2020年12月19日

【短歌】GoTo四苦八苦(四射)

記稿.2020/12/19


|年の瀬の生き往生いつ明けむ‥死に体すさぶ政では‥
|歯に浮いた決まり文句の「‥おめでとう」コロナ禍中に口寂しくて
|手を合わせ願う明日や三茄子 そこそこでええ縁起上等
|等しさに打ちひしがれる十日明け そろそろ来るで解禁予約



> うた詠み終わります、ありがとうございました。



 ‥この国の正月へのモチベーションは
 無駄に高すぎるような気がするが
 さすがに今回はぼちぼちだとは思うも、どうなんだろうな???


 ‥クリスマスのノリからして全く理解できん
 クリスマスに癒やしを求めるとか、全く以て意味不明だし‥

 (俺は××達郎の恒例ソングを耳にしたくないので、もとより余計な動きを避ける時節でーす)


 ‥否否、全ての行事からして興味ねぇ体質だから
 俳句短歌でさえ、苦痛でしょうがねぇテーマ色なんだよ

 (ぶっちゃけ、人生四苦八苦‥もとい八方塞がりだz‥)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 21:03 | Comment(0) | 短歌・俳句・川柳 | 更新情報をチェックする

2020年12月13日

【短歌】ああ、GoTo(四射+1)

向宜詠吟.2020/12/13


|万歳やGoToお得いざ遠征 お国の戦費でコロナ禍へ
|GoToや買ってくるぞと勇ましく 万歳巡り懲りぬクラスター
|大本営いつか来た道踏みしめて 今度こそはと一億病床
|この国は退くこと知らず焼け野まで ワクチン商売ガッチリ脳




 ‥その昔、村総出の万歳で兵隊に送り出していたのは
 きっとそれがお得だと思っていたからなのだろう

 お国のやることは絶対で、間違っていないとでも思っていたのだろう
 なにしろ「神国」だとの思いに自惚れてもいた

 (きっとコロナ禍で、脳内暴走がてら‥当時のDNAが盛り返しているに違いない)

 それでやらかしていることと言えば、かつての万歳突撃さながらだ

 まったくもう、この国は
 頭から尻尾まで一直線に突っ走ることしかできないらしい

 かつては大本営が狂ってるとされていたのに
 その実態が、実は、尻尾までだったとは‥
 これはもう、焼け野原レベルを見ないことには終わらないということだろう

 それもこれも、政府が買い付けたワクチンを無駄にしたくないとばかりの
 成果主義ということかもな

 じつに稚拙さ丸出しでどうしようもない


 (‥だってさぁ、赤十字の本丸は天皇家だって話しだし)
 (まさに天皇陛下万歳の万歳突撃さながらじゃん)
 (じつに相似形でどうしようもない)

 (このままいくと神風攻撃級をやらかすってことだろうね)
 (そして大和特攻級‥どうにも洗脳ツボっすね‥)
 (まだまだ二割のマイナンバー登録率でこれっすから)




 ‥現在の地点を例えるなら
 当時に‥帝国のガ島への輸送ぶりに米国側が付けた名が
 「東京エクスプレス」

 (ああ、どうにもまんまやん)


|ガ島らし東京急行ああGoTo 給付のどこか大和模様


(ガソリン不足と速力不足で戦艦大和らはトラック諸島泊だった)
(戦艦群の艦砲射撃だったら、ガ島は滑走路壊滅だったはず‥)
(そしたら優秀な航空兵力を温存できたはず‥)
(逆にアメ公が艦砲射撃を学習してサイパン・沖縄の悲劇になったんだz)



> うた詠みおわります、ありがとうございました。



posted by 木田舎滝ゆる里 at 15:53 | Comment(0) | 短歌・俳句・川柳 | 更新情報をチェックする

2020年11月12日

【短歌】絶望と未来志向(十一射)

↓1)向宜詠吟.2020/11/12

|具体案無いけど口は未来志向 掛け声だけのやってる感
|披露会宣伝兼ねる派手の癖 格差をよそにイイ人面ら

|民主化をすり替え進む世の貧富 誰彼となくズル上等
|自由こそ悪党含み善に無し 基準はいつも私の都合

|汝しか見えていないと墓穴掘る 斯様な世間の穴埋めなんぞ

|競争を凶と化するお家欲 内輪でやらかすデキ合戦
|尻拭いさせる用にて才まほし 有能などと担ぎ上げむ
|お仕事の査定と常の人のせい 一石二鳥のライバル落とし


|育たない世間の夢や過疎三昧 俺の代まで我が社の幟
|愚鈍たる貴族好きすぎ世の自慢 質素を欠けば人間(ヒト)を失う


|いつだって結果は「後の祭り沙汰」‥資本世界の日常にけり‥

↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 15:36 | Comment(0) | 短歌・俳句・川柳 | 更新情報をチェックする

