2017年04月24日

【勝手句帳】097 29-4-18 静岡新聞掲載分から

↓6)向宜詠吟.2017/04/24

|空を射す阿修羅の指や緑立つ         沼津市・万年青大学「俳句A教室」

|闇さらす阿修羅の板や松笑う六月解散早う早う


 *緑立つ(みどりたつ)‥松の新芽(松の芯いわゆる花)が勢いよく芽吹くさま。(晩春)


 ‥松の新芽(成長すると松ぼっくりが生る)なんて意識したことねぇ
 そりゃ昔は、松と言えば、薪集めの注目一番っすから
 新芽を気にするぐらいは当たり前のことで、季語にあってもおかしくねぇ。

 でも、「緑立つ」ってのは、
 松明(たいまつ)の当て字センスと比べても、どうにもピンと来ませんな。

 (で、いつ頃の言葉よ。室町ですか?、江戸ですか?、明治ですか?)

 ‥掛詞で考えても、「松笑う」とか、やってくれないと
 (伸びると、風になびいて曲がってくようだし)


> ‥ところで、ネタの句の着目がまったくよくわかりません
> 「阿修羅の指」と「松の新芽」と何の因果があるんすか??


 松の芯が伸びて曲がったのを、阿修羅の指に例えましたとか‥そりゃマンガすぎるだろう。
 ‥つうことなんで、発想を飛ばしちまいました。(おまけ)


|天を突きラオウの拳死に立つる 一片の悔い得じ勝手漢


  


 *勝手漢(かってかん)

 ‥ラオウ(北斗の拳)なんて、好き勝手に生きてただけのようなもんなんだからさ
 ‥それで悔いがありますなんて、口が裂けても言えねぇだろうがッ
 ‥権力手中にして、悔いがあるなんて、それこそ権力得る資格無しの劣等生だぞ!
 ‥信長みたいに、「いつ死んでも好い」ぐらいの図太さと強かさで上等だッ

 (つまり、ラオウとしては普通の行動。格好いいなんて騒ぎすぎッス)




|春風に少女は髪を靡かせて          焼津市・千草句会

|春去らんオスカル瞳を靡かせて 抗うよりも衛らんと


 


 *靡く(なびく)

 ‥ネタの着目は、画としてはバッチリだろうけど、まぁ整っていようと平凡だよね
 ‥つうことなんで、こちらも発想を飛ばしたよ

 それにしても、世界のオスカルさんには申し訳ありませんが
 (オスカルファン(ベルばら)はどうでも好い) 


> 「オス化る」「オス狩る」だよね。


 ‥いやぁ、良く整った女子の肉食化路線の筆頭だよ(改めておでれぇた)
 ‥オス化るしてるくせに、護らんとしているのも、どうにも「お姫様」もとい「お姫様願望」だし

 ‥いやぁ全く以て、フランス革命って、「庶民にもお姫様の暮らしぶりを!」ってな感じっス
 でも露と消えたんだよね、お姫様もといお姫様願望が‥と言う筋書ですな。


 (どうにも、現実路線での喩えとしても、その辺に自覚があるように思われます)
 (お姫様願望なんて‥無理、無駄、カースト上等!てかッ)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 17:45 | Comment(0) | 名句にポン/2017 | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

【勝手句帳】096 29-4-14/4-15 其の2静岡新聞掲載分から

↓5)向宜詠吟.2017/04/22

|旅立ちはさまざまな事桜舞ふ         焼津市・いせぎ句会(4-15)

|旅立ちは様々なこと花巡る 背中押しつつ引きとめる風


 ‥ネタの、下五の「桜舞ふ」の括りの込めようは
 単なる心象風景のまんまで、全体の輪郭まで見えてきません。

 様々な事柄も同時に浮かんでいるとの着目にあるので
 様々なことには好いことばかりでも無いわけで
 そこのバランスを考える必要があります。


> ‥そのような二極性が絡む場合には
> 単に思い起こされるとして、軽めに的を絞る感じで攻めてみるのがコツです。


 花であっても、咲くこともあれば、散ることもあるわけです。
 そこの両方のニュアンスを、様々な思いへの二極性に重ねて、どう表現するかがポイントでした。

 ‥そしてそこには

 未だ離れたくない気持ちもままあるわけです。(着目にしたなら当然)
 そこがサッパリしている性格or事情持ちなら、斯様な情緒を詠むには至らないわけでーす。




|峡を縫ふ宅配便や春浅き           富士宮市・裸子玉藻句会(4-15)

