2019年05月04日

【日記】三大怪獣がやって来た2

↓5)記稿.2019/05/04

> 三才児のストレス転換脳とやらをずばり垣間見てしまった


 兄ちゃん達にコントローラーを奪われたりして
 イライラが絶頂に達すると、どうしたことか食スイッチがオンになる

 (先程に食事した後でも、ちまちま起こす)

 これは自然界でいう成長競争と同じ反応と言うことだろうか?

 人間としての環境では、自然界の競争とは違い、食べられないという状況に無ければ
 食べて食べて大きくなろうなんて遺伝子活動が選択されるのかも知れない


 ‥ぶっちゃけた云い方をすれば
 ストレスが比較的ゆるやかだった一子二子の場合ほど
 大人になってから、ストレス転換に食スイッチがオンになると言うことかも知れない

 (見た目だけの美人が多くなったなぁと思うのも、実は一人っ子が多い傾向に比例しているとか‥)


 ‥何はともあれ競争だから
 で、今やなかなかに大きくなれないから、そのまま慢性的な脳反応をやらかすと‥

 (遅すぎるそれは上手く機能しないと言うことだろうか?)
 (これは女子より男子の方が不利に影響甚大とか‥まぁ食が細いよりは好いと思うけど)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 09:36 | Comment(0) | 日記/2019 | 更新情報をチェックする

2019年04月22日

【笑止】リーマン級不景気の定義が不明確すぎる

記稿.2019/04/22

> リーマンショックは、アメリカ発生による世界的な金融不況だった
> つまりそれに準ずると云うことは国内景気による要因とは限らない
> という意図を盛り込んでいるものとして解釈される


 ‥世界経済の中心をアメリカに据えての発想として解釈して良いのだろう
 では、今アメリカで起きている洪水事象はどう解釈されるのだろうか?


https://earthreview.net/this-is-the-worst-flooding-in-nebraska/
https://earthreview.net/massive-die-offs-of-young-apple-trees-in-us/

https://indeep.jp/unprecedented-major-flooding-wll-hit-us-with-200-million-americans-at-risk/
https://indeep.jp/us-worst-flooding-will-open-the-door-of-doomsday/

https://indeep.jp/the-world-flooding-era-is-starting-now/


 ‥要約すると
 冬の降雪量の多さから、どこかのダムが崩壊し
 その影響から広域規模の洪水へと拡大‥
 収拾を見せること無く、さらなる春の雪解けによる増水と
 多雨予報により、アメリカ全土の多くが危機的な状況に曝されそうな模様

 (作付け時期の、小麦、もろこし、大豆の生産に大きく影響‥というかかなりヤバイ)


 ‥さらに、極点がカナダ方向にジリジリ移動中
 つまり、今後‥北米農業が不能に陥る可能性が大
 TPPの農産物を売りつけるならTPP内で流通させるより
 トランプが関税を吹っ掛けてこようが、北米に売りつけた方が高値で儲かりそうな話
 (壁なんか造らなくても、勝手にメキシコ方向に逃げ出しそうな空気)


https://indeep.jp/now-earth-magnetic-field-is-acting-up/


> これはつまり、今後ともに世界で如何なる事象が発生しようとも
> 物資援助の源だった北米倉庫が壊滅するので、各国各自で頑張ってください宣言に等しい構図


 今年‥もとい今後、国内で如何なる事象に見舞われようとアメリカからの支援は無理ッ!
 (日本からの米軍撤退も有り得るほどの深刻な状況になるとも予想される)



> さて問題です
> こうなるとしたら、一番に儲かりそうな商売とは何でしょうか?



