2017年04月10日

【宇宙な?】クズという公平たる入り口

↓6)改稿2017/04/10...20170408...

> 今や、宇宙全史の入門用語は「クズ」です。
> ‥「クズ」としての己を自覚することが大事!
> ‥そこからのスタートこそが本道!


 さてさてさて、「クズ!!」‥どうにも引っかかるお言葉ですが
 是をもう少しやんわりと職人風に語ると「未熟者」です。


 「クズ」=「未熟者」=「教わる方が楽しい&うれしい」=「与えられた方が楽チン&有り難い」


 ‥おうおう、だいぶわかりやすくなりました。

 たしかに、
 未熟者としての自覚が足りていないと、どうにも精進は進みません。
 まさに道理です。(職人云々にあれば、すんなり理解できるはずです)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 22:41 | Comment(0) | 哲学/宇宙的に | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

【勝手句帳】092 29-3-31/4-4 静岡新聞掲載分から

↓7)向宜詠吟.2017/04/07

|春荒れの果て綺羅星置ひてゆく           静岡市・清風俳句会(4-4)

|春荒れの果て綺羅星だれぞ散る 政界花吹雪ヨーソロー


 *綺羅星(きらぼし)‥「綺羅、星の如し」からの縮語。
 @闇夜にきらきらと光る無数の星。A地位の高い人や明るいものが多く並ぶようすのたとえ。
 *ヨーソロー‥進路そのままの意。(ここでは、時代の抗意にのまれて散れぐらいの意)


 ‥ネタの解釈は、春嵐のあとの夜空の綺麗を詠んでいます
 ポイントになるのが、「置ひてゆく」までのまとめ方です。

 この時

 中七を七音に収めるべく
 「に」を盛るか「を」を盛るかで、雰囲気が随分と変わるのがここでの「綺羅星」です。

 十七音での整えがネタの句で
 三十一音に仕立たのがリスペクトです。

 ‥見れば分かると思いますが

 「を」を盛った方は、どうにも詰まったような余韻にならざるを得ません。
 俳句ではそれも味になりますが、
 短歌でとなると‥どうにも主体が曖昧になりかねないのです。


> ‥それにしてもなかなか
> 「森友疑惑」&「今年の桜遅し」‥雰囲気ありありです(こんな詠みようがあったのか!)




|ああ平和平和を忘れてる平和             焼津市・焼津川柳同好会(3-31)

|ああ平和、ひっくり返さん芝居ゆえ狼少年騒ぎ出す
|ああ平和、其を忘れ居て平和なく 平和の信念かつぐも軍事
|ああ平和、正直棚にくぶ火元 乱るる根っこ嘘まく政治
|ああ平和、気付く頃には屋根ぞ無し 爆弾降って九条ぞ在り


 ‥ネタは、同じ言葉の繰り返しこそを十七音ながらの特性とした例になります。
 短歌になりますと、もう少し具体的に細かい表現が求められてきます。

 思うに、

 ネタの句の詠みようは、モザイク風でしかなく、いろんな角度からツッコめるということです。
 ‥ゆえに、平和について考えさせるには、もってこいの教材らし風体をしていると。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 21:11 | Comment(0) | 名句にポン/2017 | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

【宇宙な?】覚醒の意味する領域

記稿.2017/04/06

> 宇宙全史で言えば、「覚醒」「覚醒」と口やかましいがそれは一体何を指しているのか?


 所謂、人間という肉体のパフォーマンスとして
 想定されている知覚に到達した。

 若しくは

 想定されている以上の新たなor異怪な知覚を獲得した。


> 宇宙広しといえども、人間という肉体を通してでしか獲得できない知覚が存在する!
> ‥しかもそれは地球オリジナルの肉体という実験!


