2018年10月07日

【エンコードレシピ】無重力GOP(サーチ感×画質×量↓重視でこうなりました)

↓1)記稿.2018/10/07

> 視覚心理最適化RDO(1.00)→(0.00)に伴う
> ブルーブロックノイズ対策にて、漸進になります


 参照枚数を3枚→2枚
 品質(Quality)16.5→16.4

 ‥の二箇所の変更となりました


> 参照枚数2枚の効果に驚きです


 ウルトラマン第一話HDサイズで15分↓、RODからの推移分を含めれば合計30分↓
 エンコード時間を、大きく減らすことに成功しました(2時間半の待機が2時間に)

 そして、極めつけは、無重力のような軽さです

 (再生時間軸スライダーが、つるッと、すいッと、なめらか反応の再生におったまげます)
 (こんなに軽くなるなんて、これぞデジタルの極みや!‥4倍速再生でも音を拾うだけのことはある)

 ‥並びに、明滅の激しい映像に対して強いエンコードになることが判明しました


> 光の波長は、赤の可視領域が半分ぐらいを占める為
> 科学的な計算では、無駄にそのように扱われます
> 一方で、そのままをやらかすと青の波長域はすごく狭い扱いです


 ‥だからそのままでは

 さほど激しさを感じなくても
 青の明滅の絡むエンコードでは、ブルーブロックノイズが発生しやすくなります(要ビットレート)

 さらに

 参照距離の長さが長いほど、明滅の度合いをビットレートの量に合わせて
 中間色を選び出してエンコードをやらかすので
 明滅している枚数より参照距離が長すぎると、正確さを欠いたエンコードに仕上がりやすいようです

 「正確さを欠く平均化」×「青の領域は明滅に弱い」=「明滅の照準の正しくないエンコードの方向性」

 (そのうえ、ブルー演算の細かいのをスキップ可の項目とか意味不明)


 不自然すぎるその感触は、エンコードするまでも無く
 脳内量子記憶からすれば、違和感の異物と判定されるばかりでしょう

 (最低でも、明滅の照準方向を正さないことには、脳内においてノイズの扱いです)


 ‥例えば
 響け!ユーフォニアム(アニメ)のOPの場面に
 カラフルな小さい丸の明滅をバックに織り込んだ演出があるのですが
 今回のエンコードでは、以前のエンコードが失敗だったと思い知らされるぐらい
 気持ちハッキリと明滅するようになりました‥(そういう事だったのか)


> で、結果的に、TV×USB差し込み再生でのサーチがより快適になりました


 ↓レシピ貼っときます
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 14:45 | Comment(0) | 洗逸しちゃうぞ | 更新情報をチェックする

【テレビ設定】視覚心理最適化RDO(1.00)→(0.00)の結果

記稿.2018/10/07

> 前記事の視覚心理最適化RDO(1.00)→(0.00)の結果
> ブルーブロックノイズ問題が復活してしまいました


 ‥とりあえず、ブルーブロックノイズは
 テレビ側設定、NR(弱)で対処できますが、再エンコード数値の追加調整は欠かせません

 ‥並びに

 RDO(1.00)→(0.00)の減量効果に伴う色の変化が大きく
 テレビ側設定のゼロフラッシュが不適に陥りました

 RDO(1.00)には、ゼロフラッシュレベル調整が絡んでいたようです


> そこでテレビ側の安定値を模索したところ↓のようになりました


◇◆テレビ項目設定◆◇
映像メニュー:シネマ、リビング、ユーザー

バックライト:−27(9:8の9側)
ピクチャー : 24(9:8の8側)
黒レベル  :  0
色の濃さ  :  0
色合い   :  0
シャープネス:  0

液晶AI  :オフ
色温度   :低または中(適宜&お好み)
ビビッド  :オフ
超解度   :オフ(不明)
NR    :オフもしくは弱
HDオプティマイザー:オフ
明るさオート:適宜(昼と夜で、目の側のテレビに対する適性が逆になる)
テクニカル : 入(シネマ、リビング、ユーザーの項目のみオン可)


