2021年08月25日

【ツッコミ隊】書き入れはコロナとともに消えにけり 前門の無理強い後門の悪ノリ

記稿.2021/08/25

> ‥政権交代に向けた意欲が垣間見えないのは
> 補償のスムーズ化に向けた法改正がされている気配が無いという事でしょう


 ‥前門の無理強いこと
 前門の麻生太郎で、十分な補償をせずに休業要請をやらかしている事

 (どうして財務大臣の鶴の一声状態下に在るんすか?、不可解しいでしょう)
 (それは具体的な発動を示した法律を欠いているからです)
 (最低でも「国民からの要望が過半数を超えるようならば‥」とした文言が求められてきます)

 (法律に無いからこそ,選挙前にやるとバラマキとした野次になる)
 (法律に明文化されていたなら、やると意気込めば正義色にしかない)


 ‥後門の悪ノリこと
 ザルな体制を突いた詐欺申請の横行です
 始めから登記番号を前提にしてやっておけば、まだお行儀良かったように思われますが
 ところがどっこい、その業務が丸投げで、中抜き三昧で、始めから補償の形など無く
 食い散らかし前提だった顛末です(悪ノリの連携だけはキッチリしていた)


> この手の改正案提示までに持ち込めない‥ツッコミの甘い糾弾野党に誰が期待するんだよ
> 政権交代したって、同じ結果にしかならないって誰しもそう思うに違いない


 ‥暗黙的に、電子手続きの強化をやらかします風な口調が聞こえてくるだけで
 結局の所、利権忖度ありきクサさにあるっぽい


> まるで、為政全体で
> ワクチンで十分に儲けて、間引きが進んでからでないと損と無駄が出てしまうので
> ‥とした算盤勘定くさくて、ゾッとする


 パラリンピックにしたって、競技名に「知的障害」をそのままに持ち込んでいる
 差別用語に近いのに、そのままをやらかしている
 まぁ、この国の公正感覚は、呆れるほどにその程度にあると断定せざるを得ない


> だがそれにしたって
> コロナ禍の一連の沙汰でよく解ったのは
> この世の中は、想像以上に、アルコール依存症体質だったって事だ


 それはつまり、真面目にやっているだけでは生きてけないストレス過剰禍だった
 「お酒を売るな」というそれだけで商売上がったりになるばかりなら、そういうことになる

 ‥じゃまぁ、お望み通りに、世界からストレスを取っ払っちまったらとしたら
 その後の経過も似たような流れを経るに違いない
 (で、その時どうするの?)

 ‥無理に酔っぱらい合う必要が無くなったらどうするんですか?
 (思考を切り替えると、そんなトンチにも成っているらしいってことでしょう)
(そんなケースこそ自然淘汰として解釈されちまうんで、それこそ補償なんて怪しい)


> 国政に柔軟性を見ないのは、国民の側にも柔軟性に乏しいとした鏡似性に他ならない



posted by 木田舎滝ゆる里 at 19:48 | Comment(0) | 科特隊どころか無理だからウルトラ経済大作戦 | 更新情報をチェックする

2021年08月21日

【ツッコミ隊】面接は、職業脳VS生活脳

記稿.2021/08/21

> 多くの人は、日夜、家族の為を口にして働いている
> だがしかし、面接の際に其を全面展開しても落とされる


 ‥企業が求めるのは、職業脳であって生活脳では無い
 だがしかし、生活脳を否定されてモチベーションの上がる労働者など居らん

 ‥企業がなぜ職業脳を求めるのかは
 学校での勉強以外にも、自ら進んで学ぶ姿勢があるかどうかだ
 そこを面接の際にほとばしりを見せないようでは、今後の意欲を疑われる

