2017年02月08日

【勝手句帳】078 29-2-3 静岡新聞掲載分から

↓8)向宜詠吟.2017/02/08

|初雪にくっきりつきし我が靴あとこの冬無事を心に祈る        富士市・富士川短歌会

|初雪くっきり足跡お楽しみ 一時あがる今ぞ突撃!


 ‥たかが初雪で「無事を祈る」とか、ちっとも初雪らしくなーい。
 (というのは、ググった先の写真を見つつ思ったことだが)

 初雪のその印象を余所に、
 どことなく「どか雪ぽっさ」に見えてくるように、心配そうに詠んでしまっては


> 初雪に申し訳がないと思わないのだろうか?
> 初雪ぐらい、ワクワクして詠むべきかと‥




|沈みゆく太陽背にしてこぐペダル燃える赤なり我をはげます      袋井市・浅羽短歌会


 ‥このネタの句の整いはとにかくヒドい。着目がはっきりしないのです。

 まず、語順が悪い。
 沈みゆく夕日は、すでに薄明かり。
 ‥そこの印象から始めては、背中に太陽が力強くあるかどうかは怪しいのです。
 ‥それゆえ、「燃える赤」が必ずしも夕日を連想するかは不明です。
 ‥語順が悪いゆえの交錯が生じかねません
 ‥そこをカバーするかのように、取って付けた「我をはげます」に同感なんぞ湧かないかと。

 さらに、「太陽背にしてこぐペダル」が判然としません。

 コーチがチャリを漕いで、学生がそれに従って走り込んでいるようにも映るのです。
 ‥まぁその辺、自転車のトレーニング中とも、どちらにも解釈ができてしまうと。


|夕日濃き影を伸ばして励み差すペダルを追いつ弱音しずみつ


 <手直し解釈1>
 夕方、自転車のトレーニングをしており、へたりそうになっているところ‥
 頑張れと言わんばかりに、夕日に照らされた自分の影がライバルのようにも見えた
 その影に映るペダルをおぼろに追いかけていると、いつの間にか、弱音もなくなり漕げていたなぁ

 <手直し解釈2>
 夕方のトレーニングで外のランニングに出た。コーチが漕ぐ自転車に夕日が射して影が濃い
 コーチが喝を入れてくるそのペダルを追いかけていると、
 自然と弱音なんか吹き飛んでしまうのです。(コーチ、どこまでも付いてきます♪)

 

 (あ☆、バイクだったか‥)35秒あたり




|月冴えて庭の白砂利光りおり心洗わる思いして見ゆ          袋井市・浅羽短歌会

|月晴れて庭の白砂利光りたる洗わる思い届くこの筋


 ‥着眼が新鮮に思えまして、整っているようにもありますが
 じっくり味わうこと‥「冴えて」は、やはり強すぎる印象です。
 あと、ぼんやりと眺めていてだんだんと白砂利に注目していく印象は、演出として勿体ない‥


> ここは、「さっ」と光りが射しきて、「はっ」と思うテンポの方が味わいがより伝わりやすいかと。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 16:24 | Comment(0) | 名句にポン/2017 | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

【勝手句帳】077 29-1-31 静岡新聞掲載分から

↓9)向宜詠吟.2017/02/06

外壁のレンガの学舎冬紅葉         静岡市清水区草薙
|哲学やレンガの学舎冬紅葉         参考



 ‥この「冬紅葉」の放り込みが気に入りました。
 時期外れの漂いが、如何にも赤レンガと重なり合って、時代を遡らせる趣です。

 ‥着眼は宜しいのですが、完成度はまだまだです。
 「レンガの学舎」と来たら赤レンガの外壁が普通です。
 木造屋敷の暖炉を連想比較してそうな「外壁の」は、まったくの不用です。