輝度設定  :低(シネマより設定)
輪郭強調  :オフ
ガンマ補正 :2.2(まん中で標準)
黒伸長   :8(最大値15に対して半分程度、リビングより設定)
白文字補正 :0
Rゲイン  :0
Gゲイン  :0
Bゲイン  :0
明るさ補正 :0


 ※ 19型と26型で同じ色傾向を得ました、30型ぐらいまでなら問題無いように思われます
posted by 木田舎滝ゆる里 at 12:19 | Comment(0) | 洗逸しちゃうぞ | 更新情報をチェックする

2018年10月05日

【x264】唖然!視覚心理最適化RDO(1.00)→(0.00)で量15%↓

記稿.2018/10/05

> HDサイズにして気になりだしたのが、部分的なピンボケ(ほぼ静止時)現象だった


 ソースと比較してみても、明らかにエンコードミスにしか見えない
 ということで、注目したのが

 Psy-Rd(視覚心理最適化)のRDO値である


 ‥ググってみると
 CRFを高くした場合にはノイズの元になるとか何とか
 圧倒的に(0)が良いという様相

 参考にしたページ:
 拡張 x264 出力(GUI)の設定項目とその機能について - ニコニコ動画まとめwiki

 x264プリセットの弄り方 〜 重くするから軽くするまで その1

 IIDXプレイ動画に合ったmp4エンコードの設定とは?



 ‥RDO(1.00)→(0.00)の比較に適当なのが
 ピンボケ部分&以前のエンコード出しの四倍速再生で乱れる部分を出して比較すればOK
 激しい動きの部分で劣化が感じられなければ良いわけだからまずは部分だしで比較してみた
 とくに問題は無さそう

 (CRF16.5だし、基本的なビットレートの割り振りが間に合ってるはずだから、そうだったのだろう)


> 結果


 ファイル容量が15%↓とダイエットに成功!
 比例してエンコード時間も↓

 ‥ウォッシュリンク時の増量は
 OFF出しと比較した場合微減↓の傾向‥(ウルトラマン第一話で1.08→1.07倍)


> サブピクセル動き予測10以上に求められるterllis2の対応にも問題無さげなので
> Psy-Rd(視覚心理最適化)の値は
> インプールデブロックフィルターと同じにオン(0)設定で十分に思われます


 引き続き、確認を続けます
posted by 木田舎滝ゆる里 at 19:30 | Comment(0) | 洗逸しちゃうぞ | 更新情報をチェックする

2018年10月03日

【AviUtl】HDリフレッシュ微濃明(アニメには適性が2パターンあった)

↓2)記稿.2018/10/03

> 色温度の快適を(低)or(中)に落ち着かせました


 ‥結果的に
 アニメには拡張解釈できるタイプと
 実写の色彩構成に忠実なタイプに二分するようです

 (著生の好みに変更できるかできないかという意味に解釈してもらって結構です)


◇◆L-Smash Works◆◇
Video Scaler:Bicubic Spline
Dummy solorspace:YC48
AVS bit-depth:16
LW48 output:off(デフォルト:色入力と色出力は違うらしい‥)


◇◆x264guiEx◆◇
「拡張」タブ:LW48モードをチェック(再エンコード用途)


◇◆AviUtl◆◇
色入力:LW ColorSpace
色出力: BT.709



<色調補正>
明るさ   :−37(8×1.618033^2×2÷1.125の四捨五入)
コントラスト: 23(8×1.618033^1×2÷1.125の四捨五入)
ガンマ   :−16(光と影は1:1)
輝度    : 16(9×1×2÷1.125)
色の濃さ  : 32(9×2×2÷1.125)
色合い   : 48(9×3×2÷1.125)


