2020年03月23日

【妄想】抗コロナ戦争の本質がどうにもエグい

↓3)記稿.2020/03/23

> 出回っている情報からの印象は、米国VS.中国
> しかし浮かび上がるそれら中身の構図は、投資&経営群国家VS.労働組合群国家
> だがその実態は、世界大戦要望派VS.世界大戦回避離脱派


 ‥陰謀論でささやかれている情報を並べていくと
 世界大戦要望派の残党国家は、フランス×ドイツ×イタリア×自民党×イスラエル
 とかなんとかと言われている

 ‥兵器のパーツと日用品の多くを今や外注している連中が
 大真面目に世界大戦をやらかそうとしているのは、実に滑稽なのだが
 それにそそのかされかねない成り行きはもっと滑稽だったりする


 ‥そこはさておき
 今や「イタリア」は、新型コロナウイルスの激震地
 「ん?」どういうこと???


 ‥つまり色々と偽装工作の手の込んだウイルスバラマキ劇場なのだろうなあ
 その狙いは、戦争に突入する上で欠かせない戦力&陣容&ノウハウを
 問答無用で葬ろうという魂胆だろうなあ

 そうだとすると
 ウイルスには潜伏期間があるのでは無く、世代寿命に限度を設けてあるとか何とか‥
 簡単に死滅しきるというわけでも無く、どこかでバラマキ直しているとも想定可能だろう
(ウイルスそのものだとリスクが高くなりがちなので、活性剤若しくは風土気象とか)

 そうだとすると
 御門資金でやらかそうと考えられている内容は、噂されてる資本枠より相当にエグい

 地球の緑化に欠かせないのは、まずリスク工場の操業停止
 それを動かしている元締めの勢力停止
(普通の話し合いの段階はもはや決裂しているので、最終手段に至ったのだろうなあ)


 ‥つまり、大戦回避に同調しない国家への
 国民がいなくなっては、戦争そのものが不能と化する直接的な制裁
 & ついでとばかりに すべての国家への均等な配分は不可能だから文化圏のサイズ縮小
 放っておけば勝手に緑化してくれるなら助かる大作戦

 ‥つまり、武漢は囮(世界に物資調達を無理と思わせる上で欠かせない画策)
 韓国は本丸、普通にやらかしていては半島の合併なんかありえないので
 ウイルス淘汰による国民減の果ての南北合併大作戦

(でも勢い余って両方消えてくれれば有り難いのが本音かも知れないが、さてさてどうだろう)
(やつらはマジでイスラエルの代替国家をやらかす気で居るのだろう)
(蝗害が北朝鮮まで伸びると偉いことになる‥南下して‥対馬を越えようなら神風だろうなあ)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:30 | Comment(0) | 日記/2020 | 更新情報をチェックする

【妄想】五輪成り行きどさくさ解散をしなくても好い解釈

記稿.2020/03/23

> 世界の2020東京五輪解釈は、中止か延期、もはや通常は100%無理だという
>(選手選定をまだ終えられていない国家が多いからだそうだ)


 ‥自民党内でのポスト安倍争いは
 コロナ不況を引き受けたくないので、安倍の4選もやむなしムード

 五輪一年延期なら、自民党としては
 どうせ延期ならこの夏の間に選挙をやらかしたい

 そうしないと、五輪延期後すぐ秋の総選挙では
 延期五輪の雲行き次第では、大失態の印象を拭いきれないままでの突入は避けられそうにない
 それでなくてもコロナの成り行き次第では、政権支持の雲行きはさらに怪しくなる
 傷口の浅い印象でどうにか首を繋げて置きたい所だろう

(夏場の選挙なら、まずまず集団感染しちゃっていたとしてもすぐには発症しないだろう)
(年内の冬までには適当な治療薬の目星が立つかもしれない‥もしくは現状よりはマシだろう)
(そして、投票率が低迷のままなら負けるわけが無い‥とかなんとか)