 ただし、参考のように軽く手直ししただけでは、どうにも三段切れです。


|仰ぎ見るレンガの学舎冬紅葉 君よ問わね列強の壁




|駅弁のぬくみを膝に冬の旅         静岡市葵区南沼上

|駅弁のぬくみを膝に冬の旅 出会う真心開ける楽しみ


 ‥そう来たか!と唸らせる盲点です。
 (あれだけ散々プレバトで鉄道を詠んでいながら己の見逃し加減が痛くもありました‥)
 (まぁ旅もしねぇし駅弁も口にしねぇし‥見落としていても不適任相応と)




手鏡に枯葉の匂ひ冬はじめ         島田市中河町
|サイドミラー枯葉の匂ひ山路ゐる      参考



 ‥「手鏡」から枯葉の匂いがすると
 着眼は面白いのだが、「手鏡」から、さらに発想を飛ばそうという遊びがなさすぎる。
 ネタは、中途にも季重ねなんだし、そこの解消に貪欲になってもいい筈だ。

 参考は、どうにも三段切れ気味である。
 (‥よくよく考えると、このタイプの三段切れはちょくちょくありそうな気配だな)


|山に沿ひミラーに匂ふ枯葉かな 奥まる空に鼻歌ひろげ


 ‥まぁ三段切れを嫌って斯様に直してしまえば
 どうにもツーリングの気配が一気に失せて、
 歩いて来た山沿いの道にカーブミラーでも見つけたかのような趣になる。


> そのカーブミラーに、振り返ってみるような枯葉の坂道が見えていたと‥


 ‥まぁ是は是として
 スピード感の演出に、三段切れを敢えて使い込むのは技法として有りなのでは‥
 じゃないとツーリング表現には、ほど遠くなっちまうわな。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 11:08 | Comment(0) | 名句にポン/2017 | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

【勝手句帳】076 29-1-28 静岡新聞掲載分から

↓8)向宜詠吟.2017/02/02

山葵田や小春日の水迸る       静岡市・満点句会

|わさび田や小春日の水ほとばしる 清らかなるを守る石垣


 *山葵(わさび)、迸る(ほとばしる)

 ‥わさびが読めねぇとちんぷんかんぷん。
 わかって貰える率が下がるのに、漢字で書く意味があるのだろうか??


> それにしても良く整ってるよなぁ‥と一本取られた感ありありの着眼です。


 ‥山葵は季語だが、「山葵田」では季語にはならず
 ということで、「小春日」がここでの季語である。

 画像検索していると、安曇野わさび田湧水群がヒットした。
 是を見ていると、伊豆のわさび田とはまるで違う。
 ‥石垣の姿を見せるわさび田が、伊豆らしさなのだと改めて感じた。




|山葵選る水の凍てりを弾きつつ    静岡市・満点句会

|山葵選る水の凍てりを弾きつつ 辛味の頃ぞ温まらるれ


 *選る(よる)

 ‥こちらも「山葵」だが、山葵の旬は春なので、「凍てり」が季語の扱いになる。
 しかし、辛味は冬の方が増すので、どれを以て季語とするかは、甚だ怪しいのが山葵でもある。
 そこの所をどう詠むかが、「山葵」の句である。(詠んだことねぇけど)

 ‥こちらは、普段目にする気配を無難にまとめてある。
 頭を「わさび」と読めずとも、おおよそのことが推理できる。
 それの意味でも、良く整っているのだが、着眼が平凡に見えてしまうのはどうしたって損。


 ‥+七七の引っ張りは
 上の句は収穫の句で、下の句は調理の句である。

 なんでも、山葵は温めると辛味が消滅するんだとか。
 わさびを擂って鍋の煮えたところに滑り込ませるようだが、天ぷらもあるようだ。
 ‥血行や美容に良いんだと。

 http://www.excite.co.jp/News/woman_clm/20160116/Venustap_1628071.html


> 温まらるれ‥助動詞「る」の已然形[るれ]詠み。(以外と早かったな)


 ‥「丁度この寒い時期が一番に辛味が強く、鍋に入れると温まります。やってみるが宜しい」
 なんて感じの意になる。

 「鍋」とも「調理」とも書いてないが、そこは空気読めというのが已然形としての向きでもある。
 ‥謎掛けにも見えるが、歌詠みにその辺の楽しみが絡まっていてもなんら支障はない。

