2018年11月06日

【洗逸GOP】L-SMASHに問題発覚の件‥orz

改稿.2018/11/07...20181106...

 ‥AviUtlプラグインのL-SMASHから一本で仕上げたい!
 ということで、FDK-AACのビルドを試み、どうにかFFmpeg組み込みでビルドに成功したものの

 L-SMASHからでは、ビットレート選択の最大が512Kbps止まりだった‥OTL
 という煮え切らなさに加えて、以前から間に合わせでフェイクWAV(AAC)を使っていたのだが

 これを気に音ズレの有無を確認したところ


 L-SMASHさんは、どうにもディレイ分の音声の微調整ができていないようです‥orz

 (音声ファイルだけ一気に後付けするより、都度同期的に音声エンコードをする方がより正確っぽ)


 しかも、XMedia Recodeで後から音を足すと
 使用したエンコーダ:L-SMASH → Lavf58.19.102にすり替わるっス


> これはどう見ても、XMedia Recodeで、一発出ししてみろの流れっス


 ‥結果
 L-SMASH:psy=0
 Lavf58.19.102:psy=1 / psy_rd=0.00:0.00

 という決定的な差が発生!

 画質は見比べるまでも無く、納得できていなかったウルトラマン第一話において
 まったく別物の仕上がりになりました(痛ァアアア‥やっぱり)


 ‥エンコード時間が増量しとります(概ね+30分)
 ‥ファイル増量もちびっとしとります(概ね±3%以内‥音声含む数値比較)

 (まったくの別の仕上がりに間違いありません)

 L-SMASHくんは、どうにも、視覚心理最適化RDO(1.00)→(0.00)を
 識別しないで、お仕事しちゃってたようですね



> ‥検証用には最適だったのに
> 最後の最後で不採用の末路とは、使い捨てのブラックみたいで残念だなぁ
posted by 木田舎滝ゆる里 at 21:41 | Comment(0) | 洗逸しちゃうぞ | 更新情報をチェックする

2018年11月01日

【洗逸GOP】M3N60とM1N60の差が侮れない

記稿.2018/11/01

 M1の設定は、(keyint_min=1)と表記される
 帰ってきたウルトラマンでM3N60設定が、強制的にM1N59に変更する事から
 やり直して確認しているのだが

 このGOP設定(M1N60)の変更の結果


> IフレームとPフレームがより増量される傾向だった
> それでありながら、ファイル増量は1〜2MB程度に収まっている
> エンコード時間は2分程度増えたように思える(対策:処理過程の表示を隠すと相殺される程度)


 Pフレームは200枚程度確実に増量されるも、Iフレームは微に減る場合もみられた
 Iフレームが増える場合は、ぱっと見、+20〜30枚程度の場合が多い
 フレーム一枚当たりのバイト平均量が減る場合もあれば増える場合もある

 ‥各フレーム共に
 平均QP値が±0.02程度の推移が割合として多く、次に±0.05程度で、極希に±0.09程度の推移が見られた

 (どちらかというと+される傾向が高い)
 (しかし、ビット/(ピクセル*フレーム)は+0.001される傾向にあった、若しくは変化無しだった)
 ‥これでは、画質が下がったのか上がったのか数値の推移から判断することは難しい


 ‥Pフレームの枚数が増えた分、画質は良くなっていると判断して構わないと思うも
 そのPフレームの平均QP値が特に+されることの方が多い
 バイト平均量が下がっている分、ビットレート配分がより効率化されているように思えるには思えるが
 Bフレームも似たような傾向だ


> 実際の見比べでは(まだ大ざっぱにしか確認していない)
> M3N60の方が若干浅暗く、M1N59の方がどことなく明る目に思える
> (ただし、場面にも依ると思うが、数値比較ありきでようやくそう思う程度だろう‥)


 疲れ目傾向から回復したせいか
 洗逸GOP再エンコード特撮ファイルの19型での視聴確認において
 洗逸テレビ設定側の黒レベル(−5)→(−4)の方が、適正に見えてきた
 ‥(−5)だと色温度を(中)から(中−高)にしたくなる傾向にて気が付いた


 (まだまだ色々とした細かい所があるようです)

posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:21 | Comment(0) | 洗逸しちゃうぞ | 更新情報をチェックする

2018年10月24日

【洗逸GOP】M1N59への自動変更が発生しました‥あれ?

記稿.2018/10/24

 ‥再エンコードが「帰ってきたウルトラマン」に突入したところ
 M=3、N=60のGOP設定でエンコードしていたところ、仕上がってみると
 M=1、N=59に変更される回が見られました

 気になるので

 M=1、N=60でやり直したのですが、回によっては、M=1、N=59に変更されてしまいます
 そこでその回を‥M=1、N=59でやり直してみれば、M=1、N=58に変更されてしまいます

 (なんじゃこりゃ?)