 ‥ちなみに日本の気象は、熱帯化する方向と言われている
 (さっするに寒暖差の激しい熱帯化、従来の気象の定義に収まらない気候風土に突入と予想する)


 「はて」、そんな気象に陥って、俳句は成り立つだろうか?




posted by 木田舎滝ゆる里 at 16:11 | Comment(0) | 日記/2019 | 更新情報をチェックする

2019年04月01日

【日記】三大怪獣がやって来た

記稿.2019/04/01

> つい先日に、春休み計画というヤツで、甥(三兄弟)がやって来た
> にしても‥二泊三日漬けでテレビゲーム大会とか‥何かがおかしい


 ‥一番下はまだ3才
 テレビゲームの推奨年齢は低くても4〜5才と云うことで気になっていたのだが
 文字は読めなくても、レースゲームぐらいならできるだろうと高を括っていたら
 「アクセルとハンドル」「射撃と方向移動」とした連動操作の概念をどうにも受け付けない


 ‥と言うことで、3才児いきなり遊びようが無い状況に突入ッ‥


 ‥色々と確認したら
 テンキーの4ボタンの操作すらまともにできない(左上にしか動かせない)
 他のことをやらせようにも、集中力は15分程度しか続かない


 ‥そこに救世主として登場したのが
 『(GC版)カービィのエアライド』だった

 勝手に加速して進むタイプだから‥左右方向バーと、なんだかAボタンで遊べてしまえる
 (ただし上から見る2Dモードになるとやっぱりダメで3Dコース限定だ)

 ‥兄ちゃん2人に優るタイムを叩き出して遊んでいる
 ご機嫌な時の台詞が
 「わかってる、わかってる」
 「これ、ちょうすごくねー」
 ‥などとチャラ男くんさながらの台詞を吐きまくる(これで3才児かよ)

 しかも、選ぶキャラの色のこだわりやら、1Pと2Pの画面割りの位置のこだわりやら
 好みがすんげーはっきりしている


 様子を見ていると1時間を超える集中力を発揮した
 (しかしまぁ多少満足し出すと集中力が分散し出す)


> 「ゲームやりたい」くさいのは次男坊もかわらない(春に小学二年生)


 次男坊と三男坊の様子を見ていると
 アホかと思うほど、相手の持ち出してきたモノに萌えるようだ
 次男坊の性格がまた根性悪というヤツで
 三男坊が欲しそうにすると、それをいいことに調子こいてもったいぶるような行動しか取らない
 はじめから譲る気からしてないから、いつまで経っても終わらないというどうしようもなさ

(見るからに優越感に浸りたいだけのお馬鹿丸出しだ)
(弟の扱いが無駄にやかましいにもほどがある)
(まったくもって世の中の競争社会の薄汚いパターンそのままだ)
(子供の頃からこの手の性格をそのままに熟成させては、大人に成ってもやらかすってことだな)

 ゆずる気が無いと言えば
 ゲームコントローラーということで
 自分は気楽に「貸して貸して」を口にしていても、自分からは交代を口にすることも無い
 なんというか、1人そういうのが雑じっていると、全体の空気は険悪そのものだ


 ‥しかしまぁ
 三才児はどうみたっておまけで付いてきた状況だ
 そこの塩梅をどう仕切るかだったが
 食後の一服ならぬ満腹感のところにプレイタイムを設けることにした

 ‥ゲームをさせるにも満足感を得るにも手頃だし
 決まった時間に遊べるとわかって慣れれば、不満も薄れるという事に成る
 そもそも方針としても、3才児に2時間も3時間もプレイさせるのを望ましいとは思わない


> しかしゲームというヤツは合う合わないというよりは、飽きるというか気分というのがある
> 同じことを繰り返すにも気分次第とした向きは大人だろうと否めない


 ‥色々と試してやらせていると、次第にそんなこんなの増長がもたげ出す
 ゲームの質にしたってピンキリだ
 そこで釘をさすためにも昔話をふっかける

 「昔はこの手のゲームを6000〜7000円をだして買っていたんだぜ(ポケモンコロシアム)」
 「いくらなら買う?」
 「3000円‥」
 「それだとCD一枚の値段だよ」
 「え?」