 (支障がないがゆえに、駄句にも問われかねない訳だが)
 (ここでは「辛味の頃ぞ」として、わさびの教養にもなって良しである)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 12:33 | Comment(0) | 名句にポン/2017 | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

【勝手句帳】075 29-1-27 静岡新聞掲載分から

↓9)向宜詠吟.2017/01/30

|採り終へて青々暮るる密柑山      浜松市・浜松白魚火梧桐句会

|見晴らせる海空濃くておらが蜜柑 気づけば暮るる余所見の間なく


 ‥ネタの句の云いたきを汲み取って、引っ張ってみました。
 蜜柑と言えば、海の見える山。だから、空の青と海の青で「青々」。
 着眼ごもっともですが‥「蜜柑山」と盛っては季語になりえません。

 (ツッコんだ言い方をすれば、季語からすれば‥収穫した所からただの山です)


 ‥リスペクトでは、「採る」「青」「山」を端折りました。(おっと、着眼しか残ってねぇ)

 「おらが蜜柑」と添えてしまえば、自分ちの山ですから何をしているのかと言えば作業です。
 作業ですから、特に季節感要らないわけですが、「蜜柑」と盛ってあれば収穫期です。
 ‥季語とはそういうもので、斯様な意味を担うのです。

 とは云え、リスペクトした上の句だけでは、収穫の詠みではありません。
 単に見栄え&味自慢です。(自慢もなければ収穫意欲に繋がりませんからね)
 ‥続けて下の句にて収穫の様子を綴ると。


> いやいや‥寝惚けていると見過ごしてしまいそうな「青々」でーす。
> やはりハッキリと見えた方が好いですな。(どうにも日暮れ詠みです)


 ‥苦労ぶりも伝えたいし、絶景自慢も味自慢も伝えたいし、でも、青空見てる暇もないしと
 ‥気がついたら、日短にも夕暮れになっちまってる収穫時期の毎日だと。

 なるほどなるほど、そうですよね。(これはかなり欲張りな着眼でしたが、無事クリアーしました)




|コンサート余韻引き込む冬の星     藤枝市・亀城俳句会

|ステージに瞬く余韻冬星座 かつての殿堂閉ざされけり


 *「かつての殿堂」‥ヤマハリゾートつま恋(掛川市)2016年度師走閉鎖。


 ‥ネタの句が「つま恋」を想定しているかは不明です。
 しかし、つま恋ならつま恋で、「冬の星」では的を射ているとは思えません。
 そこで「冬星座」としてみました。そうなると「ステージ」です。


> 数々のステージが催された「余韻」としての「冬星座」の印象かと。


 ‥それにしても「引き込む」‥頑張ったような感じですが
 どうしてそんな無理をしたんでしょうか??
 まぁ大方、「瞬かない星があったらもってこい」とでも意識しちゃったのかなぁと。
 と言うわけで、「ステージに瞬く」と詠んでしまえば、そんなのちっとも気にしなくてOKです。


> ‥それにしても、芸能界音楽スルーの俺が、まさかの「つま恋」詠みとは。(有り得ねぇ〜)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 22:59 | Comment(0) | 名句にポン/2017 | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

【勝手句帳】074 29-1-21/1-24 静岡新聞掲載分から

↓4)向宜詠吟.2017/01/28

この寒さ六根清浄の気が満ちて身のひきしまる一人の部屋に    浜松市・アカシャ短歌会(1-21)

|冬将軍「六根清浄」声デカく 雪まるサハラ緑まるやも


 ‥「六根清浄」寒波に迫られる寒さの中、部屋の中でふと思い浮かんだと
 狙いは面白いと思いますが、どうにも部屋から飛び出した発想にすべきかと。


> 今冬は、世界中で風変わりな状況が起きているようです。


 サハラ砂漠やアラブで雪国並の積雪が起きたり‥まぁ色々と
 地球環境の激変が催されているようです。

 (夏に起きた太陽コロナ&フレアの爆発の影響があるのだろうか?)
 (方角的に、概ねその辺りを通過中にあるんすけどね‥)


