2019年01月17日

【エンコード日記】シーン変更感度(先読み、GOPとのコンビネーションが必須だった)

記稿.2019/01/17

> シーンの検知には、100%選択されるケースとそうでないケースとがある
> 最大指定値とて、すべてを検出できているとは限らない
> さらに、先読み量にも、GOPの調整値にも影響を受ける
> アニメと実写とで二分化する
> (Iフレームの増量は気になるけど)秒間コマ数の違いは、シーンの検知にはさほど関係が無いらしい


 ‥100%選択されるとは限らないケースの場合
 先読み量が多ければ多いほど‥最適になる‥と思ってきたが、実は間違っていた
 先読みが多すぎると却って、ビットレートの効率化の調整が先に働いてしまうらしく
 シーンの検知の方が後まわしにされる傾向を確認した

 (シーン検知の方にまずは優先度を与えないと、この先の革新は見込めないだろう)

 先読み量を上げることで、むしろ省かれるケースが多くなる(基本値以下は論外)
 基本的に{GOPの最大距離}={先読み}に扱うべきにあることから、先読みの値の方がより重要になる

 (この先読みの適正値がアニメと実写で異なっている)


>  シーン変更感度(89),先読み(80)‥アニメ
>  シーン変更感度(67),先読み(60)‥実写


 ‥例えば、振り向くシーンの場合
 マンガなら必ず2コマ必要になる

 ところがエンコードの場合、「後ろ向き」一枚を優先すべきがIフレームとしての適正だ

 なぜなら、振り返った顔にIフレームが入ってもすぐさま別のシーンに切り替わるだろう
 そのようなとき、Iフレームの次の画がBフーレムになることで画質の差に違和感が付きまとう場合がある
 (頭から高画質前提なら問題ない話だが、DVDからのアップコンバートともなるとその手のケースも増えるだろう)
 (その様な場合、そのままPフレームが当てられる方向に任せた方がスッキリするようだ)

 これの基本が押さえられているかいないかでさえ、指定した数値の違いで差が出る


 先読みの最適値は、フレームレートの基本値に影響を受けるので
 あまりにも基本のフレームレートに対して違和感の募る値を選ぶなんてのは有り得ない

 そうなると、先読みの値に合わせて、シーン変更感度の値を選ばざるを得なくなる

 ところが、2で割り切れる値では、シーンの抽出にスルーむらが、どちらからずでどうしても発生してしまう
 さらに、3で割り切れる値ともなると、お話にならない奇妙な検知が発生する

 ‥ということで素数値に活路を見出したところ、上に挙げた数値になりましたとさ


> ちなみに、HEVCの場合、最大CU値の違いでも差が出るかも知れないので
> ここでの話は、今のところAVC止まりです


 Bフレームの指定枚数でも検知差が出ると思いますが
 ウルトラマンなど、Bフレームカットすると、Iフレームがより増量される傾向になります
 (半イントラ状態におったまげました‥ただし値には偏りがあり拾われないケースでは依然として拾いません)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 12:38 | Comment(0) | HEVCと洗逸と受難 | 更新情報をチェックする

2019年01月16日

【エンコード日記】CRF(15.15)は没になりました

記稿.2019/01/16

 ‥例のCRF(15.15)ですが

 パン動作には良かったのですが
 バストアップ,どアップをはじめとした中核シーンにおいて
 無駄なピンボケ感にイライラが募りまして没になりました

 結局、品質の設定値に端数値を噛ませると宜しくない傾向になるようです


> 結果、CRF(15)になりました


 ‥まぁ解ったことは、複雑な動きの場合
 多少ボケた方が、見やすい印象になるらしい‥
 複雑なほど、より正確に有るべきに思っていましたが、そうでも無かった事になります

 つまり、静止した画像系の印象の方を重視して、ビットレートを割り切っても差し支えないということに


> ‥となると、あとはシーン変更感度なんだなぁ
> 複雑な動きがよくなるもならないも、こちらでなんとかするしかないでしょう



posted by 木田舎滝ゆる里 at 16:02 | Comment(0) | HEVCと洗逸と受難 | 更新情報をチェックする

2019年01月14日

【XMedia Recode】min-keyint=23に固定されていて機能していない(HEVC)

)改稿.2019/01/16...20190114...

