2024年06月18日

【ボケて痛っ】世界すべて幻ならば、そこには{作家性vsプレイヤー性}があるのみ

3)記稿.2024/06/18

> 死んだらそれまで‥ならば、この世のすべては幻も同然であろう
> 死後があろうとも、この世界から離れてしまうばかりなら、幻も同然にならん
> ‥などとお堅く考えずに、ザックリこう考えよう


 ‥この世界はゲーム世界のように幻そのものなのだから、何をやらかしても自由として良し
 そうであれば、そこには、私とした世界のプレイの仕方の問題性・課題性があるのみにならん
 罪の意識に苛む必要も無いし、自己満でも十分にあろう
 汝のすべての不満足に対しては、トライアンドエラーで事に当たれば良し

 とした基本理念(創造性)に基づいた方針があったとしよう

 貴方の世界に居る諸々の者らが、モブ然として同時多数的に存在するにせよ、そちらも全部幻
 もとい、幻覚魔法のような術のなれの果ての如きで成り立つヘンテコな世界としても筋違いに無し
 「私、死んだはずなのに生きている‥」なんてオチなら‥どうしたってそれに近い‥

 (但し、お互いに死んだはず同士がまんま隣り合っていたら、そりゃまぁ解釈も変わるどえす)

 とはいえ、その世界にはその世界のテーマがあるのだから
 そのスタート開始からどのように位置づけてプレイするかは、それこそプレイヤー次第どえす


> 誰だってゲーム世界をプレイしてみたくなる動機としてはそんな感じだし
> そう思ってみた段階程度で、罪に問われることもなし


 ‥そのような思考の選択×自由を謳歌して好いなら
 それこそそこには、貴方の趣向、貴方の望みを叶えるためのし甲斐があるに違いない

 そしてそれは、貴方の創造性とした反影であり、貴方自身の望んだ人格の為し得る所とならん
  ならばつまり、貴方が貴方と思い込んでいるそのアイデンティティーやら至福感にした所で
  人格製造器としたゲームに参加しているだけなのだ


> 最終的に私なる者が欲すべきは、創造せしめるべきは、これぞ私なりとした「人格」どえす
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 16:06 | Comment(0) | 日記/2024 | 更新情報をチェックする

2024年06月15日

【袴田事件】そもそもの血痕の付着には「赤み」以前とした科学的な未検証が山積みな件

記稿.2024/06/15

> 証拠とした衣類には既に味噌に漬かっていたとする当時の臭いも無し
> そうでなければ、腐敗が進んで保存もできない(外野からはそう見える)


 ‥まず味噌に漬かって、血染めとした血痕のDNAはどれ程に保つのだろうか?

  味噌に分解されてしまっていては、DNA鑑定も糞も無い
  結構な時間を掛けた結果、より分解が進んでしまうなら、赤みもクソもねぇ
  DNA鑑定とした証拠として不十分なら、それは証拠には満たないものだった草


 ‥次に、証拠を保管するために洗浄した際に
 DNAとした付着の残りは、%でどのぐらいにまで落ちるのだろうか?

 (それはそれで、検察側の不手際であり、自らで証拠を破棄したと言わざるを得ず)


> この二点のリスクについて、科学的論点がまるで欠落しているではないか!


 ‥何やら、DNA鑑定としての信頼性が低そうな案件に堕ちている

 其をそれでも証拠として挙げるとなると、もはや現場検証頼みとした前時代的な解釈しか残らない
 ならば、容疑者の動機とした論点が欠かせない話になる

 その論点に突破口が無いもんだから、「赤み」とした主張を企てているとも言えるだろう


 ‥赤みが残るとすればそれは何か?

