2018年09月26日

【AviUtl】「HDR彩」誕生!漆黒に挑んだ結果z値ゝ

↓1)記稿.2018/09/26

> さて問題です
> 次のサンプルはどちらがより朝の光景に相応しいと思われますか? 


sample_before_HDR彩変換.png


sample_after_HDR彩変換.png


 素材: [岩合光昭の世界ネコ歩き] 瀬戸内海 スペシャルの冒頭


 ‥実際の風景がどうだったかは、当人に聞いて下さい
 エヴァンゲリオンの紫を気にした結果が、こうなりました
 これは正しいのか?(さっぱりわからない、朝だし)



<色調補正>
明るさ   :−24
コントラスト:  8
ガンマ   :− 9
輝度    :  9
色の濃さ  : 16(×8倍値だったとは‥orz)
色合い   : 24(+値だったとは‥しかも8倍値だし‥orz)


<拡張色調補正>
Y(offs) : 27
Y(gain) :− 9
Cb(offs):  1(EVAの紫を吟味した対比)
Cb(gain):− 8(−値だったとは‥orz)
Cr(offs):  4(EVAの紫を吟味した対比)
Cr(gain): 16

R(offs) :  8
R(gain) :−13
R(gamm) : 21

G(offs) : 18
G(gain) :−29
G(gamm) : 47

B(offs) :−34
B(gain) : 55
B(gamm) : 89



◇◆想定するテレビ側の項目設定◆◇
映像メニュー:ユーザー

バックライト:−30(調整時)、−18(再エンコード再生時*1)
ピクチャー : 27(調整時)、 16(再エンコード再生時*1)
黒レベル  :  0
色の濃さ  :  0
色合い   :  0
シャープネス:  0

液晶AI  :オン
色温度   :中ー高
ビビッド  :オフ
超解度   :オフ
NR    : 弱
HDオプティマイザー:オフ
明るさオート:オンオフお好みで(メニューにより反応がバラバラだった*2)
テクニカル : 切


*1 再エンコード抽出したファイルは
  420の影響からか、明るさが減衰しているような印象を受ける事による
*2 アナログ系映像とデジタル系映像の間には、艶の有無の適性が分かれる傾向が見られる
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 20:39 | Comment(0) | 洗逸しちゃうぞ | 更新情報をチェックする

2018年09月25日

【AviUtl】到達!「ウルトラK」と呼びたいz値

↓3)記稿.2018/09/25

> うんちくは後半に回して、取りあえず、様変わりした各値をどうぞ


◇◆L-Smash Works◆◇
Video Scaler:Bicubic Spline
Dummy solorspace:YC48
AVS bit-depth:16
LW48 output:off(デフォルト:色入力と色出力は違うらしい‥)


◇◆x264guiEx◆◇
「拡張」タブ:LW48モードをチェック(再エンコード用途)


◇◆AviUtl◆◇
色入力:LW ColorSpace
色出力:BT.601 or BT.701(表示画面サイズによる/再エンコードにも絡む)



<色調補正>
明るさ   :−24(8の倍数)
コントラスト:  8(陰影分の補強)
ガンマ   :− 9(フラッシュ効果の安定値)
輝度    :  9(フラッシュ効果の安定値)
色の濃さ  : 27
色合い   :− 9(濃さ×深みの補強)


<拡張色調補正>
Y(offs) : 27(9の倍数)
Y(gain) :− 9(陰影分の補強)
Cb(offs):  0(色変更の復活、残念な黒ずみ等の残りを抜くことができる)
Cb(gain):  3(濃さ×深みの補強)
Cr(offs):  0(色変更の復活、残念な黒ずみ等の残りを抜くことができる)
Cr(gain):  6(濃さ×深みの補強)

R(offs) :  8
R(gain) :−13
R(gamm) : 21

G(offs) : 18
G(gain) :−29
G(gamm) : 47

B(offs) :−34
B(gain) : 55
B(gamm) : 89



◇◆想定するテレビ側の項目設定◆◇
映像メニュー:ユーザー(シネマ下地)

バックライト:−30(9:8の9‥最左値)
ピクチャー : 27(9:8の8‥四捨五入)
黒レベル  :  0
色の濃さ  :  0
色合い   :  0
シャープネス:  0

液晶AI  :オン
色温度   :中ー高(お好みで)
ビビッド  :オフ(今回は要らない感じ)
超解度   :オフ
NR    : 弱
HDオプティマイザー:オフ
明るさオート:オンのはずだが(艶の乗る方)‥項目によりバグがあるらしい
テクニカル : 切