 XMedia RecodeのHEVCのGOPの最小構成が(23)に固定だなんて有り得ない
 ‥増やしても変更されておらず機能していない‥

 絶対に抗議してしかるべき制限すぎる

 これでは適正なシーンなんて抽出できるわけが無い
 シーン検知の無効化に等しきバグと判断されて当然の内容だ


 ‥それともなんだ
 それがプリセット(標準)の扱いなのか?


> 早急な改善を希望する



追伸:AVCの方でも、GOP設定を0autoにすると同じ値で出てくるけど
   オートとしての機能性を欠いているように思うほどに、反応なさすぎ
   その代わり、GOPの値をいじる分には反応する


posted by 木田舎滝ゆる里 at 11:52 | Comment(0) | HEVCと洗逸と受難 | 更新情報をチェックする

2019年01月13日

【HEVCと洗逸と受難】XMedia RecodeのHEVCが(psy-rd=2.00)に固定だった件

記稿.2019/01/13

 ‥AVCの方で、洗逸GOPの再調整をしぶしぶと
 Psy-RD強度(0.21)程度で前設定の容量と同じぐらいになんとか留まったと思いきや

 (大体その辺りが、黒さとの効果バランスの境っぽ)
 (それはまさにブラウン管の風合いというか‥ブラウン管に付いていた色そのものっぽ)


 ‥ついでに気になったので
 よ〜く探して確認してみれば、XMedia RecodeのHEVCのPsy-RD強度の項目は無くも
 エンコードファイルの方には、(psy-rd=2.00)と記されてあった

 (2.00)って‥そりゃファイル内容の20%は占めてんだろうz(チッ)

 (0.00)まで削っちゃってるAVCと比べりゃ、そりゃ圧縮比が25〜30%程度止まりって事になるだろうよ
 それにしても(1.00)ならまだしも(2.00)かよ


> HEVCって、AVCとは、ありとあらゆる面で勝手が違〜う‥


 しかし技術書には、その辺のニュアンスはさほど重視されずに語りが進むと
 一番の謎は、XMedia Recodeの初期設定が何を対象にしているか?‥だよ

 XMedia Recodeの初期設定と、規格側の初期設定は当然として違うにせよ
 それぞれ何を対象に初期設定をしているのかはとても悩ましい相談でーす


 ‥「空気読め」‥の事情から来る罠も仕掛けられているに違いないのは確かに思われます‥


 尤もそこまでお得にカスタマイズしたかったら、自分でビルドして
 ちまちまとコマンド入力すりゃ良いだけなんですけどね
 そこまでのスペックが俺自身にニャーぜよ(残念)


|与えられた範囲でなんとかするのが青春だ!



posted by 木田舎滝ゆる里 at 22:09 | Comment(0) | HEVCと洗逸と受難 | 更新情報をチェックする

2019年01月12日

【エンコード日記】M.E. 範囲(32)程度では、昭和映像(ブラウン管)の空気は出せない

記稿.2019/01/12

> 今更ながらに調べ直したところ
> 昭和映像に最適なM.E. 範囲は、やはり(64)‥x264の許容限度最大値


 ‥CRF(15.15)に変更がてら
 M.E. 範囲(32)で、ウルトラマン第壱話を768x576サイズで出してみたところ
 以前設定よりクリアーには見えるも
 それは、平成のデジタル放送に出てくる昭和映像のどこか違う感そのものでした

 (第3話を見ている途中でその異質さに投げ出しちまいました)