 DNA(タンパク質)とした観点からはとても怪しい
 血痕が証拠になるに非ず、今や、そこからのDNA判定ができるとしての証拠扱いなり
 DNAがDNAとして覚束ないなら、それは証拠不十分でしかない
 「血に非ず」とした見方をせざるを得まい

 (それこそ、現場に血痕が残っていたまんまを採取し経て証拠になるぐらいの話だ)


 ‥そもそも、洗い流して血の痕が色として残ったにせよ
 その血の痕の色が、何かを、我々は詳しくは知らんのだ

 科学的な成分としては、タンパク質ではなさそうである
 それでなくても味噌に漬かっていては、タンパク質としては変位していたはずなのだ

 そこの論点を蔑ろにして「赤み」騒動この上なしの論理誘導は怪しすぎる


> 偽証として赤みを誘導に使えるとした策謀にだって見えるのだ
> つまりは、映画等での血糊とした見せかけ成分のなれの果てかも知れないではないか‥??
> 偽造であれば尚のこと、鉄分の比率を血に寄せているのかも知れない‥なんて考えすぎか‥



 それでも検察側が偽造などしていないともなると
 文学的な論点としては
 真犯人が警察と内通していて‥証拠不十分なので何か欲しいと言われて、
 味噌タンクに仕込みやらかしましたん‥とかなんとか???

 もしくは

 真犯人が先読みすぎてて、始めから作業員の身なりで犯行に及び
 味噌タンクに証拠隠滅を図った‥とかなんとか???
 そうすれば、作業員の範囲で捜査が及ぶだろう‥とかなんとか???

 (どちらかというと後者くせぇz)
 (すると、どうしたって疑うべき範囲が、当時の経営側にも及ぶだろう)
 (だって、その手の作業着を用意せなならんでよぅ)
 (大ざっぱにやからして違っているなんて、それは部外者のオチにならん)


 ‥当時の検察は、発見されるまでの味噌タンクの取り扱いについて調べただろうか?
 1ミリも話を聞かんでよぅ(ここがとても謎)

 (俺が犯人だったら、そこのタンクに近づけたくねぇってもんだz)
 (味噌の仕込みの時期との関連を詳しく!‥と思うべきが検察のはずなんだけど‥)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 12:00 | Comment(0) | 日記/2024 | 更新情報をチェックする

2024年06月12日

【怪しい】レプリコンワクチンの危険性と開発された目的、そして暗殺された理由

記稿.2024/06/12

> 今日は611 生物兵器というキーワードがトレンドに 福島にmRNA工場が作られてる訳


 ‥とても興味深い情報だ
 そしてとてもマヌケな情報だ

 福島のmRNA工場は、2021年に設立だ
 安倍晋三が討たれたのは、2022年の夏である

 反対していたなら、予算からして通過するわけがねぇ

 どうして、通過して、工場建って(当時は建設中途??)、その後に撃たれたの?
 (ボケッと端的に見たって辻褄が合わん)


> 何も知らなかったから、後から知ったから?
> それはどちらの陣営の話になるの?


 ‥どちらともに解釈が可能なのだが
 安倍晋三の立場を持ち上げれば、自民党の解釈も変わるだろうとしたすり替え工作だとすると
 残りかすの自民党は根から葉まで、堕ちた連中ばかりですからと自供した内容に堕ちるz


 そうではなく


 安倍晋三が後から知ったので、彼が急に反対しだした
 と言う中身を尊重したとしても

 誰も安倍晋三と意見を共にしなかったとした結果が
 「打て打て禍」を招いたそれでしかない(とくにSとK)
 (つまり、安倍晋三以外の自民党員は屑ばかりでした‥確定爆)


 狙いとしては、後者が成り立てば、少なくとも忖度し得ているのだろう


 だがしかし、何も知らずに予算を通したのも安倍晋三ぶくみになるんだからなぁ
 問答無用で「ポチの鑑」だったとした見方に1ミリの隙間も無し


> その有り様の結果に、安倍晋三を持ち上げ直せる余地など無し
> 火のない所に煙は立たねぇし、目立ちたがり屋だったおつむの中身は空でした‥てなだけよ
> (十年も貢いだのに、一つの反対で消されるんやで、始めから知ってたらどうしてたん?)


