2019年09月04日

【勝手句帳】r019(01-9-3)静岡新聞掲載分から


↓ 8)1 向宜詠吟.2019/09/04


凶年を知らぬ無花果そっと採り
静岡市・木蘭吟社(9-3)

|凶年を知らぬ支持率のち増税「徳」にコミ出しの用有りき


 ‥通常、当たり年と外れ年なんて表現があるように
 どのような作付けにも、土壌栄養の上昇と下降があるのが通常なわけですが
 それを避けるためにも、追肥したり転作したりするわけですが
 ネタの句の詠みからすると無花果(いちじく)にはそれが無いらしい

(へえー、ただでさえ無花果は栄養価が高いと言われているのに‥まじっすか?)


> ‥囲碁には先手有利の経験則から
> コミ出したるルールが設定されている(フェアーに基づく精神&日本発祥?)


 ‥このような要素は、長期政権に及ぶほどに言えるのだから
 過半数とするラインを一年につき1%加算するなどしないと
 公平な支持率なんか出るわけが無い


(ただでさえ我が国の傾向としては、忖度されちゃってるもんなあ)
(つまり10年続けば、与党の支持率50%には、59%が求められる見立て表現となる)


 ‥決議の比率においても、それなりの加算を以て過半数としないのでは怪しい
 そうで無いから野党の議席が死に票になり、投票率にも影響することになる
 すると長期政権になるほどに
 求められる可決率も十年すれば76%を以て3分の2となる
 そうであれば、投票率が下がり続けるということにはならない

(そうで無いから、調子こいてどんどん増税になちゃうし、強行採決ばっかだよ‥)

 ‥そうなればそうなったで
 野党の連合が与党になったにせよ、調子こいて長期政権で行きましょうとの流れにはなりにくい
 そこは「達成解散」ありきに成らざるを得ない
 そこの世間的な理解&裏付けとしても、「コミ出しルール」は欠かせないのだ
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 14:08 | Comment(0) | 名句にポン/2019中途から | 更新情報をチェックする

2019年09月01日

【勝手句帳】r018(01-8-31)静岡新聞掲載分から


↓ 5)1 向宜詠吟.2019/09/01

|喫茶店の大窓に見る雨の街足早なる人ら輪郭のこさず
藤枝市・文化協会短歌会(8-31)

|コーヒーの輪郭を消す警報雨 街に寄らせぬ足早の闇


 ‥ネタの首の「輪郭」の語句が目を惹きました
 でも上の句が平凡すぎです
 「雨だから急いでいるのは当然でしょう」とした解釈は面白くありません
 「喫茶店の大窓」がどうのとか、そんなのはどうでも良いことです
 そりゃ印象的だったんでしょうけど、それはあくまで個人の視界です

 ということでアレンジしてみれば、無季俳句のお手本のような上の句になりましたz


> ‥参ったなあ、警報予想の範囲この近辺も入っちゃってるよ
> 折角のコーヒーの香りなんて無いも同然だよ、これでは商売上がったりだ
> それじゃ、こちらも切りの良いところで上がらせてもらうとするかな


5)2


|蓮花寺の道の辺に咲くあじさいの走る目線にかもす色合い
藤枝市・文化協会短歌会(8-31)

|チャリ飛ばし瞳に透ける七変化 梅雨映えそれて目指す校門


*七変化(しちへんげ)‥ここでは紫陽花の異名のうちの一つ。

 ‥ネタの首の下の句の着想が、なにやら面白いのですが
 言葉の選びとしては、不十分で宜しくありません
 そもそも「走る」って何?
 ランニング?、自転車?、バイク?、マイカー?、お仕事中の運転?
 今やそこをすっ飛ばせる時代ではありません

 ‥どこを優先させて盛るかです
 そこの判断が覚束ないようでは現代短歌としてのエッジは立ちません


> ‥今朝は雨足が引いており、道ゆく紫陽花が一段と目を惹くように思えた
> しかし、そんな悠長に鑑賞している暇などない
> チャリを飛ばしてなんとなく飛び込んでくる鮮やかさを愉しむだけだ
> そんな景色が視界から消えて見えなくなれば、後はもう校門までの退屈な距離だけである
> どう考えたって、学校たる習慣は朝の大切さがまるでわかっていない忙しなさだなあ
> まぁ無ければ無いで、寝坊が相場だろうから機会は与えられていると言わざるを得ない
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 22:41 | Comment(0) | 名句にポン/2019中途から | 更新情報をチェックする