|峡を縫う宅配便や春の雲 都会の空気の往きかいて


 ‥「春浅き」では、今年の遅い春の事情にとらわれすぎかなと
 まぁ日記としてならありですが、普遍的な日常を感じさせるには不足です。

 ‥「峡を縫う」とあるので
 どう考えたって、宅配が来たのではなく、
 宅配のバイクなり車の走っているところを見かけたとの印象です。

 そしたら、あれですよ

 峡での暮らしなら、「どこのお宅かしら?」「何を注文したのかな?」なんて
 人口密度の高いところとは違って、ご近所さんの顔がちらついたって不思議はありません。


> ‥そんなところを


 「春の雲」とおぼろに盛った方が、
 峡の暮らしののんびりというのか‥春先の穏やかさというのか‥
 雰囲気が醸し出されるように思われまーす。

 (まぁ住んでみたこともないので、妄想に近い発言で申し訳ないのですが‥)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 20:37 | Comment(0) | 名句にポン/2017 | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

【勝手句帳】095 29-4-14/4-15 其の1静岡新聞掲載分から

↓5)向宜詠吟.2017/04/20

|たんぽぽや富士借景に色をそへ             沼津市・潮音みどり句会(4-14)


 *借景(しゃっけい)‥庭園外の遠山や樹木をその庭のものであるかのように利用してあること。
            また、そのような造園法。

 ‥つまりネタの「富士借景」とは、どこぞの庭園から見た風景と言うよりは
 富士山の景観をそのまま庭として見立てているという事になるかと‥

 ‥と言うことになりますと
 「色をそへ」の括りでは、どうにもバランスが覚束ないかなと‥(括りとしては物足りない)

 ‥字面からの印象と着目を鑑みるに
 俳句には収まりきらない空気を感じざるを得ず
 思い切って短歌にリスペクトしてみたところ、和歌のレベルまで飛躍した次第です。


|借景を富士に頼みしタンポポの 胸張る誉れ かの山の四季


> 私たちの暮らしには富士山があります
> 富士山を毎日眺められるなんて、贅沢な庭を兼ね備えた屋敷で暮らしているようなものです
> 春先のタンポポは、そんな私たちの日々富士山を仰ぐ姿のようです
> タンポポが、そんな富士山の見えるふもとで胸を張って生きるように
> 私たちもまた、富士山の四季を見る度にその姿を誇りに思い暮らしています


 (‥こ、これ程の厚み、一人じゃぜってぇ着想できねぇな)




眠むさうな地蔵の垂れ目鳥囀る             沼津市・潮音みどり句会(4-14)
手も足も伸びきって猫日向ぼこ             静岡市・わらしな渓流句会(4-14)


 ‥「鳥囀る」
 どうにも「囀らない鳥があったらもってこい」のツッコミです。

 ‥「猫日向ぼこ」
 猫がその辺で寝転がっている様を「日向ぼこ」と呼ばないわけがない‥

 ‥双方共に着目はユニークにしても
 どうにも、句の整いとしては平凡です。そこで、この二つを合体しちまいましたとさ。


|眠むさうな地蔵の垂れ目春の昼 猫もたもとで手足伸びきる

↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 22:09 | Comment(0) | 名句にポン/2017 | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