 そしてこれは、採用試験としての駆け引きであり
 馬鹿正直にしか語れない人材は不要とした申し付けでもある


 なぜなら、それが焦燥社会ちがった‥競争社会の根っこだからだ


 ‥だがしかし、駆け引き上等に人材を募った結果
 世界全体で企業が政治に期待する姿勢も又、駆け引き上等になっている

 それこそが、馬鹿正直者を採用し得ない世界体質たる空気もとい実体という事だ

 企業が隠し事するのも、嘘を付くばかりに正直・実直をまっとうしないのも
 すでに入り口からおかしな方向を向いているからだ


> 企業にとっての家族とは、職業脳者であって、生活脳者では無い
> 企業にとっての才覚とは、駆け引き上等であって、本音上等では無い


 そのような暗黙の線引きが、嘘つき体質な世界を引き寄せている



posted by 木田舎滝ゆる里 at 13:54 | Comment(0) | 科特隊どころか無理だからウルトラ経済大作戦 | 更新情報をチェックする

2021年08月16日

【ツッコミ隊】最低賃金微上げとやっちまってる逆効果スパイラル

記稿.2021/08/16

> 最低賃金水準は何のために微上げを繰り返しているのだろうか?


 ‥ん円、十ん円とか
 誰がどう見たって、うちは関係ないからと思いがちになる

 ‥ところがどうだろうか?
 サプライチェーンのどこかで真面目に取り組む箇所が発生すると
 そこから先の価格は微に乗っかることになる

 とくに大手が待遇改善の理由にしようなら
 そこから先に、その分のシワ寄せが押し付けられることになる


> 振り返ってみよう
> そのような実質値上げだらけになっちまってるのが現状だ


 ‥最低賃金運動は、大手の実質値上げへの屁理屈にしかならない
 なら、ドーンと上げれば良いのだろうか?

 国家予算中抜きだらけの現状に、其をやらかすとどうなるかなど判りきっている


> 一番にお手軽なのは、消費税カットもしくは廃止
> 最低賃金微上げは、取り組んで見せてる程度のガス抜き目くらましでしかない


 ‥すると、どうしたって
 中央銀行システムを改変して、ベーシックインカムをやるというのが筋になる
 銀行券と国券との違いを明らかにすべきになる


 ‥とは言っても裏での清算は、金本位制にあるので、実質的は通貨価値に差はほとんど無い
 今や地球環境への負荷がどうかという議論にあるようだ


 ‥板垣情報によると、30桁で資金を用意しているとかなんとか
 随分と金額が増えている(ようやく自分たちの規模読み間違いに気がついた段階っぽ)


> だがしかし、中抜きありきでの織り込みだとしたら、桁を増やしたところで意味が無い
> 中抜きたる悪癖を改善する気がないうちは、何やっても無駄ッっす



posted by 木田舎滝ゆる里 at 17:18 | Comment(0) | 科特隊どころか無理だからウルトラ経済大作戦 | 更新情報をチェックする

2021年08月12日

【是論】この世は、夢ハラスメント脳症候群

↓2)記稿.2021/08/12

 人間とは捕食に悩める生態である。もとい精神を抱え持つ。それ以上でも以下でも無い。
ゆえにヒトは、無理を引き起こさぬよう注意を求め、お互いに善悪バランスでの心得を要求する。

 ならば、無理を引き起こすばかりの自由な社会構造に正義無し。地球環境を破壊たらしめるに及んだ私たちの科学観・自由観に正しさなど無かった。皆無に等しかった。それが現代とした群衆だった。


 ‥何であれ、夢をどれほどに実現できるかは人生の関心事だ。其を競争にしようと仕向け合ってきたのだから尚のことだった。出遅れては夢は叶わない条件下なら、どうしたって、細かいケアは捨て置きになりがちだ。即ち、うそつきありきの同意体だった。インチキありきの同意体だった。


 ならば、夢を持てない・持たない・描けない側が居たって不思議は無い。もとい、斯様な悩ましさを心に抱え込むならば、夢見る推奨社会ほど‥苦痛で迷惑で押しつけがましき価値観もまたとない。
(人の適正や想像力には差があるのだから、そのような個性の発露は珍しくも何ともない)

 そればかりか、夢を描けなければ描けないで、劣等感の植え付けのようなものにすり替わるのだから、そこから脱したい欲求に駆られてしまうのも流れだ。
(ホトホト迷惑な動機でどうしようもない)


 そんな動機は、概ね役に何てなりゃしない。誰かの真似は泥棒視でしかなく、受け売りもまた似たようなモノで、誰だって自信に繋がるほどの学びを実感するに程遠い。
 なんであれ、オリジナルと呼べるレベルに辿り着くには、それ相当の好奇心が有ってこそだ。