2020年11月11日

【短歌】政痴屋と未来志向(十一射)

↓1)向宜詠吟.2020/11/11

|政痴屋(せいぢや)はビジョン無しに未来志向

|政痴屋をブランド志向 愚民ども 幸福第一お家前提

|政痴屋を叩く気概も他人(ひと)まかせ それも自由と勘違うまま

|政痴屋を退けたくも着替え得ず 格差ぞ一番馴染むとばかり

|政痴屋の語る人権 カネづくり 救済よりもまずは足場と

|政痴屋の語る息災 コネづくり 腹黒狸こそ先生と

|政痴屋のマッチポンプに悩む民 おこぼれよりもまずはいい人

|政痴屋の語る弱者や捨て予算 打ち出の小槌は利権用

|政痴屋に削減あれど追加得ず 縮小(スマート)時代の死ニ方用意

|政痴屋に有るわけが無い昇る国 隠し立てありき吸い上げありき

|政痴屋につける薬無く共倒れ 其は愚民の未来志向



> うた詠み終わります、ありがとうございました。

↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 09:25 | Comment(0) | 短歌・俳句・川柳 | 更新情報をチェックする

2020年05月26日

【歌詞】コロナ禍音頭(1番のみ)

記稿.2020/05/26

1.
失業廃業お倒産、コロナ禍時代の禿げっぷり
自宅待機に肩落とし、乾麺すするも自己破産

ああ、ああ、やんなっちゃう
ああ、ああ、やんなっちゃう
ヌルい補償に安倍マスク、お陰でこちらは虫の息

泥棒しようかどうしよう
乞食をしようかどうしよう
餓死してくたばるその前に
引きずり下ろそう安倍麻生



> コロナ禍 キャンペーン、残り15ヶ月(?)
> ということで一番だけ整えてみました


 なんでも‥9〜11月辺りに第二波到来らしい
 ということで2番の完成はその後になりそうです

 (その前に、この夏に衆院解散やるんですかね?)


> 内閣総理大臣指名選挙というのがあるらしい


 ‥内閣の総辞職が条件になっている
 状況的にこちらに流れそうなのだが、小沢一郎が選ばれると陰謀論絡みのシナリオよりすぎで面白くないとか何とかなんだろうz

 とした議員の本音も多いと確実に別の流れになる
 はじめから第二波が来ると知れていれば、腰が引けて回ってくるお鉢もあるだろうけれど
 マスゴミがそのように誘導するわけが無い



posted by 木田舎滝ゆる里 at 22:03 | Comment(0) | 短歌・俳句・川柳 | 更新情報をチェックする

2020年04月13日

【歌詞】陰キャの鼻唄

向宜詠吟.2020/04/13

それが人生だから
辛気くさくったって 陰気くさくったって
うけとめなくっちゃ だわ〜

それでも

天然だったり 押しつけだったり
するのはイヤ〜

ぼくらの明日は泥沼に満ちて
光も希望も底なし沼に死ぬ
いつかは地に足が着くと信じて沈むのさ

ああ、サヨナラ ああ、サヨナラ 夢見る人生
ようこそ みじめな現実 ごきげんよう

それも人生だから
うけとめなくっちゃ うけとめなくっちゃ
為さねば それこそ 本懐 崩壊ーーー



> うた詠み終わります、お粗末様でした



※ たまに中途に早めに寝たら、中途に朝方起きて
  ふとなんとなく寝惚けまなこでつぶやきだしたかと思ったら
  整いましたとさ

 でも、春の晴れ日続きだったので、遠慮して、雨日待ちになりましたん(ちゃんちゃん)


 ‥ミュージカルに出てくるような単発なノリの曲調らしい
 なので、適当に落ち込んでる場面でも想像しながら、発声するイメージでーす

 一発当てようなどと云うノリでは浮かんでこないのが著生の歌詞の特徴でーす



posted by 木田舎滝ゆる里 at 22:28 | Comment(0) | 短歌・俳句・川柳 | 更新情報をチェックする

2020年03月26日

【短歌】小池都知事のロックダウン警戒発言で四首

向宜詠吟.2020/03/26

|追い禍時下 春のスーパー すっからかん 来るかも封鎖に大慌て
|「買い急げ」麺麺麺や禍競争 小池発言の裏を読み
|総理より都知事の声に反応し 規律正しくレジ行列
|「いよいよか‥」コロナ禍籠もりのおぼろ月 炭水化物のごきげんよう