> では、各自でご確認をどうぞ
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 15:31 | Comment(0) | 洗逸しちゃうぞ | 更新情報をチェックする

2018年09月23日

【ウォッシュリンク】絶対値の組み合わせが逆パターンの存在の件

記稿.2018/09/23

> 業務向けとして扱うには、まだ明るさが強めにあるようなので
> 値を下げて調べていくと


明るさ   :
コントラスト:
Y(offs) :
Y(gain) :


色合い   :
Cb(gain):
Cr(gain):

 の組み合わせにおいて
 値は同じまま使えるようでも、絶対値の入れ替えをしないと適正にならないという
 デジタル時代の色出し自由故の弊害があるようでーす


 ‥さらに、実写の場合
 様々なカメラを使い回しこなすような場合
 一つのタイトルの中にも、複数の絶対値構成を持つ編集が存在する場合も確認できました
 (このような場合、継ぎ接ぎでエンコードせざるを得ない)


> 絶対値の入れ替えをするだけで、画質がアップするなら
> スタンダード一本というのは無理という話になりました(残念)


 ‥と言うわけで
 パターンの調査が必要になりました(はぁ、まだ続くんかい)


 (取りあえずは、ウルトラマンということになりますので、あしからず)


 当時のテレビに合わせるべきか、業界好みの黒色調に合わせるかでかなり違ってきます
 昭和、デジタル過渡期、ニュージェネラル
 の間にも編集の違いがあるようなので、実に悩ましいところです

 ‥当時のテレビの質からの印象がどうのより
 特撮の場合、BD化においては、業界好みの黒に統一して仕立ててあるように思われます

 (脳内量子記憶の駆逐されていく思いを乗り越えないと終わらないらしい‥)
posted by 木田舎滝ゆる里 at 02:44 | Comment(0) | 洗逸しちゃうぞ | 更新情報をチェックする

2018年09月21日

【AviUtl】魅勝手のz値(黒さを残し赤さを拭うマニア垂涎セット)

記稿.2018/09/21

> 今回は、作品の印象を損ねない程度に
> 黒さを残しつつ、赤さを抜く程度の明るさアップにとどまっています(これ以上無理っぽ)
> 明るくする為の手立ては、すべてテレビ任せです


 ‥ソースファイルのエンコード状態によっては
 いじらざるを得ない場合もあると思いますが
 概ねスタンダードで利用できるように思われます

 (過去作品の印象違いにご注意を!)

 ‥色調整に伴う色飛び変移の程度は、ブラウン管の頃の範囲に収まっているはずです‥



◇◆L-Smash Works◆◇
Video Scaler:Bicubic Spline
Dummy solorspace:YC48
AVS bit-depth:16
LW48 output:off(デフォルト:色入力と色出力は違うらしい‥)

◇◆x264guiEx◆◇
「拡張」タブ:LW48モードをチェック(再エンコード用途)

◇◆AviUtl◆◇
色入力:LW ColorSpace
色出力:BT.601 or BT.701(表示画面サイズによる/再エンコードにも絡む)



<色調補正>
明るさ   :− 30(黒さを残し赤さを拭う今回のポイント)
コントラスト:− 49(黒さを残し赤さを拭う今回のポイント)
ガンマ   :−  9
輝度    :   9
色の濃さ  : 162
色合い   :− 54(濃さを追加しているポイント)


<拡張色調補正>
Y(offs) :  34(黒さを残し赤さを拭う今回のポイント)
Y(gain) :  55(黒さを残し赤さを拭う今回のポイント)
Cb(offs):   0
Cb(gain):  18(濃さを追加しているポイント)
Cr(offs):   0
Cr(gain):− 36(濃さを追加しているポイント)
R(offs) :   0
R(gain) :− 36
R(gamm) :− 72(青さを拭った分、色痩せが生じた)
G(offs) :− 32
G(gain) :   0
G(gamm) :  64
B(offs) :− 90
B(gain) :  72
B(gamm) : 256



◇◆想定するテレビ側の項目設定◆◇
映像メニュー:ユーザー

バックライト:0
ピクチャー :0
黒レベル  :0
色の濃さ  :0
色合い   :0
シャープネス:0

液晶AI  :オン
色温度   :中ー高
ビビッド  :オン
超解度   :オフ
NR    : 弱
HDオプティマイザー:オフ
明るさオート:オンのはずだが(艶の乗る方)‥項目によりバグがあるらしい
テクニカル : 切



> ちなみに、テレビの設定は、大型化するほど多少違ってくるように思われます
> まぁそんときは、自力で願います(差を出さない為の0フラッシュという事でーす)


 ‥大型テレビで洗逸されたピンク映像とか‥ヤバすぎる!!!
 ‥大型テレビで洗逸されたアニメ映像とか‥オタク漬けすぎる!!!
 ‥大型テレビで洗逸された特撮映像とか‥DQN漬けすぎる!!!