 だが、よくよく考えるまでもなく、多くのほとんどは、人真似に受け売り止まりなのだから、競争の先にあるスタンスにしたって、人真似の憧れだ。
 成功の多くの背後には、配分をケチって夢を叶えた程度の姿しかないのにそれで良いと思っている。思い込んでいる。それが競争だとして、競争を勝ち抜いたとした気持ち一つで以て自慢げだ。

 成功者がそんなのばかりでは、誰だろうと‥うやむやな空気に呑み込まれるばかりで、続けとばかりに、俺も私もと試してみたくなるとした勢いにもなろう。

 なにはともあれ‥勢い任せに押し切って良いと言わんばかりなのだからな‥
そして、肝心なのは、それの勢いなるシロモノを誰も悪とも必要悪とも思っちゃいない‥
サーフィンにしたって波に乗ってなんぼのスポーツだ。感覚はまさにそれに近い。


 だからだろうか、それら好奇心からの吸収力によって、どのような方向に向かうのかは、全く以て無警戒な口が、この手の「夢を持とう」になっている。それは、勧める方も欲する方も同じだ。

 そして不思議な事に、ある程度の好奇心が満たされたというか、自分の程度が判り出すと、途端に、無警戒だったはずのそれは、まるで無形が有形に変わったかのように、好き嫌いのオンパレードに切り替わるのだ。

(「やってみなはれ」だったそれは、いつのまにやら、「駄目、無理、無駄」の剣幕なのである)


 誰がどう見たって、人それぞれの好き嫌いに意味があるとしたら当人の価値観の方向だけだ。
第三者視点から見たら、それぞれの価値にそれほどの差は見られない次第の向きになる。
 他人それそれの細かき事情など、知ったことでは無いのだ。関心が無いのだ。
自分ファーストなら尚更だろう。
事件・事案にならない限り許容された事柄として判断されるばかりだろう。
 ならば、潮目を変えたいなら、マジになって事件事案を引き起こし続けなければならない。
そういう刹那たる空気が世間にはある。

 だからこそだろう。大半の普段は、それぞれを無視したままで良いとして思い込んでいる。
無視して進められる社会などどこにも無いのに、誰もは、無視スタートをやらかしている。
 夢の大きい小さいに関わらず、それほどに、好きバイアス・嫌いバイアスに罹るのだ。
罹ったままを良しとしてしまうのだ。さらには、その手のバイアスを抱えたままに、それこそをモチベーションだとして邁進すべきが空気だったりとする。

‥大概の多くは、好きな事で埋め尽くしたく
‥嫌いなモノを排除したいとした欲求を日々増幅させ
‥その様などうしようもなく偏った異常な精神状態を来してしまっているというのに
‥自身を創造するための最善の追求の仕方として、そのような気持ちの是非を正しいと思い込むばかりで、結局のところは、「夢ハラスメント脳」と化してしまった状態に、全くの無警戒を誇ったままだ。


 夢ハラスメント脳のもたらす厄災は、慢性的な排他主義である‥其は地球環境破壊すら厭わない。
 夢ハラスメント脳のもたらす厄災は、慢性的な排他主義である‥其は地球環境破壊すら厭わない。
 夢ハラスメント脳のもたらす厄災は、慢性的な排他主義である‥其は地球環境破壊すら厭わない。


 競争過剰がもたらしているところの大なる夢ハラスメント脳は、夢を実現させる者の達成率が低い。もしくは、為した後の経過が芳しくなければ落ちぶれるのが流れだ。

 その率の高さからも、圧倒的に夢を実現させている者が成功うんちくを語れば語るほどに、格差に火に油を注ぐだけの空気をもたらす。(所謂、妬み嫉みからなる偏見だ)

 この問題の多くは、誰しもの夢の実現の多くが、自分の好みであるとした方向にしか無いことだ。守りより攻めとした、どこかの文化色そのままに引きずり込まれる。それゆえに、誰も格差改善に向けた全力を発揮するところが無いとしたオチに尽きるのだ。