 ‥その情報が、復活H氏経由で伝わってくるとしたきな臭さ
 好いように利用して、再び潰してやろうとしているような胡散くせぇ罠の臭いしかしてねぇ

 ‥それはそれで、キチガイ勢力の面々は、第一印象重視から仕掛けてくる連中くさっ‥


  (安倍晋三を持ち上げ直そうとしているH氏、じゃ、応援しよう)
  (vs安倍晋三を持ち上げ直そうとしているH氏なんてやっぱ無理ッ)

   H氏への支持群内にて、対立図式さえ形成できればOK‥みたいな


 ‥何というのか‥詰めの甘い漢とした印象が濃くなるばかりどえむ

  (H氏でそれなんだから、母体となる政党は如何に?‥てな話どえむ)
  (選ぶ方からすると、自民党よりはマシだろうとしたそれだけしかねぇ‥)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 10:47 | Comment(0) | 日記/2024 | 更新情報をチェックする

2024年06月06日

【ボケて痛っ】「貪欲」vs「無欲」に意味は有るのか?

↓2)記稿.2024/06/06

> 何かを成し遂げんと欲するなら、それに対して貪欲にならざるを得ない
> 但し、その手の貪欲さと、物欲のそれとはかなり違う


 「己を磨かずんば志を掴めず」なり、その為にも先立つものの用を厭わずに手にすべきにならん

  (ぶっちゃけた所の、競争ありき‥派閥ありき‥時代によっては戦争も‥)
  (そんなこんなで、偏りすぎたり脱線がすぎると、まんま腹黒×物欲の塊にしか見えないものさ)


> 仏陀は貪欲さの必要を説かずに、しれっと噛み砕いてこう語った(要約)
> 「正しい生活をするべし」


 ‥だがしかし、仏陀は生・老・病・死は苦しみだと提示している
 「正しい生活も糞もねぇだろうがッ」

 ‥何が正しいのかなんて、さっぱりどえす‥
 (仏陀は、冷めた見方をするので、情熱とか熱意とかその手の表現を用いません)

 そんなこんなで、苦しみからの解脱に向けた生活観みたいな捉えられ方なのも仏教なり
 そんなこんなで、それはこうにも聞こえてくる
 「この世は、苦しいけれども頑張ろう」‥‥抹香くさっ‥


> そして仏陀は、続けざまにこうも説く
> 「欲は好ましくない、欲は取り除くべきだ」


 ‥いやいやいや、苦しいからこそささやかながらの楽しみが必要なんだろうがッ
 それを無しにして、何をどう頑張れ言うんやッ!?

 それに対して仏陀はこんな風に説く
 「あなた方はすぐに苦しみからそっぽを向こうとして自分をごまかすばかりだ」
 「其を『欲』と呼ぶのだよ、『欲』に負けてしまう性根を『煩悩』と呼ぶのだよ」

   ‥まぁ仏典翻訳の都合もあるので、『欲』=『エゴ』=『無知の知』として良いと思います
   とはいえ、「欲」とした翻訳からの勘違いが横行しているようでして
   「僕は『欲』の少ない口です」とかなんとか‥平気で使っていたりするどえす


> では問おう、「無欲」とは何か?
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 11:12 | Comment(0) | 日記/2024 | 更新情報をチェックする

2024年06月05日

【宇宙な?】地球の有史文明への貨幣制度の導入とは何であったのか?

