2020年03月06日

【哲学】引き寄せの現実(ソウナンですか?)

↓5)向宜弁論.2020/03/06

 人生には諸々のトラブルが多い
 其を遭難になぞらえたなら、不運な人生観を思い描くばかりだろう

 ‥しかしどうか

 あなたが諸処のトラブルに対処できる人生のエクスパートだったなら、そうとばかりには思うまい
 そしてそれが皆に知れ渡ろうなら、あなたの所に相談が山ほどやって来ることになる
 そうだ、あなたは動かざるしてトラブルを引き寄せてしまうのだ

 ‥そのようなエクスパートが旅先に出ようなら、どうにも大厄に導かれるに違いない
 ‥なんと冒険と遭難と脱出の引き寄せ劇場の主人公だろうか‥

 だが、これを冷静に考えれば
 ただのトラブルメーカーと変わらぬ運勢の「強運×狂運」の持ち主と言うことになる
 これを訝しげに捉えれば、はた迷惑な存在に映りだすばかりだろう
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:47 | Comment(0) | 哲学/一般 | 更新情報をチェックする

2020年03月05日

【注視】コロナざれで無観客試合五輪&おもてなし不十分

記稿.2020/03/05

 コロナざれで、観光客が来ないと五輪前に観光業界は縮小
 五輪前に破産が続出すると、五輪のおもてなしを十分にできかねる

 それ以前の話として
 無観客試合で続行するとなると、チケット代の返金を余儀なくされるだろう
 (しかし、お金なんて無いんだろうから無理ッ)

 そこで実験的にも、スタジアムの各所にカメラを倍増して
 チケットを持っている人にそれのアクセス権(カメラ視点の切り替え自由視聴)を
 案内するとかなんとか‥ぐらいの対応はしないと収集がつかない


> それにしたって、不慣れな実験含みで下手をこけば、すべてのテレビ観戦がダウンしかねない
> (チケット席で仕分けして、切り替え自由度に差を設けるのも一案)
> (普通にすべての観戦で実験的にやらかせば今からでも技術ノウハウは得られる)


 そのほかにも、食材の調達絡みにもダメージが出ているので
 その手の人材がちりぢりに離れてしまえば
 MRJの延期に見られるような末端問題に陥りかねない

 (‥どうしたって、中止気配は濃厚だ‥)


> ‥これではまるで
> 安倍政権下で唯一最後に残った観光事業での成果云々を待たずして
> ダメを言い渡された形であーる


 ‥もとい、観光業で稼いでボスに貢いでいた流れだったわけだが
 そのボスが間引きキャンペーンとして、色々とばらまいてるっぽいわけで
 最後の頼みの綱を、雲の上側から自ら断ったということになるのだろう

 切ったというより、それより都合の良い資金が手に入ったとかなんとか
 兎にも角にも、安倍政権の成り行きは、ますますのやっつけになりそうである


(‥それとも、痺れを切らしたアンチ安倍派が強硬手段にでたのだろうか?)
(結果、二種類ものタイプのコロナが登場しているとかなんとか)
(政権ダメージ用の殺傷力弱タイプと、人類間引き用のマジに死ぬタイプ)


> ‥どちらにしても一年半程度の大騒ぎということらしい
> それにしても、毎日が戦況放送みたいで、酷く落ち着かない


 ‥児童・学生の「おうち疎開」が始まったし(給食頼みの児童は、まさに疎開)
 学生にしたって、学業中止まではならずとも、授業数削減なんて措置にもなれば
 それはそれで戦時下の大学で勉強できなかったに近しい雲行きにだってなりかねない

 ‥なかなかどうして
 戦時下の国家経営に発令されていた諸々の事柄が、現代社会ではサクッとできない
 というよりそういうものであったとの理解ともなれば
 軍事国家の強権という奴が、如何に強引だったかの見方の見直しにも繋がるのだろう


> 非常時への強力なリーダーシップ像は要らない
> 平時の安全を第一に進められる日常に、全力を尽くすリーダー像こそが本命


 ‥とした声にならない社会の方が狂怪だった‥とかなんとかに



posted by 木田舎滝ゆる里 at 11:51 | Comment(0) | 日記/2020 | 更新情報をチェックする

2020年03月03日

【アニメ鑑賞】父譲り「ソウナンですか?」生き抜けど 遭難相の家系とあれば

記稿.2020/03/03

> アニメ「ソウナンですか?」は、小学生の視聴向けにはできていません


 (キューティーハニーをOKと思うなら全く問題なし‥いやいやどうだろう‥)
 (オタクに育っても良いと思うなら全く問題なし)
 (メイド・イン・ザイニチ要素を害と思うなら有害要素あり)