> しかし、現段階で選挙にカネを使うぐらいなら、生活保障に回すべきが筋である


 ‥そこを嫌えば、五輪の延期宣言は二度あるかも知れない
 安倍晋三としても、中途に選挙リスクは負いたくないし
 逮捕劇を避けられるなら、延期の延期もありきで考えるだろう


> 今や東京五輪のテーマは
> 安倍総理のわがままから「ウイルス克服による人類の勝利宣言記念祭」にすり替えられつつある
> それなら、それに沿うように、一年の様子見でダメなら、二年延期もありうるだろう
> (次の開催地だって、この世界的な低迷経済では準備どころでは無いはずだ)


 ‥すると、自民党は
 今年のコロナ対応を果実に、来年の選挙を乗り切るきっかけを得る算段とするべきになる


 (さてさてどうなることやら)


 ‥10万円給付に、消費税減税がささやかれているが
 国家の財布の元締めに座ってるのが、怒怒怒級ケチの麻生太郎だからなあ
 安倍総理としても、消費税減税を取り下げては、組織への功績がリセットされちまうわけで
 組織への顔向けが立たなくなる弱みに成りかねない

 しかしまぁ、こげな入れ知恵を小耳に挟んでは
 やらざるを得ない → やるべきの空気にはなるだろう

 逆さに見れば、ツートップが「損して得を取る」思考をするかどうかということであり

 それすらもできないツートップなんか「要らねぇ」判断材料にもなる(無論、自民党内で)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 16:58 | Comment(0) | 日記/2020 | 更新情報をチェックする

2020年03月19日

【切り替えし】マスク大量出品の静岡県議はどうすべきだったか?

記稿.2020/03/19

> 静岡県の諸田洋之県議が、ネットで売り上げたマスクの売上額は、なんと約888万円
> 一方で、議員が寄付をすることは、法律で禁じられている‥とかなんとか


 ‥縁起の良さげな売上額
 気持ちの切り替えが正しければ、良い言い訳を見繕うことはいくらでもできた

 では、どうすればよかったのか?
 それこそが、売上代金分の給料返納であーる

 「縁起の良い数字だったので、改めてそうすることに決めました」‥とかなんとか


 ‥当然、県政としては、湧いた予算で、マスクを買ったりするのだろう
 そうだったなら、誰しもが「へぇ〜」と感心しちゃっただろうな

 マスクをそのままに寄付できないらしいので、そういう形を取らざるを得ない

 と言うオチに持ちこむことができれば面目を保てたかも知れないが
 どうにもこの期に及んで鐚一文身銭を切る気が無いらしい


> 何しろこの案だと、888万円分からの納税義務が発生したままである



posted by 木田舎滝ゆる里 at 12:32 | Comment(0) | 日記/2020 | 更新情報をチェックする

2020年03月18日

【語源】チョバー、チョレーとは?

記稿.2020/03/18

 ガキの頃、どこから仕入れてくるのか謎だったのが、「ちょ○○」と発する悪態用語だ

 「チョレイ」と叫ぶのが卓球・張本だが、意味以前に用いられ方が違っている

 謎は益々深まったのだが
 ついに、「チョッパリ」なる言葉に出くわした
 こちらは、朝鮮人側の日本人への悪態用語だ

(かつて米軍が用いていた「ジャップ」と似たニュアンスで、それ以上の意味は無い)
(日本語でも「毛唐」なんて用語がある‥どこの国でも変わらない)


 ‥「チョッパリ」が鈍って‥というか
 戦後、何も分からずにガキどもが大人の真似をして伝わり、適当に略を加えた変化形が
 「チョバー」「チョレー」ということらしい

 日本人同士で、意味不明の悪態用語を言い合う姿は実に滑稽に見えちゃうってやつだ
 そのような言葉を無知で発しちゃうんだから、ガキだよな


 ‥とはいえ、暴走族なり不良少年用語だった向きも否定できず
 ザイニチ勢力がひっそりと用いていたのを日本人のワルが面白そうに思い用いだしたとかなんとか
 そのようにも思え、随分と用語に鈍感というか、やっぱガキだよな

