何らかの直列を描いているのかな‥
 門も付いてるからな、これは何か怪しい‥

 と思って

 星の位置が気になったので、調べようと思ったら
 夜空の星マップはサクッとググれないという事実に気がついた。


> どうしてその手のサービスはまだ無いの?
> ググりたいでしょう、皆さんそうですよね‥


 それともYahoo!かBingに頑張ってもらいますか?
posted by 木田舎滝ゆる里 at 12:03 | Comment(0) | 目の付け所をナス/2016 | 更新情報をチェックする

2016年05月05日

【デザイン】未来の選挙風景(投票率改善案)

記稿.2016/05/05

 選挙会場は神社仏閣

 お賽銭箱をどかして、投票箱を配置

 神社には屋台が並ぶ

 投票用紙を受け取ると同時に、屋台の利用券を一律の金額でGET!!

 二礼二拍一礼で投票の後、屋台でワイワイ、お守りを買うもよし


> まさに、お祭り気分、お参り気分
> 連れだって行くしかねぇよな


 ‥白票でもOK
 次なる課題は、白票をどうやって減らすかに移る‥
posted by 木田舎滝ゆる里 at 17:58 | Comment(0) | 目の付け所をナス/2016 | 更新情報をチェックする

2016年05月02日

【着眼】タブ画面を用いてブックマークの整理

記稿.2016/05/02

> Firefoxのタブ画面の使い方をようやく把握した。


 Firefoxのタブ画面には九つある枠に、
 ブックマークからリンクをドラッグして来て
 ピンを立てたり、外したりできる。


 ほほう、なるほどなるほど


 ‥だったらさ、ブックマークのフォルダーを引っ張ってきて
 ピン留めしてさ、
 そこにブックマークを引っ張ってきたら、整理ができちゃうって形にして欲しいな。

 ※ タブ画面にピン留めしたフォルダーに、ブックマークをドラッグすると、
   ブックマークの保存先フォルダーが変更される。


> できるでしょ、簡単でしょ、やって欲しいー!


 ブラウザーのブックマークの整理って、極めんどくせーからさ
 ついつい後回しにしちまって、結局、散らかりぱなしだし

 だから

 気がついたら、ホイホイ片付きましたって、したいわけなのねん。
 暇な時の気分転換 → リンク整理 → 読んでない記事発見 → 効率アップ!


> ということで、よろしくお願いしまーす。m(_ _)m
posted by 木田舎滝ゆる里 at 22:56 | Comment(0) | 目の付け所をナス/2016 | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

【アイデア】避難タワーの最上部を筏にして備える

記稿.2016/04/22

 避難タワーの高さは概ね、15〜20m。
 それ以上の高さの津波への対応は諦められている。

 しかし


> 最上部を筏構造にして備えればどうだろうか?


 それ以上の津波が来ても、筏となって浮いて流れるならそりゃまだ望みが持てる。
 車いす避難だからって、うなだれることも減る。


> さて‥アイデアは良いとして、問題は流されるパターンと流された後だ。


 想定1として、一番に望ましいのは
 だんだんと水かさが増してきて、体よく筏が浮き出すことだ。
 (入り口には扉を設けてガッチリ閉められる様にしておくのは当然だが)
 流されっぱなしでは困るので、命綱をどこかに結んでおく必要がある。
 (簡単に切れない経年劣化しないという点で考えれば、炭素繊維になるだろうけど)
 どのぐらいの長さを用意しておけば良いのかでもある。

 ふつうに考えれば、長くても500mぐらいだろうか。
 できればその都度、自動である程度の長さまで巻き戻してくれた方が良いのだが
 津波の強さを考えれば、早い段階で巻き戻すのは無理というものだ。


 想定2として、タワーと同じぐらいの高さの津波が一気に勢いよく押し寄せた場合である。
 この場合、うまく浮き出すことが肝心だが、
 そのような場合でもうまく浮き出せるような構造である必要がある。
 そして命綱の対応が悩ましい。勢いが強ければ強いだけ押し出す力も強く流され、距離も遠くなる。
 ある程度の長さがあれば、そのまま、釣りに食いついた魚状態で釣り合っていられるだろうが
 勢いが強いとどこまで引っ張られるかわからない。釣り竿ごと持って行かれる様では困る。
 そこの力学の釣り合いの程度がまるでわからない。


 想定3として、想定を遥かに凌駕する高さの津波がやって来た場合、
 嫌でも上から叩き付けられる次第になる。
 その時、筏状態の上部がうまく離脱して浮くのかさえ危ぶまれる。
 上から叩き付けてくる高さが増せば増すほど、筏の破壊が想定されるのだ。
 その前に、人体がその衝撃に耐えられるかということにもなる。