 ‥誰しも、暮らし向きの利便や都合をもたらす好奇心は高いのに‥


 夢を実現させるための原理が、人気投票構造でしかないなら、どうしてわざわざ自分の評に不利になる事実をぶちまけるだろうか?
それゆえ、自分から評が離れてしまう事を嫌がるあまり、格差がある事をむしろ肯定してしまう搾取原理に同意しがちな傾向にハマっている。
(元気玉を集める経済力やカリスマを有するのは、僕だけでありたいみたいな‥)
(その集まった元気玉は僕の自由に使えるのだから‥そうするのが自由権の行使だとかなんとか‥)


 ‥一方で、弱者は強者に頼らざるを得ないとした形こそ評たる用の世界観であり、強者が弱者にお願いはしても、細かき説明を省きがちなのも評たる用からの秘匿性に及んでいる。
(なんという暗黙的なアンフェアの促しだろうや‥)
 誰だって、弱さ・弱みを見せては評に影響すると考えるのだから、そりゃ、嘘でもバレなきゃ良いとしたやっつけに陥るのが流れになる。

 そこから脱する気のない世界観にハマっている限り、勝敗を決する要素の多くが、インチキだったりカマカケだったりバイアスだったりする。
(それが競争過剰の本質だ、もとい夢過剰とした日常だ)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 22:00 | Comment(0) | 科特隊どころか無理だからウルトラ経済大作戦 | 更新情報をチェックする

2021年07月26日

【ツッコミ隊】教育には、正値と許容とした両方からの問い掛けが必要だ

↓3)記稿.2021/07/26

> ネットを閲覧していると、時折目にするのがキレてる教師の行き過ぎた採点だ
> 正解を得ているのに、字が汚いから減点扱いというのは不可解しい
>(大体そういうのは項目を別にして管理しないと、全体統計が怪しくなって後で困ることになる)


 ‥とした事案が起きてしまうのは、教える側に許容とした概念がすっぽ抜けているからだ
 正値などというものからして、何を基準にしたのかさえ怪しいのだから
 正値とともに許容を考えていくことの方が重要だ


 ‥例えば、数式の計算順序からして、絶対的な視点を得られずに二分化する場合もある
 だから必要なのは、正値とともに許容の範囲をどのように捉うかに尽きる

 つまり、どちらにも正解としての道があるという事だ
 だが、その様に扱い出すとどうにも困るらしい

 なのでスタンダードはどちらかに成っているとした理解と許容を教えるべきとなる
 (だが、誰もその様な意見を持ち込まずに、対立案こそを正解に捉えて構えるばかりだ)


> まず、数学のそれを考えてみよう


 数学の記号は、「=」とした定義に従って始まる
 だがしかし、高度な数学は、「≒」の扱いをどうするかにおかれている
 つまり、方向性に間違いが無いなら想定内になるだろうとした予想を扱うばかりになる

 それが成り立つのも

 許容の中身をきちんとルール化しているからに他ならない
 式が成立つにしろ、論が成立つにしろ、そもそもは現象予想にあるのだから
 扱う数値には、許容をあらかじめに設けてあったりする
 式も論もそれに従い、それら許容に該当しない域を扱わない(ここ重要)

(字が汚いから減点するなら、始めからそのように約束しておかなければならない)
(テストを受ける側は、それに対して限度加減を問うのが流れだが、小学生にそれは無理)


> そもそも教育上の方針にそれはあるだろうか?
> 教師間での調整は十分にあるだろうか?(概ね担当裁量と言うことだろう)
> そんなことでは、全体の統計とて怪しいことになる
> 単純明快な学問の段階でそれが無いのに、どうして社会全体で許容を認知し得るだろうか‥


 さらに、理系では予想を取り扱うのに、文系では約束としたそれを正値として取り扱っている
 つまりどちらの解でも、方向性も正規性もサービス側の都合に整理整頓できるとした解釈に変わる
 (私たちの今段階の教育観では、どうにもそのようにハマってしまうのだ)


 個性教育にしたって、行き過ぎたそれは、コミュ症の量産化にしかなっていない
 それどころかそれを教える教師がほめて伸ばすしか考えていないと
 途端に世界中でストレスに弱いだけの人間性しか培えていなかったりする