 (ということで、小さいのにしとけって)
posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:07 | Comment(0) | 洗逸しちゃうぞ | 更新情報をチェックする

【懺悔】再エンコードしても青かったンゴ!…orz

記稿.2018/09/21

 ウルトラマンの再エンコードをすすめているうちに
 青さが想定よりも取り除かれていないという結果に悶絶

 (まだ別に真打ちが居るのかよ)


> 青さを取り除く作業が必要になりましたとさンゴwww!!!
posted by 木田舎滝ゆる里 at 05:36 | Comment(0) | 洗逸しちゃうぞ | 更新情報をチェックする

2018年09月20日

【総括】走査線シミュレーションだった(脳内量子間引きだった)

↓2)改稿.2018/09/20...20180919...

> ブラウン管と液晶モニターの大きな違いとは


 走査線による残像効果があるか否か
 指定された色合いを点灯し続けているか否かである

 走査線による残像を、脳の側が、勝手に都合の良い色合いに思い込む(脳内量子効果)

 ‥それこそが、ブラウン管マジックの正体だった‥


> つまり、最適な間引きをしてやらないと
> ブラウン管当時の色合いは絶対に出てこない


 とは言え、液晶に残像効果を求めれば、液晶の寿命にも影響するだろうし
 そもそも、ちらつきを無くすのが液晶の利点と見なされてきた

 ‥結局‥

 物理的に起こり得ていた残像効果が脳に及ぼしてきた中身を
 ごっそり無視してしまったという次第が、液晶時代の赤黒さだった

 つまり、その分を間引いてエンコードなりとする必要があった


> さらに、赤・緑・青の残像効果には、それぞれの微差が伴う
> その微差に対してさらに420という間引きをやらかしていた理由こそが
> 青の残像が一番に長く残るという実際だろう(テレビの残光と言えば総じて青白い印象)


 ‥そんなわけだから
 実際の緑系の色合いと残像の印象として、かなりの隔たりに晒されていたように思われる
 とくに、赤と緑で合成される黄系&オレンジ系はとくにそうだったのだろう

 (もちろん紫に水色系統もそうに違いないが、それほどに気になるほどでは無い)
 (それは、青と赤の数値変動が端と端であり)
 (又、青の残光の長さが気にならない側だからのように思われる)
 (その点、反対色且つ合成色にある黄系は、否が応でも青の残光の影響を一番に受けざるを得ない)


 ‥青の残光からの影響を取り除くべく処置の必要は
 ブラウン管においての課題だったのだろう
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 15:31 | Comment(0) | 洗逸しちゃうぞ | 更新情報をチェックする

2018年09月19日

【テレビ設定】プロポーズするにはまだ早いのだが‥z値

記稿.2018/09/19

> このテレビ設定は、「スタンダードはキミだ!z値」利用時のコンビネーション値です
> 再エンコードしなくても、ブラウン管の色合いを相当に再現します


 ‥ただし、ブラウン管再現とは異なり、色と色の間に濁りが発生しにくいので
 ピンク系の色合いなどで無駄に濃い目に見える傾向がございます
 そのような場合には、余分な青成分を抜くべく再エンコードしてしまうのが最善です


 ‥再エンコードせずも
 420化フィルターがあればサクッと問題解決するように思うわけですが
 420のままに編集するのとは訳が違いますから、勘違いしないように願います


 (紫系の淡い肌色が、適正になるようにバランスを取るのが難しい)
 (緑系の淡い色合いの場合、飛んでしまう傾向はもはやしょうがない)

 ‥という淡い系調整の悩ましさへの対応が
 シネマモードでのバックライトマイナス最大ということらしい

 (実写映像の場合、全体的に暗く締まる趣です)

 で、代わりに艶を出すべくモードとして、「明るさオート」が当てがわれているらしい
 ぶっちゃけ、デジタルアニメの場合、「明るさオート」を外すと、無駄に物足りない状況に陥ります



映像メニュー:ユーザー(シネマ下地)

バックライト:−30
ピクチャー : 10(スタンダードz値化ですでに明るく仕上がっているので‥艶とのバランス優先)
黒レベル  :−20(ここまで下げる必要があるとは思わなかった)
色の濃さ  :  0(色合いがいじれないのでいじらないに限るようだ)
色合い   :  0(ここに至っていじると、途端にケロロ隊メンバーの色合いが怪しくなる)
シャープネス:  0

