2020年02月18日

【日記】右を向いてはコロナ、左を向いてはウイルス

記稿.2020/02/18

> https://golden-tamatama.com/blog-entry-why-18month-known.html

> シナリオは18ヶ月の時点で終わり、6500万人が死亡した。
> 感染しやすい人の数が減少しているため、世界的な流行は減速し始める。
> 世界的流行は、効果的なワクチンが登場するか、世界人口の80~90%が感染するまで、ある程度のペースで続くだろう。その時点から、それは風土病の小児疾患になるだろう

http://www.centerforhealthsecurity.org/event201/scenario.html


 ‥子年に鼠咬症のような潜伏能力を持ち、鼠算式に繁殖するウイルス
 結果、パンデミック需要で急増するマスク、マスク、マスク
 当然、プラスチック素材であーる

 プラスチック削減でダメージを被るのは石油利権
 マウス増産でホクホクするのは石油利権

 ‥使い捨てマスクの必要量も鼠算式にハンバない
 ストロー削減なんてけちいレベルでは無い、プラゴミの増産に転じる勢いだ


> 「風土病の小児疾患になる」って‥???‥
> (つまり)用意されたワクチンで治っても、今度は風土病程度での植え付けか‥
> (こどもに掛かり難い話が、不思議と小児疾患にすり替わっている)


 ‥このウイルスのキャッチフレーズは「正しく恐れましょう」とかなんとか
 つまり、発症する奴は発症するし、死ぬ奴は死ぬ
 その比率は、インフルエンザよりちょっと強力だけど、大丈夫な奴はそれこそ平気
 といった間引きキャンペーン報連相が降りてきているオチっすね

 とはいえ、個人レベルでの安全の保障なんてないからな
 だからこそ、「正しく恐れましょう」などと言い始める


> ところで、見方によっては鬼謀のネタにもなる
> それは、中国との空気回復を図る上での転機になるとした見方だ


 ‥それにしたって、安倍政権のままなら政治レベルでは無理ッ
 ‥それにしたって、お互いに同じ身の上になる方が空気回復には上策になるわけだが
 ‥誰もそんなの望んじゃいねえ
 ‥パニック脳ってのは、至って誰かのせいにしたい脳でもある

 (でも、誰かのせいもくそもねえ、間引きキャンペーンだから)


> 造られたウイルスには、調べきっていない未知がある
> つまりは、効果を発揮しない裏技ってのがワクチン以外にも有り得る可能性はゼロではない
> それでなくても毒性の敷居は低い設定らしいからな
> ただし、ドツボに填まると帰ってこられない


 ‥感染防衛なんざしようがない
 通勤、買い物、通販、お金‥接触づてを回避するなんてまず無理
 ということでドツボに填まらない要素を洗いざらいにした方が思考としては健全である

 それが何であるかがわかってしまえば、それこそちょっと強力な風邪の類に下げることが可能だ

 ‥ワクチンづくりの初歩に、ウイルスの培養に成功しましたという話があるなら
 培養の進まない状況というのもあるわけで、まずはそちらを紹介すべきである



posted by 木田舎滝ゆる里 at 19:48 | Comment(0) | 日記/2020 | 更新情報をチェックする

2020年02月12日

【日記】クルーズ船級の緊急避難用の医療設備の整った船が必要だ

記稿.2020/02/12

> 感染の疑いから隔離しているはずなのに
> 発症→重傷→下船できてしまえる流れはどう考えたって不可解しい(本末転倒)


 ‥そもそも避難船の用意をしていないから、民間船のまま留まるというオチになる
 そこから見直すと、島国なのに、国家が被災時等の避難船を用意できていない点が問題だ
 軍用艦船ばっかり造ってねぇで、それの専用船が最低でも二隻ないとお話にならない

 ‥とくに感染沙汰の場合には
 隔離用途と集中治療用途の二隻が隣り合っていないようでは意味が無い


> しかし避難船の普段の扱いが悩ましい


 運用していないと傷むし、運用しようにも大型だと燃費等で扱いにくい
 民間に貸し卸しといても、出先で感染しちまいましたでは用に見合わない
 とくに、集中治療室完備であるべき用途を考えると尚更になる


