2024年06月11日

【短歌】Qの声(四射)

向宜詠吟.2024/06/11


|いつもより多めに回る民のQ「不正×不祥事なぜに忖度?」
|いつもより多めに回る選の声「Q民ですから」vs「都落ちですから」
|いつもより多めに回るQの風 もしトラならば押しつけオハギャー(?)
|いつもより多めに回るカネのQ 債券再見ウォール街(?)


> ここまできたら「Q民党」を旗揚げする雄姿が欲しくなるz
> ‥‥例えば‥‥


 私たちは、不正腐敗とした政治情勢にQuestionを突きつけます。
 私たちは、「Q民党」です。「救民党」でもあります。
 共に一緒に戦いぬきましょう。‥とかなんとか‥


 ‥横文字かぁ‥どうせ米国ポチの日本政治は「休眠党」なんやろう?
 ‥それな。そげな「窮民党」になにができるん?
 ‥それを言うなら「旧」とした何かなんじゃねぇの?


> はい、そこの貴方、それQuestionですよね、疑問に思ってますよね。


 ならば一緒に疑問点を共有しようじゃ有りませんかッ
 課題点・問題点さえ共有できていれば、予算が無くてもどうにかなるものですよ。
 そうじゃないと言うのなら、それ、人間‥もとい暮らしを諦めたも同然ですよね。

 さぁ「Q民党」と共に、明日への骨を折り合いましょう。


 「ええ☆お前らが何とかしてくれんじゃねぇのかよ?」
 「そうした甘えの結果が、自民党の腐敗だったんでしょうがッ」


 予算を先に提示するから腐敗するんです。
 先に提示すべきは課題点・問題点であり、それの社会意識の共有です!
 解決すべき連鎖が滞るから、問題の山積みのままなのです。


  リニアの試掘にしたって、試掘許可が下りたらなぜかGO音頭ですよ。
  あの感覚に「試掘」とした意味がどこにあるんでしょうね?
  まったくの謎ですよ。試掘調査の意味を履き違えているにも程があります。
  だから、試掘させるのも嫌だったって話なんですよね。

  「試掘でウランが出たりしたら、そりゃ中止でしょう!」


 そうなっては、誰しも面倒くさいとして、予算の話しかしないんです。
 それ、腐敗への出来レースですからッ


 そして、法案を通してから、そしらぬ顔をして、問題点の説明が後からされるんです。


 そんなのばかりだったでしょう!
 そうした方が、為政者にしては、同じ問題にて二度美味しい‥みたいなリターン有りなんですよね。

  そしたらもう、時代の専門家とした貫禄に見なされますからね。お得ですよね。
  当人達は、注目される程にお徳に思い込むんでしょうけどね、勘違いも甚だしい限りですよ。


 予算を求めてから、課題点すら把握していない輩を雇って調べさせ
 無駄に5年が過ぎ、気が付きゃ10年、新たな課題の発生と共にお蔵入り‥みたいな‥
 こういうのを「食い潰し」手法と問わずして経費削減なんかありゃしません。


 そんなあんなの同じ課題点の縛りつけみたいで、10年、20年と‥‥もどかしい限りですよね。
 そういうのを漫画展開にしても、ローンの支払いにしても、「先送り」って手法になってます。


 期間内に成果を求めるばかりにあるから、そういう流れにもなるわけですが
 それに慣れきってしまえば、誰であろうと足踏み上等として椅子に座るだけになってきます。
 仕事をこなしている感さえ見繕えれば良いから‥みたいなね。

 だからこそ、課題点・問題点を先に提示すべきであり、さらには原因・元凶を提示すべきであり
 そこに解決を見いだせないなら、連帯責任として位置するのも、相互社会たる有り様です。

 つまりは

 案が無いなら、やり切る気概に疎いのなら
 切り上げざるを得ずとした方向での凍結とした提示も時としてあるでしょう。
 早めにそうしなければ、予算の無駄です。

 それでは以前とさほど変わらないと思うなら

 改善に前を向いて失敗したなら、それも受け入れるとした市民の気概こそが必要です。
 為政者にばかり失敗の澱を押し付けようとせずに
 まずは課題点・疑問点を共有して、その上で挑むべきであります。
 そうでなければ、誰も腹を割らないでしょう。