 (地球人との自覚があれば、切符は手にしているわけだよね)

 つまり、五感・六感なんてのは、入り口の入り口に過ぎず
 そこから何をどう考えるかが、まず、知覚への這い這いで‥
 知覚できる事象を増やしていくことで、肉体に埋没している知覚を起動させると‥

 如何なる道具にも用い方のプロ・達人が居るわけで

 その知覚の用い方の一定の段階に到達することが求められている
 ‥まぁ取りあえずそんな感じなんじゃないっすかね???


> 地球人類のDNA並びに脳には、それだけの謎が埋没している‥
> ‥それは、ナチュラル&ピュアである程、共鳴性能が高い‥(思い込みというリスクもな)


 ‥そう考えないと人類という実験の持ち味が見えてこない‥

 覚者が増えると自分が落ち目になるんじゃないかなと考えだす輩もいて
 邪魔する方向への力も発生し(人類滅亡欲)
 (これも知覚の一つ:悪意という知覚の発見という理解の発生)

 ‥それら様々なガラクタやらお宝やらを組み合わせて、全体を認識する‥

 認識した上で、どう生きるのか?という課題性。

 究極的にはそこの理解&一体=不老不死へと続くサクセスストーリー

 (まぁ不老不死の証明は、生きてみないとわからないわけですが)
 (時間を超えた体験が日常的に普通に無理なく可能なら、ほぼイコールかと)

 ‥そこを文明の枠で考えれば、科学力も含まれるかと‥(科学も知覚の一つ)


> なんでもそこを(なにやらして)飲むだけで覚醒レベルしめる薬草(?)があるそうです


 ‥瞬間的な意味なら秘宝としてジャングルにあると聞くが、永遠に効果たらしめるかは不明
 ‥不老不死の段階にまで導くかどうかまでは(リスクを含め)語られていません
posted by 木田舎滝ゆる里 at 10:00 | Comment(0) | 哲学/宇宙的に | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

【勝手句帳】091 29-4-1 静岡新聞掲載分から

↓7)向宜詠吟.2017/04/05

|春の陽の光集めて川の土手菜の花ゆれて黄の色匂う          三島市・銀杏樹の会

|春の日や光り誘われ川の土手 菜の花ゆるる黄の色満面


 ‥「黄の色匂う」に納得できず、手直しにてこうなりました

 それにしても今年の春は遅いっす。
 江戸時代の春もこんな感じだったのかなと考えると
 江戸の春はもっぱら「菜の花」だったのではと思いました。
 繁殖力もそれなりにたくましく、食えるし

 終わる頃には、綿花栽培が待っていたと‥

 油で儲けて、綿花で儲けて
 江戸の商人たちは、土地活用にさほど困らなかったと言うことです。

 ‥そのアブク銭が、ソメイヨシノの誕生に繋がったのかも知れません
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 01:23 | Comment(0) | 名句にポン/2017 | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

【津波対策】エアカー×水陸両用車こそが切り札

記稿.2017/04/03

 圧縮した空気を解縮しながら走るのがエアカー。
 そのボディーにさらに浮きを付けておく。(生命維持用第二燃料タンク)

 すると、従来の自動車の概念とは明らかに異なり、水に浮きやすくなる。

 津波が来ても、取りあえずそのままでも「浮く」となると、俄然、話が違ってくる。
 (可燃性が無いので、尚のこと渋滞で押し流されても、車体から液漏れ発火の危険もない)


> あとは、水陸両用機能を備えておけば、


 山に向かって走らせれば、あとは津波が押してくれるという算段の話にもなる。
 (渋滞だろうと、100%逃げ切れさえできれば、取りあえずなんでもない)
 (まぁ横波に突かれると混乱してしまうだろうから、道路形状の工夫が欠かせない)


 燃料タンクだけでは、バランスが取れないし
 燃料がカラに近かったりすると、浮きの働きが覚束なくなるので
 ‥生命維持用第二燃料タンクと銘打って、浮き機能を常時維持させるように義務づける。

