2022年11月25日

【是論】競争に要する人権には、基本的管理権と所有権とした概念分けが必要だ

↓3)記稿.2022/11/25

> 現代社会がこれ以上の競争を続けるには、管理権と所有権を別にする必要がある


 ・基本的管理権とは
 個々に発生しているそれぞれを束ねたとて、個々の情報や主張は尊重されたまま維持され
 仕様を統一的に改めようとも、独占下とした概要から切り離して扱われなければならない。

 (ネット管理時代ともなれば、この感覚は至極当然です)
 (独占禁止とした概要に準じた扱いって所でしょう)

 (管理する側からすると、スパゲッティコードさながらなんですけどね)
 (まぁスパゲッティコード化してしまう理由としては、担当者のやっつけの連鎖って事ッす)
 (それに隠し事が隠れていたりすると、引き継ぎの際に表に出ない)
 (バレると困るから、改善への投資も提案もされない)
 (それでなくても自分の為した仕事に自負も有るわけで、やっつけ部分に関しては触れたくない)
 (格下に見られたくないから絶対に話さない、意図しない見落としぐらい誰にもあるよねみたいな)

 (技術の進歩なんて、結局は、誰かの尻拭いもとい見落とし発見の連続っすからね)
 (もとい、支持母体やら派閥の入れ替えって事ッスよ)


> 今現在の社会における所有権とは


 代替とする取引との引き換えにおいて、手に入るべき責任の引き受けとして機能し(株式など)
 代表たる格を認められるも、その管理運用に、基本的人権とした範囲での裁量を課されている
 ゆえに、其を責任の引き受けとして機能せしめるに辺り
 責任を問われ責が明らかとなれば、該当する所有権を剥奪される立場に置かれる(帳簿不正など)

 但し、責任とした内容は、それぞれの対象の理に沿うものとし、組織合議の範疇に留め置かれる
 ゆえに、剥奪権とした概要を盛り込むべき懸念を生じさせているも(第三者管理など)
 外からの監視による牽制を認めると、それが最強の権限であるかのような錯覚を巻き起こす

 ところが、所有権のそもそもが代替とする取引との引き換えである以上
 権利の剥奪には該当する其を、取り下げてから入れ替えて完結するわけであり
 組織が機能する上で、それが欠かせないなら、誰にも責任を問えないとした概要にしかならない

 (資本の引受先変更に伴う内輪もめ、面倒くさいから現状維持など)

 結果的に、個々の管理権たるサービスの享受を閉鎖して、肩代わりさせるような趣向になっている
 このような流れはどうしたって、権利剥奪の代替を認めているような話だ

 (所有権側は、空っ穴で去ることなく、サービスの停止で賄われるみたいな画図)
 (本質的には逆を主張したっておかしくないが、誰も言い張らない)


> このような状況に誰も意見を垂れないのは、基本的人権とした理解が無いに等しい


 ‥昔からお金と時間の比重は同じ程度に見られているのだから
 片方だけを主としている考えは明らかに異様だ(ユーザー等、参加者にも納得の行く結末を)

 ‥そこで、先に示した基本的管理権とした概念を導入し
 所有権に含まれがちな独善独断勘違いと区別し、管理権の剥奪に及ぶような威圧や再定義ではなく
 サービスの置き換えやら引き継ぎとした風潮を見せても良いのである
 (まぁ結局は、無い袖は振れないので、無視されて頓挫するわけですが‥)

 所有権を得る上で、代替とする資本等を主張するように
 経営に付きまとう諸々のサービス停止にも、同じように取り扱うとすべきで
 資本関係に付きまとう権限の移譲移動完了とするそれの理屈を当てはめるべきで
 代替とした何らかを用意しないままに、サービス停止など許されない
 とした考え方を公平性の常識として負うべきである
 (まぁ結局は、無い袖は振れないので、引き受け手が現れないと自然消滅するわけですが‥)


 ‥とはいえ
 スタンダードに無いからと、やる必要が無いとした空気のままなのは宜しくない
 (逆を言えば、やる必要が無い空気のままだと、撤退すべき状況を一人で抱え込むばかりでしょう)
 (やる必要というか社会的な処置として認知していれば)
 (早い段階での相談もやり易くなるぐらいの変化は見られるかも知れない)