2019年08月30日

【勝手句帳】r017(01-8-30)静岡新聞掲載分から


↓ 13)1 向宜詠吟.2019/08/30


沙羅落花地上に描く星座かな  *沙羅の花(沙羅双樹,夏椿)
静岡市・いきいき俳句会(8-30) 沙羅落花


|沙羅落花 生まれ変わりの息吹かな 丸く儚く命を寄せる


 ‥ああ、また沙羅の花が落花したよ
 まるで天上からの生まれ変わりを体現示すかのように瑞々しさを地上に降ろすのだなあ
 さらにそれら命が、まるで寄せ合うかのような暮らし向きに見えてくる
 ただそれだけのことですら切に儚く見えるだなんて、つくづく感慨深いことだなあ


↓ 13)2


|沙羅の花ぽとりと落とす己が鬱
静岡市・いきいき俳句会(8-30)

|沙羅の花 ぽつり私見をひろげ説く 臆するなかれ瑞々しかれ


 ‥人生なんてものはだね、そもそもが平家物語の祇園精舎そのまんまだよ
 華やかにやりたきゃね、討たれるのを恐れてちゃ成り立たないんだな
 それこそ討たれてみせるぐらいに、自らに自らの瑞々しきそのままを撒き散らすべきなんだよ
 どうしてそういう風に解釈できないのかな by沙羅の花



 ‥私ごとですが、沙羅の花を始めて知りました
 過去にも夏椿なる言葉を拝見したことが一回ぐらいあったように思いますが、スルーしてました
 これもそれも、祇園精舎を映像的に思い浮かべさせる授業をせずに
 暗記一辺倒だったしするからに思います(などと丸投げで文句垂れて見ましたん)

 ちなみに、そもそもの「祇園精舎」こそが「アンコールワット」でーす

 ‥それはそれで昔から日本にやってきていたと言う事です(逆も然り)
 どこか中国辺りとしか交易してなかったような教科書クサさは、明らかに黙殺しているわけですね

(平家も源氏も毛唐クサき流れの何者でもないと言うことでしょうか??)

 今更それがなぜ黙殺すべきなのかは不可解ですが、民族思想に染めあげたき空気も兼ねているのでしょう
(日本人の血の半分は、どうせ海の向こうから来たってのは織り込み済みなんだし、今更っすからね)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:42 | Comment(0) | 名句にポン/2019中途から | 更新情報をチェックする

2019年08月29日

【勝手句帳】r016(01-8-27)静岡新聞掲載分から


↓ 16)1 向宜詠吟.2019/08/29


ママみてと無邪気にみせるミニトマト
島田市・新俳句人連盟静岡県支部茶の花島田句会(8-27)

|ママみてと無邪気にみせる「紅ほっぺ」ほおばる口のなんと満悦


 ‥ネタの句はどうして「ミニトマト」なんだ?
 そこは、県民としては見栄を張ってでも「紅ほっぺ」でしょ
 つうことで、美味しいところいただいちゃいましたz

 参考:果物ナビ
    味覚ステーション
    静岡いちご通信


↓ 16)2


|もろこしをほうばる子等の夏日和
島田市・新俳句人連盟静岡県支部茶の花島田句会(8-27)

|夏野菜ほおばる子等の里に風 元気に育てそれが一番


 ‥トウモロコシの季語は、なんと仲秋(へ☆)
 どうしたって今や夏なんじゃねぇの(でも味は?‥)
 まぁ要するに、地元産が夏に出回って、北海道産が秋に出回るとか
 記憶を整理するとそんな気がしないでも無い
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 14:36 | Comment(0) | 名句にポン/2019中途から | 更新情報をチェックする

