2021年03月05日

【疑問】石器で道路を整備できたのか?

記稿.2021/03/05

> モアイ像‥島はほどんど草地で道路の設置を想定しない
> エジプトピラミッド‥当時は緑地だったが今は砂漠で道路云々の思慮が曖昧
> インカ&アステカ‥記録に残されている内訳と遺跡との間の絡みが説明不足で曖昧


 ‥石器で石を切り出せたとしても
 なんだかんだと‥運び出す為の道路造りの検証をスルーしている
 丸太を転がすにしたって、転がす丸太を何で切り出したのかの説明が無い

 鉄器文化なら説明不要でも、石器レベルだったなら謎に満ちる

 その説明を端折る為の印象操作として
 モアイ像も砂漠のピラミッドもうまい具合に説明例として利用されて来たっぽ


> どちらともに道路の設置を説明する必要を端折れるのだ
> だが、インカ&アステカは違う


 ‥アステカは今やジャングルで石材産地が不明で誰も説明のしようが無い
 水瓶の池に漆喰を塗りまくってあるその漆喰の産地ですら判らない
 とりあえず、その手の産地があっただろうと思い込むところで思考停止中だ
 学者だってそれの有る無しを前提にせず、在っただろうの推論止まりだ
 ‥それにしたって、ジャングルの木々は柔らか系なので
 その丸太の上に石材を乗せて転がせたとは思えない
 それでなくても雨が降れば地面はぐちゃぐちゃなんだから無理がある
 そういうツッコミを聞いた例しがない
 ‥それでなくてもセノーテだらけだったら
 誰もそんな発想でやっていたとは思っちゃいないだろう
 (この辺の謎は、エジプトピラミッドの其れと余り差が無い)


 ‥インカはその逆で
 丸太にできるような木々に乏しいわけだから麓から運ぶ解釈になる
 だがしかし、上から木々を運ぶのに川下りを使えても逆は無理だ
 人力でやろうったって、酸欠を起こしそうな高地でそんな重労働を推し進めるのは酷な作業だ
 ‥という事からも一から十まですべてをインカ帝国の技術でやり通しているとはとても思えない
 なので、道路にしても石造りにしても金細工にしても前文明を発掘した結果に思われる
 その裏付けとしても文字を持たなかった点はアステカと大違いなのだから
 そう思わざるを得ない


> そこでこの二つは、侵略しちまいましたんで詳しいことは解りません
> としたボケた印象操作で曖昧にしている(すべてはその文明の遺産とした印象付け)


 ‥始めから魔女狩り同然のキリスト教的不都合が解っていたから、抹殺したんだろう
 お陰で唯物論誘導をしやすくしてきたと言うことだろう

 ‥だがどう考えたって
 アステカ文明、インカ文明として括れるほどの先住民史だったとは言い難い
 さらに古い時代の先住民たちがもたらしてきた内容を含んでいても不思議では無い

 どこの国だって似たような流れが在るのだから
 そこを一括りにして「かの文明だった」とするのは、端折りすぎである


> その手の操作が上手くできていたのも
> なぜか北米大陸の文明には、それほどのインパクト在る遺跡が無かったからだろう
> だから、同程度だったとした思い込みを誰しもが抱いてきた


 そしてさらに、当時にインディアンと呼ばれてきた先住民たちには
 トマホークとした武器があった
 どう見たってそれは鉄器の部類である
 (その辺の文化度バランスが曖昧だったせいもあるだろう)


> そして極めつけは、洞穴壁画と言うことだろう


 誰がどう考えてもちっぱい人間が描いた跡でしかない
 巨人がそこに描かれている痕跡も無い(見方を変えればあるかも知れない)

 とくに、巨人が居たとしたら、いつ頃現れて消えたのかさっぱりだ

 巨人の骨が出土しても
 洞穴壁画の存在との絡みを説明できない

 (なので、謎の比率として成立しやすい思考が選択されてきたように思われる)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 14:36 | Comment(0) | 日記/2021 | 更新情報をチェックする

2021年03月04日

【謎】鉄が先か?道が先か?