【勝手句帳】094 29-4-8/4-11 静岡新聞掲載分から

↓7)向宜詠吟.2017/04/18

体内古道のありて春灯し          袋井市・高南句会(4-11)
胎内鼓動のありて春近し          打ち直し&手直し



 ‥「古道」??「鼓動」の打ち間違えでは??
 しかしそれでも意味が通らない‥どうにも、「体内」→「胎内」ということらしい。

 ‥そこまで違っては、許容内の打ち間違えどころか‥謝罪のレベルだな‥
 ‥しかし「古道のありて」が気に入った


|生き様に古道のありて春来たる 一期一会の顔ら浮かべて



> 人にはそれぞれ歩いてきた足跡がある
> 目標を持って積み上げてきたのなら、必ずや春が訪れることだろう
> そこに至ったまでの一期一会すべてに、感謝の気持ちを届けるように




|繋がっているか彼の世まで寒椿        袋井市・高南句会(4-11)

|散椿つながりたれや彼の世まで 苦しみ抜いて未だ戦友


 ‥さてさて、椿にどんな思いを重ねたのだろうか?
 ネタの詠みだけでは、どうにもさっぱりである。

 ということで、手直しし引っぱってみた。


> すでに戦後もX十年を経た‥
> なのにあの頃のあの日々の方が、この散椿のように、ずっと鮮烈だったと言わざるを得ない
> あの世の友もそう思っているのだろうか?
> もし成仏できずに彷徨っているのなら、その当時のままの気持ちをぶつけてもらいたい
> それが未だ戦友として揺るがずままにあるこの気持ちなのだろう
> ‥あの頃の苦い体験が、どうにも頭から離れることが無いように


 ‥戦争を知らない俺が何を綴ってんだか・・・(まぁいいか)


 下の句の引っぱりとしては、家族・知人辺りの想定で詠むのが普通なんだろうけどね
 そういう発想というか、感情がほとんど湧いてこない‥

 親が無口だからそうなったのかどうかは知らないが、親と趣味が合っていないのもあるだろう。
 (世間ともズレてるようだしな)
 兄弟姉妹にしたって、女二人・男一人だから、
 いつしか、そこに居ただけで、情報を交換するような会話すらほとんどしていない。


 ‥まぁ、そういう意味で言うと、語り合う相手を求めたことも無い
 ‥まぁ、語ることと云えば、どうでも好い世間話ぐらいにしかならんからな
 ‥それにしたって、同じに継続できるだけの条件がそろってないと趣味話すら成立しないものさ

 ‥成立しない時間に慣れすぎると、マジ、どうでも好い(めんどくさいとしか思わん)

 必要なのは、物事に関した情報の確認であって、
 そこに絡まるお前・お前らの乱れた感情など、どうでも好いと思うようになる。
 (まぁそっちこそが、人間を観察する上でのツボ情報なんだけどな)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 15:35 | Comment(0) | 名句にポン/2017 | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

【勝手句帳】093 29-4-7 静岡新聞掲載分から

↓7)向宜詠吟.2017/04/14

|筒を手に構内の袴春を告げ            島田市・茶の花島田句会(4-7)

|なみだ立つ卒業袴筒を手に「ありがとうございました」吹き交う


 ‥「構内」「校内」???
 まぁそこは置いといて、この俺が「卒業袴」を詠もうとは(ありえねぇ!!!)

 それにしていも、「春を告げ」は変だろう。安易すぎる。
 折角の着目が中途だな。

 そもそも、校内において「誰に告げるの?」「何を告げるの?」
 まったく以て、しれっとしか伝わってきません。


 (‥お陰で、柄にもなく考えちまったぞ、どうしてくれるんだよ、おいッ)


> こんな句が世に出ると、ますます「卒業袴」に拍車が掛かるだろうが!!


 ああ、そうだな。「好い迷惑だ!」
 でも、さすがにジャージでは誰も出ねぇだろう。日常着すぎるからな‥

 (そういう範囲での着飾りたいがあるにすぎないと言うことです)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:53 | Comment(0) | 名句にポン/2017 | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

【勝手句帳】092 29-3-31/4-4 静岡新聞掲載分から

↓7)向宜詠吟.2017/04/07

|春荒れの果て綺羅星置ひてゆく           静岡市・清風俳句会(4-4)

|春荒れの果て綺羅星だれぞ散る 政界花吹雪ヨーソロー


 *綺羅星(きらぼし)‥「綺羅、星の如し」からの縮語。
 @闇夜にきらきらと光る無数の星。A地位の高い人や明るいものが多く並ぶようすのたとえ。
 *ヨーソロー‥進路そのままの意。(ここでは、時代の抗意にのまれて散れぐらいの意)


