2016年02月14日

【アイデア】セルロースナノファイバーは、海洋都市資材こそが本領発揮

記稿.2016/02/14

> 安易な未来都市構想として、やたらと上に伸ばすハイパー高層建築が出てくる。
> 仮に倒壊してしまった場合、津波の因にしかならない。


 そのようなものを海の上にいくつも作ろうとする発想は、今やキチガイである。
 どうして未だに、津波へのリスク理解になっていないのかは、実に嘆かわしい。
 (‥潮干狩りしているだけだったのに、その手の津波に呑まれましたなんて嫌でしょう)

 海上都市を実現するなら、津波懸念を無くする意味でも下に伸ばすしかない。

 沈める組み立て工法の方が、海上の風の影響を懸念しなくて良いはずだ。
 ‥どちらにしても、波の影響を軽減する為の基礎は、筏の組み合わせになると思う。


> そこで、浮きが必要になる。(耐熱性が欠かせない)


 鋼鉄で浮きを作るよりは、セルロースナノファイバーの方がずっと加工がし易いはず。
 下に沈めるには、多少の重りが必要であり
 ‥素材としてよりも、工法の過程として金属にも分はある。


> 浮きの効果を更に高める為に、都市の真ん中に水素タンクの貯蔵が考えられる。


 ‥これは著生の半分は妄想で、全体の浮きになるような効果が
 貯蔵される水素量に比例するのかは、まったく知らない。

 アイデアとしては、海中部分の居住区に酸素も供給しなくては成らないわけであり
 台風などの嵐の日には、海面の入り口は封鎖状態になるだろうから酸素タンクも必要になる。
 海からの水を分解すれば、それらはすぐに手に入るのだから、必要とした意味としても
 下に伸ばした方が、説得力が得られる。(技術応用として有望)


> 早い話が、強大な蓮の花ということになる。


 花または葉の部分がタンク。下に伸びる根の部分が居住区みたいな‥
 透明なガラスのようなセルロースナノファイバーなら、
 上から目線にも、無理に空に景観を求めるのではなく、海の下に景観を求めるのも可能だ。
 ‥魚礁を追加すれば、そのままに食糧供給にもなるのだから。
 (景観を損ねない為に、藻の付着を嫌うなら、アクリル製のガラスにも分があるのかも)


 船を合体させるか、牽引させるかで移動も可能になると思うが、海面に帆を張るという考え方もある。
 ‥魚礁の魚の好む海温を求めて移動する感じになるのであって、人の都合にはならないと思う。


> こうなると、鋼鉄製の船は、もはや流行らなくなるだろう。(潜水艦はどうだろうか‥)
> 地上においても、セルロースナノファイバー製の紙管とベニヤ板はもてはやされるだろうな。


 ただの流し込みの成形加工では、空気を含みにくいだろうから浮きとしては弱くなる。
 浮きとして不要な部分と、必要な部分の素材の違いはどうしたって必要になる。
 コストや製造過程の原料量の調整においても、空気を含ませて強度が得られるに越したことはない。
 ‥そもそもにして、現場で加工しにくほどの強度まで日用に必要ない。
 (強度があるからと言っても、カミソリのような薄さばかりでは危ないだけである)
posted by 木田舎滝ゆる里 at 10:53 | Comment(0) | 目の付け所をナス/2016 | 更新情報をチェックする

2016年01月28日

【予想】へその緒の真実

記稿.2016/01/28

> へその緒を取っておくのは昔からの智慧だった。


 へその緒を煎じて飲むとどうたらとか‥まぁそんな感じなわけだが
 前代の科学では、へその緒には幹細胞を含むとある。

 だったら、自分のへその緒に限る必要もあるまい。

 自分の細胞から幹細胞を培養して、飲み込んじまえば好い。
 肉の塊のように考えずに、ちびちび試せば好い。
 もしかしたら、劇的に肉体再生を促せるのかも知れない。(総的なパフォーマンスの改善)


> 肉体の方が自動的に判断して肉体に吸収するはずだ。


 ダウン症だろうと奇病だろうと自分の細胞を幹細胞にリセットできるんだったら
 その細胞を自身に取り込むことで、少しずつでも緩和するかも知れない。

 死肉を口に運んで悦になれるんだったら
 自分の幹細胞を食らってみたらどうかというのは、どうと言う倫理にも触れるまい。
 それは、自分の血・汗・涙を舐めてみるのと似たようなもんだろう。