↓4)記稿.2021/03/04

> 道についての考察が振り出しに戻りました


 ‥石器で石を切り出せるのかというのも謎ですが(不可能では無いらしい)
 だがしかし、石器で道を築けたのかという方の検証を知りません

 道を造る前提として、現代人の思考は鉄器を前提にしておりスルーしちまっています

 なによりまず鉄を掘り出す為には、山道を築かずしては成り行きません
 (其は水源より上方を目指します)
 火力としての木材を切り出して炭加工する上でも、道は欠かせません


> なので、石器で大木を切り倒せたのか?
>‥とした課題を検証せずして人類史を語ろうなんざ野暮だったのです


 ‥手首ぐらいの太さならまぁイケるでしょう
 ですが、胴回りぐらいの太さともなると、石の方だってへたるに決まってます
 (石がへたらずとも柄との結び目の方が先に怪しくなりそうです)

 ‥なら、効率はべらぼうに最悪のはずです
 その程度の文化力では、鉄どころか銅にすら辿り着けるのかさえ怪しく映ります


> そもそも、道が無ければ交流の活発化はありえません
> 鉄文化の意味するところとは、段階的にも、興隆前提です
> 人々にはすでに行路があり、往き来がある段階です


 ‥鉄が先か?道が先か?の問いの解は
 どう考えたって道が先であるはずですが、石器だけで道をどう築いたかは謎です

 (そう考えると‥とくに「インカ帝国」とは何だったのでしょうか?)

 鉄器も無いのに、相当な短期間にあれだけの国ができ
 山岳づたいに道を築けたというのでしょうか?

 (石で石を切り出すとした労力やら効率を考えると)
 (とても道づくりにまで労力を回せていたとは考えられません)
 (さらに金の採掘までしてるって?‥労力課題としてとても謎っス)
 (鉄器が無いのになぜ金の抽出が先なんだよ、露天掘りだったのかよ)


 ‥この謎に解を見出すとしたら、インカ以前にすでに文明が築かれていて
 インカ帝国はその道を利用して再整備したにすぎないのでは?
 とした仮説を持ち上げざるを得ないでしょう

 ‥そもそもにして
 インカ周辺の遺跡調査を始めると、インカ以前の文明がほじくり返されるようです
 なのでその可能性もゼロに無いと思われます
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 13:08 | Comment(0) | 日記/2021 | 更新情報をチェックする

2021年03月03日

【アイデア】腸内プラスチック分解を海苔に見出すべし

記稿.2021/03/03

> プラスチックの生分解性は、様々に強固な添加剤の影響から
> 原子分解までに至らず、分子レベルでの中途な剥がれ落ちレベルを絶望的に彷徨う


 ‥呼吸から入って血管内を漂う(深刻な現実だ)
 つまりどんな植物でさえ、ナノマイクロプラスチックを取り込むなら
 何を食べてもプラスチック入りの食事って事に成る(健康問題ハンパない)
 取り込まれちまうと細胞分裂の過程での素材としても取り込まれちまうって話だ
 下手すると地球上生物の全滅もありうる(恐竜時代の隕石落下並の存亡の危機)


 ‥地球温暖化としての紫外線の猛烈化のそもそもが
 プラスチックの分解を促進させる為の太陽のやらかしだとすると
 私たちはそれのプラスチックの生分解性を
 遅らせる為のイタチごっこをやらかしているだけになる


 ‥業を煮やした地球側が
 ついにプラスチックを分解できる生物を地上に送り込んだ

 (ワックスワームとか)
 (PET加水分解酵素‥MHET加水分解酵素とか)


 ‥それの遺伝子情報を取り込んだ生物を私たちが食べることで
 体内に取り込まれてしまうマイクロプラスチックの分解程度を補うことができれば
 それはそれで画期的であり、医者要らずの流れを得る希望を持てる


> 例えば、海苔を食べてきた日本人には海苔を分解する微生物を腸内に宿している


 これと同じ形式を踏襲できるように
 遺伝子デザインした其れを体内に取り入れるのが健康維持策において有効に思われる
 (細胞分裂過程で取り込まれちまうってんだからそうするより他ねぇ)