 ‥ネタの解釈は、春嵐のあとの夜空の綺麗を詠んでいます
 ポイントになるのが、「置ひてゆく」までのまとめ方です。

 この時

 中七を七音に収めるべく
 「に」を盛るか「を」を盛るかで、雰囲気が随分と変わるのがここでの「綺羅星」です。

 十七音での整えがネタの句で
 三十一音に仕立たのがリスペクトです。

 ‥見れば分かると思いますが

 「を」を盛った方は、どうにも詰まったような余韻にならざるを得ません。
 俳句ではそれも味になりますが、
 短歌でとなると‥どうにも主体が曖昧になりかねないのです。


> ‥それにしてもなかなか
> 「森友疑惑」&「今年の桜遅し」‥雰囲気ありありです(こんな詠みようがあったのか!)




|ああ平和平和を忘れてる平和             焼津市・焼津川柳同好会(3-31)

|ああ平和、ひっくり返さん芝居ゆえ狼少年騒ぎ出す
|ああ平和、其を忘れ居て平和なく 平和の信念かつぐも軍事
|ああ平和、正直棚にくぶ火元 乱るる根っこ嘘まく政治
|ああ平和、気付く頃には屋根ぞ無し 爆弾降って九条ぞ在り


 ‥ネタは、同じ言葉の繰り返しこそを十七音ながらの特性とした例になります。
 短歌になりますと、もう少し具体的に細かい表現が求められてきます。

 思うに、

 ネタの句の詠みようは、モザイク風でしかなく、いろんな角度からツッコめるということです。
 ‥ゆえに、平和について考えさせるには、もってこいの教材らし風体をしていると。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 21:11 | Comment(0) | 名句にポン/2017 | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

【勝手句帳】091 29-4-1 静岡新聞掲載分から

↓7)向宜詠吟.2017/04/05

|春の陽の光集めて川の土手菜の花ゆれて黄の色匂う          三島市・銀杏樹の会

|春の日や光り誘われ川の土手 菜の花ゆるる黄の色満面


 ‥「黄の色匂う」に納得できず、手直しにてこうなりました

 それにしても今年の春は遅いっす。
 江戸時代の春もこんな感じだったのかなと考えると
 江戸の春はもっぱら「菜の花」だったのではと思いました。
 繁殖力もそれなりにたくましく、食えるし

 終わる頃には、綿花栽培が待っていたと‥

 油で儲けて、綿花で儲けて
 江戸の商人たちは、土地活用にさほど困らなかったと言うことです。

 ‥そのアブク銭が、ソメイヨシノの誕生に繋がったのかも知れません
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 01:23 | Comment(0) | 名句にポン/2017 | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

【勝手句帳】090 29-3-28 静岡新聞掲載分から

↓11)向宜詠吟.2017/04/02

|横綱の力の限り豆撒きぬ         静岡市清水区港町

|横綱力の限り豆まきぬ 鳳凰降り 春 稀勢の里


 ‥相撲詠みか、まぁあって然るべきか
 それにしても、器用に詠み込んでますな。
 ということで、酉年に引っかけて引っ張りました。

 「豆まき」はさしずめ、「福は内」叶ったりって所でしょうかね。

 (ちなみに著生は、角界とて芸能スポーツ同じくさほど興味なし)


> ‥ここでの技法的には、「降りき」終止形か「降りし」連体形かになりますが


 「降りし春」では、春だけの印象は否めません。
 この年の間ぐらいは‥との思いでくくろうなら、願いを込めて「降りき」で句切ります。

 また、「春、鳳凰降りき」とすると
 ‥詩情としては、だからなんなのとツッコみたくなる印象が痛いところです。

 「是からですよ」との印象を誘うには、キャッチコピー風に盛る方が気分出るかなと。




木の芽吹くほのかに聴こゆの音     長泉町・ながいずみ俳句会

|風吹けと伝わる希望木の芽から 解縮したる命のふしぎ


 *解縮(かいしゅく)‥参考:【提案熟語】解凍×→解縮(かいしゅく)