液晶AI  :オフ
色温度   : 低
ビビッド  :オフ
超解度   : 弱(ノイズ感が欲しいおまじない程度、効果の程は?)
NR    : 弱(ノイズ感が欲しいおまじない程度、美麗ソースにはほぼ無意味)
HDオプティマイザー:オフ(パナソニックオリジナルだと思ったけど?)
明るさオート:オン(艶の乗る方)
テクニカル : 切


> これはあくまで基本ベースです(暫定)
> 浮気にも色々と探求してみれば、異次元的色彩体験できる可能性はあると思います


 (これで落ち着いて再エンコードやらかせるゼっ)
posted by 木田舎滝ゆる里 at 16:44 | Comment(0) | 洗逸しちゃうぞ | 更新情報をチェックする

【AviUtl】スタンダードはキミだ!z値

記稿.2018/09/19

> ‥色々と確認した結果
> ガンマと輝度の比率が1:1である次第を確認しました


 ‥黄金比と1:1と9÷8が
 <色調補正>を飾っていたという結果になりました
 なかなか興味深い比率の合成だったということのようです


 という流れで、今度は、最適なテレビ設定が大荒れになっています


 ‥アニメのタイトル毎の個性が強すぎて
 バランスを取ろうとするとPCモニター寄りになってしまいます(迫力不足は否めません)

 (まぁそれはそれで、テレビをPCモニターにせざるを得ない場合の参考にはなるでしょう)


 また、再エンコード用に青成分が多めと言うのが厄介で
 そのままでも適したタイプの映像と、そうでないタイプとがあるようです

 ‥調整によっては
 再エンコードしないままでも、なかなかの異次元ぶりを味わえるケースも見受けられています

 (そんなこんなで、タイプ別で考えざるを得ないように思われます)
 (どちらが面倒くさいのかよく分かりませんが、サクッと再エンコードしてみるのも手順かと)



◇◆L-Smash Works◆◇
Video Scaler:Bicubic Spline
Dummy solorspace:YC48
AVS bit-depth:16
LW48 output:off(デフォルト:色入力と色出力は違うらしい‥)

◇◆x264guiEx◆◇
「拡張」タブ:LW48モードをチェック(再エンコード用途)

◇◆AviUtl◆◇
色入力:LW ColorSpace
色出力:BT.601 or BT.701(表示画面サイズによる/再エンコードにも絡む)


◇◆想定するテレビ側の項目設定◆◇
 編集時&視聴時共用:プロポーズするにはまだ早いのだが‥z値(暫定)



<色調補正>
明るさ   :  49
コントラスト:  30
ガンマ   :−  9
輝度    :   9
色の濃さ  : 162
色合い   :−144


<拡張色調補正>
Y(offs) :  34
Y(gain) :− 55
Cb(offs):   0
Cb(gain):  48
Cr(offs):   0
Cr(gain):− 96
R(offs) :   0
R(gain) :− 36
R(gamm) :   0
G(offs) :− 32
G(gain) :   0
G(gamm) :  64
B(offs) :− 90
B(gain) :  72
B(gamm) : 256


> ‥少し前の残念に思われがちなwmvファイルでも
> ブラウン管当時の色を丁寧に復活させちゃいます
> なのでDVDからの再エンコードともなると馬鹿にできないレベルに仕上がるでしょう


 ‥ただし、トリニトロン管だろうと得て不得手が有ったらしく
 そこの差までを埋めようと試みれば、必然的に、テレビ画面の吟味が欠かせなくなってきます

 当時は、モード切替なんてせずにやれていたのにその勝手が利かないのは
 わざわざ最適化エンコードをしておかないとならないのと同じです

 しかし、液晶だって去る時代がやってくるだろう事を思えば
 ファイルの状態と再生とを分離しておける意味は大きいかと
posted by 木田舎滝ゆる里 at 03:16 | Comment(0) | 洗逸しちゃうぞ | 更新情報をチェックする

2018年09月18日

【テレビ設定】キミには相棒が必要だz値ゝ

改稿.2018/09/18...20180917...