2019年08月27日

【勝手句帳】r015(01-8-24)静岡新聞掲載分から


↓ 12)1 向宜詠吟.2019/08/27


|長梅雨にさつま育てば空襲にさつま畑を逃げし遠き日
静岡市・長田寿短歌同好会(8-24)

|警報や雲の峰より焼夷弾 焼き尽くされて焼け原に哭く
|煤けたる蟻のポツポツ焼け野原 警報聞けばパッと散り消ゆ
|良く出来た壕に埋まれる楓とは 墓になりたる逃げ場の多し
|終戦の報はよく晴れ渡る空 まさに真っ白この断腸

↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 16:16 | Comment(0) | 名句にポン/2019中途から | 更新情報をチェックする

2019年08月25日

【勝手句帳】r014(01-8-23)静岡新聞掲載分から


↓ 11)1 向宜詠吟.2019/08/25


寝袋に潜る無音の星月夜  *星月夜(ほしづくよ)
静岡市・虎渓俳壇(8-23)

|寝袋をつつく無音の星月夜 包まれてゆくまたと無き時


 ‥ネタの句では上五「寝袋に潜る」が引っかかり
(星も十分見ましたよそろそろ寝ようかな、ああ良かったなぁ)の解釈は免れません

 ‥そもそも「寝袋に潜る」では
 是から入るアクションとも、頭ごとすっぽりと潜るアクションとも扱えます
 厳密には、「に」と盛ってあるので前者に思われますが
 星月夜を眺めているとして引っ張るには、どうしたってインパクトに欠いてしまいます


 ‥寝袋には入ったものの興奮冷めやらずもっと見ていたい
 結局、寝袋から秋の星空を見上げたまま、気が付けば寝入っていたなあ


↓ 11)2


|星月夜今光年の果てに佇つ  *佇つ(たつ)
静岡市・虎渓俳壇(8-23)

|夏銀河今光年の果てに佇つ 歩き出したる荒野のロード


 ‥ふふふ、やはり今夜は睨んだ通りのおあつらえ向きの天の川が広がってやがる
 夏だからこそ、夜通し歩き通しの星見もできるというものだ
 その舞台として、ここ荒野をつらぬく一本道を選んだのだ

(なんでも噂では、ここらは、夏の天の川を見上げるのに平行に沿った角度らしいからな)

 ‥さぁ行くか

 ※ そのような荒野やら一本道なるものがあるかどうかは存じません。


|星堕つ夜 ただ光年の果てに佇つ 見とれるままに今消ゆる町


 ‥さて問題です
 これは所謂、新海誠の「君の名は。」の冒頭の詠みとした趣になりますが
 なるほど短歌印象にするとこんな感じになるようですが
 この詠み手の立ち位置はどこでしょう?

一,無責任にも流れ星に恋の成就なんざお願いしちゃってる安全圏の人
二,今まさに堕ちてゆく方向にある町を知る流れ星の傍観者
三,消えゆく町の人の無念


 答え:二
 ちなみに、三にするなら「町」が「日々」になります
 一はまったく別の世界です


 それにしてもそれを見てたのは何歳の頃なのか?
 時間経過が曖昧なのはどうしてか?
 現場はニュースにならなかったのか?
 構成そのものに納得できん
 どうしてその町は忘れられているかのように「謎」になるんだよ!


 脚本は新海だけでなく川村元気をはじめとする東宝のチームとの協同‥wikiより抜粋


 ‥政府が隠蔽するにしたって無理すぎるだろう
 ‥まるで政府の隠蔽体質を肯定しているかのような印象は免れない、どうして肯定されてんだよ
 あれで暗に批判を絡めているつもりなんすかね?

 ‥ラーメン屋のオヤジが、あのスケッチを見て泣き出したっていいんだぜ
 ‥どう考えたって、歴史的大惨事なんだぜ、日本人の感覚じゃねぇじゃん!