 ‥それはつまり、日本人同士で「ジャップ」を発するようなものだから

 意味が分かっていると、絶対に使用しないわけで
 意味を理解しないでノリだけで流行ってしまう地域に住んじまっていたというのは
 少年期としては、悲劇以外のなにものでもない


> 悪態用語ほど慎重にならないとジェンダー云々どころでは無いのだ


 ということを勘ぐると
 日本語の悪態用語には、どうにもその手の出自用語が入り雑ざっているように思えてくる
 それはそのままに、怨みの念が伝承されたままって事だから



posted by 木田舎滝ゆる里 at 11:07 | Comment(0) | 日記/2020 | 更新情報をチェックする

2020年03月15日

【エンコード日記】アンシャープに減量効果の件

記稿.2020/03/15

> https://www.gen-zo.com/technique/ret_usm.html
> https://silkypix.isl.co.jp/how-to/tips/sharpness-unsharp-mask/
> http://www.clg.niigata-u.ac.jp/~medimg/practice_medical_imaging/imgproc_scion/6unsharp/index.htm


 ‥アンシャープマスク処理は,画像の高周波成分を強調する古典的な処理である
 ‥アンシャープマスクは画像内の全てのピクセルに対して処理を行う

 (なるほどなるほど)早く言ってくれれば良いのに‥とかなんとか

 結果、見た目でもJPEGノイズが減衰してスッキリと仕上がってる分、減量しちゃってる
 (減量比はそれぞれで異なる‥シャープ比で5〜30%の範囲ぐらい)
 (しかも時短になってる‥言うこと無し最強ッ)

 ‥これはもう、アンシャープ(0.1)での確認をやらかさないければならない
 (なんだ、またやり直しかよ)


> エンコードレシピ鮪丼の弱点は


 狭い面積に、細長の線で、暗い色と鮮やかな色が挟みこまれていると
 540pにダウンコンバートする関係上
 どうしても灰みがかった色に置き換わってしまう(理屈を考えれば当然)

(インターレースだけでの傾向かと思っていたら、プログレッシブでも確認したった)

 これは、720pにおいても微に発生する(理屈上そうならないと却って不可解)

 ‥DVD480pでもそれは十分に有り得るわけだが
 インターレースやら、bt601やら、色々とした間引きの結果、そういったグレー化は気が付かない
 代わりに、エッジが強調された嫌んな画に仕上がっていたりする




 ‥一方、1080pの減量エンコードでは
 グレー化も、エッジ化も見当たらないし、器用にJPEGノイズをぶっ飛ばしていると
 普通にキレイに仕上がって見えてはいても、ぼかし表現がダメダメだったりする
 ぼかし表現がダメダメだと、まったく違った表現に見えてしまう
 また、パンチが足りていなかったりする
 これはアニメにおいて致命的な欠陥と言える程のもどかしさを叩き付けてくる

 まぁそういうことなんで、そういう意味では
 BDの方が美麗ということになりそうではあるが
 BDでもインターレースを採用したアニメタイトルは結構あるようです

(つまりなんだ、減量1080pには、素知らぬふりのプログレッシブも雑ざっていると)

 ‥しかも、フィルムソースの場合、4:3に収まらない横幅のものもあり(結果黒塗り16:9採用)
 ‥それもまた素知らぬふりで、せっかくの横幅をぶっ飛ばして4:3になりすましているのもある
 (それとも比率を変えちまってあるのだろうか?)
 ‥知れば知るほどに、残念なエンコードなんだなあと思わざるを得ない

(とはいえ、ネットの無料配信の程度と比べてどうかという所に無知な好奇心が集くのは当然)
(あれでいいなら、これぐらいでいいだろうとかなんとかの思い込み)