 開縮の方が良さげな気もしますが、開閉と同じに扱われては心外です。
 ここでは、見ている側の気持ちを含めた解放の意を兼ねて「解縮」です。


 ‥「木の芽」ネタの句が、時節柄目に付くようになりまして
 是はイケるんじゃないかなと、ネタの句と目が合いましたが
 すっかりリスペクトしちまっております。

 ‥何が気に入らなかったのかというと
 「ほのかに聴こゆ」‥どこか静岡の句会に有りがちな感性に思えてきました。
 「風の音」‥木の芽と何の関係があるのかが今ひとつ足りていません。
 「吹く」はですね‥「吹いてない木の芽があったらもってこい」の印象です。


> ということで、全然イケてなかったのですが
> リスペクトと比べてみると、「木の芽」×「風」の掴みがポイント高かったようです。


 (夏休み等も含め、ガキの頃から日曜といったら寝坊にも夢見にしか関心がなく)
 (それゆえ出歩かないから、木の芽に注目してみたことなんてねぇ!)
 (今だってさほど変わらんよ、排気ガス吸いたくねぇし!)


> ‥圧縮した空気を解縮しながら走る車の技術があるんだってな
> (まんま「空気解縮車」やん)


 「ガソリン車」等‥液体燃料系には、さっさと寝入って頂くしかありませんな。

 ‥燃料の重さが超絶に軽いっす。(液体燃料を積んで走るなんざ論外の世界)

 タンクローリーもガソリンスタンドも不要。
 もはや、空気圧縮車をその辺に配置しときゃ良いだけの話です。
 その圧縮燃料づくりにしたって、太陽&風&水でイケるんじゃねぇの。

 つまり震災時対応としても、空気圧縮車を、広場に置いておけば良いと言うことです。
 (そいつがさらに飛行装置付きともなれば、世界市場でもブレーク間違いなし)
 (でもなぁ空に上がると気圧が変わるからな‥その辺、技術力で差が出るところだろうな)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 22:35 | Comment(0) | 名句にポン/2017 | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

【勝手句帳】089 29-3-24/3-25 静岡新聞掲載分から

↓9)向宜詠吟.2017/03/29

|川面はふの薄らぎ早桜           浜松市・三ヶ日俳句研究会水鳥発行所(3-25)

|桃林やうすらぐ靄から現れき ここはいずこか夢見たる里


 ‥ネタの句は、靄の薄らぐ光景の中に早桜があったと・・
 この早桜が、どうにも「川面」とあるので河津桜のことらしい。

 ‥「ほう」「へぇ」と、早起きしてみた甲斐の着目は悪くない

 ただ、「靄」と「桜」ではまったく以てピンと来ない。
 河津桜とあれば濃き印象にもなろうが、ただ桜では、靄同然に薄き印象だ。
 そこで、桃にして引っ張ってみた。所謂、桃源郷の趣である。




|日を背なに垂るる釣糸日永し         沼津市・潮音波光句会(3-25)

|日をせなに垂るる釣り糸春の海 わらう桟橋ポーズ次々


 ‥「日永し」でくくっては、そこが海なのか川なのか池なのかすら分からない
 そんな案配になろうなら、ざっくり「春の○」と盛ってしまえというものだ。

 また

 周りの様子の一つも無しに、自分の背中一つだけ見せて「日永し」のくくりでは、
 自分一人だけで釣りをしているとした雰囲気盛り盛りで
 ‥句としては、どうにもつまらん。

 (如何にもマニアながらのポイントで釣りをしていますと、語りたいかのようでもある)




|碧天へ相輪の風光る            浜松市・三ヶ日俳句研究会水鳥発行所(3-25)

|碧天へ相輪の風光る道 仏に学び仏を擱かむ


 *碧天(あおぞら)‥とでも読むのだろうか?
 *相輪(そうりん)‥仏教で、塔の上に飾る輪を束ねた飾りのこと。
 *擱く(おく)‥D途中でやめる。中止する。中断する。
         ここでは、自分の道を選んで進みはじめるぐらいの意。


 ‥ネタの句の「塔」の二音には、何の気持ちも意図も無い。(音数埋め)
 しかしまぁ着目はなかなかどうして‥「風光る」にピッタリか。

 学び学びといっても、何も専門家になるために学ぶわけではない。
 仏教だろうと同じことで、学んで何処を目指すかは自由である。
 ‥もっとも仏教の場合、「悟り」の言葉に惑わされて、挫折&居残り組も多いわけだが