 「7000円もだして糞ゲーだったりしたらトラウマになるんだぜ」

 ‥こんな話を長男(春に小学四年生)に仕掛けると
 途端に集中力の度合いやら選択肢の取捨が変わり出す


> ‥それにしても
> 「え?」にはびっくりだ


 もはやゲームを買って遊ぶ概念が通じるのは、成人だけって世界のようだ
 CDだって学生がカネを出して買う時代には無いということなんだろう
 詩集なんか‥とくに死臭しかしねえって時代性だからな



posted by 木田舎滝ゆる里 at 17:40 | Comment(0) | 日記/2019 | 更新情報をチェックする

2019年03月23日

【妄想】ゲーム機の向きと不向き

記稿.2019/03/23

> ニンテンドーWiiというゲーム機があった
> 「特殊なコントローラ」×「大きなお家」×「大型画面」前提のゲーム機だった
> 時はサブプライムローンバブルに沸いていた
> 海外からの任天堂への投資が絶頂だった


 そんな中、ソニーは独自回路路線まっしぐらだった
 プログラマー泣かせのそんな流れにありつつも、好評を得ていたのがポータブル機だった

 ‥そのような事からも
 ソニー製ゲーム機は個人向け
 任天堂ゲーム機は家族向け
 とした棲み分けが、おぼろげに発生していた


 ‥時代のバブルが弾けると、やって来たのが
 iフォン→スマホの流れによるポータブル機ゲーム路線の延長だった
 ゲームの世界は圧倒的に個人用途の流れに切り替わった

 不景気への突入も絡み、任天堂の家族で遊ぼうリッチ路線はあっけなく後退した


> ‥冷静になって考えてみれば当然の流れだが
> 当時はゲーム機一つからここまでの推察はできていなかった
> 投資家の方がずっと目ざといというか、用と不用の真贋が↑って事だよな


 そんなこんなのバブル崩壊の流れもあり、ソニーも腹を括ったらしく
 独自路線を捨てて、プログラマー向けの開発環境寄りに切り替わったらしい
 それでも、プレステの印象は、「3」時代に植え付いてしまったマニア路線感は残ったままだ


 ‥任天堂はというと、少子化の流れもあり
 以前ほどに家族向けとしたインパクトを打ち出せていない(ポータブル機需要全盛)
 しかし、この先にある高齢化の層は、ゲーム機世代の初期の層に入り始める(世界中で)
 適度な運動を兼ねた発想はそれなりに復活できそうな空気にあるようには思われる

(まぁそれにしたとて、お一人様が一人暮らしの空き部屋でゲーム相手に運動する‥程度か‥)
(4k画面を無駄に据え置きしているというのも、購入の動機としては弱いだろうし)


> ゲームで運動を考えると


 「ポケモンGO」のスタイルが挙がるが
 社会現象としては、色々と行き過ぎたトラブルが発生しがちだ

 どうせなら、四畳半サイズの歩行マシンでも作り出して
 それをコントローラにして、サバゲーぐらい遊べる程が要求されてくる

 地球マップデータ上の好きなところに降り立った気分から
 歩き始める‥なんて想像にしても、その手の体感コントローラは必要になる
 略して「体コン」だ


 ‥「歩行運動移動検知型体コン」の課題は
 特定の境界位置から先に対して
 進んだ分だけ足元が後方にさがって、常に身体の位置がコントローラのまん中に位置することだ
 大型画面を前にして移動せずに画面を見ることができないのではお話にならない

 所謂、ルームランナーの全方位型という位置づけになるわけだが

 進んでも進んでも前に進めない幻覚の術マシンとした位置づけでもある


> しかしまぁそんな遊具があったら
> 仔犬とか仔猫とか赤ん坊とか、外に出られなくするのに超発明である


 遊具としては、床全体がパネルでもあり、映像が変わる程にあるとたのしめそうだ
 (この場合は、天井から投影する形式になるだろうけどね)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 14:37 | Comment(0) | 日記/2019 | 更新情報をチェックする

2019年03月12日

【妄想】水素が始まらない黒い理由

記稿.2019/03/12

> 水素を作り出すためには水が必要です


 その水を大量に持っているのが日本です
 その水の利権をフランスに売り渡そうとやっきになっているのが、安倍政権の中核にいる麻生太郎でーす
 なんでも親戚のおフランス絡みが原発利権を失いつつあるので、別のエネルギー産業で食いつなぎたいとかなんとか
 ‥などという詳しく知らない噂話をネタに妄想しちまいましたz

 セメントよりずっと儲かりそうな話に

 フランスを絡めてルートを複雑にして、やらかそうという算段でしょうか?

