2019年12月13日

【勝手句帳】r063(01-12-7,10)其の2静岡新聞掲載分から


↓ 3)1 向宜詠吟.2019/12/13

なつかしき友と語らふひとときの登呂の稲田に秋風わたる
焼津市・さつき短歌会(12-7)

 ‥ネタの首の「なつかしき友」、これが個人的には引っ掛かりました
 「懐かしさ」というやつは、半分は忘れていたとする意味があるわけです

 忘れていたほどになると、顔を見てもすぐに判るわけがないっ


 ‥そのような場合
 話が合わないのは、失礼にも恥にもなるので、避けて逃げるのが通常です


 まぁすぐに思い出せたなら話は別ですが
 どちらにしても、その辺のニュアンスは端折ってしまっているほどなので
 「久しぶり」とした空気に思われます


久しかる友と語らふ稲田風 苦笑ひさへ晴々として


 ‥あはは‥「あれからどうしてる?」かなんて、訊かんで欲しいんだけど
 まぁそんなの顔を合わせたからには無理な話と言う奴で
 ぽつりぽつりと苦笑いを浮かべながら、その後の人生を語らうのも田舎の秋だよなあ


↓ 3)2


|遠き日吾子追ひかけ秋夕焼
焼津市・梶の葉句会(12-10)

 ‥ネタの句の中七と下五の関連だけで読み上げたなら
 わが子を追いかけていたのは夕焼けの方である‥ということになります

 どうしたって逆でしょう

 上五が「遠き日」とあるから、どうにか
 詠み手が吾子を追いかけているらしいとした助詞の不適切な盛りなんだなあとわかりますが
 この辺が季語を引っ付ければ同じだろうと思っている程度だって語っている段階です

 そりゃまぁ季語を引っ付ければ、なんとなく俳句に見えちゃうんですが
 基本としての文章でもあることを忘れていては、日本語も糞もありません

 どうしてその辺で、敢えて外人レベルに成り果てるのかが謎なんですが
 その辺は、もっと日本語の感覚に添って助詞を選びましょう(訂正2019/12/15)


|遠き日吾子追ひかけ秋夕焼 さざれ思いの置き去りぬらめ


 ‥なんでだろうな、老いて尚、未だにわが子の小さい頃を思い出している
 今に思えば、いろんな気持ちを置いてきちゃったかなあと思うところもあるけど
 当時はあれで精一杯だったんだし、今更どうしたかったなんて、どうでもいいはずなのに
 なぜか思い出しては、あれこれとした選択肢を彷徨っていたりする

 それとも‥私自身があの頃に帰りたいと言うのだろうか‥

(ヒトって、どうにも無理な願望を持っちゃってるよなあって自分も含めて思わざるを得ない)


↓ 3)3


陽を浴びてダイヤの粒の輝ける物干竿に並ぶ雨粒
裾野市・鈴木図書館短歌会(12-7)

 ‥ネタの首の上の句だけで捉えると
 ダイヤモンドが陽を浴びているように映ります

 極端に解釈すれば、ダイヤモンドが日光浴している風にも映るわけです

 少なくともそこは、「ライト」「光」のニュアンスにとどめたいところです
 でも、言いたいことは下の句にあるようですので
 もう少し、状況のわかりやすい語句を選びましょう


> 仮にそれに適切な言葉が見つからないとしても
> 言いたいことは下の句にこそあるわけですから、そこは脚色もありということです


|夕立の後の輝きダイヤかな 物干竿に並ぶ雨粒


 ‥夕立の後のピカピカとした空気感
 物干し竿に並ぶ雨粒の残りなんか、ダイヤモンドにすら見えてくる
 まぁそれは言いすぎかも知れないけれど
 そんな雨上がりの後の澄んだ空気が好きなんだよなあ