↓3)記稿.2024/06/05

> 世界の支配が、貨幣を介して蠢くようになったのは、ソロモン王のイスラエルを境にするらしい
> それ以前がどうだったかを平行宇宙諸々と想像するに、ローマ帝国以上に殺伐としていたくせぇ
> だがそれとて、貨幣に執着するように仕向けたことで、終止符が付きやすくなった???‥‥


 ‥つまり、貨幣制度の導入とは、終止符(節目)の創出にあった様に思われる
 誰の目にも勝敗がとても判りやすくなったどえす
 (この頃から、朧な内国為替×外国為替×送金為替×取立為替を含む類似案があったかも知れん)

 1)判りやすくなったからこそ、誰しもが、拝金収拾意欲に掻き立てられる様になった
 2)インチキをしてでも欲しいものは欲しいとした貪欲さの総集大会に傾れ込んだ
 3)一番に儲かるのは、暴力だとして、戦争力こそ一番な搾取の常套手段に定着した(中央集権化)
 4)多神教を一神教に改竄せる御輿担ぎに及んだ‥(秘守思想の始まり)
 5)科学が台頭したことで、其を唯物論としてもて囃した‥(大衆の無知無力化)
 6)ガス抜きにも世界人権宣言を公布するが、その実は、貸付制度の整備×調整のみ(ローン奴隷)


 拝金時代到来=一神教=唯物論=対立的好戦的自己中とした正当化
 イスラエル=ローマ帝国(奴隷制度)=イギリス産業革命(国債)=石油兌換米ドル(個人ローン)


> まぁ早い話が、権益を主張する上での説得力たる前提が
> 暴力であれ、派閥であれ、土地であれ、血であれ、金塊であれ
> 「安定的に吸い上げたい」とした腹黒さありきに変わりなし


 そこにはあずかり知らぬ所で決められたルールに従うべき平等を強いるばかりで
 世界人権宣言も糞もねぇ

 (それこそ支配側を批判したければ、同じ土壌にまで来いと言わんばかりどえす)
 (何という傲慢、何という強慾、何という面の皮の厚さやッ‥‥だがしかし‥‥)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 16:52 | Comment(0) | 日記/2024 | 更新情報をチェックする

2024年06月04日

【アイデア】スマホ以上デジカメ未満としたガンホルダー式収納

記稿.2024/06/04

> スマホ以上デジカメ未満としたガンホルダー式収納とは‥


 ‥今どきのスマホのサイズを
 サッと取り出すには、ガンホルダー式が好い、スマホにグリップ付きの枠を取り付けるのだ

 刑事風脇差しとガンマン風腰差しとで、グリップの扱いに発想を違えるが

 グリップ部分を利用して、パソコンマウスのように操作し易くするための機能追加すれば好い


 ‥ガンマン風腰差しグリップだと
 どうしても画面を手前に向けるように‥90度回転させざるを得ず、ひねる事にもなるが
 そのアクションを利用して、カメラアプリを自動起動にセットできれば好い
 (当然、逆の動作をすれば、カメラアプリを記録保存×終了処理してくれないと辻褄が合わない)

 それは、どちらかというデジカメ風な使い勝手重視になるだろう


 ‥そう考えると
 刑事風脇差しとしたスタイルなら、背広脇から取りだして
 握っているグリップ部分で、登録済みアプリを選択起動する扱いになる

 電話するにしても、グリップ部分でカチャカチャ操作できた方が、モード切替等の余地を得られる
 (例えば、これは録音しておきたいとか‥まぁそんな感じ)


> だがしかし、海外でこれの動作をすると、色々と勘違い沙汰に見舞われてしまうだろう
> と言う意味では、ガンマン風脇差しの方が、「何だあれ?」として新鮮には見えるはず‥


 ‥まぁガンマン風腰差しの方が
 枠の形状を工夫して厚みを持たせることで
 電池容量×外部メモリーを増やすなんてアイデアにも及ぶだろう
 多少かさばってもOKな重要にマッチングすれば、ガンマン風脇差しとした意味合いを強くできる
 (さすがに刑事風脇差しだと無理)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 15:02 | Comment(0) | 日記/2024 | 更新情報をチェックする