 それはクリアーと言うよりは、のっぺりとしているだけで、どうにもブラウン管の頃の空気がまるでない
 それこそただの液晶風なだけの映像です

 ‥ただし、そもそもがデジタル映像での作りにある作品映像では、そこまで気になりません
 (M.E. 範囲(64)の方が、よりエッジが効いてるわけですが、特に違和感は生じません)


> やはり、フィルム作品をデジタルにエンコードするには、エッジを強調させてこそに思います


 ‥とはいえ、エッジを効かせすぎた作品の場合には、くどさにしかならないので
 その場合には、M.E. 範囲(60)が良いようです(なぜか微にボケます)

 どちらにしても

 16の倍数が一番にクッキリした映像に仕上がります
 最低でも4の倍数は外せません
 奇数に素数値ともなると、誤差に影響してきます
 誤差というか、ノイズパターンですね
 素数値のノイズパターンなんてそれこそ独特なので、ぱっと見の差にインパクトを覚えたりするのでしょう

 ‥あとは倍数パターンでの違いになってきます
 どんな素数が含まれているかの違いが見られるだけです
 動き検索の段階で、どのようなノイズ(割り算端数)を含ませたかが、後処理の仕上がりに影響するようです


> それにしても、他の設定値だって絡みます


 ‥述べるまでもなく、ビットレートの量は決定的です
 以前設定‥品質(16),量子化圧縮(0.8)
 ↓
 今回設定‥品質(15.15),量子化圧縮(0.6)
 に変更した訳ですが、これはこれでもビットレートの減量です

(単にアニメのパン動作に合わせたというだけですので、そりゃ他の所にしわ寄せが起きてくるはずです)

 ソース自体にも細かいブロッキングのチラチラが気になる程度にはあるので
 ダウンコンバートしてもチラチラしたままにあるわけですが

 ‥よくよく見比べてみると、以前設定よりは微に気になるような‥と思わなくもない‥
 (参照フレームMixをオフにしたせいもあるだろう)


 かなりの減量になったこともあり
 Bフレーム撤去を決行してみたところ、チラチラは、圧倒的に減衰しました
 Pフレーム分増量したにしてもまだ以前より小さく収まる傾向です

 しかしながら、心理的エンハンスの効果が減衰しており

 どうにも剥き出し感が否めません(クリアー感が増しても、逆に落ち着かなくなるようです)
 ‥このどうしようもなさは、テレビ側のモードを変えても変わりません


> そこで、Psy-RD強度をいじってみる次第になりました(0から上げるんかい?)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 20:01 | Comment(0) | HEVCと洗逸と受難 | 更新情報をチェックする

2019年01月10日

【エンコード日記】量子化圧縮を上げるなら、CRFを下げるべし

記稿.2019/01/10

> 量子化圧縮を上げてもビットレートを多く消費する点に変わりはない
> どちらかというと、量子化圧縮の値をいじるとピントがおかしくなったりするので(とくに(0.7)は挙動が変)
> 基本的にはCRFの方をいじってビットレートの量を調節した方が望ましい(‥というより微調整がしやすい)


 ‥量子化圧縮をいじっても量子化の圧縮比が変わるだけで
 とくに上げても品質の向上には結びついていないらしい
 規定値である(0.6)が適当にあるようだ

 と言うことで

 量子化圧縮(0.8)→(0.6)への変更に伴い
 品質の値をさらに下げることになった

 下げると言ってもすでに(16)だ‥何を基準とすべきかが悩ましい‥

 そこに浮上してきたのが、3コマ撮りセルアニメのパン(スクロール)である
 この何でも無い動きが、エンコードと言うことになると
 とてつもなく動きの激しい部類に相当するらしい

 ‥ビットレート量が大すぎても少なすぎてもカクカクしてしまうというデリケートな代物だった‥

 というところで
 とあるサンプルにおいて適当にスムーズに思えた印象値が、品質(15.15)だった


> 品質(15.15),量子化圧縮(0.6)