 津波が引いた後は、しのぎ用の生命維持燃料という事でもある。

 ‥普段使わない事を前提とすれば、第二の中身は、濃縮水素でも良いと思うが
 ‥その辺はデータを取らないとなんとも言えないと思う。(分けて使う考えも有りということ)


> 水陸両用装置付きを、是からの車の全国水準とした段階を目指すとなると
> 空堀ハイウェイを作って、洪水対策を仕向けるアイデアも前提になってくる。


 台風などの増水時に、空堀に、金属網で蓋を張りつつ川の増水分を流し入れる。
 台風が去った後は、そのまましばらく水が張ってある状態になるが
 水陸両用車なら、浮いて走れば良いと言うことになる。

 ただし、砂利やら何やらで地面がゴロゴロになるだろうから

 ある程度は水を張りつつ、掃除がしやすいように、
 水底の形状を、所々で、傾斜形状にしておく必要がある。
 (途中途中に土砂を一時的に放り込んで置けるような形状ということである)
 (でないと、復旧させながらの通行が成り立たない)


> まぁ技術的な比較で言うと
> ドローン型の乗車装置の自動操縦機能が先かどうかということになるが
> 津波が押し寄せてくる状況でのパニックを考えると
> 水に浮くなら浮くで、まずは、水に浮いているだけの方が気楽だろうとは思う‥
> ‥飛べるなら飛べるで、一斉に飛ぼうとすると、どうなるかなんて火を見るよりも明らかだ
posted by 木田舎滝ゆる里 at 19:49 | Comment(0) | 目の付け所をナス/2017 | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

【勝手句帳】090 29-3-28 静岡新聞掲載分から

↓11)向宜詠吟.2017/04/02

|横綱の力の限り豆撒きぬ         静岡市清水区港町

|横綱力の限り豆まきぬ 鳳凰降り 春 稀勢の里


 ‥相撲詠みか、まぁあって然るべきか
 それにしても、器用に詠み込んでますな。
 ということで、酉年に引っかけて引っ張りました。

 「豆まき」はさしずめ、「福は内」叶ったりって所でしょうかね。

 (ちなみに著生は、角界とて芸能スポーツ同じくさほど興味なし)


> ‥ここでの技法的には、「降りき」終止形か「降りし」連体形かになりますが


 「降りし春」では、春だけの印象は否めません。
 この年の間ぐらいは‥との思いでくくろうなら、願いを込めて「降りき」で句切ります。

 また、「春、鳳凰降りき」とすると
 ‥詩情としては、だからなんなのとツッコみたくなる印象が痛いところです。

 「是からですよ」との印象を誘うには、キャッチコピー風に盛る方が気分出るかなと。




木の芽吹くほのかに聴こゆの音     長泉町・ながいずみ俳句会

|風吹けと伝わる希望木の芽から 解縮したる命のふしぎ


 *解縮(かいしゅく)‥参考:【提案熟語】解凍×→解縮(かいしゅく)

 開縮の方が良さげな気もしますが、開閉と同じに扱われては心外です。
 ここでは、見ている側の気持ちを含めた解放の意を兼ねて「解縮」です。


 ‥「木の芽」ネタの句が、時節柄目に付くようになりまして
 是はイケるんじゃないかなと、ネタの句と目が合いましたが
 すっかりリスペクトしちまっております。

 ‥何が気に入らなかったのかというと
 「ほのかに聴こゆ」‥どこか静岡の句会に有りがちな感性に思えてきました。
 「風の音」‥木の芽と何の関係があるのかが今ひとつ足りていません。
 「吹く」はですね‥「吹いてない木の芽があったらもってこい」の印象です。


> ということで、全然イケてなかったのですが
> リスペクトと比べてみると、「木の芽」×「風」の掴みがポイント高かったようです。


 (夏休み等も含め、ガキの頃から日曜といったら寝坊にも夢見にしか関心がなく)
 (それゆえ出歩かないから、木の芽に注目してみたことなんてねぇ!)
 (今だってさほど変わらんよ、排気ガス吸いたくねぇし!)