> うた詠み終わります、ありがとうございました。



posted by 木田舎滝ゆる里 at 12:13 | Comment(0) | 名句にポン/2019中途から | 更新情報をチェックする

【勝手句帳】r062(01-12-7,10)其の1静岡新聞掲載分から


↓ 10)1 向宜詠吟.2019/12/13

|行く秋や俳句で凌ぐ認知症
静岡市・長田寿俳句同好会(12-10)

|閣議こそ法より上と定義替え 定義でしのぐ反社容認


 毎日新聞:「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定


「その時々の社会情勢に応じて変化し得るものであり、限定的・統一的な定義は困難だ」

 ‥つまり
 勝てば官軍であり、負けた方が反社にも成り得るのであって
 勝ち組同士のお付き合いに反社などおりません‥とこう言いたいと‥

 ‥だからこそ
 勝ち続ける為にも、負けてる方の扱いこそを、どうしていくかが
 私たちの政治ですと‥こう言いたいと‥

 ‥だから、そういうのを反社会的勢力としての性根って言うんでしょうが
 「私たちは、危険思想をも厭わない閣僚です」って語ってるんですよ

 (まぁナチスがお手本なんだから、どうしようもない)


> 反社容認はもはや違法でーす
> だってこれからは、反社ともお付き合いして行くこともありうる宣言じゃん


それって政府乗っ取り・私物化宣言と同質じゃん(宣言なんだから犯罪容疑で確定でーす)
それって政府乗っ取り・私物化宣言と同質じゃん(宣言なんだから犯罪容疑で確定でーす)
それって政府乗っ取り・私物化宣言と同質じゃん(宣言なんだから犯罪容疑で確定でーす)

(国会閉幕したんだし、事情聴取逮捕ありきの事案でーす‥閣僚まるごとな‥)
(逮捕が嫌なら、臨時国会再開しろッ‥事案扱いなら同じことだ‥)
(解釈には解釈だッ、野党のボケがッ‥ボケにボケをかましてるから野党なんだよ‥)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 08:19 | Comment(0) | 名句にポン/2019中途から | 更新情報をチェックする

2019年12月09日

【勝手句帳】r061(01-12-6)静岡新聞掲載分から


↓ 9)1 向宜詠吟.2019/12/09

|作業着干す空半分の鱗雲
裾野市・寿大学俳句教室(12-6)

|ふんどし干す空半分の鱗雲 北斎あたり描きしか


 ‥ふんどしを干した竿越しの鱗雲っ
 なかなかのカメラモチーフを見つけてしまったぜ
 これはきっと、北斎あたりがすでに遊びで描いてそうだなあ(ぷぷぷっ)


↓ 9)2


病むままに白萩の花散るままに
裾野市・寿大学俳句教室(12-6)
|点滴を見詰め思ひは秋祭
裾野市・寿大学俳句教室(12-6)

 ‥ネタの句は、別々の詠み手に由ります
 両者ともに入院沙汰にあったのかどうか
 同時に逝ってしまわれたのか、その辺はまるでわかりません

 (どちらかが病床の友を題材に詠んだのか、そこもわかりません)


|点滴を見詰め思ひは秋祭 この病むままに白萩の風


 ‥時節はすでに秋祭
 今頃は楽しんでいるはずだったのになあ
 何の因果か、今はどうにか点滴の病床の有り様だ

 「でも、もうダメだあ」

 どうにもここのところ白萩の事ばかりが頭に浮かぶ
 もう時期「散る」って事なんだろうなあ(仕方ないなあ、その時は潔く風になろう)


↓ 9)3


|星月夜辞世となりし句を声に
裾野市・寿大学俳句教室(12-6)

 ‥と言う流れらしいので
 少なくとも、どちらかは、亡くなられたということでしょう


|星月夜辞世となりし句を声に 読み返しても友は返らず


 ‥ネタの句の中七「‥なりし」が、すでに過去のことである由を語っており

 他界する寸前の当人が、そのような復唱の様を以て詠み直すわけもなく
 どう考えたって、故人となりし者の句を仲間が悼んで読み返しているのでしょう
 家族がいない身での句会仲間同士の流れともなれば、通夜での様と言うことなのでしょう
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 13:09 | Comment(0) | 名句にポン/2019中途から | 更新情報をチェックする

2019年12月06日

【勝手句帳】r060(01-11-30,12-3)其の2静岡新聞掲載分から


↓ 5)1 向宜詠吟.2019/12/06

|ぬばたまの夕影うつす山寺に翅ひからせてあきあかねまふ
沼津市・椎の木短歌会(11-30)