> ということで、業界が懲りもせずにUHD化して再販をやらかす動きはあるだろう
> (だって、当人らがプログレッシブで見たいだろうからな)


 ‥どうでも良いけど、そういうのは、株主待遇で販売すべきだろうと思う
 でないと辻褄が合わない、一体そんな高価なタイトルを誰がいくつも買えるんだよ
 お金があれば誰もが安易に買えちゃうから流出することにもなる

 UHD化の予算を募って、UHDで支払うみたいな光景が妥当としか思えない

 それでは投資の割が合わないと思うなら
 市場での販売の価格には、初版配当枠を設けて、上乗せすべきだろうよ

 (株主には特別版、一般消費には通常版‥とかなんとか)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 21:04 | Comment(0) | 黄岐の果ての黄嶺 | 更新情報をチェックする

2020年03月14日

【エンコード観】アニメにテキスチャーの保持まで必要か?

記稿.2020/03/14

> 「君の名は。」ブルーレイはこうして作られた ー “映画の感動を封じ込める” 徹底したこだわりとは?


 ‥という記事を見つけた、そこで思わぬ情報を得た


{抜粋:P2
支給されたデータは、DPXという非圧縮の静止画連番ファイルです。1,920×1,080/RGB4:4:4/10bit/BT.709になります。

{抜粋:3P
作品によってはバンディングやモスキートノイズなどに悩まされることもありますが、『君の名は。』のオリジナルデータにはそういったところがなく、非圧縮のDPXマスターが使えたこともあって、歪みの無い理想的な4Kアップコンバートができたと思います。

{抜粋:6P
HEVCは圧縮アルゴリズムが進化していて、ブロックノイズやモスキートノイズは出にくいのですが、ビットレートが足りないとグレインなどの微細な情報がスッパリと消えてしまいます。人間の眼の特性に照らし合わせると一概に圧縮効率が良いとも言えないんですよ。HEVCだからキレイ、とはならないんですね。

{抜粋:6P}
『君の名は。』は、デジタルアニメのフラットな画に様々なテクスチャーが乗っているので、余計に残すのが難しかった




> まず、一番に驚いたのが
> 動画エンコード屋さんに渡されるマスターデータが
> 流失云々対策から、必ずしも非圧縮状態のそれとは限らないらしい


 ‥長い記事を読んでいくとそうとしか思えない言い方をしている
 もっともそれの多くは、DVDの頃の話も被っているのかも知れないが‥驚きだ
(予算というか人材枠をケチって、ビデオデータしかない場合の丸投げ等は十分に該当するだろう)




> 次に驚いたのがテクスチャの取り扱いである


 ‥昔の感覚からすると
 アニメを見るのに、背景の見映えとして、画用紙の目地にまで注目したりしない
 そもそもそんなところまで確認できるのは、フルHDを再生できる環境だけである

 (HDテレビならそんなのは概ね潰れちまっているはず)
 (現場が頑張っても、却って、ノイズにしか見えていないだろう)
 (画質調整がまずければ、色彩からして的外れなんだから尚更だ)
 (現場は最先端との格闘だからそんな一般家庭の底の再生環境までは取り合わない)


 ‥つまりここに、圧縮はこの程度、このぐらいでとした
 未成熟な視聴環境に置かれたユーザー側の要望との間に、不一致が発生していた
 もとい、利便性を高めたいユーザー側の勘違いが発生してきた
 結果、世界中に再エンコードされた筋違いリップが巻き散らされる結果にもなった

 (多くのユーザーに理解が無いなら、そりゃ拾って確認したくもなる)




> しかしである


 テクスチャーまで残すとする考えは制作サイドのこだわりだ
 お話を楽しみたい思考からすると、絵本でも十分だとした思い込みは拭えない
 原画レベルで絵本を楽しみたいなどと、そこまで考えるこどもはほぼ皆無だろう