 ‥たまたまなんだろうけど、よ〜く眺めていると「666」を示しているみたいだな

 まぁそこはともかく、XMedia Recodeの設定保存セーブでは、(15.2)で記録されてしまう
 ファイルの数値を(15.15)に強制書き換えしても、読み込み時には(15.2)に繰り上がってしまう
 又、エンコードしたファイルを確認すると、CRF(15.1)にはなっているので
 エンコード出しを複数指定したそれらの値までを繰り上げしてしまう程では無いようだ

 それにしても、逐一、手直しが必要だ
 (でもまぁ、覚えやすい数値だから手違いは低いだろう)

 ちなみに、以前の品質(16),量子化圧縮(0.8)と比べて、ファイル容量↓の構成だ
posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:15 | Comment(0) | HEVCと洗逸と受難 | 更新情報をチェックする

2019年01月08日

【エンコード日記】強制イントラ

記稿.2019/01/08

> 強制イントラやってみた


 ‥強制イントラとは
 キーフレーム間隔(1),最小GOPサイズ(1)にする事で
 自動的にPとBのフレーム生成をカットして、Iフレームだけの構成に切り替えます

 すると

 先読みの効果が皆無に陥るので、画面毎の圧縮の質が前提になってきます
 イメージは、高画質写真のパラパラめくりになりますが
 私たちが普段目にしている高画質のテレビ映像でさえそこまでの画質にはありません

 なので

 格子で管理されたデジタル映像では、格子単位での固まりのパラパラめくりの寄せ集めになります
 少しでも歪みがあると、そこだけ無性に目立つ事になります
 そんなのがあちこちで発生してしまうレベルが、普段私たちが目にする映像の一枚当たりの品質です

 そこをそうならないように

 Pフレーム,Bフレームにおいて、敢えて加工修正を加えてあるのがデジタル動画像です
 ‥ということだったんだなぁと思い知りましたとさ


> Iフレームの連続だけだと、品質(20)ぐらいで見た目はまぁ形になってくるのだが
> プチフリノイズが止まらない


 HEVCでも試してみたら、やっぱりプログレッシブすり替えインターレスのバグ(?)なのか
 AVC以上にノイズが発生するのに閉口した(XMedia Recode)

 再びAVCに戻って、中ビットレート域でどうにかできないかと模索したところ
 M.E. 範囲(48)で、シャープさがおぼろに良くなった
 そのまま色々と試していると、「洗逸GOP」にはまだまだ改善できる余地があった

 とりあえず


> M.E. 範囲(64),シーン変更感度(100)は、やりすぎ構成だったことに納得‥(ンゴ!)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:30 | Comment(0) | HEVCと洗逸と受難 | 更新情報をチェックする

2018年12月30日

【備忘録】XMedia Recode(HEVC/H.265)の項目一覧

13)改稿.2018/01/04...1230_1229_1228_1227_1226_1225_1223_1222_1221...

> ‥検索しやすい用に、XMedia RecodeのHEVC項目を抜き書きしてます。
> 項目の値は、「洗逸」のほぼ確定値を含みます。
> ところどころにツブヤキあり。


 ‥HEVCの怪
 HDサイズで安定二倍速化できていても、FHDサイズではその最大安定倍速の半分にまで落ちる。
 又、HD二倍速に届かないソースの場合、FHD一倍速での安定再生が得られるかはエンコードを出してみないと判らない。

 (それはそのままに、サイズ差のもたらすエンコード負荷(時間コスト)の二倍に比例する)

 結論、マシンパフォーマンスが低いと、HEVC高画質でのFHD二倍速は物理的に困難。

 ∴HEVC映像を美麗二倍速にしたいなら、HDサイズが適当。
 「4K8K映像でも二倍速を!」‥なんて考えを持てる環境は、ほぼ存在し得ない。(2018)


 ‥再生支援機能があったにせよ、すべてのファイルに対して二倍速対応するかは不明。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 22:12 | Comment(0) | HEVCと洗逸と受難 | 更新情報をチェックする