 まぁ取りあえず、M=1ありという結果のお知らせです

 (なに?、Iフレームの連続もやらかすっての?‥へぇ〜)


> ‥にしてもどうすんだよこれ!?
posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:18 | Comment(0) | 洗逸しちゃうぞ | 更新情報をチェックする

2018年10月20日

【洗逸GOP】26型サイズとRDO(0.00)の悶絶さ

記稿.2018/10/20

> 26型画面サイズでの
> 1024×576(768×576)サイズで再エンコード(洗逸GOP)用のテレビ設定がでました


 バックライト: 11(9:8の8側、切り捨て)
 ピクチャー : 13(9:8の9側、基本の見立て)
 シャープネス:  2(拡大比に伴うピンボケ調整)

 ‥の三点が変更点になりました


 13を1.125で割ると誤差が大きい点に目を付けたところ、すんなり良い感じになりました
 ‥が、微に薄暗い感じがピンボケ感を誘う感じです(見てると慣れちゃう程度)
 そこで、シャープネスを上げて見たところ、なぜか薄暗さが気にならなくなるようです
 ‥ところが、シャープネスを上げすぎると、ゲインをいじっていることもあり
 色みの崩壊が微に発生し始める感じで、なかなか厳しい所が見られます
 と言うところで、シャープネス(2)を得ました

 このような傾向を思うに

 30型〜40型での対応は、HDサイズでの再エンコードにしないと厳しいかなと思います
 42型以上ともなれば、問答無用でFHDに満たないサイズでは、ダメダメの扱いに思われます


 26型での印象としては、まぁ良くなったと思える部分もあれば
 色の濃さとしては、やはり19型かもなぁと思う部分もあり、悶絶感の残る点は否めません
 どちらかというと20型21型というサイズに適性があるように思うわけですが
 「斯様なサイズを探すのは今や大変なのでは?」

 EIZO

 EV2116W-A
 ・21.5型(16:9ワイド)
 ・フルHD(1920×1080)
 ・TNパネル
 というのがあるようですが、TNパネルというのが泣かせます
 IPSパネルが好ければ、23.8型になるようです

 (テレビじゃ無いけど、参考に)
posted by 木田舎滝ゆる里 at 13:46 | Comment(0) | 洗逸しちゃうぞ | 更新情報をチェックする

2018年10月19日

【洗逸GOP】画面サイズとRDO(0.00)の悶絶さ

記稿.2018/10/19

> 補足になります
> 19型と26型の差がでてきました


 ウルトラマンは色褪せているので尚更なんですけど
 青ずんでる回にあたると、どうにも画面サイズで差が出るようです

 まぁざっくり言うと

 テレビ放送において、その辺の差はほぼ見受けられないので
 ビデオ録画の非圧縮レベルのエンコード設定というやつが一番に無難と言えば無難というか
 そういう意味での調整は良くされているように思われます


 (思うに、デジタル放送前提の制作作品なら問題にはならないはず)


 ‥やはりというか
 エンコードするサイズの規格に会わせた最適な画面サイズがあるわけでして
 本来は推奨されるべきですが、そういう細かい話は聞き及びません


 (アナログ時代制作作品固有の悩ましさかも知れない)


 なにしろ、そもそもが文字原稿の見映えが基準にあるわけですから
 大きくて、高精細に過ぎたる事なしとして思い込まれています

 (自分も調べ始める以前はそう思っていました)


> 1024×576(768×576)サイズでエンコードする場合
> 最適なのは、19型辺りにあるようです


 26型の色温度(中)は、19型の(中)より青いです
 洗逸GOPでエンコードするとハッキリしてきます

 対応として

 バックライトとピクチャーをやや下げて赤さをバランスさせて妥協するか
 色温度を(低−中)にして、バックライトとピクチャーをやや上げて青さを足すか
 の二択案が適当のようです(現在模索中)

 さらなる大画面の場合は、色温度を(低)にして試してみるなど‥


> ‥思うに
> HDサイズエンコードの赤さが適当になるのは、26型よりもう少し上のような気がします
> 適当と言っても、色温度(低−中)の想定です


 ‥斯様な悩ましさを思えば
 RDO(1.00)の着色がただの灰みだけでは無いと言う予想になりますが
 増量されすぎなんだからいただけません

 思うにCRFの設定によっては、着色増量も大きくなるように思われます

 ちなみに、CRF17の場合は
 フレームレート割れ(フレームレート配分を崩したやり取り)が発生しやすいので嫌いです
 そんなゴタゴタを嫌えば、スカッとCRF16の選択という事でしたが、悩ましい限りっす

 (まぁ、著生の視聴環境に置いて、不満はほぼ皆無なんで、据え置きの範疇っすけど)