<拡張色調補正>
Y(offs) : 42(9×1.618033^2×2÷1.125の四捨五入)
Y(gain) :−26(9×1.618033^1×2÷1.125の四捨五入)
Cb(offs):  0*1
Cb(gain):−16(色合い÷3)
Cr(offs):  0*1
Cr(gain): 32(色合い÷3×2)

R(offs) : 13
R(gain) :−21
R(gamm) : 34

G(offs) : 13(通常)、 21(アニメ用拡張解釈)
G(gain) :−21(通常)、−34(アニメ用拡張解釈)
G(gamm) : 34(通常)、 55(アニメ用拡張解釈)

B(offs) :−13(通常)、−34(アニメ用拡張解釈)
B(gain) : 21(通常)、 55(アニメ用拡張解釈)
B(gamm) : 34(通常)、 89(アニメ用拡張解釈)



◇◆想定するテレビ側の項目設定◆◇
映像メニュー:スタンダード(中)、シネマ(低)、リビング=ユーザー(中)

バックライト:0
ピクチャー :0
黒レベル  :0
色の濃さ  :0
色合い   :0
シャープネス:0

液晶AI  :オフ
色温度   :アナログ系(アニメ) 低←()→高 デジタル系(実写)
ビビッド  :オフ
超解度   :不明
NR    :オフ
HDオプティマイザー:オフ
明るさオート:オン
テクニカル : 切
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:03 | Comment(0) | 洗逸しちゃうぞ | 更新情報をチェックする

2018年10月02日

【HDR彩】写真の補正に使うと魔法のツールだった

記稿.2018/10/02

> HDR彩(HDリフレッシュAYA)


 ‥名称の意味を変更しておきます
 理由は、写真の補正に使うと魔法のツールだったという次第です

 写真の補正に登場するヒストグラムをいじる作業は無駄に大変です

 でも、HDR彩なら、想定のポジションイメージを維持したまま
 軽々と色の変化をヌルヌルと変えられちゃうんです

 それはもう

 色褪せた写真の補正相談に使えそうなぐらいにヌルヌルと着せ替えの如く
 的確に印象を崩すこと無く、色の方向性だけを変えて見せるに応えてくれるでしょう

 ‥なるほど


> ブラウン管に付いていた色の変調機能をデジタル化するとこんなだったのか‥
> Cb(offs)とCr(offs)の値の変更をジョグダイアルで回せると便利間違いなし


 ‥写真をいじる場合は一枚限定なので
 動画映像よりは、ずっと幅広く値の上げ下げが可能のようです


 ‥やっぱり、大発明やん‥
posted by 木田舎滝ゆる里 at 22:17 | Comment(0) | 洗逸しちゃうぞ | 更新情報をチェックする

2018年10月01日

【エンコードレシピ】TV×USBメモリー視聴用のGOPの最快値はM=3、N=60

↓2)記稿.2018/10/01

> 前回の【エンコードレシピ】CRF16.5からの漸進になります
> 以下名称「SmartGOP360」


 HD映像を「TV×USBメモリー」にて視聴しようとするときの課題がサーチです
 サーチを安定させるには、GOP(クローズド)しかありません
 しかし、サーチ箇所=Iフレームの位置ということなので
 如何に0.5秒間隔がヌルヌルですぐれていようとも
 ファイルの肥大化はうれしくありません

 そこで

 割り出したのが、M=3、N=60です


> ついでに


 キーフレーム間隔の上限(60)
 レート制御先行探査フレーム数(60)
 環境設定→システムの設定キャッシュフレーム数(60)

 ‥と揃えてみたところ、ノイズの激減感がスゲーなどと思っちゃいました
 (ソースにも依ると思いますけど、好い感じに思われます)‥最後尾にサンプル貼っときます

 23.976fps(2.5秒間隔)で、サクサクしているので
 29.976fps(2秒間隔)になると、多少遅く感じるかも知れませんが
 素材によっては丁度好いかも知れません