 ‥砂漠が急激に緑化した後に、野生の大移動が起きれば是は本格的で
 そのまま緑化ぱしって、どこかが崩壊し始めるのが辻褄に思われます。
 そうでないと、今冬のような冬が、毎年のように続くという事に成りかねません。

 (地軸がひっくり返るよりは影響が小さいのでしょう)
 (‥まさかの人工的な気象操作をやらかしていたりして‥)

 欧州を襲っている寒波が2〜3月になっても引かないようなら
 ‥今年から来年に掛けて、サックと飢饉も有り得ます。小麦の値上がりは避けられないでしょう。

 (小麦一ますは一デナリ。大麦三ますも一デナリ。オリブ油とぶどう酒とを損なうな)
 (パン屋は麦にこだわらずに、さっさと国産米粉パンに慣れといた方が賢明かと‥)




咲く椿さかぬ椿の道よぎり今日入院の友見送りぬ      三島市・銀杏樹の会(1-21)

|咲く椿咲かぬ椿の道よぎり 残しき思い多けれこそと


 ‥確実に、句会を三つは掛け持ちしている勉強不足の選者の詠みでーす。
 (今回はなかなか、三つは掛け持ちしている片鱗をそれなりに見せたかなと)


> リスペクトはこんな解釈になります


 ‥人生、寒い時期に咲かす椿の花のように
 ‥皆一様に咲かすという訳でも無く、まばらで、栄枯盛衰に見えるものである
 ‥中にはまったく咲くところの無い足取りもあるのだろう、私たちの暮らしはそんな道半ばだ
 ‥仏の教えは、そんな生老病死の世界に思い残さずを唱えてはいるが
 ‥それはそれでどうだろうか?
 ‥人として生き抜こうと腹を括れば、どうしたってそういうわけには行かないのだ
 ‥付き合いが手広ければ、それだけ思い残すことも多くなるのが当然だ
 ‥ならば、思いを減らすべく煩うよりは、自然と多くなることに、なんぞ戸惑いなぞあろうか?
 ‥仏にしたって、そこは同じだろうに
 (そうでもなければ、どうして仏としての教えを残そうとしたのだろうか?)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 22:39 | Comment(0) | 名句にポン/2017 | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

【勝手句帳】073 29-1-20 静岡新聞掲載分から

↓8)向宜詠吟.2017/01/26

|奥入瀬の清冽さ増す秋の旅      静岡市・青葉句会

|奥入瀬の秋なす飛沫清冽と 押し出す流れ色掻き染まれ


 


 ‥「清冽さ増す」は「澄む」と同系列の秋の印象です
 そのあとに「秋の旅」と季語を盛っては、
 奥入瀬の何たるを詠まんとしているのかに乏しくなるばかりでピンボケです。
 「秋の旅」で見て来ました程度にあれば、あまり難しい言葉を盛らない方が適切に思います。

 でもまぁここでの持ち味は「清冽さ」に有りますから、整えてみました。


> 風合いを為した言葉を盛れば格好が付くわけでもなく‥対象とのバランスが欠かせません。
> 言葉にもまた人格のような個性があり、合う合わないにうるさいのです。


|万緑の奥入瀬なのに個個の水 一句に盛るなど溢れしか


 *奥入瀬(おいらせ)‥十和田湖・奥入瀬渓流
 奥入瀬には景勝地が沢山あり、是を詠んだら奥入瀬を詠んだ‥なんて次第には及びません。
 ただし共通しているのは水辺である点かと(よく知らねぇけど)

 ‥とまぁそんなところで、ざっと詠んでみました。
 (この句はユーチューブ映像を見る前で、グーグル画像検索からの感想です)
 (画像は検索で見かけてはいましたが、奥入瀬の名称までは知りませんでした)




|落葉松や霧に溶け込む風の音     静岡市・青葉句会


 ‥霧がこめてきました、風の音がしています‥???