 ‥ただし、この問題の悩ましさを熟知しきらないままでは
 PCモニター選びで不満を吹きだすことになりかねない
posted by 木田舎滝ゆる里 at 18:13 | Comment(0) | 洗逸しちゃうぞ | 更新情報をチェックする

2018年10月17日

【エンコードレシピ】洗逸GOP+洗逸テレビ設定

↓2)記稿.2018/10/17

> DDR2の非力ノートで再生させてみたところ(Linux MintのFirefoxでの再生)
> CRF16は、さすがに重いのか「コマ落ち」しまっくってました


 ‥無重力と呼ぶには無理があることが発覚!
 まぁそれでも、見苦しい格子乱れはほぼ皆無の代わりに
 キーフレーム頼みの区切れ復活の再生で、なんとか音切れの無いレベルは保つようです

 それはそれで、ひと味違うわけですが

 ここはスッキリと「洗逸GOP」と銘打っておくことにしました


> 最大QP値(42)が、ベストのようです


 色々とソースを変えて試してみないと分からないことが多すぎです
 ちなみに、FHDをフル再生できる環境にはありませんので
 ‥あくまで「1366x768」テレビでの576pエンコード比較での判断です(あしからず)

 傾向として

 FHDの再生印象と遜色ないのが、576pの特徴たる見た目なので
 FHDサイズで再エンコード出してみても問題無いようには思いますが
 BDの厚み程には感じられないかも知れません(大型画面なんか知らんし)


 ‥ウルトラマン第一話を「洗逸GOP」×「576p」で再エンコードすると
 以前の64●MBより微に増えて同程度の範疇でした(画像部のみ)


 ↓レシピ貼っときます
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 02:10 | Comment(0) | 洗逸しちゃうぞ | 更新情報をチェックする

2018年10月15日

【x264】発覚!黒ずむ犯人→視覚心理最適化RDO(1.00)規定値+量15%↑

記稿.2018/10/15

 ノートパソコンで再エンコード映像を再生してみたところ
 すんげースカスカの昔ながらのスクエアーフラット管時代の色合いに驚いた

 (デジタル時代の制作映像だと見てられないが、元がアナログだと懐かしい色合いに見えくる)


> どうにもこれが、26型で色が濃くならない状況と判断できる


 と言うことで

 サンプルを変えて再エンコードして確認してみた
 視覚心理最適化RDO(0.00)と視覚心理最適化RDO(1.00)の差の確認である

 視覚心理最適化RDO(1.00)で出すと
 見覚えのある黒ずみが映像に乗っているのが確認できた
 つまりこれは
 ウォッシュリンクの色変更と同じことをやらかしているので
 同じように増量の要因だった

 ‥効果としては

 黒みの調整ができないノートパソコン向け等にわざわざ追加しているだけの計らいで
 テレビで調整する分には
 黒レベル−4程度の差に過ぎない

 (参考

 こんな余計なエンコードをし続けなければならないぐらいなら
 業界全体での規格の方で調整されるべきに思うのだが
 どうにも誰も気が付かずに、わざわざファイル増量を見逃してきたらしい

 平均で15%も増量しちゃうんだから、明らかに、規格に連携が不足していた落ち度である


> で、視覚心理最適化RDO(0.00)のエンコードに対して
> 黒レベル−5に修正した洗逸設定でテレビ再生させてみたところ


 19型において、さらなる画像のインパクトを得ることを確認した


> 業界のエンコードの赤さは、画面の大型化がもたらした副作用
> 業界のエンコードの黒さは、規格検討の連携の不足がもたらした大失敗


 わざわざ15%も増量してるんだから、バカたれとしか言いようがないしでかしである
 (HEVCでも、同じことをやらかしたままなんだろうぜ)

 ‥次世代エンコードでの改善を期待する‥
posted by 木田舎滝ゆる里 at 22:57 | Comment(0) | 洗逸しちゃうぞ | 更新情報をチェックする

【色温度】422と420がもたらす不都合を正しく理解しよう

↓7)記稿.2018/10/15

> 444のままにエンコードすることが、必ずしも絶対とは思わないが
> 正しく理解されていないままに、デジタル技術は進んでしまっている


 ‥通常、sRGB(6500K・低)で制作されたアニメの場合
 市場向けに420エンコードされた作品を視聴するにも
 色温度(低)で見るのが当然だと思い込んでいる

 しかし、よくよく考えて見れば

 青成分が減衰した分、色温度を上げてやった方が物理的には都合が良い
 というより、そちらの方がより正しく色が出せるだろう

 しかし、業界はなぜかへそを曲げている様子に思われる
 (アナログ時代からの慣習だろうか?‥それとも、勘違い&思い込みだろうか?)