 ‥で、其れの安全性確認を
 自然界の生態系からやるのか、それとも人間側からやるのか
 そこんところが倫理的にかなり微妙ではあるが、そういう流れも起こるかも知れない

(分解云々を取り入れた改造生物が健康的に生存するなら課題はクリアーに思われるが‥知らん)
(地球が其れを気に入って、自然界側に新型種登場とも成れば切り替えれば良い)
(兎にも角にも、責任の半分を人類に取らせる気に思われる)
(仮にそうなら、人類の創造力が地球・自然界を刺激した模範的前例として理解されるだろう)


> ‥俺的な候補としては
> ミドリムシに取り込ませたナノマイクロプラスチック分解遺伝子の何かだな
> 分解過程でアルコールが生成されるとか‥まんま応用できそうな空気だし‥
> ミドリムシに食わせる範囲での実験なら、倫理も開発経費も抑えられそうだし‥
> 改造ミドリムシを増産して、ガンガン海に放流、食物連鎖の原点だから最強のはず
> (それを人間もサラダにして食う‥微に酸っぱい味を狙えればドレッシング代わりかも‥)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 15:52 | Comment(0) | 日記/2021 | 更新情報をチェックする

2021年03月02日

【ツッコミ隊】脱原発宣言をせずに脱炭素宣言の意味とは?

記稿.2021/03/02

> 原発解体していこうとした空気だけはちまちま見られるにしても
> 脱原発の宣言を自民党政府の口から直に聞いた例しがない


 ‥なのにそこに注ぎ込まれる脱炭素宣言とは?

 いよいよ来たか‥という思い込みが国民の側にもあるので
 いよいよ来たか‥という思い込みが国民の側にもあるので
 いよいよ来たか‥という思い込みが国民の側にもあるので

 ついつい納得せざるを得ない空気に飲まれてしまうわけだが
 だからといって脱原発宣言もせずに
 「炭素税」などという国民負担の試算は怪しい

 (世界の潮流は、脱原発&脱化石燃料だ)


 ‥これってつまり
 それの思い込みをカムフラージュにした

 コロナ禍の出血(財政出動)はすべて国民への貸付だから
 きっちり金利分を払って貰いましょう
 という暗黙の要求って奴なんじゃねぇの!

 政策やるやるって空気だけで、吸い上げる為だけの方便にしか見えてこない
 (消費税増税だと反発しかないから、吸い上げる名目をすり替えている)


> 翻して妄想するなら
> 脱原発宣言時にはそれはそれで課税項目の%追加をやるから予告でもある
> (それはつまり炭素税=消費税とした置き換えだ)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 05:15 | Comment(0) | 日記/2021 | 更新情報をチェックする

2021年02月27日

【酪酸菌】これぞ頭脳爆発補助魔法

記稿.2021/02/27

> 地球最期のニュースと資料 - In Deepで酪酸菌の紹介を見てから
> ずっと気になっていたのですが、記事の着目にムラ気が多いのでスルーしてましたが
> 何やら思考の着目に変化が見られて来たので、「もしや」と思って試飲してみました


 ‥で、強ミヤリサン錠330錠をAmazonで購入したところ
 箱やら説明書きやらがタバコ臭くて、瓶以外即行破棄しました
 (ヨドバシカメラでの取り扱い復活を望むっす)

 ‥うろ覚えではありますが、こんな説明でした
 酪酸菌は、乳酸菌やビフィズス菌を補助してビタミンB群を生成する

 ‥「へ〜」
 つまり、乳酸菌とビフィズス菌をセットで摂取しないと効果が薄い
 もとい、腸内環境を整えれば整える程にリターンが大きい


> 効果の程はと言うと、インスピレーションの角度やら切れが良くなりました
> という次第だったので、若い内から飲み付けておけば、小栗上野介級の才も夢では無いのでは‥
> (苦手は苦手のままらしんで、その辺は過剰に期待しない方が無難でしょう)