 ‥ネタの首の視点はよろしいと思いますが
 夕闇迫る時刻に、アキアカネの翅が光っていて印象深きを主張しようと

 そこに注釈を振ろうとしたとき、「だから何?」の光景しかないのです
 その辺は明らかに俳句要素の持ち込みです

 「自由に連想して頂いても結構です」としても、だったらもう少しぼかしてしまうのも有りです

 短歌とは、そういうものでもあるのですから


|ぬばたまの夕暮れ迫る山寺に 残照惜しむアキアカネ過ぐ


 ‥秋の夕焼けが綺麗だなあ
 夕暮れの迫るのがだんだんと早くなって、山寺の鐘の響きも一層に秋らしくなる

 時節は、もうすっかり惜しむ秋なのだ

 そんな残照の中に赤とんぼを見かけると
 心のどこかで「頑張れ」って思っちゃうのも秋だからだろうなあ


↓ 5)2


|山里の朽ち垣ぬらす初時雨
清水町・清流句会(12-3)

 ‥こちらのネタの句は俳句だけに写実だけでもありですが
 視点を変えないと引っぱり難い形式です


|山畠のついに朽ち垣初時雨 継ぐ者居らず先祖も泣きぬ


 ‥静岡県島田市には農家の跡継ぎが居ないとのことで
 あと10年で、朽ち垣であると報道されました

 つまり、大井川鉄道の閉鎖も近いって事ですよ、皆さん
 つまり、大井川鉄道の閉鎖も近いって事ですよ、皆さん
 つまり、大井川鉄道の閉鎖も近いって事ですよ、皆さん


> 農家亡き里の風景なんざ死に体だからなあ
> 「農村破れて線路あり」などという事では、投資のそもそもが不自然
> 欧米かぶれにも「トーマス号」に乗れさえすればご機嫌なんだからなあ
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 21:59 | Comment(0) | 名句にポン/2019中途から | 更新情報をチェックする

2019年12月05日

【勝手句帳】r059(01-11-30,12-3)其の1静岡新聞掲載分から


↓ 6)1 向宜詠吟.2019/12/05

|新米のおこぼれ得むと白鷺はコンバインの後群れて従きゆく
掛川市・なでしこ短歌会(11-30)  *従く(つく)

|税金のおこぼれ得むと花だかり 群れて従きたる政権支持率



↓ 6)2


倒れしまゝに上を向きしなやかに咲くコスモスの脇道をゆく
浜松市・アカシヤ短歌会(11-30)

|図太ときや斜陽内閣 粘り腰 ブレた舵取り ヨーソロー様


 ‥なんで犯罪者をかばってんだこの国は?
 「騙された方が悪い」とか、本気で思ってんのか?

 ‥だとしたら無法地帯だぞ
 公務員の顔して「見逃してる国民が悪い」と開き直ってんだぞ

 通報しないと動かないし
 通報しても素知らぬふりもありますって宣言されてんだぞ


 今時、仕事が無くなるのが嫌だとか
 負け組の辛酸を舐めるのが嫌だとか
 そういう事で無法化を公務員側がやらかしてると
 違憲どころか、憲法不在国家だから


 ‥それってつまり「国家では無い」って確証なだけだから
 「日本組」「日本村」「日本島」でしかありません宣言なんだぞ


> それで、観光に来て頂きたいって、発想がクズだろうがッ
> それで、治安だけは安全ですって、カネ目当てなだけの三下だろうがッ
> それで、働きに来て下さいって、あからさまに搾取詐欺だろうがッ
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 22:58 | Comment(0) | 名句にポン/2019中途から | 更新情報をチェックする

2019年12月03日

【勝手句帳】r058(01-11-29)其の2静岡新聞掲載分から


↓ 5)1 向宜詠吟.2019/12/03

|杖付いていっぱいの鰯雲
島田市・さんしょ俳句会(11-29)
|諦めると何故か出てくる探し物
島田市・さんしょ俳句会(11-29)

|杖付いていっぱいの鰯雲 探し物とてそのうち湧くら


 ‥しんどくなった足と腰を杖でだましながら
 探し物を求めて納屋に来てみたものの、どうにも見つからず
 しかたなく諦めて外に出ると、里いっぱいの鰯雲が広がっていた

 「あれ?」今日って、こんなに見事な鰯雲だったけ?