 (輪郭がまるで見えてこねぇ構成だz)
 (物理学的にも、隕石の大きさはあの表現であっているのかよ?)
 (それの大きさ次第では、阿蘇なら誘発地震だって想定内のはず)
 (封鎖するにしたって放射能云々を理由にしては、隠蔽できるわけがねぇ)

 ‥政治的素養やら科学的知見やらがDQNのレベル、作中の民度低すぎるだろう
 (昭和アニメのわる乗り観すぎる)


 ‥いいですか、311をネタに、ラブコメをやらかさないのが日本人の感性でーす
 どうしてもの部分はあったのか?‥そこが問題だ‥


本作の着想は、新海が東日本大震災発生後の2011年7月に宮城県名取市閖上へ訪れたことで得た。「ここは自分の町だったかもしれない。もしも自分が閖上の住人だったなら」という、立場が入れ替わる映画を作ろうと思ったという。‥wikiより抜粋


 ‥んじゃ‥じっくり鑑賞してみるとするかな
 (糞入れ替わり話に免疫が‥さらに、脇にタバコ吸う女なんざ描くなよ100%萎える)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 13:17 | Comment(0) | 名句にポン/2019中途から | 更新情報をチェックする

2019年08月21日

【勝手句帳】r013(01-8-17,20)静岡新聞掲載分から


↓ 13)1 向宜詠吟.2019/08/21


ただ一輪咲きしあやめの色探し
沼津市・沼津するが俳句会(8-20)

|ただ一輪 青春つつく爽やかさ ほの字ぞ香る今朝の通


 *通(みち:ここでは通学・通勤途中の特定のコースを指す)


↓ 13)2


|向日葵の迷路の中に居る不安
沼津市・片浜松風句会(8-20)

|人生の迷路に這へりキビの汗 煮る汗注げようやくの甘


 ‥サトウキビ畑での労働は
 まさに人生の迷路にはまり込んじまったみてえに、這いつくばってもがんばらにゃならねぇ
 でも暑さによるしんどさはそこで終わりじゃねぇ
 うまい砂糖づくりにこだわれば、そこから先こそが腕の見せ所の正念場じゃ
 刈り入れたサトウキビをああしてこうして釜の前で火の番をして
 さらに汗びっしょりになってようやくうんまい塊にありつけるっちゅう話よ
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 21:23 | Comment(0) | 名句にポン/2019中途から | 更新情報をチェックする

2019年08月17日

【勝手句帳】r012(01-8-10,16)静岡新聞掲載分から


↓ 17)1 向宜詠吟.2019/08/17


|隔たりの夢と現実青簾
沼津市・潮音波光句会(8-16)

|隔たりの夢と現実青簾 格差育差の日和見時代



↓ 17)2


得意気や蟹を捕へし手を空に
沼津市・潮音波光句会(8-16)

|蟹捕らえそのよろこびや天を指す 「獲ったぞ」響く潮だまりの子ら


 ‥ネタの句の「得意気」に振り回されました
 何かと色を付けて解釈したがる傾向は、迷走の元でした
 (戻ってくる自信が有るなら迷走もありでしょう)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 15:41 | Comment(0) | 名句にポン/2019中途から | 更新情報をチェックする

2019年08月10日

【勝手句帳】r011(01-8-9)静岡新聞掲載分から


↓ 14)01 向宜詠吟.2019/08/10

花びらのいくつ崩れて蓮あらし
焼津市・みずほ句会(8-9)


 ‥蓮池(蓮の花)は、冬枯れするとそれはもう残念なぐらいの枯れざまでーす
 それはもう、桜が散ったあとの残念さとは月とすっぽんで最悪でーす

 (まぁ蓮根畑の都合もあると思いますが、ともかく最悪の光景っす)

 ‥それに加えてさらに
 風に吹かれても、まとまって花が崩れ落ちると聞いては、そりゃ詠まざるを得ないでしょう

 (ということでこうなりましたん↓)


|蓮の花哀れを知らぬ栄枯映え 慈しみとは「迷い無用」


 ‥思えば、仏陀の生き様に迷いが無いように見えるのは
 多くの迷いを相殺できる智慧と判断が、即座に湧いてくるからなのでしょう
 何事も相殺できるだけの智慧(内なるパワー)と、繋がり(外なるパワー)があってこそですが
 それゆえに、ドーンと構えていられるってことでしょう

 凡人からすると、それか如何にも慈しみに見えてしまうと‥
 凡人からすると、それか如何にも慈しみに見えてしまうと‥
 凡人からすると、それか如何にも慈しみに見えてしまうと‥