 (まぁ結局は、投資の失敗が絡んでいると、債権者から突き上げられまくられるわけですが)
 (とはいえ、どこが引き継ぐのかとした論点の切り返しぐらいにはなるかも知れない)
 (始めからそっちに空気が向いていると、債権者側からの提案も出てくるかも知れない)
 (夜逃げされて、うやむやになるよりかはマシなはず‥)


 ‥基本的管理権とした概念を導入するだけで、そのぐらいに対話の中身が違ってくるはず
 (まぁ結局は、政府や行政側に、請け負う姿勢があればの話ですけどね)

 (こういう経営破綻処理の仲介は、人助けとした見方の方が強いので)
 (割って入って恩を売るべきぐらいが役人の甲斐性のはずっす)

 (それもすべきで無いってんだったら、救済法なんか身内を助ける為に発動するだけの方便っすね)
 (そんなだと、役人なんか吸い上げ装置扱いなだけって意味になって、要らねぇって話)
 (そのうちに、AIでも良いんじゃねぇってぐらいの論調になりかねない)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 16:04 | Comment(0) | 日記/2022 | 更新情報をチェックする

2022年11月23日

【ツッコミ隊】ゑ★五萬円バラマキして直ぐに解散総選挙っスか‥(あれ?あれ?あれ?)

記稿.2022/11/23

> 新型コロナウイルスの変異株「ケルベロス」が、来月には猛威を振るうという予測
> (はい、来ました第八波前告指令)
> (はい、インフルエンザ汚注射と合わせて双頭の毒牙という意味クサい)


 ‥これが双頭でヤバそうで、相当に人口比が読めなくなる懸念
 時間が経てば立つほど突き上げられること間違い無しで
 AIがまた五萬円バラマキ後の方が確率が良いとでも解を弾き出したのでしょう

 (いやいやいや、データ不足だよん)
 (いやぁでもまぁそのぐらいなんだろうな、残念なぐらいに)
 (バレバレくさいのに余裕こいてケルベロスなんて名付けてんだし、織り込み済みかなと)
 (そうすると、この年が明けたらこの都市が蒸発してました‥なんて感じなんでしょ)

 (春には流通がストップしてたりして、腐臭が漂い始めて、蚊やら蠅が‥もとい熊や野良犬が)
 (なんてオハギャー劇場だったら大変だなぁ)

 ‥はい、そんなこんなで、新型コロナの飲み薬っぽいのが解禁になるとかなんとか
 双頭で打ち込んだらとても意味ねぇって感じ‥そもそもグラフェン毒に効くわけねぇ何を対象にしてんだよ
 (アスベストに対応した薬なんて聞いたことないでしょ、それと同じっすよ)
 (ケルベロスをググったら頭は三つ説だったんすね、じゃこっちもっすね


> 次の解散後に自民党は、公明以外の政党とも連立する可能性が出てくる。


 ‥公明党が自民党に見放される流れが漸くに来たかって感じ
 そりゃまぁ当然ッスよね、カルト党の最たるカルト党なんすから(みんな知ってるし)
 公明を切らずに自民党の更生評価なんてゼロに等しいわけで
 誰だってそうに思うだろう
 もはや公明党を切るのは必須条件っす

 (だがしかし、これで押し切るつもりなんすかね?)


 ‥でもそこは押さえてやらないと、夏解散したばっかりだから看板にならないわけですね
 (なーるほど、その辺の政治頭は有るんすね)

 (で、××民主党と大もめしてると)
 (で、アメリカポチとガチ保守に分かれるんすね)
 (もっと前からそうすりゃ良いのに、わかりやすくて◎)

 (なら、生き残りに邪魔な画策しまくってたのがカルトのせいだったクサッ)
 (誰の目にも一目瞭然の二極体制になったら必要ねぇからなぁ)

 (となるとそういう流れでのアレ天誅だったという事か‥)
 (いやいやいや、仕切ってる存在が居るのは明らかくさい‥闇が深そうでーす)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:04 | Comment(0) | 日記/2022 | 更新情報をチェックする

2022年11月22日

【拡散】ザ・シンプソンズの大阪予言がやって来た

記稿.2022/11/22

> 大阪市ワクチンコールセンター オミクロン+インフル接種で後遺症訴えの電話が殺到している


 ‥つまり、どっちも同じ成分、同じ毒で
 通算六回分打ち込んじまいましたって事のようですね(パネェ‥人たち多すぎ)

 大阪だけで毎日1-2万人の接種後異常の問合せが殺到とかなんとか


 ‥いい加減に気がつけよな
 奴らはシナリオ通りに殺るつもり満々だぞ

 ‥じゃあの大阪万博ミャクミャクってどんな意味になるんだ?(謎)
 2025年に開かれるのは本当に万博なんでしょうかね?