> 「挫折上等!」‥其もまた仏教、もとい人生ということです。
> ‥挫折してみないとね、掴めないこともあるわけですな。


 (そもそもの仏教が、挫折の賜みたいなもんだし)
 (‥集まってきた弟子たちにしたって同じだったろうさ)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:03 | Comment(0) | 名句にポン/2017 | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

【勝手句帳】088 29-3-17/3-18/3-21 静岡新聞掲載分から

↓9)向宜詠吟.2017/03/25

木洩日の木々に遊びて鳥の恋    掛川市・かざぐるま句会(3-18)

|春こしか木々に鳥な戯るもピーチクパーチク花ありてこそ


 ‥ネタの句は無季ですが、季節感としては春のつもりなんでしょうかね??
 ‥でも「木もれ日」の印象は、どちらかというと初夏頃からです。

 通常、葉と葉の間からもれてくる光を木もれ日といい、花と花の間からもれてくる光を指しません。
 そもそも春をよく観察してみると、うす曇りの日の方が多いので、木もれ日ほどの印象には無いかと。
 (初夏の装いを以て、鳥の恋の詠みというのも変です。卵を産める時節は変わりませんから)


> もう春が来たかのように木々に集まる鳥らが恋に盛り上がろうにも
> やはり、ピーチクパーチク語り合うには桜が満開に咲いてないとなあ
> (人の暮らし向きにしたって同じだろうに‥要となるべき土台が疎かでは始まらないのだよ)




霊峰の源兵衛川よ桜の芽      三島市・炎環三島富士句会(3-17)

|見上げれば源兵衛川に桜の芽 たけなわ近し春ぞいとけし


 ‥どうして近隣の小川の桜の芽を詠むのに、「霊峰」を盛らにゃならんのよ??
 富士の湧き水を意図させるにせよ、それが「桜の芽」と何の関係があるんだか‥

 「主役は季語なんだよ、分かってますか?」

 ‥ここでの源兵衛川は脇役だし
 そのまた霊峰の湧き水なんか‥それこそちょい役だよ。
 それでどうして「桜の芽」の風情が伝わるよ。
 キャスト揃って写真撮るにしたってさ、それだけだよ。


> 「桜の芽」に関した様子は何にもない


 ‥ちなみに
 「芽」と表現した途端に、「花芽」と「葉芽」の区別が意識され
 必ずしも「蕾」を意図しているかどうかは定かには無く、何らかの説明足しが欠かせません。

 手直し&引っ張りのような雰囲気が揃ってようやく‥「蕾」らしいと判断される程度かなと。
 (「桜」とあるので、桜の場合は、花芽が先なのは当然ちゃ当然ですけどね)


> ふと何気なく源兵衛側の散歩がてら、桜の木を見上げたら
> 桜の芽が膨らみはじめて来ていたよ
> この辺りが開花するのももうじきか、ああ春ってほんとこちらまでが無邪気になるよ




|青空が好きで見上げる春帽子    静岡市・虹の環句会(3-17)

|青空が好きで見上げる春帽子 たんぽぽラッシュの風に乗り


 ‥ネタの句の着想は、どうしたって詩であって、俳句としてはざっくりです。
 そもそも自分のことを指しているようにも見えないのが、ここでの「春帽子」です。

 どちらかというと、印象的に添えられている感じが強いのです。
 つまり、客観的な向きが前に出てしまい、主観には成りがたいのです。

 たしかに上五・中七と主観の言い回しにはあるのですが
 ‥その勢いも、季語にすっかり食われてリセットしちまっています。


> その意味において、実に不思議な余韻です。


 ‥ということで、空想的に引っ張ってみました。


> ああ、タンポポがすっかり綿帽子になっている
> まるで青空が好きで待ち焦がれているかのようだ
> そんな時分に吹く春風に、次から次へと綿帽子が飛んでいく
> まさに、この風に乗るべきと焦がれた青空へと飛んでいくのだなあ
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 12:37 | Comment(0) | 名句にポン/2017 | 更新情報をチェックする