> ‥圧縮した空気を解縮しながら走る車の技術があるんだってな
> (まんま「空気解縮車」やん)


 「ガソリン車」等‥液体燃料系には、さっさと寝入って頂くしかありませんな。

 ‥燃料の重さが超絶に軽いっす。(液体燃料を積んで走るなんざ論外の世界)

 タンクローリーもガソリンスタンドも不要。
 もはや、空気圧縮車をその辺に配置しときゃ良いだけの話です。
 その圧縮燃料づくりにしたって、太陽&風&水でイケるんじゃねぇの。

 つまり震災時対応としても、空気圧縮車を、広場に置いておけば良いと言うことです。
 (そいつがさらに飛行装置付きともなれば、世界市場でもブレーク間違いなし)
 (でもなぁ空に上がると気圧が変わるからな‥その辺、技術力で差が出るところだろうな)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 22:35 | Comment(0) | 名句にポン/2017 | 更新情報をチェックする

【考察】十年ぶりにチーズを食べ始めて分かったこと

記稿.2017/04/02

> チーズを十年ぶりに食べ始めて分かったことは
> 無駄に空腹感が増えるという事だった。


 食べる量によっては、食欲増進になるが
 あるラインを超えると、ただ単に空腹感が強襲するだけの食欲のリバウンドが始まるようだ‥

 つまり是は

 ピザ好きが急にダイエットを始めようと思っても無駄という事である。
 まずは、食事内容を切り替えて、空腹感の強襲を小さくしつつ
 食事の好み自体を改善させないと無理!

 (万人がピザに夢中になるのも、一度にほおばるチーズの量が絡むのかも知れないな)


> あと、胃とチーズの相性が良いのか‥
> 逆流性胃炎症候群がどこかに行ってしまったような感じがある


 チーズをちびちび食べていると物足りないというかケチぃ気持ちにもなる所だが
 それなりの付き合いをすれば、健康に良いと言うことことらしい‥

 (40過ぎると食欲減衰するからな)

 ‥食欲って事は、脳に影響力があるって事なんだろうな。
 酒も発酵食品で、物質的にも脳に影響が大きい食品だな。

 (腰に効いたんじゃなくて「脳」に効いたと‥個人差ありそうだな)

 となると、発酵食品の中には、色々とした脳に影響を与える物質があるとの仮説が成り立つ。
 だが、発酵食品が小腸の中の微生物にどのような影響を及ぼしたのかでもある。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 09:09 | Comment(0) | 日記/2017 | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

【用語解説】電子書籍における自炊 (じすい)‥本当の意味

改稿.2017/03/31...20170330...

 ‥どうして本のスキャンコピーを「自炊」と表現するのかが実に謎だった

 そこで、ようやく気がついた
 というより、気がついてしまった

 エッチな本の使い道のことを総じて「おかず」と表現する‥
 そのおかずを自分で手作り用意する意味を込めて「自炊」‥


> データの吸い出しとかそんな言語的な余韻絡みは関係ねぇってことで
> オタクのシモ用語が経済用語に盛られちまったという事のようです。


 オタクのシモ用語が経済用語に堂々と盛られて活躍中と言う‥ものすげー衝撃‥

 「なぁ、新しいおかず仕入れたんだけど、自炊してくか?」
 ‥とまぁこんな使い方をしていたようには思えませんが
 ‥でも、DVDの焼きに対してなら、想定内かなと。

 (どちらにしても、女子からしたら猛烈なキモ用語でしかないけどな)

 ‥どこから発祥したのだろうか、すげー言語センス。(俺には無理)


> ということで新たな表現が求められそうだと‥(今更だな)
posted by 木田舎滝ゆる里 at 15:17 | Comment(0) | 提案熟語 | 更新情報をチェックする