 ‥ミャクミャクを反対読みすると
 「悔やみ悔やみ」‥痛ァアア(まったくに良く練り込まれたメッセージだったようですね)


> じゃもう一度学習しましょう


 「ワクチンは機能しなけりゃただの毒」
 「ワクチンは機能しなけりゃただの毒」

 「コロナワクチンは未検証なのでただの毒犯罪です」
 「コロナワクチンは未検証なのでただの毒犯罪です」

 「但し遅効性毒としての検証はされている話なので全くのバイオテロ事象です」


|悔やんでも悔やむ人なし冬ざれむ 腐敗に残るグラフェンの粕


 ‥遺体の処理にマスクが欠かせないとか何とか
 なにしろ、アスベスト以上にヤバイもん打ちこんでんだわ


※ 大阪府民の多くが「お悔やみ」になると、維新も蒸発って流れッすね
「あれ?」維新ってどっち側だったんだっけ‥裏の世界の趨勢は謎だらけ‥

※ 今どきのワクチン広報ってさ、第x派が来そうですって予想出しから始まって
駆け出しで打ちに行く御仁から火種になって点火していくわけよ
そういうのが世界中でボツボツあるんだか知らんけど
ゴーサインが発令されたのか、外国に続け太鼓が鳴り出して、推奨打ち回数が増やされて
打てば打つほど死ぬ確率が上がるから、それで気がつきゃ第x派今来てますって話になる
どう考えたって、出来レースとしか思えない阿鼻叫喚数が、第x派が増す毎に上がってる



posted by 木田舎滝ゆる里 at 04:11 | Comment(0) | 日記/2022 | 更新情報をチェックする

2022年11月20日

【驚愕】酸化グラフェンは、水素に触れると磁気を帯びる。

記稿.2022/11/20

> 水素水が流行ったのは日本だけ?
> まぁ知らんけど、コロナワクチンと水素水は絡みがありそう


 ‥流れで見るとガチで殺しに来てた
 日本さえ全滅すればそれで良かったみたいな空気
 もしくは、全員にアドレスを振ってやらんとばかりだったとかなんとか

 つまり

 水素水をはじめに喧伝しだしたところは「黒」って事ですね
 真に受けていた人ほど、アドレス人間になっちまってるとかなんとか

 それよりも、接種ブツに水素も雑ざってそう
 (そういう情報はまだ無いけど疑わしい)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 04:16 | Comment(0) | 日記/2022 | 更新情報をチェックする

2022年11月18日

【妄想】今どきの増税論急騰の裏の腹

記稿.2022/11/18

> 防衛とした備え口調は、取って付けた偽装くさい
> 本質は、急激な人口減に追い込まれ出したから


 増税論=人口減=ワクチン禍(ただの毒接種)=厚労省の若手ぞろぞろ辞め


> では、人口はどのぐらい減るのか?
> どのような感じで減り出すというのか?


 ‥まず高齢者
 一人暮らしの長期的な自宅待機はまずアウト
 とくに冬季は、停電に巻き込まれると即アウト

 何がアウトなのかというと
 動かないで居ると筋力が落ちる、体力が落ちる、食欲が落ちる
 そして動くのが面倒になって、買い物に出る気力も削がれだす

 (ザックリ、70歳以上で1000万人規模が対象かなと‥50×20勘定)


> そして高齢者から順にスーパーにやって来なくなると、スーパー経営が傾き出す
> スーパーだって注文配達やらざるを得ないとか何とか‥そういう流れくさい‥


 次に、70〜50歳代だ
 ここの人口層が急落すると、あっという間に人口半減、購買力も半減、経営破綻にも
 オタク人口も急落で
 アニメ放送全面中止で無定期ネット化ぞろぞろなんて事態にだって追い込まれそう
 ‥とその前に作り手のベテラン勢から激逝去しそう

 (ザックリ3000万人規模が対象‥150×20勘定)

 この層がバタバタ死に出す際に付きまとうが、煙草ポロリバタン死による火事発生である
 (なのでこの際、たばこ税の爆上げもありっすね、電子式にしとけば大概防げるとかなんとか)