 自分の苦手や嫌なことは、誰かが担うだろう予想を本気で思い込んでいたりする

 だが、社会が個性×競争偏重に置かれるばかりなら、誰も担おうとしない分野も発生する
 欧米において未だに清掃は奴隷の仕事だなんて風潮が残るほどなのだから相当だ


> 人間は、横着にも馴染んでしまった方を正値として扱おうとする心理を抱えるのだ
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 19:52 | Comment(0) | 科特隊どころか無理だからウルトラ経済大作戦 | 更新情報をチェックする

2021年07月23日

【ツッコミ隊】権利とすり替えと義務要求の肥大化

記稿.2021/07/23

> 権利とは何か?
> それは双方向での話し合いの場を通じて交わされるべき約束事項の相互確認である

 (但し、このような話し合いには根気が求められる、ここでは是を「根気型」と呼称しよう)
 (根気型の場合、参加しないなら発言権放棄と見なされても致し方が無い)


> 権利のなりすましとは何か?
> それは約束事項を一方的に要約して選択支があるように見せかけた取り交わしである

 (概ねこのような話し合いにはサービス側の思惑が見え隠れする)
 (なぜなら短期的に利益を追求するからだ、ここではこちらを「短気型」と呼称しよう)



> 話し合いとした意味では根気型が理想だが、権利と言いつつも社会の常識は短気型だ


 つまり、権利を前提にしているようでいて、すべてはサービス側の都合絡みでどうしようもない
 短気型では、話し合うべきポイントを絞り込んであるので表面的には平易だ
 但しそれは、ユーザー側がサービス側を一方的に信頼している場合でしか成り立たない
 若しくは、ユーザー側が、サービスに対する対価をはした金の想定に見下せる場合でしかない


 そして大抵の大衆は、愚鈍にもその思い込みの術中だったりする


 ‥選択支を提示されることを以て、権利に思い込むようになっている
 其を例えるなら、選択項目さえ出現すればゲームをしているかのように錯覚するアレだ

 だがしかし、そのサービスが糞ゲー然&無理ゲー然だったらどうする?

 世の中のすべての人が訴訟を起こすわけでは無い
 その代わりとして、一般的には、そのサービスを使わないように情報を流す

 だが、ユーザー側がサービス側を訴えられるのに
 サービス側がユーザー側を訴えられないのでは公平では無い

 だがらといってサービス側が違反該当者を名指しで世間公表するのは犯罪者扱いで行き過ぎだ
 そこで短気型がもてはやされている
 規約を設けて、それ以外の訴訟は論外ですと一線を引いておくのだ
 (規約内での違反に該当したなら、問答無用で退場だ)


> 残念なことに私たちの常識は、そこまでを含めてサービス脳にまで堕ちている


 ‥短気型を常識とするばかりなら
 政府からして国民とまともに話し合わずともOKということだ

 それどころか
 代議士を介したスポンサー要求ばかりを派閥都合から政府がマンネリに取り上げるなら

 三権分立の理想などとっくの昔に崩壊中で無かった話にすり替わるのだ

 だがしかし不思議なことにスポンサー側はそれが自分たちの権利だと推している
 代議士群もなぜか支援を受けた義務として、当然だとして善処するに堕ちている

 (国民主権はどこさ言っただ?)

 それこそが短気型の堕落性になっている


 ‥どこから派生したとも知れぬ議案を持ちだされたというのに
 出来レースでマスコミを通じてその話題で持ちきりになる
 国民の多くはその案をどう思うかでしかなく、そこから先を見通した改善案を練る程には無い
 まして目指すべき理想を持たずのなら、どちらの方が儲かるか脳でしかない


> では、その手の流れに派生した権利から生まれる義務とはなんだろうか?