2024年06月03日

【ネタ商法】食欲を使命に換えて「最後尾」オークション枠の席まほし

記稿.2024/06/03

> はい、只今オークション枠の席に、ゲストが入りました
> オークション席のお客様が食べ終わるまでの時間を利用して
> 次なる枠のオークションを始めたいと思います
> 列ばれているお客様の中から参加される方は、手を上げて提示価格をお申し付け下さい
> 尚、時間内に最高価格を提示した方は、列待ちを無視して次のオークション席にご招待ッ
> 但し、競り声の届かない聞き周り方式になりますので、その点はご了承下さい

> さぁ張った張った!、席は二つまでだよ


 ‥まぁ円安だからとした固定概念にとらわれずに
 幾分高めの価格提示でも客足が衰えない裏には、富裕層ありきとした辻褄があるのだろう
 価格が高いなら、それならそれで、客層も変わってくるし、列ばずに済むとした予測にもなる

 (お金に余裕があるなら、そりゃ、時間を取るのがインバウンド富裕層だz)

 (但し、オークション枠の回転率が上がるとは限らない‥ここが鬼門)

  (朝早くなら、掻き込んでとっと次に行くだろうけど、まったりしたい時間帯だと怪しいz)
  (でもまぁ、オークションバイトからしたら、ちょっとした休憩を挟める‥みたいな)


 (‥贔屓してんだろうと、ツッコまれないためにも価格をメモる必要がある)
 (だがしかし、賄賂然としたサービスですからね‥贔屓も糞も金次第ってか)


 ‥でも、オークション価格相場に見せ賃を課すか否かが悩ましい
  面倒くせぇので、ネットに公開しちまうのもありだろう 
  ついでだから、回転率とした所要時間も含めて公開しちまうのもありだろう

 (その際の狙いは‥俺が一番に高い価値を付けてみたいお客待ち‥とかなんとか)
 (さすれば、諸々とした価格高騰による混乱との相殺がかなうかも)


> 一番に冷や汗しそうなのは
> オークション席に隣り合った同士の支払い価格バレの瞬間どえす
> (お食事満足度と合わせて、お国柄が100%でそうな悪寒)
> (店側が及び腰なら、まずは一席のみから始めましょう)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 18:32 | Comment(0) | 日記/2024 | 更新情報をチェックする

【妄想】経団連はどこまで知り得てきたのか?

記稿.2024/06/03

> 平成の頃は、大企業に対して内部留保を溜め込まずに還元しましょう音頭だった
> そして今、なんとなくその虎の子から還元しているくせぇ
> だが実態は、毒接種にて人口減=売上×人員×物量×市場の減少=インバウンドにすがりたい


 ‥どこぞの有名凍死貨は、「日本は没落するので海外に出ましょう」と言い
 ‥中華は国を挙げて、「日本に移住しましょう」と喧伝せり

 この同時な歩調は、日本を中華ナイズに改造しちゃいたい辻褄にしか見えてこにゃい


> なぜ還元してこなかったのかを妄想するに、何かをやらかすだろうを察知していたから
> (それ以前の話として、特殊詐欺禍を知っていたなら、時期尚早と判断するにゃ)


 ‥米国×中華とした、忖度ポチとして貢献せざるを得ないにせよ
 ‥内部留保を円で貯めたいとするにせよ、円安は要だった

  兎にも角にも、当時はまだまだリーマンショックへとまっしぐらなイケイケ景気だった
  インチキバブルだろうと景気に勢いはあった
  バブルが弾けると、資本を日本に戻すとした往き来も平常運転くさく機能していた
  (あの恐怖のロックフェラー当主が健在だったにもかかわらず)


> だがしかし、コロナ禍に落ち込むと、顔つきが変わったように経団連自ら
> 「消費税を上げろ、上げろ」‥とした剣幕を一時的に見せてきた(あれは何だったのか?)