 そこに現場が自慢げに押し付けているのが、デジタル由来の現場感覚からの差だとすれば

 HDR以降の映像の世界は(需要と供給の理解からすれば)現場の勘違いとする見方も成り立つ
 記事を読んでいくと、エンコードだけでHDRになるもんでは無いことが理解できる
 一からの作り直しと、手作りによる最適化が前提だ

 つまり、リマスター作業レベルから、さらに光彩処理での特殊な調整を施す事を指す

(ハリウッド発で、映像のデジタル化が深化しすぎて、そういう流れになったと言うことだろう)


> そしてそこに、それの理解を促すレベルにあったのが新海誠だった
> 技術があっても看板的人材がいないと理解を得るのは難しいとした一例だった
> でも、HDR化の主役はエンコード屋さんだった(新海誠でもHVECでもねぇ)


{抜粋:7P
マスターのデータ量と圧縮率の関係としては、2K解像度でMPEG-4 AVCのBDが最もバランスが取れています。
2K/SDR環境であれば、UHD BDをダウンコンバートするのではなくて、是非BDで観て欲しいですね。



 ‥なるほどなるほど
 これが現場の一致した見解と言うことになるようだ
(資本家の資本の事情が、果てしなき無謀を急かしているだけともとれちゃうのがHDRらしい)

 その発言は、実にわかりやすいのだが
 赤字部分どうにもリップ前提なんすけど‥(法的にも業界的には炎上っすから)




 ‥現場がそう思うほどなら
 それと同質の視聴環境に無きユーザーが欲するルベルは
 やはり、DVDとBDの間に在る


> ならばその時、テクスチャーまでを残したい判断とて、丸めざるを得まい
> 興行的にもこちらが正解なのに、ハリウッドの制作意欲に付き合った結果、誰も買わなくなった
> 多くが、ネットで視聴できる画質程度で満足なのは、指摘するまでもない


 一番に美味しいところ & お手本たる見せ所に手を抜いて、著作権侵害も糞も無い



posted by 木田舎滝ゆる里 at 13:08 | Comment(0) | 黄岐の果ての黄嶺 | 更新情報をチェックする

【謎】デスノートの所有権理解

記稿.2020/03/14

> 夜神月はデスノートを切り取って、それに名前を相手に書き込ませたりしていた


 ‥ここが問題だ
 デスノートの所有権を放棄すると、デスノートに関する記憶が消される
 そういう内容だったと思うが

 この相手に名前を書かせるとした手法は、デスノートの所有権放棄に相当するのでは?

 所有権があるから意図して使えるとした見方も成立するにしても
 基本的に、名前を書き込むのは権利者のみに断定されるはず

 (所有権理解?‥もとい、所有権発動とはそういうもの)


 死に神同士で自分らのノートをたらい回しにして使うことは無いだろう
 つまり、夜神月のデスノートの使用法は、死に神の使い勝手を凌駕していたと言える

 ‥だが一方で
 死に神は自分のノートに関して所有権を自覚している
 地上に落ちたら、地上界で拾った奴の者
 その所有権とはなんだろう?

 つまり

 ‥俺は名前を書き込まない‥それは主義
 ‥俺は名前を書き込めない‥それは掟


> デスノートにでてくる死に神は、デスノートを用いてでしか人を殺めない
> そういう内容だとして自分のノートの所有権を論ずると


 ‥死に神のノート所有は、死に神としての権限なりプライドと言うことになる
 否むしろ、命に等しき能力そのもの(源)として解釈できる

 ならば、地上にノートを落とした場合、その死に神はどうなるのだろうか?
 どうにもなっていないなら、死に神にとってデスノートはただの道具でしかない
 もしくは、スタイルだ


 ならば、デスノートの所有権云々は、死に神の個性として
 それを使用する人間にカマを掛けただけになる(より面白さを得る為に)