 本当に探していたのは、痛い痛いと出不精気味に成っていた
 何気ない一日の変化への興味関心だったのかも知れないなあ


 ‥なんだか鰯雲を見ているうちに
 探し物なんかそのうち出てくるだろうと、どうでも良くなっていたっけなあ
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 17:47 | Comment(0) | 名句にポン/2019中途から | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

【勝手句帳】r057(01-11-29)其の1静岡新聞掲載分から


↓ 7)1 向宜詠吟.2019/12/02

|初時雨山洗われて黒々と
静岡市・虎渓俳壇(11-29)

|安倍総理サクラ晒され黒々と 本音の透けて格差の権化



↓ 7)2


もの忘れ笑って飛ばす鰯雲
藤枝市・新俳句人連盟静岡県支部藤枝あざみ句会(11-29)

|もの忘れ笑ってかませ「いざ答弁」尋問沙汰のそもそもが恥


 ‥尋問沙汰はそもそもが恥である
 そして、クロだからクロが絡むからこそ、お約束の言葉が定着もするのだろう

 「記憶にございませんっ」
 「その点につきましては、答弁を差し控えさせていただきたい」

(どうせ尋問沙汰じたいが既に恥なんだから、憶えてなかろう発言だろうとすでに恥上等なんだよ)
(シラを切り通す手本とやらを見せてやろうじゃないかッ、さぁ掛かってこい)


> ということなんだろうなあ


↓ 7)3


ヘボ胡瓜サラブレッドの佇まい
島田市・さんしょ俳句会(11-29)

|ヘボ政治サラブレッドの野垂れ糞 逃げればわからぬ劇場化
|ヘボ検事サラブレッドらを逃がしより あやかり堅持の違法性
|警察も怪しく見える隙間風 どうせポリ公お上のワンちゃん
|違法には違法を放て自衛隊 議事堂占拠のにわか夢


 ‥さすがに本音で自衛隊にその手の期待など言語道断なわけだが
 (どうせポリ公以上の犬たる内訳こそ求められているところもあるわけだから)

 ならば

 100万人の群衆が国会議事堂を取り囲んで居座るとした「無血クーデター」はありだろうなあ


> 当然それを成し遂げるには、大震災レベル想定での食料調達やら何やらとしたノウハウが必要だ
> (まあ交代で居座るだけなら、都心部の経済効果に貢献するだけだけど‥そうでなければ)
> それだけのノウハウも持ちながら、格差社会をやらかしている方が不可解とした議論提示にもなる
> さて、我が国日本には、そこまでのノウハウがあるのだろうか?


 ‥成り行きとして、成功を見せたなら
 当然それの誘導者らへの期待も鰻登りになるわけだから、思惑の絡まないなんてことは無いわけで‥
 裏には同じ狢の主が控えていたりもするだろうから、クーデター要素に意味なんて無くなるわけだけど

 だからこそ、自腹で集まって耐え忍ぶのが筋って事でもある

 でも誰もそこまではやらないんだよ(そもそもの大半が政治に無関心だから)
 アルバイトとして貰える物が無いと参加しない(結局は犬思考)


 ‥まぁ精々可能としたら、有志が車で100万台が一斉に路駐作戦三日間ぐらいだろう
 そしらぬ顔で巻き込めば、その倍々の数を一時停止に巻き込んで利用できる
 そうなると警察は徒歩を余儀なくされる

 検挙の対象になるのは、先頭の車両と言うことになるが
 そこはやはり、議事堂前でないとお題目が薄くなるから目に見えるようにやるしかない

 でも警察とて移動に車が使えないので
 連行にしても面倒くさいので、代表だけをピンポイント狙いにせざるを得ない

(にわか参加でのリスクが少ないだろうと思われるのは好奇だろう)


> マンガネタにどうぞ(暴動しか知らない世界がニヤリとするだろうぜ)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 14:10 | Comment(0) | 名句にポン/2019中途から | 更新情報をチェックする

2019年11月30日

【勝手句帳】r056(01-11-26)其の3静岡新聞掲載分から


↓ 5)1 向宜詠吟.2019/11/30

コスモスのコスモス色や風の中
浜松市天竜区水窪町

|こ田舎のコスモス尽くし風小道 あたちのロマンス地球盛り


*こ田舎(こいなか)→恋仲

 ‥恋仲での恋路には、コスモスの野道がよく似合う
 そんな感じのコスモスの野道を、田舎暮らしながらに歩いていると
 どうしたって、あたちのロマンスは地球盛りにテンションが上がっちゃうのら

 でも田舎だから、なかなか叶った男はいないのら(地球盛りに残念っ)