> これが現実化してしまうと、述べるまでも無くネット販売にも影響が及ぶ
> 道路交通事情が、日々快適になりだしたと思ったら赤信号


 そこから、50〜20歳代だが
 まぁそこそこ食わないでいても、極端に筋力が落ちることは無いので
 それこそハズレワクチン(猛毒)を接種していた流れだろう

 (ザックリ1500万人規模が対象‥50×30勘定)


> ということで、合わせると5500万人規模減の危機
> 12000−5500=6500


(但し、公にされてる毒接種率数が本当にそれなのかどうか次第のところはある)
(ここの数値は、軽く見積もったザックリっすが、どっちに転んでも領域でせう)


 ‥ザックリ6500万人規模へと急落
 どのぐらいのスパンでと言うのは、さぁ何とも言えませんねぇ
 まぁ何とも言えないわけですが、仮にそのぐらい規模まで減った場合の存続試算はすべきかと

 (世界規模で見ても確実に急減すると思いますが、偽装戦渦災禍なんて事にもなりそうですね)
 (すっかりと人口が減ってしまったところに、人工地震やらハリケーンをぶち込んでとかなんとか)
 (ミサイルが軌道を外れて落ちましたとかなんとか)
 (どうせ壊すんだし、壊れるんだし、やっちゃえやっちゃえとかなんとか)
 (ミサイル代等の経費は、東のカルト党がマネロンで調達してくれるはずなんだしとかなんとか)
 (どちらかというと旧兵器の処分場×新兵器の実験場と化しているのが目的に思われる)

 (一番に処分したいのが旧弾道ミサイルのボディの方)
 (それを北朝鮮経由で一生懸命に打ち上げ処分してるとか‥コスパ安誘導戦でも当分続くと‥)


> まぁ与党も野党も党内大混乱の分裂気配だそうですが
> 小粒揃いでも三年間安泰のはずなのに、解散総選挙なんて事をやらかし出そうなら
> それはそれで、激逝去しましたゲロ吐き解散かと‥


 ‥すると、その時の投票率が興味深い‥



posted by 木田舎滝ゆる里 at 11:43 | Comment(0) | 日記/2022 | 更新情報をチェックする

2022年11月14日

【妄想】「Twitterはもう倒産してもおかしくない」発言から思うアレ

記稿.2022/11/14

> 「Twitterはもう倒産してもおかしくない」とイーロン・マスクCEOが全社員向けメールで通知


 ‥え?、なに言ってるんすか?
 あんたその会社買ったんでしょうが?

 マスクCEOによれば
 Twitterはこの先に生き残っていくための現金を保有しておらず
 2023年にはキャッシュフローが数十億ドル(数千億円)規模の赤字になって
 使った以上のお金を得られなければ倒産もありえるとのこと。

 ????????


> え?何々、異論仮面は、そこを立て直して、スティーブ・ジョブズ級たる評価を目指してるとか?


 ‥違う!そこじゃない
 じゃ、今まではどこから収益を得ていたんだよ?
 社員の給与はどこから出ていたんだよ?

 まさに、そこでしょ


 (誰かが情報を横流ししてたのを、誰かが収益として計上しているだけだった)
 (それのパイプがぶっ壊れて、禁止されちまったから収益ゼロ)
 (それをわざわざ、告ってるような発言すよね)

 (もしくは、AIによるディープな学習期間は終了しました‥とか何とか)



> さて問題です、異論仮面はどちら側なんでしょうね?
> 怒Mな経営者 or 怒Sな経営者 or 怒両刀使いな経営者


 ‥最近ちょっと思ったんですけど
 お金を持つと気が大きくなるタイプが居るなら
 お金を持たなすぎるとまったくの断捨離好きになって無気力好きになるタイプも居る居るかなぁ

 ‥てか、「異世界迷宮でハーレムを」の世界観に
 魔力を使い果たすと精神状態が不安定に陥るなんてのがあるのですが
 それのお金版ってのも有り有りなのだろうなぁ


 ‥でも、そうすると極端な富豪が登場すればするほどに
 地球が壊れるっていう説にもなるので
 誰でも彼でも、勝てばいい富めばいいという話でも無さそうっすよね

 ‥ほどほどが良いという事に変わりはなさそうですが
 「程々の何処がええねぇん」と思っちまうのは
 何かと、あてつけられた結果のぶっ壊れなんでしょうかね?(そこがどうにもよく判らない)