> 悪人は上等になればなるほど
> 不思議と日常的にカマを掛けていたりする(より面白さを得る為だけに)


 正直者は、それを「嘘」と見下し
 大悪党は、それを「戦略」として日常的に使いこなす

(カマを掛けないと成り立たない恋愛なんざその時点ですでにピュアじゃない)
(カマを掛けないと成り立たない就職採用なんざ‥その時点でブラック上等だ)
(されど、悪の心理を頭から否定した無警戒なおつむでは、平和も幸せも長続きしない)

 ならば、競争を絶賛する世界では、嘘は正当化され
 戦略の秘密を明かさない権利を行使できる世界は、不誠実も又正義と宣言しているに等しい


> ‥普通に生きていたいだけなのに
> 正直者はそれだけで馬鹿にされる‥成果主義とはそういう見下しの推奨世界
> 大悪党の戦略にまんまと填まっているだけの無能な社会


 ‥そもそもの「普通」に誰も疑問を抱いていない時点でアウト

 それはつまり自分なりのペースとした解釈に過ぎない
 だが、心の中では、過激になっていく競争社会を誰しもが否定している
 なのに、生きて行かざるを得ないとした心理が、益々の画策ありきを受け入れている

 それらの多くは、「恐怖」に屈しているだけの自分を無意識的に受け入れただけのスタンスだ

 もとい、お得やサービスからこぼれるとした恐怖だろう
 今やそれが「普通」にあるのが、現代社会の普通にある


> 私たちの「普通」は、こうしてすり替わる


 ‥競争が過激になった結果、お得にありつけるか否かが生活の中心になっている
 ‥それのそもそもは、一人一人が無力であるとの思い込みを真に受けた積み重ねである

 (「無力」=「無価値」を無意識で了承していては、パワーなんて湧くわけねぇ)
 (それを又、見下すようになっても同じこと‥着目がブレるから‥)

 ‥無力からのスタートは、赤ん坊のまんまの思考というだけの話(性善説段階)
 ‥そこから少し棘がでているのが悪党の思考(悪ガキ、悪たれ、性悪説段階)
 それらを脱ぎ捨てたのが、ようやくにして人間らしく見え始める思考の段階


 ‥私たちの多くは、未だその先の世界を知らないままだ‥



posted by 木田舎滝ゆる里 at 05:22 | Comment(0) | 日記/2020 | 更新情報をチェックする

2020年03月12日

【妄想】奴らのワクチンが怪しいなら、PCR検査キットも怪しいのでは?

記稿.2020/03/12

> ‥コロナ騒ぎで誰しもが忘れかけていること


 それは、景気はいつしか頃からか世界的に下り坂だった
 もはやどうにもならなくなったので、ウイルス騒動にすり替えることが決定された

 すべての不景気はコロナのせいにしてしまえ‥(奴らにはグッドアイデアだった)
 すべての不景気はコロナのせいにしてしまえ‥(奴らにはグッドアイデアだった)
 すべての不景気はコロナのせいにしてしまえ‥(奴らにはグッドアイデアだった)

 ウイルスに責任を押し付けて、そのままにお家と席を安泰とする
 そこまでやるやつらだからこそ、それこそ何でもありなのだろう


> ということで、PCR検査キットも怪しそうだ


 ‥検査を存分にやらかしたイタリアと韓国は轟沈
 ‥そこに、孫正義が100万人分の提供発言である

 きっと‥検査キットに仕掛けがされていると思っていた方が無難なのだろうよ
 裏技としては、100%で感染させられるし、貶めたい国家から壊せるわけで
 まさに画に描いたような悪党の手口とかなんとか(くわばらくわばら)


> つまり


(検査キットの中に当たりくじが仕掛けられていて、区分は困難)
(悪党なら当然のバレない為の作戦遂行判断だ)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 00:16 | Comment(0) | 日記/2020 | 更新情報をチェックする