【短歌】糞・国政十怪+1

向宜詠吟.2017/03/31

|殺人罪煙草の煙の遅効性 野放し政治も殺人罪
|原発のまさかのベント不可殺意 野放し政治ぞ殺人未遂
|「九条の精神捨てて何望む?」 戦争するのはまず人間
|戦争を始める権限誰にもねぇ 権限与えりゃ無罪ぞ確定
|罪意識そこは自由と法規依存 見落としがちぞ戦闘心理
|人任せ医療の正義どこにある? すべて実験あなたのカラダで
|人体の実験らしき医療でも カネになるから需要あるから
|認可するキチガイ沙汰に平然と 対処できればエリートとは‥
|開発にダッシュを利かせ科学とは 廃れるばかり地球の素顔
|押せ押せの開発大好き我が物と 誰の認可だ椅子の都合


|「必要」‥わざわざ増やす馬鹿どもの 無責任の何物でもなし!



> うた詠み終わります、ありがとうございました。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 12:24 | Comment(0) | 日記/2017 | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

【勝手句帳】089 29-3-24/3-25 静岡新聞掲載分から

↓9)向宜詠吟.2017/03/29

|川面はふの薄らぎ早桜           浜松市・三ヶ日俳句研究会水鳥発行所(3-25)

|桃林やうすらぐ靄から現れき ここはいずこか夢見たる里


 ‥ネタの句は、靄の薄らぐ光景の中に早桜があったと・・
 この早桜が、どうにも「川面」とあるので河津桜のことらしい。

 ‥「ほう」「へぇ」と、早起きしてみた甲斐の着目は悪くない

 ただ、「靄」と「桜」ではまったく以てピンと来ない。
 河津桜とあれば濃き印象にもなろうが、ただ桜では、靄同然に薄き印象だ。
 そこで、桃にして引っ張ってみた。所謂、桃源郷の趣である。




|日を背なに垂るる釣糸日永し         沼津市・潮音波光句会(3-25)

|日をせなに垂るる釣り糸春の海 わらう桟橋ポーズ次々


 ‥「日永し」でくくっては、そこが海なのか川なのか池なのかすら分からない
 そんな案配になろうなら、ざっくり「春の○」と盛ってしまえというものだ。

 また

 周りの様子の一つも無しに、自分の背中一つだけ見せて「日永し」のくくりでは、
 自分一人だけで釣りをしているとした雰囲気盛り盛りで
 ‥句としては、どうにもつまらん。

 (如何にもマニアながらのポイントで釣りをしていますと、語りたいかのようでもある)




|碧天へ相輪の風光る            浜松市・三ヶ日俳句研究会水鳥発行所(3-25)

|碧天へ相輪の風光る道 仏に学び仏を擱かむ


 *碧天(あおぞら)‥とでも読むのだろうか?
 *相輪(そうりん)‥仏教で、塔の上に飾る輪を束ねた飾りのこと。
 *擱く(おく)‥D途中でやめる。中止する。中断する。
         ここでは、自分の道を選んで進みはじめるぐらいの意。


 ‥ネタの句の「塔」の二音には、何の気持ちも意図も無い。(音数埋め)
 しかしまぁ着目はなかなかどうして‥「風光る」にピッタリか。

 学び学びといっても、何も専門家になるために学ぶわけではない。
 仏教だろうと同じことで、学んで何処を目指すかは自由である。
 ‥もっとも仏教の場合、「悟り」の言葉に惑わされて、挫折&居残り組も多いわけだが


> 「挫折上等!」‥其もまた仏教、もとい人生ということです。
> ‥挫折してみないとね、掴めないこともあるわけですな。


 (そもそもの仏教が、挫折の賜みたいなもんだし)
 (‥集まってきた弟子たちにしたって同じだったろうさ)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:03 | Comment(0) | 名句にポン/2017 | 更新情報をチェックする