 その為にはまず、日本の水利権をおフランス様に手にしてもらわない事には始められません
 日本のお財布を握りしめているからこそできる‥水素始めさせない指示・威嚇‥だったりしてな



posted by 木田舎滝ゆる里 at 00:16 | Comment(0) | 日記/2019 | 更新情報をチェックする

2019年02月21日

【知識】断食と飢餓と回復の差

記稿.2019/02/21

> 断食修行で命を落とす理由は、炭水化物ダイエットに象徴されているわけだが
> それ以外にもインスリンとの絡みがあるそうだ


 ‥極度の飢餓状態の場合(ヒト)
 身体を構成する成分をトコトン削り取って、生存機能を維持するために使われる
 その状態から一気に腹一杯に食べようとすると
 血液成分のバランスを取ろうと、体内では、大量のインスリンを出すことになるそうだ

 すると、インスリンを作り出すために
 どうにか維持されていた生存状態から、さらに身体構成成分を剥ぎ取ることになる

 ようやく口に入ったと思ったら、一気に飢餓エンドを駆け抜ける結果になると言う


> マンガ「刃牙シリーズ」において
> 飢餓状態から一気に食事をしまくった上に、バケツ一杯分の砂糖水を飲みほす場面があるが
> あれを凡人がやらかすと、食べてる最中に死に至るのが医学的見解ということです


 そもそもコカコーラがもっとも即効性のあるエネルギーであるかのような紹介をやらかしているのが
 刃牙シリーズですが、すべて間違っているというか特定とした条件が絡む内容です

 激しい運動の中途においての密度の高い糖分摂取は、運動の間に消化吸収されるので構わないと思いますが
 運動後に密度の高い糖分の摂取は、個人差はあるにせよ、ただただ血管へのリスクだと思います
 とくに砂糖とか人工甘味料とか清酒なんてえのは、基本、血管的に害以外のなにものでもありません

 どうにも甘さを欲して摂取するなら「果物」と言うことになると思います


 ‥その点、現代には
 野菜ジュースというものがあるので
 そのようなまずは、液体からの適度なミネラル等の摂取からスムーズに行えるわけです

 ‥つまり、昔ながらのやり方のままの断食修行にしても
 間間にトマトジュースなどを食すことで死亡リスクを減らせるように思われます
 死に急ぐだけの完全断食(修行)に何らメリットは無いでしょう


> このような検知から、被災して食料が無い状態に置いて
> もっとも最後に残しておくべきはトマトジュースということになると思います




posted by 木田舎滝ゆる里 at 14:03 | Comment(0) | 日記/2019 | 更新情報をチェックする

2019年02月16日

【盲点】公務員という職業選択に見られる心理的矛盾

記稿.2019/02/16

> 公務員を選択する理由のほとんどは「競争社会が嫌だから・不安だから」


 ‥と考えた場合、教師選択は明らかに失敗たるだろう
 なぜなら、競争社会を推奨している側のど真ん中だからだ

 もし、そのまんまなら自殺行為とも言える職業選択になる

 そこのところが無思考だったりすると、モンスターペアレントに嵌まることにもなるのだろう
 ぶっちゃけ、競争が嫌なら、徹底して地方を志願すべきである(中途半端が一番にヤバイ)


 一方でそうではない教師志願の場合
 とくに熱血派だったりすると、ドツボで競争主義に嵌まっていたりする
 ところが時代はそういう空気にも無いし、そもそもにして気力体力気持ちがついてこないのが実情だ

 ‥テレビオタク同然に過ごしていた世代からして
 毎日テレビに齧り付いていた奴とそうでなく外で遊んでいた奴との体力差は甚だしい(とくに肺活量)
 ゲーム三昧の特定時間という縛りの無い時代なら、それこそ動きようが無い生活感にあるのだろう
 (そこの差は、特に幼少時代に培われてしまう傾向にあると言える)


> このような教師側の構成バランスを顧みた場合


 熱血先生は、「努力」「根性」を言い
 競争嫌いな先生は黙りを決め込む
 その一番に現れるのがイジメ沙汰の対処の仕方と言えるだろう

 ては、普通に面倒見の良い先生というのはどこにいったのだろうか?