 ‥沖ノ鳥島を彷彿させるような面積に、女子高生が4人漂着していた
 4人は、目の前に見えた島に向かって泳ぎだし、無事泳ぎ着いた

 ‥その四人の中には、なんと
 父親からサバイバル技術を叩き込まれて育った鬼島ほまれ(おにしまほまれ)がいた
 彼女は持ち前の知識と才覚を発揮し、女子高生四人による赤裸々な島での生き残りをこなして行く


> なんて大胆な設定なんだぁ‥(感服致しました)


 ‥とはいえ、一気見して、一晩寝て起きてふと気がついた
 ほまれの父(丈一)は、サバイバルのエキスパート&冒険家というよりは
 遭難の相の持ち主ということだよね、娘にもしっかりその血が受け継がれていると‥

 ‥「お前がいたから墜落したんだろうがッ」
 という解釈が可能であることに気がついちまったz

 スリリングな冒険がしたいと思ったら、是非ともゲットしたい逸材ではあるものの
 平和に旅がしたいと思ったら、相当に迷惑な疫病神っすね

 (キャラを立てようと思ったら、必然的にその手の運勢を背負わせざるを得ない)


> 日本人がどんなにマンガ好きでも、マンガチックな人生は望んでいないはず‥
> (否、相当に欲しているのかも知れないz)


 ‥汚れた水を尻の穴から水分補給の技が‥(究極奥義すぎて衝撃っすた)
 是非ともキットの販売をしておくべきだろう
 世界中のオタク共が興味本位で買うかも知れない
 否否、遊び半分にも尻の穴からコカコーラを飲ませるとかイジメになりかねないからやっぱ没

 ‥さらにツッコんで語るなら
 父娘でこの技を駆使して、難を逃れた経験があったということに
 (そういう解釈がされると米国での販売はアウト!っすね)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 21:34 | Comment(0) | 日記/2020 | 更新情報をチェックする

2020年03月02日

【命題】エリートと闇

記稿.2020/03/02

> エリートのおつむには、数値化せざるを得ない性癖が棲みついている
> 其はエリートが、自信を以てエリートたるに値すると自覚する為にも欠かせない魔物にある


 ‥数値評価には上限が付きまとう
 よりエリートたると認め合うには、Aランクでの安定評価が欠かせない
 ゆえに、満点(完璧)を維持できる奴は、エリート中のエリート(天才)と判断される

 ただしそこには、想定外を前提としていない脆さを含み持つ

 エリートにとって、物事を想定内でクリアーすることは秀才の域であり
 想定外を独創的アイデアで乗り越えられるタイプは鬼才の扱いとなる

 ただし、そこにある厄介な諸事情の多くは、人間関係である場合の方が多い


> エリートのこの傾向は、生活全般の多岐に渡り無駄に徹底されている


 ‥エリートと立身出世は切っても切り離せない
 自分の優秀さを誇示して美味しいメシが食える諸事情へのこだわりは尋常では無い

 (そこには、格差が保たれて当然とした思考すら正当化されていてどうしようもない)


 ‥毎日の食事にさえランキングが付く
 そこに個人差が顔を出すにせよ、決まって自分が認めたランク外を排除する傾向が強い
 世間一般においてもそのような傾向はあるにせよ、大抵の多くは
 何だかんだと、そこまで徹底はしていないだろう
 エリートにとって、贅へのこだわり(思い込み)は、徹底すべきスータスに位置する
 結果、そういう選択の日々を積み重ねてしまうので、想定外への対処が普段から不足する

 これは人付き合いにおいても同じ流れとなり、看板重視に偏りがちだ


> このような体質に人権云々など無い、それがエリートの本質と言うことである
>(自由とは冒険心に満ちてある空気だが、エリートは保守に満ちてある空気でどうしようもない)


 ‥それだけならまだしも、エリートの数値へのこだわりは
 数値で発表されるすべてに向けられてしまうので、都合が悪ければ化粧を施すことになる

 (まさに保守思考である)
 (エリートほど弱肉強食とした趣をこのような秘やかな場面を好んで放り込む)
 (エリートの多くは面倒を嫌うので体良くやっつけられる手段の画策に余念がない)


 ‥結果、数値へのこだわりから、エリートの多くは平然と数値でのずるをやらかすのだ‥


 世の中が数値で表現される資本を前提とした競争主義にあればあるほど
 ありとあらゆる数値の中身に、ブラックボックスが無くなることは無い
 何しろ‥やらかす判断がトップダウンにあれば、ポチ上等(渡りに舟)ということでもある