> あとの課題点は


 生のままの状態と乾燥状態からの服用とどちらが効果が得られるかなんてところか‥

 目的はあくまで改善であり、一時的な服用と常用的な服用に差があるかどうかも気になるな。
 あと‥他人のと間違えて呑んじまった場合の違いというのも気になる。


> 動物実験みたいな言い方をすれば


 近しい種の幹細胞を呑み込むことで、どんな変化が見られるかという話でもある。
 性格が変わったとか、食べる好みが変わったとか、好みの環境が変わったとかな‥
 ‥身体が、ただの肉と判断するだけなら、害など起こりようもない。


 「安全性の確認とは、即ち、くだらない好奇心の確認でもある。」
 「ああ、おもしろそう。」
posted by 木田舎滝ゆる里 at 01:40 | Comment(0) | 目の付け所をナス/2016 | 更新情報をチェックする

2016年01月27日

【欲しい】カウンター機能付き鉄アレー

記稿.2016/01/27

> 最近、スクワットする時カウンターを持ってやるようになった。


 数を数えながらやっていると、なんとなく時間が非効率に思える。
 ‥そこでカウンターを持つようになった。

 一方で、より効果的な運動と言うことで
 スクワットで上に上がる度に、素振りっぽく両腕を前に振り出す運動を加え始めた。
 ‥そのついでに、鉄アレーを持ってやるわけだが、両手に持つとカウンターを持てない。

 ということで、鉄アレーとカウンターを合体させれば良いという事に気がついた。


> 需要としては


 自動で数を数えるのはもちろんだが、カロリー計算できたり
 毎日の平均を算出したり、タイマーモードを追加したりと‥
 一年間の積み重ね具合をセーブできたりすると尚面白いと思う。
 ‥何しろ、そういう機能が無かったら、それこそただの地味な鉄アレイだからな。

 (個人的には、素振り用期待だから、1kgから2kgの間で、1.5kgなんてサイズが欲しい)
 (宮本武蔵じゃないけど、真剣と同じ重量ですというのは、キャッチフレーズになると思う)
posted by 木田舎滝ゆる里 at 17:12 | Comment(0) | 目の付け所をナス/2016 | 更新情報をチェックする

2016年01月11日

【発想】{目薬の木}×{腸内菌}={効用}という図式

記稿.2016/01/11

> 今や目薬の木は迷信と言われてしまっている‥本当にそうだろうか?


 昔と今の時代ほど、食事情の異なる時代は無い。
 それはつまり、腸内菌の事情もまた異なっていると言うことだ。

 目薬の木のようなただの木の皮から効用を得るには
 それなりに、有用に分解してくれる腸内菌が欠かせないという事である。
 ‥だから何らかの食事事情の中にその手の菌が形成されていたと言えるだろう。

 目薬の木の言い伝えを掘り返し、その土地の食事事情を調べてみる必要がある。


> このような考えは、漢方にも当てはまることになる。


 一つの成分では効き目が弱いのに、組み合わせると効能が抜群に上がるのは、
 腸内菌が材料を手にしたことで、より有益な成分を身体にもたらすからだと定義してみるのだ。

 すると、より効能を引き出すには、腸内菌のバランスなり環境にまで注目せざるを得ない。

 漢方の効く人、効きにくい人。まぁその辺の腸内菌を比較すれば良いと言うことになるだろうか。
 ‥このような着目点はまだ無いと思われる。
 ‥論文にまとめることができれば、大発見なんだろうな。まぁ頑張ってくれたまえ。


> 長寿国信州では昆虫食が見られる。


 ‥蜂の子を生きたままパクリとする奴だ。
 あれなんか腸内菌にもの凄く影響を与えていると思われる。

 江戸時代以降、外国から砂糖が入ってくるようになって、
 イナゴを佃煮にするなんてことになっているが、それ以前はどうやって食べていたのだろうか‥
 ‥ふと疑問を思った。(ちなみ、著生はイナゴはイケる口だ)

 カイコのさなぎを茹でてパクリと行くほどだから、そんな感じだろうか。
 それで長寿になれると‥子孫が長寿になっていくと‥
 そう考えると、じゃりじゃり感や偏見よりも有り難みが湧いてくると言ったところか。

 これは世界中の昆虫食事情とその腸内菌を調べてみる価値がありそうだ。
 ‥昆虫食と腸内菌と寿命のテーマでまとめることができれば、フィーバーである。
 ‥だってね、無理してまで食べたいと思わないし、怪しい薬飲むより自然食の方が安し。


> ちなみに著生の経験から勘ぐると


 青カビチーズを食って以来、痔持ちになって行ったように思っている。
 ‥西洋人と日本人との、その辺との違いを調査してもらいたいなぁなんて思っている。

 胃が受け付けないのに無理に二度も食ってしまった。二度目はさすがに残したけど。
 (西洋のチーズセットなんてのがあってね。その中に入っていたんだな。二十歳の頃の話)