 ‥だから、そりゃ「地方」「より地方」ということになる
 いじめ問題ど真ん中の都会にいる教師なんか、それこそ生活の都合が優先だから
 生徒や児童の面倒を見ることよりも、自分の趣味に没頭したいタイプだろう
 (どう考えたって心中はいたってそういうことになってくる)


> このようなパターンは、今や公務員の至る所に発生しているものと思われる


 ‥どちらかというと競争嫌いな奴らが
 競争社会を煽らざるを得ないど真ん中に位置するという不可解な人材構成は
 (誰がどうみたって)集団不幸をやらかしてしまうポチタイプになるのが流れだ

 その癖、競争大好きな奴らは、民間周りで外野からあれこれと催促に甚だしい
 はっきり言って、お前らの選択肢(職業選択の自由)は、民主社会構造上の不可解でしかない!!!



posted by 木田舎滝ゆる里 at 14:40 | Comment(0) | 日記/2019 | 更新情報をチェックする

【消費税】反対勢力としての攻め方が不可解(野党の本音)

記稿.2019/02/16

 不正統計問題の根本は、景気の云々による消費税増税を行えるか否かに絡むわけだが
 野党からの質疑にそのような一枚岩なツッコミは見られない

 まるで、まずは不正統計の真偽がどのくらいかを求めてお終いであるかのようだ
 どうみたって、一から品定めの消費税増税中止を叫ぶべき所だろう

 ところがそうではない

 あたかも増税方向を認めているかのように
 ポイント還元制度の中身の是非に付き合ってしまっているのだ
 これでは、野党も揃って、消費税増税に賛成しているとしか思えない(やっぱりな)


> なんというか、口喧嘩のツッコミどころの着目ですでに大敗しているようでは「明日はねぇ」


 多くの国民にしたところで似たようなオチらしい(残念!)

 ‥そういえば、テレビでは殺人だ白血病だと話を逸らして洗脳状況と言えばそのまんまで
 攻められている方ほど気が付かれたくないポイントを熟知しているということか‥
 ほんと、明日なんかなねぇ戦争沙汰だよ



 ‥明日が無いと言えば、自衛隊募集に県名簿がどうのこうの話だが
 あれにしたって、戸籍を調べれば幾らでも統計だせるだろうし、赤紙だって出せるだろう
 どうして募集するのに名簿がどうのと話を絡めてるんだ?(意図不明)
 まるで、行政にはまともに人口統計すら出せませんと訴えているみたいにしか思えないのだが‥

 そういった墓穴を掘ってる部分を庶民視点からツッコめば良いだけなのに

 野党にはそもそもの「打倒」気概が伺えない
 まるで国民受けが良いように「妥当」にしか攻めていない印象だよ


> それで政権をひっくり返せる訳が無い!!!



posted by 木田舎滝ゆる里 at 11:45 | Comment(0) | 日記/2019 | 更新情報をチェックする

2019年01月28日

【予想】女子の冷え性と上半身の血流量の関連性

記稿.2019/01/28

> 鈍っていた身体をちびちびと筋トレしてきての肉体変化からの予想です
> なんとなく寒さに強くなった気がする?‥「これはなんなのか?」


 筋力を鍛えるにもまずは、エネルギーを運ぶ上で欠かせない血流量を増やす必要があります
 血液を運ぶ上で欠かせない臓器は「肺」と「心臓」です

 肺と心臓を鍛えるには、有酸素運動が欠かせないわけですが
 それよりもまずは、心臓周りの血流をサクッと鍛えるのに手っ取り早いのが上半身の強化です

 なので、健康力の上昇としては
 まず、有酸素運動と上半身の強化は外せません


 運動器具を買っても野暮なので、階段昇降と階段腕立てをちびちびと繰り返しました

(その後、階段昇降は、3kgの鉄アレイを両手に持って負荷を付けてます)‥さらに踵を浮かせてやるっす
(その後、階段腕立ては、めでたく通常の腕立て伏せにアップしました)‥かなり鈍ってただよ
(歩く上で欠かせないのは、足を上げる高さです‥と言うことで「蹴り振り」を追加しました)‥目指せハイキック