 そして、そのような慣習から

 うまく行かなければ、誰かのせいにしてしまえば良い
 ツケを下に回せば良いと思うようになるのも、エリートたる性癖の一つになっている
 (軍法会議はとくにそれ)


> この誰かのせいにする為に欠かせない条件付けが、性善説教育である


 ‥私たちの多くは、兵農分離の流れから性善説で育つ
 ゆえに、そこから逸れていると、間違っているとして批判できるレールに乗ることになる
 過去の聖人君子をさぞや褒めたたえている振りをして、実は
 エリート同士の揚げ足取り概念の育成に余念が無い

 ところが、エリート同士の多くは、学んだ環境が同じゆえに仲間意識が強い

 ‥結果、何かことある度の責は、外に向けられる
 その時の理由づけなんて何だって良い、性善説に絡めて巧妙に指摘してやると効果てきめんだ
 考えや学びの浅い者ほど、洗脳されてしまったかのように負い目を真に受ける者が多い


> なので、エリートに期待してみたところで、世の中が99%良くなることはない


 なのに世間は‥エリートに向ける期待がなぜか大きい
 無知盲目と恥ずかしき顛末しか起こらないのに、エリートへの期待だけが安定しているのは
 誰かのせいにしてしまえば良いとするエリート側と鏡似性ということなのだろう(依存意識)

 エリートが自らを誇示する為の根拠こそ「数値依存」である

 ‥ゆえに、結果を出せずに責任を負わないなら、それは能力主義では無い、単なる派閥差別だ
 ランク落ちを自らに科す気が無いなら、能力主義などただの言葉遊びである
 数値化評価ごっこ主義とでもランクダウンさせて表現すべきが筋である


> この世の競争は未だ、勝ち戦だけをやらかしたいお子様同士の嘘の付き合いレベルだ


 ‥其をエリートは、さも満足げにこう言い放つ
 「能力主義ですから」


> なぜ能力主義だけが、そんなにまでどや顔で居られるのだろうか?
> それこそ偏見だということを、エリート層が歴史を以て証明してきたとして認知すべきである


 ‥偏見に命を預ける者は愚かである‥
 ‥偏見のまま命を預かる者らは狂怪である‥



posted by 木田舎滝ゆる里 at 16:35 | Comment(0) | 命題 | 更新情報をチェックする

【エンコード日記】シャープフィルターを試してみたら驚いた件

記稿.2020/03/02

 ‥ブロッキング軽減をマイナスに寄せたエンコードは、テレビUSB挿しにおいて
 バックライトの強さ如何では怪しくなるらしい‥ということから‥


> Psy-Trellis強度(1.00)に物足りなさを感じ、ついにシャープフィルターに手を出してみた


 ‥XMedia Recodeに用意されているシャープフィルターの強度を(0.1)で使用してみたところ
 540pゆえのぼけ以外のぼけが一気に解消できているように見える

 たったの(0.1)ぽっちなのに?

 でもまぁじっくり確認していくと、Psy-Trellis強度でさらにバランスの調整が必要だった


> ‥540pにおいて
> シャープフィルターの強度(0.1)に対して、Psy-Trellis強度(0.17)を、とりあえず得た


 ‥さらにシャープフィルターの強度を(0.2)に上げれば
 1080pで、CRFを上げてもイケるかもと思ってやってみたのだが
 どうにもHDテレビからの観察では推し量りきれないので保留した

 ‥それにしても、なぜ(0.1)ぽっちでうまく行くのだろうか?

 で、ふと思い巡ったのが、luma(Y)とchroma(C)の扱いだ
 わかりやすく言えば、4:2:0の中身の扱いだ


> シャープフィルターという強制的調整によって
> 420の内容にてこ入れが入った
> 結果、劇的にピンボケていた内容が一気に解消された


 ‥その意味を裏返せば
 AVCエンコーダーの動き推定に苦手があるのでは無く、不備があると言うことになる
 不備に無ければ、その手の調整には、フィルター活用が推奨されていたとも解釈できる

 (まぁ結果オーライだからな)


 ‥ということだったとすると
 外部フィルターを使ってみたあとの補正に
 Psy-Trellis強度で微調整するひと手間は、テクニックとして有りなのだろう


 ‥にしても
 エッジを復活させて維持しようってんだから
 問答無用でその分のビットレートが追加される
 その効果は、Psy-Trellis強度(1.00)より圧倒的だ‥CRF(12.8)だし‥