 (パソコンで見るにはどちらにせよ、倍速キュルキュルですから)


> キーフレーム間隔の下限を(1)にするか(3)にするかですが


 ‥Ibpという構成に成立しやすいのがSmartCRF16.5以来のデータ構造ですのでM=3にしました
 M=1が良いならGOP構造にする必要が無いとも言えますし

 ‥そもそも
 Iフレームの連続体にエンコードしてくれないのが傾向にあるようです
 (どうしてもという箇所には、手動でキーフレーム指定しておくのがベストかと)


> ↓レシピ貼っときます
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 15:59 | Comment(0) | 洗逸しちゃうぞ | 更新情報をチェックする

2018年09月30日

【ウォッシュリンク】結局、HDサイズ出しで輝まりました

記稿.2018/09/30

> サンプル用のアニメのOP出しはHDサイズで問題が無いので
> もしやと思い、しぶしぶ、ウルトラマン第一話をHDサイズ(960x720)で
> 再エンコードしてみたところ、想定通りの画質が得られました


 ‥やはり、bt-709の規格から外れたサイズでは、エンコード時に色が出てこないのと
 自分がやらかしているウォッシュリンクが、bt-601の規格に沿わない内容だった事になります

 で、現在、しぶしぶHDサイズ用にエンコード設定の再調整中です


 ‥やはり、テレビにUSBメモリーを挿して見る想定なら
 BOPでないとシーン出しがサクサクできないだろうから最適値探しという次第に成りました


 (‥bt-2020の規格ともなると、また色調補正の値も変わると言うことだろうか?)


> つまりなんだ


 bt-601=DVD時代の規格
 bt-709=BD時代の規格
 bt-2020=UltraBD時代の規格

 なのに、現場のリマスターへの色彩感覚は、bt-601のままで
 単にデジタルデータを工学的(光学的)にbt-709に置き換えただけがアニメには多いとか
 なにしろ、基本はセル画だし
 そこから脱皮し切れていないという部分の不足が、浅黒赤黄さだったとか

 (まぁ現場知りませんから、妄想の域ですけど)

 ‥そう考えると
 HDR彩とは、bt-709への最適化だったということかも知れません

 (黄金比を織り込まない美科学なんぞ有り得ない‥とばかりに)
posted by 木田舎滝ゆる里 at 15:04 | Comment(0) | 洗逸しちゃうぞ | 更新情報をチェックする

【AviUtl】快眼!「HDR彩」‥色温度全対応パーフェクト変換z値ゝ

↓4)改稿.2018/09/30...20180929...

> 色温度を変更しても、色温度の差以外の違和感を無くすことに成功しました
> sRGB設定のままでも、不満にならないレベルの明るさでご覧になれます


 sample_after_HDR彩変換_v2_Cb(offs):Cr(offs)=0:0.png

 前回に比べて補正されましたが、まだ幾分紫さを帯びています


◇◆L-Smash Works◆◇
Video Scaler:Bicubic Spline
Dummy solorspace:YC48
AVS bit-depth:16
LW48 output:off(デフォルト:色入力と色出力は違うらしい‥)


◇◆x264guiEx◆◇
「拡張」タブ:LW48モードをチェック(再エンコード用途)


◇◆AviUtl◆◇
色入力:LW ColorSpace
色出力: BT.709...(720x540でもエラー無くエンコード可)



<色調補正>
明るさ   :−21(×1)、−37(8×1.618033^2×2÷1.125の四捨五入)*1
コントラスト: 13(×1)、 23(8×1.618033^1×2÷1.125の四捨五入)*1
ガンマ   :− 9(×1)、−16(光と影は1:1)*2
輝度    :  9(×1)、 16(9×1×2÷1.125)*2
色の濃さ  : 18(×1)、 32(9×2×2÷1.125)*2
色合い   : 27(×1)、 48(9×3×2÷1.125)*2