 ‥まぁ単純に、増税やら値上げやらの支払い枠の肥大化だ(圧倒的にそれに片寄っている)
 つまりは最初から人権なんて言葉だけで
 言葉巧みにすり替えて、すべての国家憲法は守銭奴の飼い犬法さながらに堕ちる流れだった

 ‥労役を課された方がまだそれの作業工程の終了に区切りがあるのに
 マンネリとした比率払いにはそれが無い(容赦無しの奴隷化然を実現やらかされている)


 ‥つまりは塀にぶち込められたというのに
 いざ、刑期満了放免だというのに、複雑な気持ちを抱ける方が、まだ人権だったオチだ
 それに死刑たる恐怖を無くそうなら、それこそ犯罪者勝ち組みたいな人権観に堕ちるだろう
 そうになってしまえば、まともな勝ち組群からの監視社会要求は俄然正当視されるだろう



posted by 木田舎滝ゆる里 at 14:27 | Comment(0) | 科特隊どころか無理だからウルトラ経済大作戦 | 更新情報をチェックする

2021年05月01日

【そこんところ】民主主義の語源と語感の表と裏

記稿.2021/05/01

> 当方では、民立布悦を掲げているが
> そのそもそもは民主主義改め「民立主義(みんりゅうしゅぎ)じゃw」
> という事に成っているわけだが、敢えて積極的には展開していない


 ‥其の今更ながらにも
 民主主義&デモクラシーの意味を反芻してみた

 そのきっかけが
 デモクラシーの「デモ」はデーモン(悪魔)を意味しているのではないのか?
 とした勉強不足からの思いつきだったわけだが

 ググって確認してみると

 ‥「デモクラシー」(democracy)の語源は
 古代ギリシア語の_δημοκρατία(デーモクラティアー)で
 「人民・民衆・大衆」などを意味する_δῆμος(デーモス)と
 「権力・支配」などを意味する_κράτος(クラトス)を組み合わせたもので
 「人民権力」「民衆支配」&「国民主権」などの意味である。


 ‥著生の思いつきの方で言うと
 _δαίμων(ダイモーン)のそもそもは、哲学用語で
 神と人との間の格付けになるような英霊を指しており
 又、ダイモーンは‥ユダヤ・キリスト教のデーモン(悪霊)をも指すことから
 敢えて発音の仕方をこだわって区別してあるらしい

 (という事からも、そこは‥デモニストとした言葉は好まれず、サタニズムが一般的)


> とうことから、デモクラシーのデモには
> 大衆による善政期待を込めた意味があるらしい


 ‥だがしかし
 古代ギリシアの衰退以降は、「デモクラシー」の語は衆愚政治の意味で使われるようになった。
 元々の古代ローマでは「デモクラシー」の語は使用されず
 王政を廃止し、元老院と市民集会が主権を持つ体制を「共和制」と呼んだ。


 ‥【衆愚政治】
 古代ギリシアにおいて、失敗した民主政を揶揄して用いられた蔑称である。
 教養の無い貧民が政治を支配した結果、失政を重ねていくとされた。(ポピュリズム、暴民政治)

 (早い話が、利権の神輿を担ぐのが、とにかく大大大好きな奴らって意味)
 (もとい、自民党政治と書いて「しゅうぐせいじ」と呼び変えても差し支えがない)


> 復権したきっかけが清教徒革命だった


 ‥結果、「デモクラシー」は自由主義思想の用語として使われるようになった
 更にフランス革命後は、君主制・貴族制・神政政治などとの対比から使用された
 又、20世紀以降は、全体主義との対比でも使用された

 (どちらも大衆のくせに、貴族体制と分けてるってのが人権意識薄すぎる単語だったくさっ)

(これだと貴族からしてみたら、貴族の自由を翳せるし)
(貴族同士の主義主張にだって、やりすぎや締めすぎはダメでしょうぐらいの意見はあるのだから)
(為政者が用いると途端に意味がすり替わるくささを拭い切れていない)


> そうでは無いとした自負を翳して誇りたいなら
> それこそ衆愚化しないようにする為の教育について、もっと問われていたっておかしくない


 ‥でも思いっきり「競争教育」→「ズル上等」でもあったりで、どうにも糞ッ
 ‥というか、教育というより「本能焚き付け誘導」っすから
 (本能を焚きつけられて其に同意していた層が、下克上上等に偏ったりするのは初期的な流れ)
 (その手の初期的な流れの勝ち組に酔いしれる奴らは、歴史軽視の糞野郎ばかり)