 (それじゃ霧が立ちこめませんよね、全部流れて行っちまいまーす)
 (海霧のケースは、規模が大きく強風も想定されますが、カラマツの森程度ではどうでしょう?)
 (山の霧は概ね忍び寄る影の如しかと‥音がする程の風が伴うなら雨も混ざっていると)


> 「吹かない風があったらもってこい!」by 夏井いつき


 ‥おおこれは、ついに見つけちゃいました。
 風が無い状態を「凪」と言い。吹いてる状態を「風」という。
 そのどちらでも無い状態がここにあったのでーす。


|霧こめて落葉松からまる音もなく 風のあるらしわずかに揺るる


 ‥いつの間にか、カラマツの林に霧がたちこめている
 ‥視界がどうにも覚束ない
 ‥風が多少あるのか、かすかに葉の揺れる音が聞こえてくる
 ‥(不思議なものだ‥風が吹いている様子もないのに、風が有るのだなぁ)
 ‥(まぁ吹いていなければ、霧がこんなにも立ちこめることも無いのだろうけど)


 「そのような『風らし』を何というのか?」
 ‥それこそが、「霧」>「靄」>「霞」の勢いの度合いの差という事になるかと。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:05 | Comment(0) | 名句にポン/2017 | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

【勝手句帳】072 29-1-17 静岡新聞掲載分から

↓8)向宜詠吟.2017/01/22

信濃路や落葉松の奥まで時雨      静岡市・清風俳句会

|時雨さす嬬恋踏めるからまつ路 木々のはざまの惜しみける眺め


 

 ↑は野上彰:「落葉松(からまつ)」のコーラスでーす。(適当に見繕っております)


> ネタの句の掴みは悪くないと思うのですが、調べてみた感じでは


 「信州路」と云ったら諏訪に続く南北ライン
 「信濃路」と云ったら長野側の浅間山の麓周辺‥(?)
 「奥信濃」と云ったら浅間山からぐっと群馬寄り
 「木曽路」と云ったら伊那・飯田を含む辺りから岐阜に続く旧街道‥(?)

 ‥どうにももどかしいので
 (そのまま、参考にしたブログの写真のわかりやすさから「嬬恋」で盛りました)


 * 時雨=A比喩的に、涙を流すこと。
 * 時雨さす=(感動の涙に解釈‥感動すること)&木枯らし一号のあとの風合い


> キタァ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!、ついに、百人一首のとんちレベル


 俳句の季語風景と、和歌の伝統的な眺め(長雨)のカップリングが描き上げた奇跡。
 雨っぽい風情を盛りつつ、「実は晴れ詠みwww」


 http://s.webry.info/sp/ymanotayori.at.webry.info/201510/article_6.html
 (参考写真は「晴れ」ですが、そのまま効果的に「時雨」を盛っておりまーす)


> ‥何という感動的な景観が続くのだろうか(まるで縷縷の涙が溢れ出るようだ)
> 落葉ざれした嬬恋のカラマツ路は、実に素晴らしい!!
> 木々のはざまから見える眺めが、これほどに味わい深いとは‥
> (このままどこまでも、カラマツ路の木々から抜ける青空の風合いにこころ打たれて居たいぜ)


 ‥実のところ、下の句がどうにも‥すっーとは、出てきませんでした。(四日ほど悩んだッす)

 雨が降ってりゃ、どうしたって「眺め」なんて見えるわけがねぇ。
 あるのは「長雨」とした掛かりが伝統のようですが
 ‥そこを見事に裏を掻いて、「時雨さす」を心の感涙の意として、晴れに成立でーす。

 「やっぱ、晴れっしょ!」

 ちなみに、実景なんざ未だ踏み知れずでーす。(というか落葉松を理解してませんでした)
 写真のできサマサマでーす。(これもまたコラボのちからという奴ですな)
 ‥無論、ネタの句の「時雨」も有ってこそでーす。(青空を見て「時雨さす」は無理でーす)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:45 | Comment(0) | 名句にポン/2017 | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