 ‥さて、腸内環境をさらに改善する為に重要なのが
 有酸素運動、腹式呼吸らしい

 理由として、ぬか漬けを美味しくするのにぬか漬けをかき回せるのと同じらしい
 パンを発酵させるにしたって、まずは菌を捏ね込むところから始まります
 それと同じです
 つまり、お腹の中まで十分な空気循環が欠かせないと言うことらしい
 らしいじゃなくて、菌培養の常識を考えれば当然だったのです

 (「ちっ」コロナ禍の今どきになんて大変な作業だよ)
 (面倒くさい場合には、とにかくお腹を保温しましょう)
 (※伊達で腹巻き&サラシ文化があるのではない)


 ‥さらに付け加えるなら
 菌培養をする上で欠かせないのが、菌のお家です
 つまり食物繊維という事になると思います

 (ぬか漬けの糠にしたって、ありゃ繊維の塊っすから)
 (培養面積を増やすのに食物繊維が有効という事らしい)
 (糠も傷んできたら取り替えるんですが、まさにう○こと一緒ッすね)


> さらに、インスピレーションを得るには
> 脳内にエネルギーを送り込む必要があります


 つまり糖分の確保です
 ですがこの時、体質の差が明らかに発生しています
 著生は、炭水化物派なので、御飯を多めに取らないと思考の集中を保てません
 (なので、おかずの多きお食事なんかなんの役にも立ちやしない)

 ‥炭水化物派とタンパク質派の違いは、幼少期の食事環境が大きいと思います
 ‥インスリンの出の悪い体質の場合、ビタミン剤を摂取しても尿が甘くなるだけらしいので
 とくに酪酸菌の摂取は健康上有効に思われます


 ‥頭を働かす上で糖分が欠かせないわけですが
 そんなこんなで、一番に速効性を見せるのが砂糖です
 ですが、砂糖の摂取は、無駄にエロ妄想スイッチが入りやすくなるし
 血管の浸透穴をぶち壊してくれる魔物でもあるので避けるべきです

 代わりとして、滋養効果の高い天然物のハチミツか純水飴(米100%)が良いと思います

 中には酒を飲むとアイデアが湧くなんて御仁も居るようですが
 それにしたって、脳にエネルギーを送り込みやすい状態を得る為の選択支の一つでしかありません
 自分の健康と相談して、脳にエネルギーを送り込むべきです



posted by 木田舎滝ゆる里 at 14:19 | Comment(0) | 日記/2021 | 更新情報をチェックする

【妄想】五輪に向けてGoToスルーくさい

記稿.2021/02/27

 年末年始でコロナ減に至らず、2月にずれ込んだ
 その結果、3月に解除すると5〜6月頃にまたピーク増するかもしれない
 すると五輪開催は、黄信号どころか赤信号に嵌まる(選手団の決定時期だろうし)

 ワクチンの準備が進まないなら尚更に大きな顔ができず

 誰がどう考えても五輪開催の為にズルズルと何の対策もせずに
 五輪こそが対策だと言わんばかりの空気で押し通すに違いない


> 国民の多くがここまで読んで去年から行動していた訳では無い
> イケイケGoToにしたってそこまで考えてやらかしていたわけでは無い


 このまま行くと、五輪前に国民の反自民感情はマックスに達し
 五輪明けの選挙どころか、五輪の最中にデモの発生だってありかねん(まんまAKIRAやん)

 まさに五輪で最期の花道を飾りたい自民党とかなんとか(ズボラすぎる)


> そこでなんとなーくワクチン6月説の意味が
> ワクチンさえあれば五輪できる保証くさい(ワクチン効果3ヶ月だって話だし)


 ‥裏を返すと
 もはやワクチン揃わないとGoToやれない状況というのが自民党の立場に堕ちている

(否否、これはワクチンを遅らせれば五輪中止にできるとした反対派の仕掛けかも知れません)
(もとい、先を読んでいたとしたら、反対派は相当だね)
(それならそれで、日本のB級グルメ文化が壊滅的かも知れないと‥)
(それならそれで、どこまで文化遺産扱いなんだ?)
(否、すべては自民党の身から出た錆に違いない)
(手入れしなさすぎるから錆が浮くんだぞ、解ってる?)
(もとい、手入れを誤ってるパターンだな)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 11:39 | Comment(0) | 日記/2021 | 更新情報をチェックする

2021年02月22日

【アイデア】人工石炭アップデート案(松100%などはどうか?)