 ‥可能性としてのン%だけを見て
 いちいち反応してしまうと言うのは、残念としか言いようがないわけですが
 そういう連鎖の反応も又体験なわけですが

 いつの間にやら「どうでもええやろ」に落ち着く割りには、そうでもない

 どうにも「エネルギー寄こせっ」て論調の自分も居続けるんすよね(壊したいという意味で)
 具体的に造り直したい案なんか多くの人には頭には無いというパターンそのまんまにっすよ


> そういう意味では、Twitterなんて、ただ単に反射してただけなんだろう
> 反射ほど無駄に気になっちまう要素も無いわけでーす(まさに井戸端会議と同じっす)
> そして、井戸端会議にお金を払いたい奴なんて居なかった
> 井戸端会議にカネを注ぎ続けられる仕組みに、まともさなんて無かった‥とか何とか


 ‥となると、2ちゃんねるなんかもどうなんだろうね
 管理してたカリスマらにしたって、色々と不可解な人格持ちばかりなんだしさ
 異論仮面は、これから怪しくなるタイプだったりとか何とか‥(謎)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 03:43 | Comment(0) | 日記/2022 | 更新情報をチェックする

2022年11月12日

【アイデア】鶏の餌にこそ昆虫食なのでは?

記稿.2022/11/12

> 鶏は虫をよく食べるそうです
> 鶏にもタンパク質を取らせないと太りません、産みません
> 卵への臭いを警戒して、肉骨粉や魚粉を与えるんだそうです


 ‥産廃を餌にするにしても、その産廃まで引っ張るまでの経費を考えると
 コオロギでもイケるんじゃねぇの(二次加工無しで低コスト化できる)


 ‥海の厄介者ウニ、ウニにキャベツを与えると育つと言うし
 鶏がその手のウニを食べるようなら、相乗効果で、キャベツ産業がホクホクになるに違いない
 (いやぁまぁ、まだそんな話は聞きませんけどね)


 ‥という所で、人の口に合わずとも
 コオロギとウニの口に合うならLEDキャベツも有りって話っすよね
 (喜んで食うかどうかは検証しだいっすけど)

 もしもうまく行ったなら、鶏の食生産手法が多様化されるわけですね


> 鶏の餌にコオロギで、肉付きの良さを押し進め
> LEDキャベツでコオロギとウニの餌を確保できれば
> LEDキャベツの味を人向けに向上させる予算を得られるとした流れを期待できると


 ‥牛と豚の生産を縮小させる上での代替案として有り得そう
 牛と豚が減産する流れともあれば、鶏のタンパク源経費も上がってしまうだろうし
 それで丸ごと鶏も無理ってやからすよりは、まずは、鶏こそ昆虫食っしょ

 (まぁまずは、コオロギ農家と養鶏農家が手を組む所からでしょうか)


> 太陽光パネルの下でかぶせ茶やら作って
> 太陽光パネルから得た電力でキャベツを作って
> そのキャベツをコオロギが食べて
> それを鶏が食べるという流れかなぁと(土地活用が倍になって肉が食えるという夢みたいな構想)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 16:48 | Comment(0) | 日記/2022 | 更新情報をチェックする

2022年11月09日

【整理】いくらでも重要があるからと囃されてお花畑脳だったその昔

↓2)記稿.2022/11/09

> ええまぁ復習しましょう


 ‥いくらでも重要があるから食いっぱぐれない
 必死に働かなくても十分に稼ぐことができる
 私たち人類は(とくに日本人は)、そんな甘言をアホにも欲していた時代がありました

 (それが如何に非現実的な幻想だったか‥解ってしまうと‥嘲笑いたくなりますな)
 (これこそが欧米禍なんやで)



 ‥まず、戦後に中卒者を金の卵ともて囃してたのも、束の間、多めに見積もっても廿年間程でした
 日本の復興スピード凄まじすぎ(ここ重要)

 当時のスローペースは道路事情によります(国道一号からして不十分でした)
 道路や鉄道事情が改善されると、急激に、新しい商売が誕生してワイワイしてました
 でも、いつの間にやらバブルに突入し、気がつきゃそれら多くは衰退しました
 その後も色々とワイワイしてましたが、気がつきゃそれら多くは衰退しました


 ‥いくらでも需要がありそうだったのに、消え去ったのはビデオレンタル屋が挙がります
 でも、勝ち組だったTSUTAYAにしても今やしおしおの虫の息です

 需要はあっても、供給形態は常に同じでは無いゆえの激変です
 (消え去った大抵の多くはそんな感じッすよね)
 (今や、銀行からして店舗不用論に晒されています)

