2019年04月06日

【炎上】人生における最大の才能とは何か?

↓2)記稿.2019/04/06

> 人生を考える上で‥もとい、人生でのハッピーを考える上で最もな才能とは何か?
> それは、ヒトと付き合う上でスマイルを如何に保てるかどうかに尽きるだろう


 ‥しかしどうか?
 誰とでも付き合うにも先ずは、それなりの成りと知恵巡りは欠かせない
 あまりにも掛け離れていては、向こうから遠ざかろう(それが現実だ)

 だから上手に付き合うにも、自分の立ち位置を掴めていないのでは、どうにもお話にならない


 ‥自らが好みでヒトや仕事を選ぶ限り、自らの進む世界の向こうからしてすべて同じである‥


 ‥相手から見て自分がどう見えるかを先読みできていないのでは
 自らを傷付けるままに落ち込むことになるのはしょっちゅうと言うことになろう

 わかっていれば対応の余地はあるものの、視界に無かったならそれこそ左様ならである

 対応しなかったことでの左様ならだったなら、さほどにしょげる意味は薄くなろう
 又、対応の仕方が覚束なかった事で多少の残念さが残ろうと‥予測できていたならそれ程でも無い


 ‥このどうしようもない好みの取捨は、お互いにやらかしている自然体での現象である
 自らがこれに反旗を起こして、公平になどと問うて見たところで
 誰も誰しもに沿うような公平の度合いなど知る由もない
 知っていたとしても、捻り甲斐の無い日常ともなれば、不愉快極まるばかりだろう
 それはスマイルを投じる上での無力を識るのと同然だ


> ‥それにしても、そこに絡んでくる違和感とは何だろうか?
> 誰とでも付き合える才能の本質には、どうしたって
> シロなら白、クロなら黒としての関わりに対して
> 相手を重んじつつ事を進められる才覚を意味しての根っこがある


 それは誰しもに、矛盾ゆえの人格を公平に要求することになるだろう
 そこには例外なく自分に対しても相手に対しても同様だ


 ‥簡単に言うとそれは「うそつき」としての才能だ‥


 ならば、私たちに競争を煽り、掴み取らせる夢を思い込ませている根っこには
 「うそつき上等」「うそつき賛歌」としての文化性がこっそりと地下茎を張り巡らすばかりだろう

 実際にも、表向きにはいい人の顔をしてその手の言葉を吐いても
 現実には、競争にて勝ち取った優位を手放す気などさらさらに無く
 勝ち取ったからには、最大限に死ぬまで有効活用したいと腹黒く思っている程度だろう

 (否、むしろ積極的に思い描いている方が自分に対しては素直と呼べそうだよ)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 12:27 | Comment(0) | 科特隊どころか無理だからウルトラ経済大作戦 | 更新情報をチェックする

2019年01月01日

【詩】ああ、旗印

↓1)向宜詠吟.2019/01/01

人として人らしく生きるには目標が必要だ。
だが究極的に、目標なんざ有って無いようなモノだ。
それでも、旗印を掲げて生きられる者は無敵だ。

ところが、どうしたことか‥多くの者はそのような生き方が下手だ‥

そこで多くは拠り所を探して生きることになる。
旗印を掲げて生きられる者を頼るのだ。

ところが、どうしたことか‥旗印を掲げて生きる者の中には、人が集まってくることでブレる者らも多い‥

その煽りを受けるのは当然「拠り所」を頼った者らとなる。
その者らの次に求めるのが「救い」と言うことになる。


そして人々の願いは盲目的に「正義」を唱えることになる。


本来、宇宙に生きるにおいて、善も悪もない。
正義を求めるように変わったそもそもは、目標を自由に保てない弱さからの要求に過ぎない。

正義を唱える裏には、自由の制限を求めた(積み重ねた)も‥同然の因果があった。

しかし、自分らで自分らの制限を望んだも同然にあれば、それにも又、善も悪もないだろう。
ところが、搾取される事への暗闇だけは御免被りたいと思っている。
だったら、自ら目標を掲げて生きれば善い、それを積み重ねることだ。

さすれば、正義もクソも必要ない。

自らを拠り所にできるとした公平だけが最優先されるべきに気が付くだろう。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 02:36 | Comment(0) | 科特隊どころか無理だからウルトラ経済大作戦 | 更新情報をチェックする

2018年12月09日

【超命題B】組織利益の配分こそが悪を生む

↓1)記稿.2018/12/09

> 今回は、前回の超命題に対する回答です


 ‥今のご時世、今回の題目のような文を提示すると、雇用問題で即炎上しかねません
 まぁ当方の見解としましては、配分に変わる代案を考えた上での発言です


 ‥経済を問わず、集団での活動には「評」が生じます
 交換に値する利益を生まずとも、まずはたのしいか否か
 つまり、居場所としての「居心地の好さ」です

 居場所としての居心地の好さが第一だったのに
 利益を目的とすると、途端に利益第一にすり替わったりします

 ‥挙げ句に
 経営側メンバーとその他扱い側メンバーとの二分が取り沙汰されるのも
 利益を公平に分け合う気持ちが薄いからです


 ‥「利益を目的とする」次第を悪に見立てると
 活動に対する意欲は、どうしたってボランティア前提です
 周りでそうなら、それもそうだと思う割合も少なからずあるでしょうが
 経済としては、価格の提示に意味を失います