> という中身をちびちびとやってきて
> なんとなく寒さに強くなった気がする?‥という甲斐を得た‥


 ‥そこで疑問が湧きました
 心臓周りの血流量等が改善してきたからと考えた場合

 「ボインの女子に冷え性はあるのか?」

 カップサイズがEサイズを肥え始めると、見るからにおっぱいの血管の太いのがわかります(ビデオ参照)

 おっぱいを肥やすにもまずは血管からなのでしょう
(ちんちんを肥やすにしても同じだと思います)

 ‥おっぱいを支える為にも、無駄に上半身が鍛えられていたりすると
 脂肪の付き方にも差はあると思いますが、心臓周りの血流量も平均高目だろうとの差はあるように思われます

 つまり、「ボインには冷え性が少ないのでは?」
 という推理が立つわけです


> この推理が正しい場合
> 冷え性がちの女子は、上半身の血流量の改善から始めるのが早道に思われます


 ‥単純に、若い頃の運動経験の少ない女子に冷え性が多いとも想定できますが
 まぁどうなんでしょうかね?
 運動したからって、カップサイズが上昇するわけでも無いので、あくまで改善策としての参考意見でーす



posted by 木田舎滝ゆる里 at 12:18 | Comment(0) | 日記/2019 | 更新情報をチェックする

2019年01月26日

【危機感】サクラエビ不良と静岡県下での瀬切れ

記稿.2019/01/26

> 駿河湾に流れ込む大河は、東から、狩野川,富士川,安部川,大井川と四本もあるので
> 瀬切れの発生による養分不足を警戒する意識が手薄いようです


 しかし、サクラエビほどプランクトンの発生に左右される生物もありません
 サクラエビを漁り過ぎれば‥そりゃ減りますが、回復するかどうかになりますと
 山からの十分な養分が来ているのかどうかが欠かせません

 実際のところ

 安部川での瀬切れはニュースになるほどです
 狩野川でも、普段から用水路任せのツケが発生しておるそうです


 ‥狩野川では、近年における夏豪雨にありながら、土砂を押し流す勢いが不足していて
 川底に土砂が堆積しだしており、氾濫や瀬切れが懸念されています(事情通レベル)

(はっきり言って、高架事業に予算を回そうとか云ってる状況にはないと云えるでしょう)
(高架事業優先感覚のままだと、海産資源に影響が及ぶかも知れません)
(その手の牽制があるから、注目も低いように思われます)

(ぶっちゃけ、沼津で深海魚か注目される次第に成っているのも、用水路に流すようになってからかも知れません)
(昔との違いがわかるのは、用水路以前の漁に携わっていた人たちだけです)


> つまり、なにが言いたいのかというと


 二本目三本目と静岡県下で瀬切れが同時発生&慢性化しだそうなら
 駿河湾の海産資源があっという間に枯渇しかねない‥というまさかが起こり得るという事です

 すごく基本的な要素に危機感を抱いていないというか、見逃しているというか
 サクラエビの回復が遅れるようなら、ますます湾の底から深刻化していることになるでしょう

(サクラエビなんて大型魚の餌ですからね、回復が遅れるばかりなら、そっちのケースも有り得ると)
(まぁそうなればなるほど、バランスして、小ぶりしか確保できなく成るわけですけどね)


> しかも沼津では
> 富士山が数キロに渡って壁で見えなくなって、魚も影を落とすような事態になりうる可能性があると云うことです
> そうなれば‥アニメで客を釣りましょうとか、無知でお子様レベルでの政痴だったと野次らそうですね



posted by 木田舎滝ゆる里 at 11:20 | Comment(0) | 日記/2019 | 更新情報をチェックする