2018年12月19日

【HEVCと洗逸と受難】I&Pフレームコンビは白かった(没)

記稿.2018/12/19

> Bフレームを使わない、間に合わせ的な繁華街誘惑項目設定を使わない‥だけでは
> どうしても33%↓に届かない


 ‥繁華街誘惑よりは、Bフレームだろうと云うことで
 Bフレームをしぶしぶ付け加えることになったところ
 I&Pフレーム構成だけの時より、全体の映像の雰囲気が赤っぽくなった
 Bフレームの過激な連続エンコードが赤ずむのは解っていたが

 たった一枚のBフレーム設定で、はっきりとした差が出ることに驚いた

 見た目としては、I&Pフレーム構成の方がエンコード負荷少ないし
 クリアーな感じがとても新鮮に思えたのだが


 ‥テレビの設定を色々といじって、見栄えがどうなるかを検証したところ
 テレビの作りがBフレーム込み前提になっているせいか
 あえなく「I&Pフレーム構成のみ」は、没になりました(う〜ん残念)

 アニメはケースバイケースにせよ
 実写においては、はっきりとファイル量に差が出る‥
 やはりBフレームを使うと容量が減る傾向に変わりはなかったっす

 (しかも、微にデコード負荷が減るっす‥エンコードは負荷増になるのに)


> ところが


 一年経過の後に編みだした「洗逸設定(テレビ)」だと満足できない状況が訪れてしまい
 しぶしぶ既存のモードで「洗逸」に近しい風合いをあつらえないとならない状況に‥


 (なぜだ、どうしてそうなった??)


 そこで白羽の矢を立てたのが、「ダイナミック」モードだった

 こないだ確認した量販店店頭のテレビが全部ダイナミックモードだったのが頭にあった
 まぁ今後とも「洗逸」を喧伝しようなどと考えるなら当然として
 普及しているモードでなんとかしないとならなくもなるわけでして


 (せっかく編みだした設定を凌駕しちゃうなんて、誤算だz値)ぶつぶつ続く



posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:52 | Comment(0) | HEVCと洗逸と受難 | 更新情報をチェックする

【HEVCと洗逸と受難】CRF(18)は外せない

記稿.2018/12/19

> 参考:https://bucci.bp7.org/archives/26839


 ‥上記を参考に、CRF(18)を試みていると
 AVCでの設定は品質とイコールだけだったが
 それとは別に
 HEVCでは、最小CRF、最大CRFの項目があることに驚いた

 その上、XMedia Recodeの記録保存の方で
 qcomp (0.00 - 1.00) (初期値 0.6)‥ビットレート変動量の数値変更が反映されない
 ここは肝なので、逐一手直しをしないとならないというのでは疲れる


 そこで


 ここの数値を(0.8)に変更したいそもそもの理由とは
 動的な映像により多くのビットレートを割り振る為である
 そのビットレートの変更が
 最小CRF、最大CRF、品質とで調整できるというのだから
 qcomp(0.6)の方を固定しても同じにできるということだ


> qcomp(0.8)&CRF(17)での静的なビットレート割り振り
> qcomp(0.6)&CRF(18)での静的なビットレート割り振り

> qcomp(0.6)&CRF(17)での動的なビットレート割り振り
> qcomp(0.8)&CRF(18)での動的なビットレート割り振り


 ‥実は、それぞれの組み合わせは同じビットレート相当に当たる
 だから
 qcomp(0.6)、最小CRF(0)、最大CRF(18)、品質(17)
 で成立する


 ‥これで、AVCの洗逸数値CRF(16)より1つ上の品質が得られている(2つ上かも)



> ちなみに、AVCの時同様に品質(16)だと‥33%↓は無理っぽ



posted by 木田舎滝ゆる里 at 22:44 | Comment(0) | HEVCと洗逸と受難 | 更新情報をチェックする