 皆さんには、そこの違いをしっかりと把握して頂きたい!‥‥とかなんとか‥‥


> うた詠み終わります、ありがとうございました。



posted by 木田舎滝ゆる里 at 20:27 | Comment(0) | 短歌・俳句・川柳 | 更新情報をチェックする

2024年03月20日

【短歌】傀儡国民‥四射

向宜詠吟.2024/03/20


|いつ日から傀儡国民ああ日本 負けて悔しき百年植民地
|いつ日から横田幕府のお膝元 パンと民主化ポチの餌
|いつ日からザイニチだらけ快電波 られるされるは誰が為に
|いつ日から東の国や西の国 G7資本の屋台骨



> うた詠み終わります、ありがとうございました。



posted by 木田舎滝ゆる里 at 00:26 | Comment(0) | 短歌・俳句・川柳 | 更新情報をチェックする

2024年03月14日

【短歌】GHOST_IN_THE_SHELにて四射

向宜詠吟.2024/03/14


|「見つけたぞ」久しく滾る星月夜‥はじめ枝付け‥なかバンバン
|血吹雪や光学迷彩更けし月‥叢雲も化しきビルの部屋‥
|電脳は広大なのにすぐハック‥矛盾はいつも誰が為に‥
|♀ゴリラ脳筋したがへ春一番けふもスリルと戦争ごっこ



> うた詠み終わります、ありがとうございました。




 ‥この作品のずるいところは
 うなじ同士の接続が、義体を介していても
 そこが頭の中なのか?、ネットを介した電脳の中なのか?
 という端境が曖昧だって所で(演出的には多少の差は見られる)

 それは、接続する側にしても同じなのだから(こちらは一切描かれない)

 なので、ゴーストと分けているのだろうけど‥演算能力の追加云々‥が絡むと謎すぎる

 衛星からのバックアップ射撃のように
 なんらかのバックアップを持つ敵だったら‥確実に呑み込まれるどえす

  (メスゴリラに、該当するバックアップがあるとも思えん‥)
  (其がゴーストなら‥電脳無用オチの優秀さだけど‥脳が焼かれるオチでもある)

 (脳を焼かれる恐さ知らずに描かれているのは‥まさにメスゴリラ‥みたいな)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 11:21 | Comment(0) | 短歌・俳句・川柳 | 更新情報をチェックする

2024年02月26日

【短歌】所謂、戦争景気なんですよね‥四射

向宜詠吟.2024/02/26


|戦争で日経平均過去最高 思えば昭和もその通り
|冬将軍参加してこそ富突破 扱きおろしてでも担ぐG7
|脱税がそしらぬ顔で席に着く キックバックの華なり「ああ戦費」
|時は今うなぎのぼりの春チャート 戦後のオハギャーしのばせつ




> うた詠み終わります、ありがとうございました。



posted by 木田舎滝ゆる里 at 13:27 | Comment(0) | 短歌・俳句・川柳 | 更新情報をチェックする

【短歌】古代ローマ帝国軍=魔王軍だろうがッ。四射

向宜詠吟.2024/02/26


|言っちゃえば古代ローマや魔王国 掠め盗られて子ら奴隷落ち
|侵略に酔うて帝国王者ヅラ ローマ歴史のお門違い
|人臣も勝てば官軍知らんぷり 識者も民もパンとサーカス
|神さえも俺だけにしてあと下僕 徹底支配の西の病




> うた詠み終わります、ありがとうございました。



posted by 木田舎滝ゆる里 at 13:25 | Comment(0) | 短歌・俳句・川柳 | 更新情報をチェックする

2024年02月25日

【短歌】サインはゼレンスキーどえす‥四射

向宜詠吟.2024/02/25


|他国から借りいれ祭ゼレンスキー「勝つまで借ります」あかん奴
|悲壮感忘れてミサイル買い漁る国債膂力りょりょくの摩訶不思議
|貸し止まりするまで買い物ゼレンスキー降参する気も返す気もねぇ
|国民を死地(質)に入れてる正義漢どこの国にも有るお笑い芸



> うた詠み終わります、ありがとうございました。



posted by 木田舎滝ゆる里 at 22:57 | Comment(0) | 短歌・俳句・川柳 | 更新情報をチェックする

2023年12月29日

【四首吟】自民党とは

向宜詠吟.2023/12/29


|法整備たてまえだけの自民党「詐称」に自覚あるようです
|筋たがう裏金ゾンビ自民党わが世の春こそ稼業です
|すべて質ながすばかりの自民党マイナンバーも「質入レ用意」
|意固地にも「責任」取らぬ自民党‥果たさぬ策士の詐称団‥