> キミはスタンダードかも知れないz値‥で変換したファイル視聴専用が
> キミには相棒が必要だz値(テレビ画面カスタマイズ)になります


 (色調変換したアニメの色が不安定だったので、テレビの方を調整しました)

 ‥スタンダードz値で再変換したウルトラマン第1話を
 編集時確認用で視聴したところ、余分の青成分が面白いほどの塩梅で抜けていました

 ということは

 アニメ用に調整したテレビ画面を前提にしてもイケるだろうと思い立ち試みたところ
 ↓のカスタマイズ画面視聴においても問題ありませんでした(安定感が増したように思われます)



映像メニュー:ユーザー(リビング下地)

バックライト:−18 −15
ピクチャー : 12  10
黒レベル  :− 6 − 5
色の濃さ  :  0
色合い   :  0
シャープネス:  0

液晶AI  :オン
色温度   :中
ビビッド  :オフ
超解度   :オフ
NR    : 弱
HDオプティマイザー:オフ(パナソニックオリジナルだと思ったけど?)
明るさオート:オフ(暗くなる方)
テクニカル : 切



> 実写の色をアニメのハデなカラーに合わせようとすると
> 実写の方からしっとりしだし(やや暗め淡い色調)
> アニメ作品のスタンダードを模索し始めると、アニメの色合いもしっとりせざるを得ませんでした


 (ギラギラビビッドの色合いが好みの著生としては、かなり意外でした)
 (圧縮効果を考えても、しっとり路線が正解です)


 ‥注意事項としては
 「キミには相棒が必要だz値」×「キミはスタンダードかも知れないz値」の状態で
 視聴確認している映像は、青みを敢えて多く増してあるので、多少違和感も有ると思いますが
 そういう状態なので、青みを取り除きたい場合には、再エンコードしてください

 z値再エンコードした映像を再び「相棒z値」で視聴することで

 ソース寄りの印象を保ちつつ明るさ倍増の安定画質が得られる仕組みになっています


 ‥再エンコードするまで想定された映像を確認できない
 且つ、想定のz値で視聴しないとならないので、想定の画質をご紹介できないという
 どうにもデジタル×ネットに逆行していますが
 とにかく、ネット上に想定画像を抽出してご紹介できないというのが流れです

 (ご紹介できるのは、中間画質の画像のみになります)
posted by 木田舎滝ゆる里 at 16:37 | Comment(0) | 洗逸しちゃうぞ | 更新情報をチェックする

2018年09月17日

【AviUtl】キミはスタンダードかも知れないz値

記稿.2018/09/17

> 特撮の値が、アニメと掛け離れているのはやはり疑問なので
> 折り合いを模索した結果、1.125倍を逆にしたりの÷ったり×たりを見直しました


◇◆L-Smash Works◆◇
Video Scaler:Bicubic Spline
Dummy solorspace:YC48
AVS bit-depth:16
LW48 output:off(デフォルト:色入力と色出力は違うらしい‥)

◇◆x264guiEx◆◇
「拡張」タブ:LW48モードをチェック(再エンコード用途)

◇◆AviUtl◆◇
色入力:LW ColorSpace
色出力:BT.601 or BT.701(表示画面サイズによる/再エンコードにも絡む)

◇◆想定するテレビ側の項目設定◆◇
 視聴時用:シネマモード(標準)

 ※編集時に420対策として青めを増やしておくわけですが
  そのバランスの確認にオリジナル設定を用います

  編集時確認用:オリジナル設定
  (この段階でも当然美麗ですが、ソースの状態等により雰囲気に差が起こり得ます)


 ‥再エンコードした抽出ファイルは、以後、シネマモード(標準)で視聴します

 余計な青さがぶっ飛んで、オリジナルのソースに近い風合いに戻りつつ明るくなる想定です
 (場合によっては、再エンコードせずにそのままの方が好い場合もあるように思われます)



<色調補正>
明るさ   :  49
コントラスト:  30
ガンマ   :− 18
輝度    :  16
色の濃さ  : 162
色合い   :−144


<拡張色調補正>
Y(offs) :  34
Y(gain) :− 55
Cb(offs):   0
Cb(gain):  48
Cr(offs):   0
Cr(gain):− 96
R(offs) :   0
R(gain) :− 36
R(gamm) :   0
G(offs) :− 32
G(gain) :   0
G(gamm) :  64
B(offs) :− 90
B(gain) :  72
B(gamm) : 256


※ ガンマと輝度の1.125倍を逆にしました
※ 色合いと色の濃さを半分から1.125倍扱いに変更しました
※ 色合いの9x18倍とB(offs)の5x?倍の比率を、色合いと同じ倍率にしました


> では、各々でご確認を(もといチャレンジを)
posted by 木田舎滝ゆる里 at 17:01 | Comment(0) | 洗逸しちゃうぞ | 更新情報をチェックする