 ‥お互いにその程度のおつむなので
 何が正しいかを議論できない口なので、多数決正義を誘導しだしたのが流れか‥


 そもそもの「デモ」の精神性誘発の期待感なんざ欠片も無い
 つまりそこには、原初期待のデモクラシーなんか無い

 ‥欧米趣向の行き過ぎた個性化や資本中心はデモクラシーなんかでは無い
 ‥ネイティブはよく言葉を替えて附するのだから、感度と自覚はあるらしい
 ‥勘違いにもすべて民主主義だと思い込むのはどちらかというと日本だけ草っ


> ということで今度は「民主主義」の語感


 ‥「民主」を漢語で解釈すると
 なんと、「民ノ主」すなわち君主の事だった‥(痛ァアアア)

 天皇を崇め奉る国民性としては
 どうにも‥国民主権が天皇の判子(御璽)にすり替わっちゃうのもOKとした語感だった

 (実際には、衆愚化しており、自民党の判子にすり替わってるも同然)
 (自民党の判子=横田幕府の采配‥まぁあるじ違いだったわけだが、意味としての差は無かった)
 (そいつらが今や中華寄りなんだから、まんま漢語としての意に先祖帰りってか★)


 ‥との視点から問うと
 民主党なやつらの君主と自民党な奴らの君主というのが君主違いだった
 君主が国民で無き場合においてのみ、正確を期する為に「○○民主党」単語が翳される草
 (まぁそういう中身ならお家主義体制だって事に揺るぎなき体制が日の本の事情)


> とういことで民意反映とした適切な翻訳こそ
> 民立主義(みんりゅうしゅぎ)になるらしいっスね
> (そういう意味合いともなると激震っスね‥ためらいもしちゃったと‥)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 14:30 | Comment(0) | 科特隊どころか無理だからウルトラ経済大作戦 | 更新情報をチェックする

2021年04月18日

【ツッコミ隊】志や目標こそ我が主君、求道者である当人側はなぜか従者にすぎない

↓4)記稿.2021/04/18

 志や目標こそ我が主君
 求道者である当人側はなぜか従者にすぎない

 ハイヤーセルフ側が光で
 当事者である側の現実の私はなぜか影扱い

 ならば、未来が変われば過去も変わるとした頓智まがいにしても同じなのだろう
 どうしたって‥未来が私側で、過去が私を送り出した側に相違あるまい
 (否否、今の現実こそ私側で、未来など未だ不在だ)


> どんなに研鑽やら汗を積み重ねたって、私は自らの志の下僕で
> いつの間にやら‥その日の目標に隷属した毎日をやらかしていたりする


 愛とした観念を勝手に理想として思い込めば込むほどに
 現実に尽くしても‥其には程遠いとして‥今度は勝手に下僕たる日々にうなだれている
 そして自由を手に入れんが為に、八つ当たりにもイライラを募らせていたりする
 其は、私を見下した知らんぷり野郎共に抱く反旗か革命かニトログリセリンか火炎瓶である‥

 「でもそれはなぜだろう?」

 そもそもは、自分の為に自分が自分に約束したテーマにあるはずなのに
 なぜか心苦しくなると他者を頼りたくなるばかりか、頼れないと知ると途端に心折れそうになり‥
 あわよくば相手の日常を破壊したくもなる衝動が訪れるのは一体全体どういうことだろうか?
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 13:28 | Comment(0) | 科特隊どころか無理だからウルトラ経済大作戦 | 更新情報をチェックする

2021年04月11日

【是論】年度決算してでちゃう赤字には二種類ある

↓5)改稿.2021/04/11...20210318...