> 洗逸テレビ設定では、そこの違いを妙実に感じられたことから、ようやく気が付いた


 (BDまたはDVDを視聴するなら、色温度(低−中)で模索すべきが正解だった)


 ソースを再エンコードして確認してみると
 確かに、色温度を一つ上げてやった方が、色みが同じに見える(洗逸設定)

 ‥しかし

 色温度には、面白い性質がある
 部分的に気になる赤さをあえて容認して、色温度を一つ下げてやってもそれなりに同じに見える

 ここをどう考えるかが、映像技術にまつわるジレンマの流れを変えることになる
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 11:18 | Comment(0) | 洗逸しちゃうぞ | 更新情報をチェックする

2018年10月14日

【テレビ設定】結実!洗逸テレビGETだぜz値

記稿.2018/10/14

> テレビ設定のRゲイン、Gゲイン、Bゲインに注目!
> AviUtlの<拡張色調補正>と同じにとらえ、咬ましてみたところ‥
> 似たような色合いを得たのでさらに調整し、↓を得ました


◇◆テレビ項目設定◆◇
映像メニュー:リビング、ユーザー(シネマは明るさオートの挙動が異なる)

バックライト: 13(9:8の8側)
ピクチャー : 15(9:8の9側&四捨五入)
黒レベル  :− 1
色の濃さ  :  2
色合い   :  3
シャープネス:  0

液晶AI  :オン
色温度   :概ね(中)‥悩ましい問題発覚(後記)/放送実写は(中−高)
ビビッド  :オフ
超解度   :オフ(不明)
NR    :オフ(ノイズやちらつきが気になるなら弱)
HDオプティマイザー:オフ
明るさオート:概ね(オン)‥(昼と夜の印象に差が出る傾向)
テクニカル : 入(シネマ、リビング、ユーザーの項目のみオン可)


輝度設定  :中
輪郭強調  :オフ
ガンマ補正 :2.2(まん中で標準)
黒伸長   :  8
白文字補正 :  0(不明)
Rゲイン  :− 9
Gゲイン  :−10
Bゲイン  : 11
明るさ補正 :  0



> この設定をテレビにしてやると、なんと洗逸テレビになっちゃうんです
> でも、依然として細かなところで適切に思えない色みの映像もちらほらしています

  それがなぜかという次第についても判明しちゃいました

  (違いが分かっちゃうほど、洗逸なんです)‥続く
posted by 木田舎滝ゆる里 at 01:09 | Comment(0) | 洗逸しちゃうぞ | 更新情報をチェックする

2018年10月12日

【エンコード】ウルトラマンやり直しになりました(ンゴ!)

記稿.2018/10/12

> マンガをウォッシュリンクしてみるとよく分かりますが
> Cb(offs)をちょっと+に傾けるぐらいが、ちょい青いけどより濃くなったように感じます


 ‥カラー映像でも同じ傾向を得ます(よりクッキリした雰囲気になります)

 ところが

 どうにも場面によっては、青ずんでしまう傾向があるようです
 それはもう残念なぐらいに、赤ずんでいるのと同じです


 其を正そうと、Cb(offs):Cr(offs)を微濃明(4,0)→(0,0)に変更すると


 マンガのウォッシュリンクでは、(0,0)が一番に白黒で正確にありますが
 カラー映像の場合は、途端に、輪郭感やら色のパンチに差が生じます


> まとめると


 画面サイズによる色温度差ほどの印象差があると
 色温度(低)で安定してみられる画面サイズなら、赤さがそれなりに保てるので
 それほどに青ずんで見えるということにはなりませんが

 19型と小さくなると、なぜか、色温度を上げざるを得ず
 そうすると赤さが抜けるので、余計に想定の場面が青ずんで見えちゃう‥というオチでした


> で、ウルトラマンの場合


 (0,0)&HalfHD(以降表記‥hHD)サイズでのエンコード出しの場合
 一気に輪郭感が弱くなり、大型画面でのピンボケ感が露わになりだします

 ‥(4,0)の時には、見た目の印象は、そこまでのピンボケ感にはありません‥


> と言うことで、再び、最大QP値の確認になりました


 (39)と(45)の間が抜けていますが
 (42)の方が(0,0)には具合が良くなるのでは?

 (39)と(45)の差は、色の鮮やかさの印象です

 (45)の方が、若干くすんだ印象になる傾向です
 なので、(39)の場合の際立ちが若干強いなら、微に弱くしたら具合均等に良くなるのでは?


 ‥という予想にありますが
 それでも足りなければ、hHDサイズをあきらめて
 HDサイズでの再エンコード‥もしくは、非ウォッシュリンクでのhHDサイズを余儀なくされそうです

 (そろそろ、ウルトラマンの色チェックの見返しが辛くなってるんですけど)
posted by 木田舎滝ゆる里 at 11:03 | Comment(0) | 洗逸しちゃうぞ | 更新情報をチェックする