記稿.2021/02/22

> 松明の時代を思い起こせば、松ほど着火力のある素材はない


 ということで、松材を使って人工石炭を造り
 其れのススを再利用向けに、炭素回収できたらよさげに思われる

 (杉ばかり植えてねぇで、松植えるべし)
 (副産物でマツタケも期待できそう)

 さらに、くぬぎや竹などの100%人工石炭でも
 追加の火力を得られそうな気もする
 (それが昔からの実績でもあるはずだ)
 (さすがに備長炭素材までに手を出すと苦情になりそうである)


 ‥素材の比率を混ぜ合わせることで得られる量産効率やら火力性能など
 研究テーマとしてまだまだやれそうな空気もするが
 基礎的な火力次第だろう

 (勢い余って、備長炭より利便性高くなったら山林管理の常識からして覆るはず)
 (加工の面で言えば、人工石炭は機械で自動化だから、炭職人の根気に頼らなくて良い)


 ※素人意見で申し訳ない



posted by 木田舎滝ゆる里 at 11:18 | Comment(0) | 日記/2021 | 更新情報をチェックする

【ツッコミ隊】世界的に名木が育たなくなった理由から深層崩壊に関する予想

記稿.2021/02/22

> 大樹に育つための最低条件とは
> 豊かな水脈の上に植え付いたかどうかという点に尽きるらしい


 ‥おっぱいが育つも育たないも胸回りの血管の太さから
 ‥アスファルトを突き抜ける草にしたって水源ありきから
 ‥絶壁に木が生えるも生えないも水脈が通っているか否かから
 ‥草も見当たらない崖の上面なら、まず水脈が来ていない(それこそ岩盤帯)
 ‥水脈が深いから草原以上に植生が進まない


 ならば、山体崩壊が起きるのは水脈が変わったからと推論立てても無理は無い
 (寺社の御神木が枯れるのも倒れるのも同じこと)


 ‥この予想は、ありとあらゆる土木工事の結果
 重要な水脈が立たれると、山体崩壊に繋がる予想にもなる

 つまり、リニア工事を安易に進めると、そういう事態すら危惧されるのだ
 (溶岩帯として、ある程度の固さがあると山体崩壊にはならないにしても)
 (水脈が変わってしまった結果、どこかにツケが回ってくる予想にはなる)

 (川への水流量が減る減らないどころの視界では無い)


> そもそもの植生は細胞と同じで、水脈=血管として捉えるべきである
> 血管が切れた先の細胞が死ぬのと同じで、水脈を断ってしまうのも同じこと


 例えば、丘陵地帯の造成土木の結果
 水脈を削っちまったりすると、その水源をそのまま垂れ流しにしている
 結果、その先の植生は一気に落ちる
 上手に活かして、地下水脈に繋げることができるような技術の習得が求められる

 それでなくても水源として活用できるはずなのに
 図面計画通りにやろうとするから、せっかくの水資源を活かさずに多くが垂れ流しのままだ

 地下水脈の精妙な断面図でもあれば
 どこをどう避ければ良いかと言った議論も成り立つのだろうが
 その手の科学はコスト面からもガン無視されたままである


> ついでに言ってしまえば
> 舗装道路とした形式が山からの養分を塞いでしまっている(とくに鉄分)


 ‥結果的に、道路に沿って雨水が流れることになるので
 山斜面全体に均等に雨水が配分されず
 さらに、アスファルトの中に養分が堆積している可能性が考えられる

 さらに、異常豪雨の結果流出する山からの流木はつまり
 その手の山の斜面として死んでいた上に立っていた木々の末路として捉えても無理は無い


 ‥なんだかんだと海にまで十分な養分が流れてこないので
 魚介類の繁殖に相当の影響が出ている(とくに鉄分)

 (異常気象による大雨さえ降れば、その都度、無かったことにできるとした代物では無い)
 (たまに暴飲暴食を強いても食育が成り立たないのと同じだろう‥むしろ害)