 価格の提示に意義付けを失っては、「税金」を織り込めないでしょう

 つまりは、価格の安定ありきの経済を創出し続けたいなら
 組織の取り分とやらを認めないとした方向性は有り得ない事になります


> そこで、次のヤリ玉として
> 「組織利益の配分を認めない」とした解釈が生じます


 組織利益の配分を認めないと言うことになりますと
 税対象としても認められません(入れ子式解釈)
 ぶっちゃけた言い方をすれば、組織利益は組織の消費専用資本と言うことになります

 組織専用の資本をどのように使うかは経営側の人格次第です

 ‥配分するように求められた現行の仕組みにしたって
 どうせちょびっとしか配らないんですから、始めから無いも同然です

 なら、始めから禁止にすれば良い!


 (そうすれば、日産ゴーン事案など起こり得ない)


 ‥その時、気になるのが補完ルールです
 集団の利益を認めないとなると、活力を得るのにどうしたって取っ掛かりを得られません
 それはもう恐ろしいほどに、修行僧でもやってればの空気です
 でも逆に
 利益から配分せずとも、給与枠の補完ルールならいくらでも提案できるでしょう


> それにしても、組織の利益配分を認めないとなると
> 現行の仕組みのままでは、単に経営予算該当です
> でも、給与枠が補完されるぐらいなら、経営予算枠も補完されない手はありません
> ゆえに、「税金の対象にせず」ともなれば、それは当然のセットです


「さて、あなたは経営者として、得られた利益をどう使いたいと思いますか?」

↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 14:47 | Comment(0) | 科特隊どころか無理だからウルトラ経済大作戦 | 更新情報をチェックする

2018年12月01日

【超命題A】組織の取り分を認めることが悪を招き寄せている

記稿.2018/12/01

> 現在、今まで考えてきた民立布悦のまとめに苦戦しております


 ‥洗逸でもお判りのように、自分の考えの見積もりの甘さに気が付くと、めちゃ凹みます
 自身でそれに気付き&修正できたなら、そりゃ人前での恥も事なかれに済むわけですが
 ヒトという奴は、何気に思いついたアイデアだろうと自惚れていたりするわけです

 そんなわけでして

 ガツンとしたその先を垣間見ると、そこにあったろう自信が揺らぎます
 科学者が持論で打ち負けたかのような衝撃です
 着眼勝負の哲学きどりなら尚更です


> で、資本主義の何が一番に悩ましくこびり付いて来たのかを洗い出したところ


 それは、組織の取り分を認めることが悪を招き寄せていたという現実です
 まぁ簡単な一言で云えば「税金」です
 再配分正義の思考もありますが、まったくそうではありません

 人類は、「漁夫の利」よろしくに他を使って利益を得ることを「賢さ」だと思っています

 ‥其に異論はありませんが、罠にも成り得ます
 民主化という名の下に、名ばかりの民主政府を準備して、権限付けをしようと
 国民を利用して利益を吸い上げているに過ぎません
 その為にも、取りも直さず、組織の取り分を認めることが第一になっています

 (それはモチベーションを与える為でもありました)


> でも結局は、国の最高権限からして、他を利用するだけの言い分がそこに在るわけです


 ‥それ以上の暮らしやすさの創造を放棄してしまった形です
 ‥そこから一歩たりとも前進しようとの気概なんて見られません
 ‥それはまた、私たち国民全体もとい人類全体で無知だったからでもあります

 ‥だから、下々にしたところで健気に夢を抱こうと、上からの入れ子式に晒されざるを得ず
 好い思いをしたければ、それこそ、日産のゴーン氏のような顛末をやらかしたりするわけです

 ‥ということで、そのような悪食を根絶したいと思ったら
 それこそ、「組織側利益の保有を認めなければ良い」‥という思考に及ぶでしょう


> まさに驚天動地でしょう


 ‥なにしろ、それは、それら始まりたる「税制の放棄」の論に集約されるのですから
 その時に、疑問視されてくるのが、治安と組織のモチベーションです
 そこに納得できうる論とアイデアが整わない限り、脱資本主義(脱金本位制)の時代はやって来ません


 数学の超難問に勝るとも劣らないこの「超命題」に、私たち人類は未だ立ち尽くしたままなのです


「さて、あなたなら、この超命題にどのような概念革命を見出しますか?」




posted by 木田舎滝ゆる里 at 13:13 | Comment(0) | 科特隊どころか無理だからウルトラ経済大作戦 | 更新情報をチェックする