 ‥西洋人は腸が短いからな、難いデカいし、多少長くなっても痔になんかなりそうにないけど
 ‥日本人は、ガタい小さいし腸が長めだからな。長くなっちまったらそりゃはみ出るよ。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 21:07 | Comment(0) | 目の付け所をナス/2016 | 更新情報をチェックする

2016年01月08日

【アイデア】電子選挙にはブッロクチェーン

記稿.2016/01/08

> 思わず思いつきました。


 電子選挙のシステムに、ブロックチェーン・テクノロジーを応用すれば
 誰がどう考えても、勝手に改ざんしようにも後が残る。

 管理参加の自由として、自分の端末と繋げれば、ブロックチェーンのコピーが常時残ることになる。
 最終結果の後から差し替えようにも参加者分のバックアップが嘘を見抜く。


 ‥なんでこんなことに、いままで気がつかなかったんだろうか。
 (俺には、作るだけのノウハウは無いのであとはよろしく)


> 自分の投票の確認もできるように


 タイムコードを投票時刻として表示されるようにする。
 その時刻を控えて持ち帰れば、管理参加者は自分の投票場所と時刻から
 自分の投票内容が改ざんされていないかどうかをチェックすることができる。

 無論、ネットとして

 自宅のPCからの投票やスマホからの投票も検討されるわけだが
 それだと、逐一パスワードやらマイナンバーやらの管理が付いてくることになる。
 つまり、自分の投票内容がバレてしまうことにつながって来る。

 そこの所のリスクを無くそうとすると、使い捨てのファイルのような発想が求められてくる。

 一度しか起動できない投票アプリを各家庭に配布せざるを得ない。
 (各自がダウンロードするスタイルでは、権利の有無を確認する為にマイナンバーになる)

 そのアプリは一度実行して作業を終えると権利閉鎖するような仕組み。
 IDの割り振りは、アプリの起動時に自動で付けられる。
 (ブロックチェーンの仕組みとして被らない構造だ)
 (権利閉鎖の確認の仕組みから、同一端末からの複数回送信は無効。ただし会場では異なる)


 ‥そうすることで、送信アドレスにもマイナンバーにも縛られることなく秘守が可能。
 (必要ならば、プログラムの発動と同時に割り振られたIDと投票時刻を控えれば良い)


> ただし、ファイルのコピー防止から


 投票アプリのファイルには、特定の符号が付されることになり
 ウイルススキャン同様にコピーチェックされるように義務づけされることになる。
 コピーまたは移動しようとすると、メッセージが表示されて抑制される。
 ‥まぁそうなると、ウイルス対策ソフトにそれを組み込むのか、OSに組み込むかになる。
 ‥どちらが適切かはわからない。マイナンバーとのリスクを考えてどうかでもある。


 妥当なことを言えば
 国毎に、その手の管理アプリも違うべきであり
 国策として指定したウイルス対策ソフトにでも組み込むべきだと思う。

 (だってね、そうでもしないと常時駐屯なんかしてないだろうし、OS依存も怪しい限りだし‥)

 投票アプリの起動時に管理アプリの起動を確認してダブルで動かしてどこかに起動を記録。
 管理アプリにもIDを付して、両方のIDをブロックチェーンに書き込むしか無い。
 管理アプリのIDはさすがに購入時に付いてくるIDの形にして、
 管理アプリを複数手にする気を起こさせないように、是は購入方式にせざるを得ない。結構なお値段。
 ‥成り行きとして、管理アプリのIDの正規の確認は、行政の端末に接続ということになるのかなと。


 「なんかスゲー面倒くさい。やっぱり会場に行くべきである。会場に行けば買わずに済む。」
 「しかし、会場分とネットアクセス分との重複をどう管理するんだ?」
 「なんだかんだで、マイナンバーになっちまうよな‥それは有り得ない」
 「ならば、配布される投票アプリを会場で実行せざるを得ない」
 「なんだかんだで使い捨てUSBということになる。作業が済むと壊れる仕組みか‥」
 「それなら、管理アプリなんか不要になる。誤解の付きまといそうなUSBチップだな」

 「あとは回収の問題が‥まぁその辺は日本人なら分別あるけど世界になるとわからんね」
 「だからこそ、使用後に壊れる必要があるとも言えるわけだけど」
 「分析できないほどに壊れる必要となるとプラスチック回路とか。過電流流して焼くとか」
posted by 木田舎滝ゆる里 at 00:51 | Comment(0) | 目の付け所をナス/2016 | 更新情報をチェックする