 (ぶっちゃけ、十年も経てば、世界は変わっちゃってるんです)
 (親世代が、日本の昔話やら民話に盛り上がっていられた日本なんかもはやにゃーです)
 (中学に入れば、ほぼ忘れてるくさい世代差観)


> その頃世代の御仁らは
> いくらでも需要があるからとホイホイ気楽に結婚やらかしていたわけですが
> 借り手が増えないと膨らませないのも資本主義なんですな


 ‥確かにその頃は、競争相手の規模が小さかった
 でも、結婚やらかしまくったので、競争相手が倍増化した、それも世界的ニダ
 数値上のシェアは拡大しているのに、競争過多も起こりまくるので
 必死に働いても十分に稼ぐことができなくなっていた

 (一強、二強と誕生すれば、市場はあっという間の寡占状態になる)
 (寡占状態≒競争過多‥とくに社内)ここ重要


 つまり、是からはその反動で
 シェアは下がって絶望的に見えるけど、ぼちぼち働けていられればセーフみたいな流れっすね

 だがしかし、このぼちぼちを得るにも、コネ次第の掴み次第の選択差は続きます
 というか、それが商売上の普通というか基本にある次第を誰しもは解ってるようで解ってないッ
 (給料の差で、転職うだうだパターンはとくにそれ)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 20:18 | Comment(0) | 日記/2022 | 更新情報をチェックする

2022年11月07日

【ツッコミ隊】債券方式こそが奴隷制度の代替延長手法だった

↓2)改稿.2022/11/07...20221028...

> 世界的な奴隷の定義はこうだ(wiki


奴隷(どれい)とは、人間でありながら「所有の客体」即ち「所有物」とされる者を言う。

 ‥株式会社の資本家や経営側が、会社を所有物と発言するならば
 「雇用とは別である」とした中身にすり替え脳だと言う事だろう
 雇用を含めずに会社経営など成り立たないのだから、奴隷的搾取意図ありありだ


人間としての名誉、権利・自由を認められず、他人の所有物として取り扱われる人。

 ‥職業選択の自由があろうとも、就業規則に従うのは契約の範囲なので
 個人の勝手裁量任せになってしまうにせよ、経営側の所有物として扱われるようなら
 それは行き過ぎであり、違法行為に触れてくる
 ‥だが、違法行為であると自覚しているのに、辞意なく継続することは契約内判断に該当する
 なので、訴えるなら、まずは辞めて見せないと違法行為だったとは主張し難い

 (辞めずに済ませるには、民主的に、集団訴訟するしかない)
 (自由やらぼっちがすぎて、労働者の権利に疎いと蔑ろにされやすい事に変わりなし)
 (ボイコット権利は認められているのだから)


所有者の全的支配に服し、労働を強制され、譲渡・売買の対象とされた。

 ‥気軽に「お前の変わりはいくらでもいる」発言は、どう考えたって是に該当する解釈だろう
 (首にするって言ってんだし、強制に値するのは明白だ、上から目線だってのは明らかだ)

 ‥だがしかし、所有者とした解釈が明文化の怪しいところで
 雇用採用側を「所有者」とした解釈に押し込むには無理がある

 (つまり、所有者気取りしていたとする決定的な証拠が欠かせない‥ここ重要‥)



奴隷を許容する社会制度を特に奴隷制という。

 ‥ここでの「奴隷」にしても「所有者」と同じ解釈となり
 資本家やら経営側の雇用を奴隷扱いしていた証拠が欠かせない



> 世界人権宣言ではこう掲げている


 何人も、奴隷にされ、又は苦役に服する事はない。
 奴隷制度及び奴隷売買は、いかなる形においても禁止する。
(第4条)


 ‥つまり、行き過ぎた資本主義、現場無視の大株主都合による所有権発言は
 どうしたって、軽率すぎて、違法として扱えるわけですね
 ‥とはいえ、法やそれら定義の解釈には、個人の差が付きまとうのだから
 金貸しの言い分に納得しっぱなしと言うのは、自ら奴隷を買って出ているわけで
 契約の想定内とした扱われ方から逃れられないわけです

 (会社を辞めずに資本の横暴から逃れるには、集団訴訟とした意識改善要求が必要という事です)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 12:33 | Comment(0) | 日記/2022 | 更新情報をチェックする