 ‥つまりは、そこから日本経済への物資確保が覚束なくなったくせぇ
 ‥つまりは、まず、海外の倉庫が空っぽへと及びはじめ、ついに、空っぽとかなんとか

  (そう考えると、大企業にとっての消費税が何であるかの意味がとても怪しいz)
  (&世代議員群のおつむの空っぽさを疑わざるを得ないにゃん)


> そして米国経済崩壊へとまっしぐら‥とした猛烈な円安親交にゃー
> (裏方は主体を支えなければならない定めにゃん)


 ‥十分な交易をG7間でできないのを隠すためにも戦争をやらかしているようにしか見えてこない
 ブリックス側から物資を融通して貰えない本当の理由を伏せたままに
 G7同士でうまくごまかさないとならない(とくに忖度日本の台所ぐあい)

  (まずは、昔の米ソ冷戦時代の流通事情が、逆転せる情勢とでも勘繰りましょう)
  (何はともあれ‥黄金ルーブルvs踏み倒し常習犯石油米ドル‥にゃん)
  (今やアラブの石油もブリックス側にゃん、なので米ドルは常習犯からただの指名手配犯にゃん)
  (当然としたラスボス戦に及ばざるを得ずにゃー)


> 今やインバウンドが劇場なんじゃないかと思うぐらいに、旅行者に溢れ込む日本の都市圏
> ライドシェア云々を押し進めせるのも、其を拡大したいからくせぇ


 ‥だがしかし、まだまだ都市圏止まりくせぇ、其を全国規模にまで押し広げたいッ
 (そんなん誰が思うんだろうね、あれなモラル崩壊群に対して) 

  ‥一般のドライバー=在日とした友人でもOK?
  ‥なら、ますます日本で働かせよう手引きになるよね

  (だから中華群だよ‥ン十万の中華群がタクシーに‥100%にモラル崩壊しそうどえむ)
  (24時間運べるかは知らんけど、あるあるくせぇ‥100%にモラル崩壊しそうどえむ)
  (ライドシェア解放が、日本国のモラルにトドメを刺すのかも知れないz)


> そもそもの気象絡みな世界的な食糧価格高騰の結果
> インバウンドとした目的のそもそもが、食事×食材確保だったとしたら(長期滞在常套)
> 主にリッチが死に神の如く、か細い日本の食卓を、食い潰ししに襲来せるエンジンだz


 ‥儲かるからインバウンド大歓迎って、それって、どう見たって、間接的な共食いどえすにゃ


|組織ほど嘘の混ざりし関の山 派閥の仲とて席取り模様
|共食いを押し進めせり自民党 インバウンド×ライドシェア×レプリコン
|景気など信じてみても毒ばかり「地道に手を取れ」それぞ本質
|外面を気にせず据われ雲の峰 雨も降らずに地は固まらず



> だから、レプリコンが必要ですとか‥(誰だよこげなシナリオ描いた奴?)
> さすが漫画大国、リアルにも「猟奇×サイコパスな愉快犯パネェ奴」が居ゆぅううう
> (ホラー漫画のオチでも、開いた口が塞がらにゃい‥orz)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 13:00 | Comment(0) | 日記/2024 | 更新情報をチェックする

2024年06月01日

【ボケて痛っ】「人生に意味なんて無い」と掛けまして「何をしても自由」と説くその心は?

↓5)記稿.2024/06/01

> 「何も叶えられないなら」「何をやっても同じ」「何をやっても無駄」
> ゆえに「人生に意味なんて無い」ならば「せめて自由に生きよう」


 ‥まぁそういう風に、思考がはかどるらしい
 ‥もとい、防衛的×反射的×本能的な帰結とも言えるだろう

 だがしかし、「何も叶えられない」と‥自覚してあるのなら
 「自由」からして、それすらも、何ら叶えられるわけが無い

 そもそもにして、てめえに「自由」を許しちゃいないのだ

 ‥「許していない」と言うよりは、「自由な生き様」を選択できかねているどえむ
 「自由な生き様を選択できかねている」のだから、ゆえに「人生に意味なんて無い」


> ‥そこで、それの窒息感をやけっぱちに解き放たんとして「何をしても自由」と説く‥
> だがしかし、大抵の多くは、「何をしても自由」とだけ取り上げて、暴走しだすどえす