*追い禍時下(おいかじか)‥禍が本格的に成りはじめそうな雲行き、ぶり返しそうな雲行き

*禍競争(かきょうそう)‥危機到来による食料等での買い慌て現象


> うた詠み終わります、お大事に



posted by 木田舎滝ゆる里 at 20:00 | Comment(0) | 短歌・俳句・川柳 | 更新情報をチェックする

2019年05月23日

【短歌】アンチ消費税アップグレード‥二十射

向宜詠吟.2019/05/23

|「一番」で溜飲下げたい夏ビール ライバル争い疲労模様
|「一番と‥」ハラスメント量産化 推奨するほど無理社会


|勉学の本音は語る「贅まほし」過当は語る「裏技まほし」
|願うほど夢は足音遠ざかり 過当はさらす積み上げごっこ


|「下克上」科学と組んで正当化 名ばかり交易 常在ゲリラ戦
|安全を自己責任とは知の地雷 知識の差ほど非人道


|治安より吸い上げだよと無理増税 存在感より権威欲
|馬鹿ほどに自由大好き自分流 基本押さえず皮算用


|世のためと嘯く増税「いざ強要」ヤクザそのもの自民党
|戦争のできる国家の真を問い 暮らし守らぬアベノミクス


|失敗を素直に吐けぬ党制度 責任転嫁の待機中
|「失言」や逃さず着火 野党勢 爆音吹かすディスり族


|尊厳を守る顔して黒歴史 政痴屋どものやっつけ国会
憚れば本質さけて阿吽劇 安全保障はおんぶに抱っこ


|帯刀が国府のあるべき姿だと本音の割りには鍛えてない
|身を守る優先順位は政府から 「槍こそ保障」の政痴思考


|自衛こそ自営の要と槍を立て 民の暮らしをディスるぞうミクス
|「良くする」と所信表明結果うそ 利権優遇アベノミクス


|クビ切りは汗を賭しても老い上がり ぼっち上がりの令和増税
|働けど不安の募るえせ経済 ポチのオモチャとけちな保障



> うた詠み終わります、ありがとうございました。



posted by 木田舎滝ゆる里 at 12:05 | Comment(0) | 短歌・俳句・川柳 | 更新情報をチェックする

2019年05月01日

【短歌】令和だそうです‥十一射

向宜詠吟.2019/05/01


|矛盾したありがとうなんていらんでしょ有終すぎるありがとう

|失礼な言葉が踊る改元句 「これから」と「もっと」に愚痴隠し

|当てつけや賛辞誘導NHK 綺麗すぎほど前代批判
|消されるの嫌だとばかり美辞麗句 期待されすぎ重しのくせに
|新たとて期待の有り様旧模様 変わらぬ空気の令和明け


|いつの世も乾いた空気の奪い合い 能力主義は遺伝子差別
|偏見を捨つる人あり拾う人あり維持する者ほど令和など


|これ程の便乗便乗祝い好き 俺にはさっぱりわからねぇ
|祝い事すっかり断捨離吾が価値観 屍だろうと人生よ

|所詮他人掛け離れたる令和雲 断つ用あれど待つ用得ず


|頑張ればお家を持てるシステムの象徴すぎる天皇制



> うた詠み終わります、ありがとうございました



posted by 木田舎滝ゆる里 at 09:28 | Comment(0) | 短歌・俳句・川柳 | 更新情報をチェックする

2019年04月30日

【短歌】平成そうですか‥十一射

向宜詠吟.2019/04/30


|そうですか平成終わる雨淋し 戦争ほどの少子化よ

|雨を踏み雨を越えれば虹ありと思うも空し格差社会

|根気売り自由を買って散財す バブルと消えて津波と消えて

|突然と路上に背を置く寒さにも 支える雫にむせぶ夜

|「自己責任」行き場殺しの世間体 時代はまさに新戦争

|「ああヤメタ」競争せずに屍よう どうせ世間は地獄沙汰

|這い上がる意味を噛みしめ炎帝下 自分以外になりたいなどと

|一歩ずつ築き上げるも自分像 空っぽなんだら誰も用無し

|赤信号なだれ込んでるぼっち模様「孤立上等」「人畜御免」


|戦争が無かった発言平成くん 代替戦争勝ち余裕


|平成よお前の無様 消費税 生存権に課税けり




> うた詠み終わります、ありがとうございました。



posted by 木田舎滝ゆる里 at 08:47 | Comment(0) | 短歌・俳句・川柳 | 更新情報をチェックする