 ‥構造上の備えとしては、早々に投げ出されないような工夫がまずは求められる。
 柵の高さにしても見晴らし用になんかこしらえていないで、 
 人がこぼれ落ちずに済む高さを設け、さらには、周りにネットを絡ませておく必要がある。
 できれば、柵を取り外しても浮きになるような備えが求められる。
 (外すというか‥くくりついている浮きが引っ張り出せるような何か)
 (引っ張り出したそれらをつなぎ合わせると、つかまっていられる箇所が増やせる構造)


> 想定2と想定3の場合


 命綱の流される距離を長くし過ぎても、どこかで絡まって、筏が不安定になりかねない。
 だから、ある程度まで流された後、一定以上の力が掛かり続けて想定を越えた場合、
 自動で切れる構造の方が良いのかも知れない。(どちらにしても最初の内は内陸側に流される)

 筏を二重籠構造にして、すべての隅と中に浮きを散らばらせて置けば、
 絡みやすいネット網を使わずとも、こぼれ落ち出さない構造にはなるだろう。
 その場合、仮にひっくり返っても上も下も関係ない。
 でもまぁ濡れずに済むと言うことは無いだろうし、赤ん坊や幼児にはキツいだろう。

 そういう意味では、とりあえず入っとけと言うカプセルスペースは求められるが
 常時、掃除が行き届いていなければ、必ずしも清潔とは言い切れない。


> まぁ後は、筏とやらのデザインがどうなるかということになるだろうか‥


 このアイデアは、山間部河川の避難タワーとしても使える。
 山間部の避難タワーに求められるのは、せいぜい5m。それを越えたら筏で浮いてる‥
 想定1で対応できるから、筏にくくりつける命綱の長さも想定内で行けると思う。
 ‥二日程凌げる体力があれば、十分に救助される可能性を期待できる。

 でもまぁ設置に積極的ではないだろうから、

 ‥良いとこ、河川敷のグランドにお目見えしましたぐらいでポシャりそうだ。
 ‥河川敷に5mの眺望台として考えると、見聞人にはそれなりに人気はでるだろう。
 (でも、雨の日にグランドを利用している人も居ないので、役に立つとは思えない)
 (せいぜいが‥設置した筏が想定を越えて流れていた、それに掴まって助かったぐらいの要素)

 (多摩川の河川敷ぐらいあると、20mで用意しても見晴台としてスポットになるだろうけど)
 (それにしたって、津波対応としては良いにしても、増水対応としては地盤と漂流物が問題だ)

 山間部で5m以上の増水が流れ込んでくると言うのは堤防破壊のレベル。
 ‥予算を掛ける順序としても悩ましい限りだろう。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 21:47 | Comment(0) | 目の付け所をナス/2016 | 更新情報をチェックする

2016年04月19日

【デザイン】避難タワーの残念な点

記稿.2016/04/19

> 想定された高さだけしか考えられていない。
> それ以上の津波が来たらどうするの?


 最低でもおぼれ死にだけは避けたいよな。
 そうするとロープを格納しておくべきだ。
 柱なんかさ、鉄柱の空間隙間だらけなんだろう。
 いくらでもロープ収納できるよな。
 それをそれぞれの体にくくりつられるように工夫して備えておく。
 海水がそこまで来れば嫌でも浮くんだからさ。
 まぁ50mも伸びれば、10人20人しがみついてられるだろうな。

 そこまでの考えがまるでない。

 しがみつくと言ってもただの一本筋のロープじゃ疲れちまうからな、
 その辺の疲労負担を軽減できるようにも工夫しておく必要がある。
 ‥できれば、ロープ自体に浮きの機能を備えたい。


> さらに言うと


 時間が間に合わない時なんか、とっさにしがみつけるように
 高さを増す為のポールがない。水が来たらつかまっていられる場合なら浮いていられるんだよ。
 それだけでも助かる可能性が上がる。
 そういう気遣いというか、もしもの備えに対する加藤清正の用心が空っぽ‥

 そりゃ、ポールなんかさ、一番高いところ掴めるのはそりゃ一人だよ。
 不公平かも知れないけどさ、その人が助かるだけでも、状況を知ることはできるんだよ。
 まぁ、ポールが串のように立ってるのも避雷針になっちまうわけだからさ
 そこのデザインも考えないとあれなんだけど‥だったら、丸い浮きでも乗せとけよ。
 浮きからロープが垂れてるとかさ、ロープが伸びるとかさ‥

 そもそもにして

 避難タワーの高さなんか、高が知れてるでしょ。


> さらにツッコんで言うと


 高台に逃げるコースが、内陸地震の場合には崩れないとも限らない。
 津波を想定していると震源は近海なんだろうけど、
 ‥沿海の震源だったら、それも有り得るだろうな。

 あまりにも急な坂を登らなければならないようなコース設定は、お粗末としか言えないぞ。
 ‥なにしろ崩れやすいんだからな、構造的にさ。いざというときに崩れてましたなんて泣きだよな。

 utinoura.jpg

 「もう一度言うぜ、加藤清正の用心でデザインすべし」
posted by 木田舎滝ゆる里 at 12:27 | Comment(0) | 目の付け所をナス/2016 | 更新情報をチェックする