> となると始めっから、洋上に置かれた医療訓練船とした発想が求められるだろう


 医療関係者が定期的に船上での医療訓練なり講義を行える場として活用するしかない
 普段の運用をせざるを得ない事情を鑑みれば、治療法の研究施設なんて向きも想定される

 そもそものウイルスVS.ワクチン向け研究施設が陸上に置かれていること自体が怪しいんだから
 理で詰めていくとそういう話になる

 その手の設備があるところに移って頂いて、集中治療を受けられるように整備すべきが道理だ


> ということでの「医療訓練船」の用を要求しても、もはや誰も反論しないだろう
> 自然災害時用途で考えても、ある程度の規模の島からの全員脱出枠は確保すべき



 ‥忙しさで出かける暇も無い医療関係者にしてみれば
 研修とバカンス兼ねた大和ホテルに武蔵御殿になるんだろうけどな(常に洋上とは限らない)

 ‥これを本気でやろうとすると
 日本の企業の場合、自然エネルギーやりたい放題の実験船用途も兼ねることになるだろう
 被災時用途を兼ねてるんだから当然の見解だ

 (もはや、空母如きで用が足りるなどと思い込んではいけないのだ)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 20:29 | Comment(0) | 日記/2020 | 更新情報をチェックする

2020年02月07日

【妄想】干支シリーズ感染劇場らしい件

記稿.2020/02/07

> 2019(亥年)‥豚コレラ
> 2020(子年)‥鼠咬症のような潜伏期間を持つ新型コロナウイルス
> 2021(丑年)‥牛絡みが二度三度と来ないわけがない推測ができちゃう流れ


 ‥これはきっとエヴァンゲリオンの使徒をダブらせた愉快犯からのメッセージっぽ‥

 ‥ということでネズミが菌を保有して鼠算式に運び屋になると
 まず、猫へと飛び火してペット産業轟沈の流れ


> ‥随分と計画的に人口間引きを狙った知能犯の本気度が伺える


 ‥まず、世界遺産を担ぎ上げて、世界的な旅行ブームを確立
 (この段階で、旅行者をウイルスの運び屋に仕立て上げる舞台の設置)

 ‥外貨獲得とした都合を撒き散らし
 産業的にもグローバル化を深く推し進める装置として機能せしめた
 (嘘で固めた安倍政権の総決算、旅行産業と東京五輪が一気に瓦解しそう)


 ‥ウイルスの拡散が起こると
 途端に人の往き来に制限が課せられ、ついには輸出入にも支障をきたすようになる
 食料輸入国は、あっという間に港閉鎖にだってなりかねず、食料枯渇が現実化する


 (世界中で自衛の為の艦船が、感染防止とばかりの艦影を観戦せざるを得ず事態にも)


> この手のウイルスの発症時期は、なぜか概ね冬期
> 今まさに、列島に寒波到来
> まるで準備し尽くれた感ありありの展開が、東京五輪の年に来て痛々しい


 ‥「みんなで広げよう感染五輪の輪」‥とかなんとか

 無理に頑張って五輪推進をやり続けるとなれば、結果、港閉鎖も覚悟ということですね
 鎖国状態に突入で、それだけで阿鼻叫喚になりかねない

 まさに俺たちの時代が来たと歓喜する農村も有るかと思いますが
 相手が忍び型ウイルスとなると農村だけで維持できる中身に無くなるって事で
 自営も自衛も手を組まざるを得ぬ流れ(いやはや時代はソーシャルの流れだなあ)


 ‥自由などとはお門違いの世界がそこにある‥


 それ以前にこの干支シリーズには肉食厳禁の空気くささが漂っている
 きっと、昆虫食で儲けたい派閥と
 潜伏期間の怪しいウイルス予防でつなぎにしたい派閥が手を組んでるんだろうなあ

(なにしろ、人類がアセンションを果たした暁には、医者要らずになるって話だからなあ)
(当然、健康維持の為に肉を食う必要も無くなってくる流れ)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 21:20 | Comment(0) | 日記/2020 | 更新情報をチェックする

2020年01月25日

【過剰宣伝】4K&UHD BD規格(HDR)は、販売表記に注意せよ

記稿.2020/01/25

> 4K/HDRはアニメにも効果大! ガンダム初UHD BD「ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY」を体験
> HDRテレビは本当に高画質? 現状は機種間で大差