<拡張色調補正>
Y(offs) : 24(×1)、 42(9×1.618033^2×2÷1.125の四捨五入)*1
Y(gain) :−15(×1)、−26(9×1.618033^1×2÷1.125の四捨五入)*1
Cb(offs):  0*3
Cb(gain):− 9(×1)、−16(色合い÷3)*2
Cr(offs):  0*3
Cr(gain): 18(×1)、 32(色合い÷3×2)*2

R(offs) :  8
R(gain) :−13
R(gamm) : 21

G(offs) : 17
G(gain) :−28
G(gamm) : 45

B(offs) :−34
B(gain) : 55
B(gamm) : 89



◇◆想定するテレビ側の項目設定◆◇
映像メニュー:ユーザー

バックライト:0
ピクチャー :0
黒レベル  :0
色の濃さ  :0
色合い   :0
シャープネス:0

液晶AI  :オフ
色温度   :アナログ系(主にアニメ) 低←(低ー中)→高 デジタル系(主に実写)
ビビッド  :オフ
超解度   :不明
NR    :オフ
HDオプティマイザー:オフ
明るさオート:(お好み)‥<色調補正>においてコントラストの+かーかで指定が逆になる
テクニカル : 切
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 00:14 | Comment(0) | 洗逸しちゃうぞ | 更新情報をチェックする

2018年09月27日

【テレビ設定】発見!液晶でもBDソースから直にブラウン管風を味わえる

記稿.2018/09/27

> ついに「HDR彩」の謎が解けました


◇◆ブラウン管風に見えるテレビ項目設定◆◇
映像メニュー:リビング(ユーザーによる変更値)

バックライト:− 8
ピクチャー : 24
黒レベル  : 16
色の濃さ  :  0〜 8ぐらいの間で適宜
色合い   :− 8〜 0ぐらいの間で適宜
シャープネス:  0

液晶AI  :適宜
色温度   :(高)を含めてタイトルにより適宜
ビビッド  :適宜
超解度   :不明
NR    : 弱
HDオプティマイザー:オフ
明るさオート:適宜
テクニカル : 切



> この設定で、BDソース映像を映し出すと
> 「HDR彩」の色合いに似通った同じ雰囲気を醸し出します


 ‥ただし、ブラウン管風なので
 ギラギラしていて眩しく目が付かれます(まぁブラウン管風だし)
 それを高精細な液晶で見れば、さらに「当時感」×「細かい所まで微細」に味わえるように思われます


 (黒みを残念に思うなら、黒レベルを+に上げて消してしまえば良いという発想が足りませんでした)


 ‥つまり

 「HDR彩」に如何なるメリットがあることになるかというと
 ブラウン管当時の雰囲気を
 目に優しい光加減に変換して、雰囲気を崩さずに最適化再現してくれちゃう中身だったようです

 ‥まぁ変換なので
 QP値の若干上昇は否めませんが(明るさ増しに伴うファイル量増量も付きまといます)
 目が痛くなるほどに耐えてまで見なくて済むという
 「ヘルシー&エコロジー」に思えば、選択支としてありに思われます


> ということで、「HDR彩」の再調整はまだまだ続きます(続くんかい)


 ‥ブラウン管風に見えるテレビ項目設定における「適宜」部分の洗い出しは大変です
 (そんな適宜だなんて面倒くさい)

 ‥ならばこそ
 (ユーザーカスタマ&高精細を選ぶか、サクッと一択見やすさお手軽さを選ぶかです)

 ‥「HDR彩」で、どこまでお手軽化できるかです
 (再エンコードすると若干雰囲気変わるし、編集設定でも同じに味わえるかどうかでもあります)

 ‥まぁ低い色温度でも美麗に見られるならそれに越したことはないかと
 どうせBDのそれには遠く及ばないし、著生としての妥協方向はその辺にあったようです


> 「HDR彩」の側の赤さがまだ若干強めにあるようなので
> 明るさをいくらか下げての微調整になるように思います


 ‥にしても、明るさを上げると赤さが強くなるのはどういう仕組みなのだろうか?