2022年11月05日

【ツッコミ隊】オタク文化が中華資本頼みに陥っている理解とその未来

記稿.2022/11/05

> オタクにもいろいろ居るし在るので発言には注意したいが
> 一般的な意味でのオタクは、消費力に偏っており、体力併せ生産力に乏しい
> なので人口におけるオタク比が上がれば上がるほどに、生活生産力は縮小する(格差拡大)


 ‥さらに、オタクはうぶいので
 オタクの人口比増大は、生存生産力を急縮させてもいる
 この急縮は、オタク市場にも50年間隔程度で、決定的なダメージをもたらす


 ‥これは、オタク文化の世代交代云々とした課題だけに非ず
 決定的なオタク好き人口の爆下げの連鎖間隔になっている
 (おじさんとおばさんからの売上しか期待できない消費傾向はまさにそれ)
 (それの一番の槍玉に挙がるのは、なんだかんだとテレビ番組全体だ)

 (学生の視聴率なんて誰も期待しちゃいないわけで、期待しちゃうような社会は何かと悩ましい)
 (でも戦後昭和に始まったオタク文化は、そっちの需要期待から立ち上がってもいるわけで)
 (なんだかんだと悩ましい社会構造とした歪みの核でもあったわけっす)

 (まぁ解釈の齟齬はあるでしょうけど、人口減とジェンダー云々はその最たるものかと)

 (アニメの世界では、女は男に手を上げても良い了解が、うる星を端境に巻き起こり)
 (今や通報一つで、交番につき出される仕組みに辿り着いた‥)
 (いやいやいや、その手のまさり女子をアニメで担いでいようと、実は、対象外なわけっす)

 (何度でも言いましょう、実は、対象外なわけっす)
 (多くの女子が脳筋にアレルギーを持つように、男にしても同じなのでーす)

 (ほんとオタク表現ほど矛盾の塊で、糞どうしようもねぇ)


 ‥ツッコんだ言い方をすれば
 野郎の描き手は野郎なんか掻きたくねぇし、描き手の性別で所望が逆の所もあるので
 解として、やさ♂に取り巻きまさり♀群が妥協点に陥ってきたとも‥
 (ぶっちゃけ、制作サイドからして偏見主導やらかしているわけですよ)
 (モチーフとして描き続けないと上達しないというのもありますが)
 (まぁその手の制作側のモチベーションを否定はしませんが、担ぐのは読者・視聴者です)
 (まぁ恐いもの見たさありきで、その辺ズボラなわけですが、資本も悪ノリしているわけっす)


 ‥それでなくても、経済の締め付けやら毒接種からの人口減ともなれば
 優先順位からしたって、オタク文化への投資から凍死という順番である流れに疑問の余地は無い
 (「ならお金出しますよ」って太っ腹が、今や中華資本だって話)


> 日本のオタク文化には夢があるようで居て、閉塞感の影しか無い
>(日本語の乱れからして、漫画に浸透しまくりで、今やまともに校正しきれてないのは痛々しい)
>(若い者の言葉の略しまくりだといずれ崩壊するにせよ、若者言葉無しというのは違和感を呼ぶ)
>(ズボンとスパッツの違いとか‥まぁどっちも外来語にも関わらず日本人の癖にあれこれうるせえ)
>(日本人脳はこれの違いを素材や作りや用途の差に見出そうとするので、ある意味‥面倒くさい)
>(ジャケットなんかイギリスでの農作業着発祥だったのに、今やジーンズより格上扱いだからな)
>(そのくせ、ボロボロ風ジーンズの方に破格の値段が付いたりと‥着いてけねぇ‥)


 ‥今や先進国需要は期待できず、重視されて居らず
 人口比パワーの現役に位置する中華とインドが需要を握るのは、嫌が上でものし掛かってくる

 インドは宗教的な理由から、許容とされる範囲が日本寄りでは無いように思われるが
 カースト土壌と多神教という意味では受け入れられやすい部分も有るだろうにせよ
 やはり無神論化している中華の方が感覚共有されやすくあるわけで

 中華からの投資を受けざるを得ない流れは、より深刻さを帯びて訪れる


> というわけで、ベーシックインカム云々‥世界的レベルで起こりでもしない限り
> 世界を足したオタク文化にしたって200年と続かないのでは‥と思われる



posted by 木田舎滝ゆる里 at 13:34 | Comment(0) | 日記/2022 | 更新情報をチェックする