 ならば、地球からしてみれば
 ダムから湾岸埋め立てまで、栄養分を堰き止めてるだけの癌細胞なだけである
 (おまけに中抜きしてるとか、文化的毒素でしかない)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 08:35 | Comment(0) | 日記/2021 | 更新情報をチェックする

2021年02月20日

【ツッコミ隊】火星やら生命の痕跡に期待する一方で想定内のみ支持は現代の天動説

記稿.2021/02/20

> 近年の遺伝子解析の結果
> 地球上の生命は必ずしも繋がって居らず
> 所々の時期に突発的に出現した傾向が高いとした説に支持があるらしい


 ‥さらに、宇宙な話では、シリウスと地球の海がピンポイントで繋がっており
 そういうパターンがちまちまとしているらしい
 そこから未知の生物が往き来している可能性を否定できない
 (浦島伝説なんか、シリウスに行って来たなんてオチかも知れねえ)


 ‥こげな話に好奇心がない情弱は
 未だに旧世代な奇蹟のスープの海からの遺伝子云々を
 猿からの人間進化を、鰯の頭も信心からとばかりに信じているのだろう

 実験室のレベルですら、歩留まりの改善に相当の科学力を有するというのに
 奇蹟の偶然の連続なわけねぇ


 ‥とはいえ一方で
 地球産、地球オリジナルとした生命存在は在るのだから不思議だ
 地球のその手の科学者の陣容(天上界のメンツ)にしたって、外宇宙からの寄せ集めだって話だし
 地球の仕切っている枠のみ地球産と定義してみたところで
 遺伝子上の類似性はそれなりにあるのだから、オリジナルとした概念からして不明だ

 (宇宙な話だと、原種とクローンとコピーは違うって話だぞ)

 そもそも、遺伝子学上の類似性を以て、種の継続だとした判定をどうしているのかが謎
 どのぐらいの%で一致していれば同種と判断しているのか?

 それにしたって多くは、実の姿形や生態から比較しての論でも無い
 (あくまで予想だから)


 ‥ぶっちゃけ、巷のネタな話と予想としての差なんて、それほどに無いのが実際だろう
 それが%とした解釈の仕方での枠でもある


> そんな頭脳もとい思い込みもとい願望の強い連中の火星への期待ってのが又怪しい


 ‥すでに生命の痕跡らしき色々が囁かれているのが、火星の実際なのに
 どうにも地球人類より優れた知的生命体の存在性を0%にしておきたい癖がある

 彼らの求めているのは、細菌・ウイルス・バクテリアの類でそれこそ怪しいのに
 そういう期待に胸踊らせたままというのは、コロナ禍の昨今から見るとどうしたって異常だ
 (どうにもコロナ禍を煽りたいままのカビの生えた期待感だよ)


> そんなのが居たら、それこそ「地球に持ち帰ってくんな!」騒ぎだろう
> 否否、征った宇宙飛行士の帰還を遠慮するとか何とかになりかねない


 ‥そんなのしか居なくて、過去に文明が滅んだ経緯が見られてんなら
 火星移住計画なんか頭から頓挫しちまってるってのが判らんらしい
 (それこそ地球の今の写しにしか見えん)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 11:36 | Comment(0) | 日記/2021 | 更新情報をチェックする

【妄想】テキサス州の寒波は気象攻撃(見せしめ)か?

記稿.2021/02/20

> テキサス州の寒波がハンパないという話だが
> これってつまり‥トランプ氏絡みって事なんですかね?


 ‥見せしめとしても、決して偶然とは思えないタイミングが恐ろしい

 ‥で、その気象兵器の電力はどこから?
 どこもかしこも寒波な時節に余らしてる電力なんてあるの?(ここが謎)


 ‥仮に未来技術の持ち出しでやらかしているとなると
 コロナ禍の冬ついでの勢いの後も
 不自然なぐらいに自然災害が急増しそうだな(くわばら、くわばら)


> こんなこと言うと、右往左往派の御仁らが手のひらを返しそうで面倒くさそうだけど



posted by 木田舎滝ゆる里 at 10:34 | Comment(0) | 日記/2021 | 更新情報をチェックする