【勝手句帳】071 29-1-14 静岡新聞掲載分から

↓5)向宜詠吟.2017/01/20

星空に葉もなき梢のそよぐさま天の声とも目をこらし見る      藤枝市・合歓短歌会

|流れ星葉もなき梢のそよぐさま 天の声とも目をこらし見る


 ‥なかなかに整っています(着眼は妬けるほどに申し分ありません)
 ですが、下の句の大ざっぱに対して上の句のバランスが足りていません。

 「星空」ではなく、ここは「流れ星」と置いて、冬の流星群の時節を誘った方が宜しいかと。

 ‥普通に「星」を凝らし見るなんてのは日常です。平凡です。
 その日常とは少し違う意味としての「天の声」に当たるのが何か(?)
 とした掛かりをどこにも添えないのでは、どうにも詰めが甘いかなと。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 05:48 | Comment(0) | 名句にポン/2017 | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

【提案動詞】AGAINぱる

向宜詠吟.2017/01/18

|赤点やAGAINぱって夏補習 経験してみたくとも御免


 「GREAT AGAIN」のAGAINを動詞にできないかということでやってみました。
 ‥カナでも良いんすけど、ここは敢えてアルファベット表記にしてみました。
 (赤点の確率が一番に高いのも英語かなと‥)


 「テンパる」のニュアンスと似ているのかなと思いまして
 「アゲインぱる」です。

 造語する上での、語幹と語尾の間に挟む音を、「語幹補間詞」とでも名付けてみましょうかね。

 ‥表現の幅の多い(語幹補間詞の余地が広い)語幹とそうでもない語幹とがあるように思います。
 アゲインぱるは、単一な方に思います。


> 俺とアゲインぱって欲しいんだけど‥
> 「はぁ?」無理に決まってるでしょ、あんたとの関係はもう終わったの!


> 皆さん、アゲインぱれる社会に、時代に、しようじゃありませんか!
> AGAIN党:未だ落選した事のない代表。並びに二世三世議員多数参加(イメージまるでダメ)


> アゲインぱれるのも良いんだけどさ、それってそもそも失敗が前提だよね
> 「アゲインぱる」なんて言葉には、できればご厄介にはなりたくないかなと。
> なに言ってやがる、勝ち続けられる確率の方がずっと低いんだ
> ご厄介になる率の方が高いのが、実の世の中なんだよ。何か勘違いしてねぇか?


|アゲインぱってアゲインぱって消失、未だ極まるを得られじ  (by 宇宙的大実験)



> うた詠み終わります、ありがとうございました。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 20:36 | Comment(0) | 名句にポン/2017 | 更新情報をチェックする

【提案動詞】ラブの場合(訂正)&ハグの場合

記稿.2017/01/18

 勝手句帳070にて


> らぶらぶしい、ラブラブしい
> らぶむ、ラブむ
> らぶまる、ラブまる(行為が十分に及んで満足な様)
> らぶめく、ラブめく(行為がまだ未遂で願望に溢れている様、きざし)
> らぶもる、ラブもる(行為の最中もしくはそれを想定した度合い)


 ‥を提案しましたが、早速に再検討しました。
 結果、「ラブむ」「ラブもる」は使いづらいようなので
 一括して「ラブぐむ」はどうでしょうかね?
 ついでに「ハグぐむ」です。


> ラブぐむ(行為を重ねる気配)
> ハグぐむ(所謂ハグの動詞化)
> 「ハグぐむ」がありなら「ハグまる」もありです。


 「ハグまろうか?」「最近ラブまってないわよね?」
 「いやぁお陰様で、日夜、妻とラブぐんでおります」
 「あいつさぁ、誰とでもラブぐむって話だぜ」
 「○○と××が教室でハグぐんでるの見たぜ」
 「あいつら、このままラブまりそうだな」


 ‥とまぁ感じでしょうかね。
 (〜まる)と(〜ぐむ)が、セットになりやすいのかはまだわかりません。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 16:29 | Comment(0) | 名句にポン/2017 | 更新情報をチェックする