(なまじ圧縮されやすいソースに対して、外部刺激を与えてみるのはサックと有効らしい)


> まだまだ確認調査が続くとは(それも増量方向だし)‥orz


 それにしても思うのは、540p画質というのがあるらしいということである
 (DVDのインターレース480p画質とも、BDの1080p画質とも多少違う)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 01:12 | Comment(0) | 黄岐の果ての黄嶺 | 更新情報をチェックする

2020年03月01日

【錯覚心理】同じ画質で半分の容量の基準がDVD程度だった件

↓6)記稿.2020/03/01

> DVDと言えば、mpeg2である
> mpeg2と言えば、DVDである


 ‥そしてDVDといえば、720x480の分解能に、インターレース(30フレームに増幅)だ
 中にはプログレッシブも見られるが、どちらにしろ、その辺りがDVDの画質の範囲である

 それが一般的なんだから、AVCで謳われる同じ画質で半分の容量はDVDが基準になっている
 (それは、HEVCでもそう解釈されなければ釣り合わない)


> ところが大衆は、そこを酷く勘違いしてしまっていた
> HEVCならAVCの半分にできる‥んなわけねぇ‥
> できるとしたら、DVDの枠組みにおいて4分の1減あたりが妥当なのだろう
> それは常に、720x480の分解能を前提にしたお話である(そう考えないと釣り合わない)


 ‥DVDを再リップする目的の多くは、3:2の比率からの
 4:3化ないし16:9化へのアップコンバートだろう(その時点で物理的増量は確定だ)

 DVDからのリップにおける物理的条件としてはそうなる(&インターレース解除だ)

 ‥さらに付け加えるなら、AVCに見られるありとあらゆる間引き手法を用いてだろう
 そもそも、間引き手法の一切を用いずに同じ程度の画質として扱えるわけが無い
 (mpeg2に、そこまでの余裕なんか無いのだから)
 とした内訳が、DVDと同画質程度とした中身になることをまずは理解すべきである


> ‥興行画質を狙うなら
> AVCでもHEVCでも、それぞれで性能の最高パフォーマンスを目指すのが筋である
> 一方で、規格を定める科学者らが、アーティストレベルで画質を語ることは無い
> (投資家に案内するに、手頃な水準での指標が求められて然るべきだからだ)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 22:15 | Comment(0) | 黄岐の果ての黄嶺 | 更新情報をチェックする

2020年02月28日

【緊急】沼津の銘菓ほさかの栗せん経営ストップ中

記稿.2020/02/28

> http://www.kurisen-hosaka.visithp.jp/


 ‥現在、ほさかの栗せんが地元で見当たりません
 本店も工場も稼働していません
 ホームページも止まったままのようです

 これは、経営者が亡くなったか
 原材料である白いんげんの農家さんが亡くなったかのどちらかに思われます
 (それとも単に経営不振だったって事でしょうか?)


> ‥レシピの温存を希望する方は、今年の3月あたりが境かも知れません
> (詳しくなんてまるで分からん)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 19:08 | Comment(0) | 日記/2020 | 更新情報をチェックする

2020年02月26日

【エンコード日記】DVD二度揚げ再没、帰ってたCRF(12.x)とんで‥b8x8もありの件

↓3)記稿.2020/02/26

> DVD一度揚げの品質をより良くしていくと
> なんと、解像度を落としても自動的インターレース解除しなくなるっす‥orz


 ‥BDの自動的インターレース解除の場合には、今のところそのような傾向は見られない
 これは、補間に耐えうるデータ量があるかないかの差に思われる

 ‥ついでに、BDインターレース解除の場合、質さえ良ければ
 二重化を用いた1080pでのインターレース解除でも、それ程ぼけたようには見えない
 (その他要素も加味するかも知れないが、DVDほどにぼけることは無い)


> ‥ということで、DVD二度揚げはどうにも没になりました(時間の掛け方はいくらでもある)


 というわけで、DVDを再エンコードやらかすにあたり
 1080pを望む声は多くないでしょうから、540pか720pかの選択になると思います

 ところが、元々のベースが1080pからの縮小です
 DVDの容量に収める為に、泣く泣く黒枠を設けたり、端を削ったりしてやり繰りしていたりします
 さらに、プレイヤーとエンコーダーでの差も絡むことを確認しました


(XMedia Recodeの場合、ピクセル管理は2x2からになっています)
(解像度の奇数設定を始めから無効化してある作りっす)
(一方、VLCプレイヤーは、DVDの端数値853ドットを許容します)
(この差が頭から発生してあるので、正確も糞も無かった‥orz)