 ‥という二つの記事を見ておののいた
 さらにどこかで拾い読みした記事には
 テレビ規格の将来方向は、動画16ビットエンコードで16kまで狙っているとあった

 (呆れ果てて開いた口がふさがらねぇっす)


> ‥ということは、今時の4Kはすでに過剰宣伝状態‥


 まさに、昭和の白黒テレビとトリニトロン管までの道のりを
 今の4kの始まりに置き換えて対比できそうな稚拙なスタートダッシュらしい

 ‥そのぐらいBD UHD規格の奥行きは果てしない‥


> 著生もエンコードレシピの記事を書く度に、あれこれとタイトルに言葉を盛ってきたが
> これからのUHDの宣伝文句はまさにそれ(笑)


 これからの4kテレビ販売に発生するだろう‥マンネリな過剰宣伝を懸念するなら
 回避案としては、規格の明るさ上限に対して、達し得た%を表記すべきである

 FHDのSDRに対して、4kのHDRのそれの上限比は、100:10000だそうです

(今時の4kはまだまだ規格の入り口で、高級機で1000程度の達成であれば秀逸のレベル)
(ほとんどの機種が1000以下らしい、規格の上限でいうと一桁%代)


> 「今回の新製品の明るさの達成率は上限値50%です」
> ‥そういう風に指標にして正直に盛ると分かりやすいし、語弊が減る‥


 ‥こういうのは、消費者庁が前もって指摘するぐらいでないとダメっ‥

 それにしても、電気代がどんどん追加されていきそうな雲行きに思われる
 明るさを100倍にまで上げる為の単純なやり方は、1000ワットでテレビを回すなんて発想だ

(せっかく低電力で再現できる有機ELなのに、技術の方向性が間違っている)
(どんだけ地球の環境破壊を怪しくしたいんだよ‥その前にヒトの視力健康も絡む‥)
(最低でもブラウン管時代の明るさがぽちいと言わんばかりで糞)


 ‥もっともマニアと富裕層向けでしかないわけで
 そちらで資金回収してからでないと一般普及はありえないなんて草
(大々的にやらかすと、途端に、トリニトロン管と液晶の二の舞に填まる事への警戒もあるのだろう)


> ‥それにしても、一気に液晶の評価が落ちてくような印象は否めない‥
> だが、技術のブレークスルーを、如何に上手に伝えられるかも熱意の現れだって事を忘れるな



posted by 木田舎滝ゆる里 at 12:01 | Comment(0) | 日記/2020 | 更新情報をチェックする

2020年01月24日

【哲学】糸と摩擦と意図と抗い

↓4)記稿.2020/01/24

 糸は繊維が絡んでできている
 そこにあるのは、繊維同士の絡み合う摩擦力なだけである
 同じ繊維同士の絡み合う摩擦力は、どんなに束ねてもそれほどの変化は無い
 それぞれに適った適度な太さで用いるのが塩梅である


> 人の暮らしも似たような所がある


 意図にはヒトの思惑が絡み合っている
 私たちの暮らしを支えているのは、このお互いの絡み合う思惑・欲望・都合ということである
 まるで、ヒトの暮らしの繋がりを紡いできたのは、そこに摩擦があったからと言わんばかりだ

 しかしどうだろう‥否、だからだろう‥
 抗おうとしない意図はすぐに事切れる

 私たちの暮らしは伝承により成り立ってきたと頑なに信じたところで
 実はそうでは無く、事切れてしまうからこそ事切れてしまわないように
 それなりの規模を維持し続ける必要があった


 ‥なのに競争を掲げて猛烈につぶし合っているのが現代社会だ‥


 事切れる勢いを増加させては、知恵を絞ればなんとかなるなどという抗いも役立たずだ
 現代人にもたらされているストレス増加、モチベーション低下は、どうにもその通りだろう
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 16:38 | Comment(0) | 日記/2020 | 更新情報をチェックする

2020年01月13日

【妄想】五輪前解散→政権交代のシナリオでは、まさかのifを背負わされる羽目になる

記稿.2020/01/13

> ‥2020五輪が成功するかしないかは、まさに今年の関心事である
> もし失敗絡みだったとすると、安倍政権のせいにできなくなるばかりか
> 五輪後の不景気まで全部、「政権交代のせいだから」にすり替えられない