↓ 5)2


|秋だねと言われてみれば秋の風
浜松市中区萩丘

|秋だねと言われてみれば秋の谷 いつの間にやら紅葉に黄嶺


 ‥家族旅行の車中、ぼくはスマホ画面をずっと眺めていた
 気が付けば、みんなの口から「秋だね」と聞こえてきた
 そんなの当たり前だろうと思うも騒がしいので画面から目を離して外を見た
 そしたら、目に入ってきた風景に驚いた

 ‥思わず見いっていた
 秋の谷に、紅葉に黄葉がいっぱいの山並みがひろがっていた

 気が付けば、セーブするのを忘れていたz


↓ 5)3


秋草の囲むドクターヘリポート
藤枝市・時ヶ谷

|秋草やドクターヘリに手を振れず 茫茫しとる息災らしき


 ‥おやおやなんだねこのヘリポートは
 草ぼうぼうじゃないかね
 こんなんじゃ離発着が煩わしいだろうに
 それほどに出動が無いのだろうか(まぁ息災と云うことなのだろう)

 それにしたって、予算無さげで危ういばかりだなあ


↓ 5)4


|妹へ最後の化粧鳳仙花
富士宮市外神東町

|妹へ最後の化粧鳳仙花 多き濃きおもいで種となり


 ‥今時の時代、死に装束は白で無くても好いのでは?
 などと妹の死に化粧に、そう思ってしまったよ

 棺桶にしたって、プリントしたって好いのでは?

 王族貴族にしたって、かつては豪勢な贈り物と共に葬られたらしいし
 今の時代に、庶民が少しぐらい色を付けたって問題なかろう
 (べらぼうに高くなってた葬式代代わりのせめてもの気持ちということでもある)


> ということで、妹の好きだった鳳仙花の柄を着物と棺桶にプリントしてみたよ(なーんてな)
> 終活の意味にしても、発想を変えれば、是に帰結せざるを得ないz


↓ 5)5


|大空に誰描きし鰯雲
磐田市上新屋  *描きしか(かきしか)

 ‥ネタの句の「か」は疑問詞なんだろうけど
 過去助動詞「き」の連体形「し」のあとに盛る傾向はあまり見られない
 なぜなら已然形の「しか」と混同してしまうからだ

 それでいて、描くを(かく)読みさせるのも苦しいばかりだろう

 ここはやはり「ぞ」を盛って
 「だれぞえがきし」の七音でまとめるのが筋である


|大空に誰描きし鰯雲 移ろうできの無限を語る


 ‥それにしても鰯雲ってほんとすげーよなあ
 どうして風に吹かれて動いているだけなのに
 あんな器用にバランスを保っていられるんだ?

 人間技ではあんなになんてとても無理だぜ

 きっと、空にも空気にも神が宿っているのだろう

(そうでもなけりゃ納得できるほどの見映えなど有り得ない)
(プログラムにしたって、ただのランダムに美学なんて無いからな)



> うた詠み終わります、ありがとうございました。



posted by 木田舎滝ゆる里 at 00:39 | Comment(0) | 名句にポン/2019中途から | 更新情報をチェックする

2019年11月29日

【勝手句帳】r055(01-11-26)其の2静岡新聞掲載分から


↓ 10)1 向宜詠吟.2019/11/29

つはぶきの寄り添ひし日恋ひし
藤枝市新南新屋

|石蕗の寄り添う恋路 昭和かな 空気のゆるさの遠くなり


 ‥昭和って、なんであんなに盛り上がってたんだ?
 恋愛で言うなら地味でも良かった
 地味でも子育てはそれなりに成り立った
 しかしどうか?
 平成は地味では子育てすらままならない
 地味で無くてもままならない

 ‥昭和が特別で、平成が普通と解釈すると
 そりゃ危険信号なんだな、それだけは肌で直感できる

 でも今時の若い奴らは、そこの差をキャッチできん環境に置かれている


> ‥それもそう
> 「使えない奴は死ねば好い」を‥日柄普通に平気で口にするほどだもの‥


↓ 10)2


ちゃんちゃんこ背に子負ひしひとりかな
富士市中野台

|ちゃんちゃんこ背に子を負ひし家事独り 家電の救いも昭和まで


 ‥パンパースと家電に大助かりだったのが昭和の主婦である
 しかしどうか?