> うた詠み終わります、ありがとうございました。



posted by 木田舎滝ゆる里 at 11:50 | Comment(0) | 短歌・俳句・川柳 | 更新情報をチェックする

2023年12月18日

【四首吟】師走

向宜詠吟.2023/12/18


|師走とは日の短きにせせこまし 朝早うにせなや何もかも
|もう夕や仕度掃除に迫る暮れ 家電時代の倍せわしなさ
|栄えれど師走の忙や倍倍に 格差倍倍せつなさ倍倍
|倍師走くぎりも無しに「さぁ出勤」捨ててしまおうこの風習



> うた詠み終わります、ありがとうございました。



 ‥昔は電気文化が無かったので、日の短くなるほどに
 朝早うに起きないと、釣瓶落しに日が暮れてしまって仕事にならなかった
 雪国はすっかり籠もり生活の所もあったが
 太平洋側では、雪なんかそこそこだから、通常通りに仕事をこなさなければならない

 ‥時代が下り、電気文化は家電文化に変わった
 すると、誰しも片手間に仕事をし出した
 お陰で、取引量が倍増することになった
 するとなぜか、年末だろうと休まないように社会体質が変貌した
 更には、年末になるほど‥なぜか仕事が倍倍に増えるという不思議もやって来るようになった

 (年末調整、年度末調整に行政が予算を使い込むという悪習無能たる成果ゆえんである??)

 そしてついには、正月出勤という事態に至った(これほどに格差を感じざるを得ない日はニャー)

 ‥どれかを切り捨てたいと思うほどに
 正月などと云う風習を無かったことにしようと思わざるを得ず(糞どうでもいいわぁ)


> 正月どうでも良い=結婚どうでも良い=人生どうでも良い=世間どうでも良い
> とした連鎖なんだわさ‥安穏と正月をやらす連中は危機感なさすぎ!(とくに宮内庁辺りナ)


 (急に寒くなったかと思ったら、日の傾くのめちゃ早いのに気になりだして、ふと思っちまったz)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 14:22 | Comment(0) | 短歌・俳句・川柳 | 更新情報をチェックする

2023年12月14日

【四首吟】パーティー券U

向宜詠吟.2023/12/14


|今は亡き派閥の貌とパーティー券 きっとトップや不記載額
|額面の不記載前にも桜散る「派閥の指示」に師事の影
|影日なた忖度だらけあの時代 貪り狂う不正と疑惑
|疑惑濃きパーティー券や去年今年 派閥の主の響きよさらば



> うた詠み終わります、ありがとうございました。


 ‥派閥の指示でしたん??
 A派がそれを口にしたらそりゃもう誰の指示だったって話ですよね?

 その前から、その前前から疑惑ありなんですから

 忖度してぼやかしてるつもりが
 朧にぼかして逃げ切るつもりが、あらあら‥全部吐いちゃったみたいな


> 其処、国民一丸になってツッコむ処やでッ



posted by 木田舎滝ゆる里 at 20:43 | Comment(0) | 短歌・俳句・川柳 | 更新情報をチェックする

2023年12月13日

【四首吟】パーティー券

向宜詠吟.2023/12/13


|パーティー券誰の為のカネ集め?「約束しませう貴方の会社」
|社会規範踏み絵に踊るパーティー券「政策乗りたきゃカネを積め」
|積め放題パーティー券の袖の下「儲かりまっか?」「ぼちぼちでんな」
|奈落までキックバックやパーティー券、壱に拝金、弐に不記載



> うた詠み終わります、ありがとうございました。


 ‥政治資金を得る為に編み出されたのがパーティー券
 カネを包んだ方としては、政策に乗りたいからであり
 受け取ったからには乗せるのが商売に様変わる事になる

 この流れは、誰がどうみたって政治腐機能へのカウントダウンだ

 それどころか国民主権としている民主主義に反している
 詰まる所の違憲沙汰だよ(党閥VS国民生活とした誘導だよ)


 ‥でもまぁ互いに顔合わせもしたいし、仕方がないから
 政治資金としてある程度の想定規模を容認とし
 しっかり明記して報告すりゃ問題なしと取り決められた

 (非正規雇用枠にて、ピンハネしたようなカネからな)


 ‥政治家のくせに、それすら守れないなら即打ち首ものである
 (あ違った、政痴屋だったか‥)


> 為政者からして、自分たちに甘くなるのが常なら
> 国民主権で等しく柔らかいルール導入が必要なんだz(超難問)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 11:48 | Comment(0) | 短歌・俳句・川柳 | 更新情報をチェックする