 つまり、テレビ画面が大型化した結果
 明るさの倍増に伴い黒さが欲しくなった
 でも小さい画面にはそれほどの明るさは不用なので赤黒にしか見えて残らない‥

 (まぁ、どうにもそんなオチになりそうですな)

 ‥そんな赤黒を削り取っちゃうのが、「HDR彩」という事にもなりそうです
 逆を言えば、大画面には無用の長物かもしれない‥
posted by 木田舎滝ゆる里 at 16:01 | Comment(0) | 洗逸しちゃうぞ | 更新情報をチェックする

【AviUtl】覚醒!「HDR彩」z値

記稿.2018/09/27

> ‥Gの基本値を(8+9)に変更しました(バランス的にはより良くなっています)
> Cb(offs)とCr(offs)をいじると、やはり白さの中央が怪しくなるので
> 「色の濃さ」×「色合いの雰囲気」不足を、モニター側の色温度で調整する方向に切り替えました



<色調補正>
明るさ   :−24
コントラスト:  8
ガンマ   :− 9(光と影は1:1)
輝度    :  9(よく見れば×1)
色の濃さ  : 16(よく見れば×2)
色合い   : 24(よく見れば×3)


<拡張色調補正>
Y(offs) : 27
Y(gain) :− 9
Cb(offs):  0(モニター側、色温度の変更で不足分に対応)
Cb(gain):− 8
Cr(offs):  0(モニター側、色温度の変更で不足分に対応)
Cr(gain): 16

R(offs) :  8
R(gain) :−13
R(gamm) : 21

G(offs) : 17
G(gain) :−28
G(gamm) : 45

B(offs) :−34
B(gain) : 55
B(gamm) : 89



◇◆想定するテレビ側の項目設定◆◇
映像メニュー:シネマ(ユーザーによる変更値)

バックライト:−18
ピクチャー : 16
黒レベル  :  0
色の濃さ  :  0
色合い   :  0
シャープネス:  0

液晶AI  :オフ
色温度   :低−中(まぁお好みで)
ビビッド  :オフ
超解度   :オフ
NR    : 弱
HDオプティマイザー:オフ
明るさオート:オン(まぁお好みで)
テクニカル : 切



> ‥色温度の切り替えの他に
> モニター側の光源の度合いを調整しないとソースに近くなりません
> まぁ、うまくビンゴしてくると
> 逆に違和感を覚える事でしょう(洗逸変換をする意味って何?)


 ‥まぁ、多少違うわけですので、あとは好みの差に分かれるように思われます

 取りあえずハッキリしていることは
 エンコード編集には、編集時の色温度が織り込まれているので
 その分の減衰&増幅を施さないと色がぶれて見えるという事のようです

 そこを想定すると

 最低でも、ソースの編集時に用いられた色温度を探ることが重要ですが
 編集時に用いられたモニターの調整内容も同じにする必要が欠かせません

 しかし、そんなのタイトルの数だけ正確に覚えるのは大変な労苦です
 その前に、使用された同型モニターを用意することは物理的に不可能です

 ‥まぁこんなことを言い始めると
 ここでの色変換にしても同じことが言えてしまうので、実際の要因は不明です


> 少なくとも、色温度を変えて編集し直すことは、制作側だろうと脅威です
> ならば単純に、色温度さえ変えれば良いという事には成らないのが実際でしょう


 ‥それに近いことをやらかしている変換という解釈ができるように思われます

 まぁこれから、色々と確認しないことには、此れが何かは謎のままでしょう
posted by 木田舎滝ゆる里 at 02:28 | Comment(0) | 洗逸しちゃうぞ | 更新情報をチェックする