> (売上−予算から使用した額)×予算使用率=赤字


 ‥で赤字にカウントされるパターン
1)黒字通貨での社員賞与払いが不履行に及ぶ場合(黒字不足を含む)
2)予算からのBtoB年賦に未清算が起きた場合(自覚不足)


 ‥赤字段階1は、社員と妥協し合う範囲です
 赤字でのBtoB支払い不足分は
 来年度予算のスタート額から真っ先に間引かれて精算済みとします
 そうでもしておかないとP2P計算がとんでもなく複雑化してしまうでしょう
 (まぁ商売上、お互いに予算もあるしするので、支払期限の見直しもありでしょうが)
 (どんなに伸ばしたって新年度第一四半期末締めとするかどちらかの二択ぐらいでしょう)


 ‥赤字段階2は、予算枠から足が出まくってしまった新年度経営不能ありきです
 予算が確実にあるというのに
 どんなどんぶり勘定をすればそうなるのかは不思議ですが、やらかさないとは限りません

 ‥思うに、不祥事やらかして公募予算が減額したからと妄想できますね
 このような事案が度々に発生してしまうようではお話にならないので
 企業年賦は、社員数予算枠の三分の1を超えてはならない‥類の法基準が示されて然るべきです
 (そんな具合にしておくと、官僚主導で「予算要りませんか?」を‥やらかせるかも‥)

(もしくは企業年賦枠を一時的に増やすべく社員募集を掛け、それの必要年度数契約で雇用する)
(これぐらいでないと新規雇用機会もなかなか回ってこないので、手法として提案できる)
(だがしかし、社員が増えるんだから黒字通貨の分配も減る傾向は、赤字と同質だ)
(だがしかし、現社員からすれば、社員チェンジされない為の試練のそれだろう)
(赤字同然だからと、自分から進んで転職しちゃえ‥なんてのが通らない社内事案って事ですね)

 (予算協力しない奴と睨まれたら、転職どころか居場所すら怪しくなるッ)
 (会社としては、ローテーション改善で乗り切るのが得策でしょう)
 (すると社員は子宝で乗り切るしかねぇとかなんとか‥だがしかし‥)
 (業界丸ごと横並びでやらかすわけにも行かず、輪番なんか面倒くせえと思えば‥)
 (予算共同体でしょう‥一時的に社員をトレード&部署を統轄しても予算は同じとかなんとか‥)
 (A社とB社の似たような部署を統轄しちゃうことでローテーション回せちゃうかも‥)
 (委託発注やらかす算段なら、できないわけがない!)


 ‥赤字段階3として、国家に黒字が発生し得ない
 なんてのも取り上げておきましょう(今回の肝です)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 15:00 | Comment(0) | 科特隊どころか無理だからウルトラ経済大作戦 | 更新情報をチェックする

2021年04月09日

【人権の是非】うちのワンちゃんがヒトの言葉を理解してお喋りするんです

↓2)記稿.2021/04/09

> ペットがヒトの言葉を理解してお喋りできちゃうとテレビ出演間違いなし
>(前例としてオウムにインコ、九官鳥などを挙げられるが)
>(その程度では無く、きちんと会話になるレベルをここでの対象とする)


 ‥するとまず、税務署が触手を伸ばし出す(今やそういう時代だ)

 とりあえず、飼い主名義での徴収が流れだが
 出演ペットの知能が高くなりすぎて、ペットの域を超え出すとどうだろうか?
 当人名義で直に徴収するのが適切になってくる

 すると途端に、住民税&国保&年金の対象にされるだろう
 (それならそれで、飼い主側としては戸籍登録に選挙権を要求するかも知れない)


 ‥しかし知能が高いという事は、ストレスを与えすぎると自殺してしまう懸念に晒される
 仮にここでのペットがテレビ出演の疲れから、自殺を図ったとしたらどうなるだろうか?
 動物保護法に触れやしないだろうか?
 否、人権を有するならそこはもはや適応外として扱うべきだろうか?

 若しくは、殺傷事件をやらかしてしまったらどうだろうか?
 交通事故でのひき逃げなど‥パターンは相当に思い浮かぶだろう

 では性犯罪はどうだろうか?
 我々がどうせペットなんだからとした偏見思考を真に受けて
 同種だったら別に手を出したって正当化できるとか何とかと思い込むかも知れない
 (被害ペットの飼い主が控訴すれば、嫌でも法廷の場に引きずり出されるにしても‥)
 (この時、容疑者が裁く法律なんか無いんだからとした黙秘権確信犯だったら‥どうする?)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 17:02 | Comment(0) | 科特隊どころか無理だからウルトラ経済大作戦 | 更新情報をチェックする