> 853ドットを854ドットから計算すりゃそりゃ比率違うから
> その点、デコーダー側は、表示の問題だから端数だろうと都合を付けられるのだろう


 ‥これはマクロブロックの数の問題に直結してきます
 ブロック計算に端数はありえません

(じゃ、DVDの中身はどうなってんだ?、mpeg2の勉強なんてやる気ねぇから知らん)


> ‥ということで、マクロブロックの数を確認してみましょう


 1080pでの一般的な設定は、I4x4までです
 それも、BDなら1秒に1枚あるかないかの配置ペースです
 さもFHDと囃し立てたところで、その中身は、実質8x8単位までの細かさです

 ‥なら、どうしてI4x4は残ったのでしょうか?
 (そりゃ、ピンナップ用途で欲しかったからとかなんとか)
 (撮影用途(インターレース)での都合から、用があったかもしれないとかなんとか)


 ‥そこはさておき
 その数が1920x1080 → 240枚×135枚
 これに対してP4x4までを効かせたBフレーム無しの540pの場合、同等になります

 ゆえに、マクロブロックのイメージを損ねることなく、半分に縮小できる算段になります

 ‥ところが、720pになるとこれが崩れます
 1280x720 → 160枚×90枚(8x8)、320枚×180枚(4x4)
 (P4x4まで効かせれば、動きの質はFHDより上に思えなくもないのだが‥)


 ‥黒枠の境がピタリと(8)や(4)で整っていれば誤差も少なくなるのでしょうが
 現場の判断でどうなるかは不明です
 12ドット幅なんてことになると、どうしたって、黒枠を抱えたブロックが登場したりします
 中には、はじめから端数を嫌って、意図的に左右対象幅に整えっていなかったり
 容量の都合から、泣く泣く端を削ってあるようなソースも見受けられるのです

 ‥そこを何も考えずに問答無用で黒枠嫌い爆発で
 わざわざ好んで黒枠を剥がしてエンコードなんてのは論外です
 それはその分、画質ぼけの追加要素に奔走しちまっています
 比率の変更されちまった画なんて、ただただ残念なだけでしょう


 ‥で、その変更が
 エンコーダとデコーダーの間に存在しちまうのがDVD規格でのどうしようもねえ状態だった‥orz

 (そもそものmpeg2自体に、再現性誤差がある造りというのは、規格側でも確認されている)
 (外野が今更、ガックリすることでも何でもねぇ、そういう中身だってことっすから)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:46 | Comment(0) | 黄岐の果ての黄嶺 | 更新情報をチェックする

2020年02月25日

【短歌】コロナウイルスで詠んでみた‥四首

記稿.2020/02/25


|不景気を鷲掴みせるコロナざれ 陽性失業それだけは
|破壊的客足止まるリーマン級 コロナで攻めろ「まず8%」
|%下がらずんば閉鎖ざれ 病院・学校・選挙まで
|できレースコロナ解散ああ選挙 感染源には近寄れねえ


 ‥という思考が降りてきましたz

 つまり、安倍政権は、今こそ解散のチャンス到来かもしれないと
 で、前文句に沿って8%に戻せば、少しはマシになるかもと

 いやいやそれにしても、陽性失業はどうにもならねえだろうねえ
 いやいやそれにしても、噂の負債額7000兆円どうすんだろうねえ?
 あんなん抱えてたら、8%どころか18%にされちまいかねねえz



posted by 木田舎滝ゆる里 at 22:22 | Comment(0) | 日記/2020 | 更新情報をチェックする

2020年02月23日

【妄想】自民党と職権濫用と負債7000兆円

記稿.2020/02/23

> 麻生太郎と安倍晋三首相、細田博之会長、麻生太郎と菅義偉官房長官が、それぞれ会合、麻生と菅が仲直り、自民党政権下で築いた負債7000兆円の処理について話し合った?


 ‥板垣情報にこんなんでてましたん
 これが事実なら、自民党はというより安倍政権は
 自分たちのこしらえちまった負債を返す為に10%をやらかしたって解釈になります

 「はぁ☆」

 やっぱそこまで(いやはや、無能の集団じゃん)
 能力主義の看板下ろせよ
 きちんと「マフィア的お家主義」だって名乗りんさい

(マフィアで言えば、存分に能力主義に該当)


 さすれば、憲法違反で即退場!!!


 でも、ゾンビ復活しちゃうと‥どうしようもねぇお家主義だz‥



posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:27 | Comment(0) | 日記/2020 | 更新情報をチェックする