> 凡人だったら、それだけの智慧で何をやらかすかというと地球環境の困窮でーす
> もう少し高度になると、誰かにやらかせる程度ですが、まぁ根っこは同じでーす


 ‥仏陀には、何が苦しみを近づけてしまうかを知り得ているので、凡人よりは明らかに欲求が薄い
 仏陀に迷い(心残り)があるとしたら、己の用と不用のバランスでしょう

 凡人が凡人である由縁は、欲求の是非が、自らを滅ぼす次第を理解していないからでーす
 (論点を押さえずに、感情に任せて言い合っちゃってたりしちゃってます)

 わかったつもりで、思いやりが大事などと口にする割りには
 ガッツりと我が儘を押し通して、尚、都合が悪ければ知らん顔だったりまでやらかします

 ‥それらは、後々的に迷いをもたらす因果に跳ね返る仕組みっすので
 無慈悲パワーが経験則で、迷い無き姿に見えざるは、慈悲パワーとは明らかに異なりまーす


> まぁ正確に述べれば、「感謝」も迷いを誘う反作用の類でーす


 ‥自身の成り行きをどうしようかと決めるのも、それに後ろ髪引かれる迷いみたいなもんすから
 感謝を思い込みにも絶対善と決め込むばかりは、経験不足からの軽率でーす
 (だからといって、感謝しなくてもいいと思うのはもっと軽率でーす)


> ヒトそれぞれの気持ちの出入り口の様子に、一切興味を示さずに思いやれるわけがニャー


 ‥まぁ半分は「無知」からくる迷いだから、学問させるべき歴史が求められたって事だろうけど
 いい加減、無知症候群からの横並びに甘えてんなってのが時代の空気なわけさ

 それなのに

 ‥消費は絶対安全みたいに人権だからと思っているのは明らかに無知
 ‥人権保障の範囲で治安はしますけど、直接的な被害が無いと取り締まれませんのであしからず
 というのが正しい見解だった(誰もすべてを先んじて文言化などしようがない)

 仮に、先んじて文言化できたとしても、そんなのは単に不自由さの押しつけだとしか思われない

 つまりは、あなたのその消費生活は不完全が前提ですので何かあったら訴える事は可能ですけど
 痛い目を見るのはあなたが基点にならざるを得ませんよってことでーす
 その上、裁判等の費用もあなた持ちが前提ですよってレベルっす


 (神道や仏教が定着した環境で育った日本人のすれ違った人権意識の誤差がそこにある)


> ‥ところが欧米化して後
> 競争だからとか、より稼ぎが得られるとか、お得だからとか
> 誰もが、欲求に絆されるままに無駄をやらかすように至った
> そんなのは、それこそ無知で低すぎくんな「しめしめ脳」ってことだよ


 (今じゃすっかり、神道&仏教脳復活で、ネット情報共有ですぐ炎上)

 ‥それでなくても、私たちは未熟なので失敗をしでかしまーす
 その手の失敗すらカバーし合うより、人事査定のネタにしていてはボロボロ脳ってことでしょう
 そこを甘えんなと言ってしまっては、人道に非ず外道でーす

 (上に行くほど忖度を要求し合う世間体で育った日本人には、そこの甘えの質の差を区別できかねる)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 14:16 | Comment(0) | 名句にポン/2019中途から | 更新情報をチェックする

2019年08月08日

【勝手句帳】かじりよみ010


↓ 10)1 向宜詠吟.2019/08/08


|向日葵を咲かせ富士山かがやかす
富士宮市・早蕨句会(2019-8-6)

|向日葵を追えば富士山かくれんぼ 見つけた先の無双夏空


 ‥ネタの句の中七「咲かせ」の意図が曖昧でよろしくありません
 気持ちと狙いは伝わりますが、自慢げにも伝わります
 そりゃ自画自賛句にも汲み取れちまうっす

 そもそも

 ‥季語としての主役は「向日葵」であるべきなのに
 わざわざ脇役主張を頭からやらかしては、俳句として「駄目」の着目でーす

 複数要素で輝かそうなら、渾然一体を狙いましょう
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 13:52 | Comment(0) | 名句にポン/2019中途から | 更新情報をチェックする