2020年03月11日

【エンコードレシピ】最果てのマクロブロック極まり丼(540p)

↓11)記稿.2020/03/11

> テレビUSB挿し勝手の極意とかなんとか
> キュルキュルサーチできてこそのテレビUSB挿し


 ‥USB2.0前提だと、なにかと帯域が怪しくなる
 トコトン適度にIとPフレーム増やして、さらにマクロブロック増やして
 キュルキュルサーチをやらかすわけだから、選択肢としても、540pでやらざるを得ない
(調子こいて毎時30MB/Sなんてやらかしていると、今度は逆に音飛びが気になってくる)

 ‥540pで画質を良くしようと、1080pと比べてどうしたって低解像度の分だけボケる
 DVDのインターレースのエッジ感は、それを誤魔化してもいたらしい(特にアニメ)

 ‥だがしかし
 540pゆえのぼけが、アニメにおいて、どうにもセル画っぽく見えてうれしい
 実写でも、どこかレトロな雰囲気が醸し出されてほっとする

(そりゃ、高解像度には高解像度の魅力があるわけだが、手間すぎるのでどうしようもない)
(DDR5で8コアぐらいにならないと、日用的にサクッとエンコードできる扱いにならない)
(でもそうなろうとも、容量削減に欲掻いて、HEVCで奮闘するイタチごっこだろう)


> ‥そこはさておき
> 今回は540pで高画質を叩き出す為のあれやこれを追求した結果の集大成になっとります
> テクニックとしては、マクロブロック大盛りになってます
> 略して「まぐろ丼」でーす


 ‥ここまでの道程を振り返ると、ようやくに日の目を見られそうではあるが
 知れば知るほどに、他人のエンコードの粗と不思議で一杯になる

(でも基本は数学だから、計算ルートが違うだけで、得られる解が近似値を伴い怪になる)
(ならば、誤差の少ないエンコードの方が美麗で速いに決まってる)
(されど、圧縮率も絡むことから、BD規格自体が、素晴らしく美麗な計算ルートとは限らない)
(それはつまり、断崖絶壁ほど美麗に見えてしまう景観を避けて、時代の手頃感を求めた結果だ)


> ‥繰り返すが
> 著生にとって、それの手頃感への要望が、テレビUSB挿し&サーチキュルキュルだった
> とくに大画面&高解像度とした視点に無かったという事である
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 16:51 | Comment(0) | 黄岐の果ての黄嶺 | 更新情報をチェックする

2020年03月10日

【アイデア】スマホの二画面化を画面増設で対応する案

記稿.2020/03/10

> スマホの二画面化を見ていて思っているのだが


 ‥あれはつまり
 モニター増設+電池増設であれば、間に合うはずだから
 合体拡張構造にして、規格化しちゃうのが良いと思うのだが、なぜそうしないのだ?

 バッテリーの規格にしたって
 新型固形電池登場で、すべてのラインを切り替えるべしなんてべたに考えるよりも
 合体拡張構造の方だけ新型固形に対応させる規格を採用しておけば混乱も減る


 又、スマホの同型サイズモニターと合体できるなら
 ノートパソコン然り、テレビ然りで、色々としたアイデアの種になるだろう


> どうして、二画面化するのに、折り目の無い形状にこだわってんの?


 例えば、5Gレベルの通信能力とテレビが合体
 スマホのカメラ機能を介して、テレビ画面サイズでテレビ電話
 これこそ、待ち焦がれていたテレビ電話のポジションになるはずだ

 そうすると、テレワークもずいぶんと低コスト化できる(コロナ騒ぎはそれの流れだよ)


 ‥テレビはテレビ、スマホはスマホとしか考えないのは西洋脳だから
 いやいやほんと、どこか欧米化脳なんだから困っちまうよ



posted by 木田舎滝ゆる里 at 14:03 | Comment(0) | 日記/2020 | 更新情報をチェックする