 ‥というケチが付きかねないオチが見え透けている
 なので、無駄に延命したい安倍総理の思惑と合致して、五輪前解散は有り得ない
 というか、年明けからの流れを思うに、やはりそんな感じでしかないらしい

(枝野は未だにグダグダ言っちゃてるからな、合流なんか未来永劫ありそうにねえ)
(もはや、「ぐだ野」と呼ぶしかねえよ)


> 仮に、現段階の不景気ムードが、五輪ピンポイント買い控えだと仮定すると


 ‥山本太郎の目指す消費税0%で、日本経済復活は多少なりとも色があることになる
 が、メディアはこぞって五輪後の不景気を指摘しているので、五輪ムードも糞も無さそう


> 開幕になっても、五輪ピンポイント買い控えから微動だにも振動しなかった場合


 ‥すでに日本経済は、冷え切って居たのだったとして
 安倍政権やら黒田日銀総裁の見解の的外れがヤリ玉になってもおかしくないわけだが

 ただし、海外からの渡航客で五輪が活気立ったりすると
 それはそれで、訝しくも観光政策は実を結んでいた事になる
(安倍政権としても、この果実の是非を確認せずに解散は有り得ない)




> 宇宙全史の予告通りに、湾岸シンクホールが五輪前に発生した場合


 ‥五輪ピンポイント買い控えの資金からして、問答無用で
 都心からの脱出資金に回されることになる
 なので、五輪ピンポイント買い控えがあったかどうかなど不明になる

 (それにしてもどこに避難しようってんでしょうかね?)
 (始まったならはじまったで、日本の都心という都市部の多くが対処っすから)


> 湾岸シンクホールが五輪中に発生した場合


 ‥世界中で安倍政権を忌み嫌うに都合の良い口実にされそうだ
 そのついでに日本観光のイメージダウンは避けられないだろう


> 湾岸シンクホールが五輪後に発生した場合


 ‥五輪後といっても、例えば、台風の最中だったりした場合
 台風明けに湾岸の一部景色が消えていたりすると、衝撃は大きいが印象がぼやけることになる
 台風だからそういう事もあるかもなどという現実逃避の見方と言う奴が顔をもたげてしまい
 第二・第三のシンクホールの発生を見て、ようやくその寝ぼけまなこを見開く感じだろうか‥


 ‥どちらにしても
 湾岸の景色が一変するような事態になれば、五輪後不景気のダブルパンチで
 一気に日本の物流が低下することは考えるまでもない(恐怖の食料価格上昇)
 とはいえ、物自体の入る余地はあるので、流通の拠点が移動すると言うことだろう
 (不景気突入だからこそ、この移動の用が成り立つとの見方にもなる)


> 湾岸シンクホールが、随分と遅れて発生した場合


 ‥確実に平行世界の軸が移行しているわけだから、その時の世界状勢次第での見方になる




 それにしても、弾道ミサイルって、本体自体は木っ端微塵にならねえ程度だったんだな
 そんなんで威力がどれほどにあるとか、どうにも思い込みすぎだった気がしないでもない

 (それともあれは、炸薬の量を減らしてあったんかいのう?)

 ‥要するに、炸薬の量次第だって範疇で、ABC弾頭でもなければ、案外平気って事らしい
 炸薬の量次第ということなら、そこはやはり
 編隊組んで1000発とか2000発とか、爆撃機から投下する方が、戦略的効果が高い
 つまり、ショボい数のミサイルは、ピンポイントでは恐怖だが、目的は威嚇&メッセージ
 本当に恐いのは、国と国との対立がその気になって戦争の流れに填まること

 それにしても

 トランプのひやり行動と株価の昇竜拳は、いつも連動しているように見えてしまうのは
 裏でインサイダーが起こっているとしか思えない
 それとも、ただの市場の正直な反応と言うことだろうか?

(儲けられるなら、苦言は先送りされる体質という裏事情が絡まった事案だったとかなんとか)

 米国がトランプ大統領である以上、その手のやり取りがぼつぼつあると‥
 どうにも奴は、奇抜なやり方でハシゴを外すのが好物らしいからな



posted by 木田舎滝ゆる里 at 18:13 | Comment(0) | 日記/2020 | 更新情報をチェックする