 ‥まず、「詰まらないのは嫌だ」とばかりに、楽しいことをやらかそうとして勝手をやり出さん
 勝手すぎるのも迷惑だとして反省を伴えば、お行儀×マナーについて学ぼうとする御仁ありきだが
 基本はどうしたって、そのまんま楽しいを「脳報酬ポチい」として堕ちている

 ‥そして、ずるずると‥

 「飛んで火に入る夏の虫」と化しており、「鴨葱いらっしゃい」大会と禍しており
 {何をするのも自由}={他者の人生を奪うのも都合勝手}に堕ちている

 ‥負け組に定着しようものなら、「愉しい人生を歩めないのは理不尽だ」として
 ワラワラと蠢くしかねぇ集群に出来上がろう(生存権の保障をしろ!‥とかなんとか)


> だがしかし、本来の意味はかなり違う


 ‥創造曰く
 「すべての価値は全部同じ、そういう意味では人生に価値なんて特になし
  でも、なんでも自由にやってご覧、見ていてあげるから
  君らしく生きてみると好いよ」


> そこに善悪是非など無いのだが、善行vs悪行とした価値分裂に飼いならされており
> そこに善悪是非など無いのだが、善行vs悪行とした価値分裂に飼いならされており
> ‥人類の多くが、そこの間の単純な見落としに気が付かない‥


 ‥頑張っても頑張らなくても価値は同質だ(とも言う)
 ならば、生きていけそうなゲームか‥自分には無理なゲームか‥との違いが迫るのみ
 ならば、手を取り合って生きていくべきか‥否か‥の探り合いにならん

 (ところが、よくよく俯瞰してみると)

  其に誘導したくとも、上からして、腹を括った劇場くささが欠かせなかったくせぇ
  (人類のその気性能なんて‥どうにもそんなもん???)
  (上の及び腰とした姿勢と相絡まった其を‥フラクタル構造とも言う)

 (善悪是非なんか本来無しなのに、立場上の裁き基準として順位を設けざるを得ず‥みたいな)
 (上の世界で其をやらかしだすと、下の世界にも模倣せんとして降りてくる‥なんだかな)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 12:57 | Comment(0) | 日記/2024 | 更新情報をチェックする

2024年05月29日

【国語】負かした側が負かされた側を支配するのは当然だ

記稿.2024/05/29

> 「する」と「される」の正しい理解をするための構文をついに発見したどえす


 「負かした側が負かされた側を支配するのは当然だ」


 負かした側とは、勝った側を指す
 負かされた側とは、負けた側を指す
 これこそが、従来の「する」「される」の使い分け用法である


> だがしかし


 ‥今どきの翻訳系日本語では
 「a社がb社を負かされた」
 と表記して「a社がb社に勝利した」意を丁寧に表現したつもりになっている

 「b社がa社に負かされた」とは、なぜか表記しないのだ

  翻訳の主語・主体をずらしたくなさげで、糞どうしようもねぇ
  (あと、文化の違いからか‥負けた側に丁寧な表記をしては、誤りだとでも思ってそう)


 ‥そんな、とんでもな勘違いをやらかしているらしく

 「a社がb社に勝利した」とも、なぜか表記せずに
 「a社がb社に勝利された」とやらかしている

 ‥どちらでも意味は、まぁ通ずるのだが

 「a社がb社に勝利した」が、ごく普通に客観的な印象を与えるのに対して

 「a社がb社に勝利された」と用いると
 格下庶民が、企業競争を、如何にも上に持ち上げて眺めているとした印象を与えている

 「aがbに勝利された」としても同じ様だ
 自分・自分らを、常時、わざわざ事象たる格下に下げて語り合う様はまさに滑稽で糞!


> なんでお前らはそんなにも、へりくだって生きたいの?



posted by 木田舎滝ゆる里 at 12:14 | Comment(0) | 日記/2024 | 更新情報をチェックする