 今や高性能と化したそれらにしたところで、大助かりなどとした空気は無い

 旦那を台所に引きずり出して公平にやれと問いただす時代だ
 それが下手でどうしようもないなら、早う帰宅して子の面倒を見ろと問いただす‥
 片付けをさせれば、モノの配置が違うことに目くじらを立てて
 自分が如何に指図の下手くそな上司にあるかを顧みること無く恐妻と化する


 ‥それにしても、掃除もまともに出来ない相手を選んじまってる時点で
 世の中の空気は高が知れている(そんなのばかりゴロゴロしてたって意味だからな)

 綺麗好きの日本人とはいえ、肝心なところはヘタレの方が多かった
 綺麗好きな奴が極端に猛烈なだけだった
 その几帳面な奴がたまたま昭和の家電業界に集結していたとかなんとか‥

 今はどうかというと、家電の開発も行き詰まり感ありありで
 投資に乏しければ、女子で間に合う空気なのだろう
 それで、家庭にて男子にそれらを八つ当たり気味に求めるのは、逆襲に見えなくもない


(そんな旦那らの心には、手抜きでええヤンとした気持ちがある‥そういう時に選んだ男なんだなあ)


> 甘えたい盛りに恋をしても、なぜかその手の手抜きでええヤン男子を選んでしまっているという
> 女子の側にあるその手の迂闊な自分たちのどうしようもなさには触れようとはしないままだ
> 「甘えたい」=「甘えられそう」=「手抜きでええヤン思考」なんだよ(ばーかっ)
> それこそが欧米化の流れだ、結果、女子の質の方も下がっているとするのが正しい見方だz
> そのグローバル化を見よ、世界中どこでも利かん坊だらけになっている(それが流れなんだなあ)
> 「手抜きでええヤン思考」の連鎖と量産がそこにある(それの象徴が「歩き&ながらスマホ」)


 ‥ところが、日本の女子だけが母に目覚めると、猛烈に「手抜きはアカン思考」にハマるのだ
 逆に、日本男児は女子に其を期待していたりする分、「腐女子はイラン思考」にある
 どちらも伝統と欧米化の都合のいいとこ取りをしようとしていて怪しくなっている
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:56 | Comment(0) | 名句にポン/2019中途から | 更新情報をチェックする

2019年11月27日

【勝手句帳】r054(01-11-26)其の1静岡新聞掲載分から


↓ 9)1 向宜詠吟.2019/11/27

能面に隠せるシテの秋思かな
富士市・ランブル富士句会(11-26)  *シテ‥能用語で主人公を演ずる者。

|能面で固めるシテの桜冷え 裏でひやひや財務省

*参考:能の誘い

 ‥安倍政権が頓挫になると財務省共に道連れだ
 自民党ばかりでは無い、今や我々も粛清リストに名が挙がっちゃってるからな

 「ここは何としても耐えて頂きたい」


 ‥と言う側面もあるわけで、結局、かつての軍部と同じ心理オチにあるらしい
 戦争に資金を準備立てるのもこの手の機関の手腕ありきだからなあ
 この手の人材まで裁かれる姿は、軍事法廷でも見られない

 それが今回に限って
 安倍政権崩壊と共にやってくるとかなんとかと言うのだから、踏ん張っちゃうのだろう


> 官僚にとって左遷沙汰は一番の恥、だが今回は、左遷どころに無く「剥奪」下手すりゃ暗殺も
> 財務省官僚らにとって、赤字処理同然で白旗は有り得ない(そういう精神構造だから)
> 恩赦ありきで詰め寄らないと長引くだけだが(総じて中身が腐ってそうだからなあ‥)


↓ 9)2


ただひとり沼の小道の蛍草
富士市・ランブル富士句会(11-26)  *蛍草‥つゆくさ。

|ただひとり泥沼に湧く蛍草 総理の沙汰に連ねる「昭恵」


 ‥桜を見る会の沙汰にも「安倍昭恵」の名が聞こえている
 なんというのか、夫婦揃って公私の区別が無いらしい

 で、こちらは裁かれることはあるのか?

 (ある意味、知る人ぞ知る陰謀論版ヒラリーの日本版に思われるが‥まぁ対象外?‥)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 22:41 | Comment(0) | 名句にポン/2019中途から | 更新情報をチェックする