2024年05月10日

【ボケて痛っ】健康には良さげな値上がりなトホホ

↓3)記稿.2024/05/10

> 毒接種でへとへとな庶民に追い打ちを掛けたる円安進行
> 「其もまた工作なんだろうがッ」とお怒りの庶民事情に有るわけだが
> 実は‥どう考えても別の角度の変革をも受けているどえす


 ‥それは、砂糖も牛肉も実は本来的な意味では不健康とした見方がある

 ・お惣菜やらお菓子の量が減ったので砂糖の摂取量も減る(結果細くなる??)

  砂糖の毒性とは
  砂糖分子×乳たんぱく分子との組み合わせから生ずる血管の破壊力増になっている
  どれほどに修復可能かは、加齢にもよるし、食べる量にも、食べる時間帯×タイミングにもよる

   (牛乳よりは、羊乳、山羊乳、馬乳の方がそういう意味では害が少ないのかも知れないが)
   (味覚とした趣としては、牛乳には敵わねぇとした産業事業が絡む草)


  ※ 本能的な反応として、多くがコーヒー派へと転換せり
  (コーヒーには、血の巡りをよくする成分が含まれている)
  (それが血管破壊を緩和するっぽい‥実証実験データについて聞いたことは無い‥)
  (それとて、其を得るに必要な量は1日あたりそれ程に及ばず)



 ・円安進行の流れで牛肉が高くなる

  牛肉がどんなに栄養満点に見えても、どの肉よりうまかろうと
  食べれば食べるほどに、怠惰モードが爆増してしまうという因果律に及ぶのだという

  (所謂‥本来の日本人とした方向性にはそぐわない‥みたいな)

  (昔からよく聞く、四つ足を食うなとは、そういう意味だったらしい)
  (プレアデス人曰く‥知性の高い生物を食べると反動が大きい‥とかなんとか)

  (天上界からすると‥アレの食文化は無くても良いみたいな空気感あるあるっぽい‥)

  (じゃ、豚は?‥食べるには、牛よりはまだましとした雰囲気っぽいけど‥)
  (腸詰め文化諸々の衰退すぎるのも好かんとした線引きにあるような気配の見えざるにあり)


 (地球はと言うと、食物連鎖云々とものスゲーからしても、ケチい考えは余りないみたいだな)
 (但し、食べる事だけに特化せる屠殺構造は好かんらしい)


 ‥産業コスパを考えたら羊だと思うんだけど(‥好みの差が大きい‥)
 ‥馬でも良いじゃんと思うんだけど、活用し直すにせよ(‥今更でしょうみたいな)
 ‥ジビエ肉に注目度の低いのは、味に個体差が有りすぎるからだ‥とかなんとか
 ‥じゃ、ダチョウは?(どうなんでしょうね?)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 21:06 | Comment(0) | 日記/2024 | 更新情報をチェックする

2024年05月09日

【ネタ文学】金属加工の始まりは、貨幣?神具?鉄器?それとも鍋?鉄板?

↓5)記稿.2024/05/09

> いくらダンジョンさえ有れば、諸々ドロップする異世界仕様にもできるからって
> 始めに武器武装せんことには、てんでお話にならない


 ‥初級ダンジョンがご丁寧にも灯されて居ようと、武器武装無しにはドロップまでの道のりは遠い
 ん?それって
 スタート時にこそ、素手もしくは棍棒もどきで挑んで、初期ダンジョン1Fにて
 倒したモンスターから、あっという間に銅の武器が手に入るとかなんとか‥
 そういう文化色でええの??


 ‥それとも、棍棒で、一度でもなんらかの獣やらモンスターを撲殺できたなら(殺人は×)
 職能「鍛冶師」だったら‥「銅の剣を作成」とでも項目が生じるとか?
 職能「錬金術師」だったら‥何かで土掘りしたら‥「小型の土起こしを作成」と項目が生じるとか?
 さらにそこに種を蒔いたら‥「鍬の作成」と項目が生じるとか?

  (まぁ、そんなんだったら、好奇心爆発で何でも行動しまくる奴が居てくれれば助かるz)
 (鍛冶師や錬金術師辺りになると、その点では、ある程度ヌルくしておかないと進展を見せん)


> そんなん考えだしたら、奇妙な問いが降りてきた
> それこそ‥貨幣が先か?神具が先か?鉄器が先か?である


 ‥否、鍋だろう‥もとい鉄板か‥
 プラスチックですら、日曜に波乱せりしは、包みと容器だz
 まな板だって、すっかりプラスチックに駆逐されたのだ(木製はプロ用みたいな)

 鉄の塊っぽいのをまず見たら、鍋っぽいのを作りやらかす流れに違いねぇ
 (失敗するのがオチだから、鉄板になりそうだけど)


 ‥とにもかくにも、鉄を上手に加工する一歩としては
 形を為した棒をちゃんと造れんようでは話になんねぇ

 雑な形の棒に仕上がったのをまずは振ってみて‥そこからの精進‥みたいな流れに違いねぇ

  ‥まぁその前に、強力な窯を造れんのも話になんねぇ
  (干しレンガ、焼きレンガとした概念が先にないとダメ)

  貨幣にしたって同じだ(耐久性が脆弱だと、国家の面目丸つぶれどえす)
  (なら、神具も貨幣も、ずっと後回しになる‥)


> つまり有史の段取りはこうだった‥↓


 ‥試行錯誤の末に、鍋っぽいのやら、棒っぽいのが金ぴかに出来上がりました(青銅加工)
 それを見た神官っぽい奴らが、権威象徴を狙っておねだりしたら神具っぽいのが登場しました

 それの保存性というか金ぴかさに惚れ込んだ商人達が

 物々交換のスタンダードにできないかと目論んだ結果、金ぴかの青銅通貨が出来上がりました
 結果、貝殻の首飾りより使い勝手が宜しく大人気を博しました
 でも、青銅が、金ぴかなのは始めの内で、すぐに青錆に被われて、無残な有り様に‥

 でも、通貨の使い勝手としては、誰しも慣れてしまった後なので、銅貨でも受け入れられる事に‥

 だが人々は(とくに商人達は)青銅の雅な輝きを取り戻したかった
 という手順での金貨・銀貨への道のり‥みたいな


> だがこれだと、鉄鍋に辿り着く前に、陶磁器の方が先になりそうな気配だが
> 土を得られないと駄目なんだから、その辺は土地の適正とした案件になる


 ‥それにしても
 囲った石やら土やらで造った竈に、金属とした輝きやら塊を発見し
 そこから、鉄器までの道のりが始まった‥みたいな話を聞くけれど‥

 偶然とした確率頼みに偏りすぎている気がしないでもない


 ‥そもそも、インカ帝国だよ
 鉄器を持たずに、黄金の加工技術だけをやらかしていましたなんて謎だらけなんだよ

 (そこの不可解さに注目しなかったスペインの指揮官は糞ッ)
 (鉄器も無いのに、どうやって金を掘るんだよ、どうやって金を取りだせるんだよ?)
 (失われたノウハウがデカすぎる)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 16:56 | Comment(0) | ネタ文学 | 更新情報をチェックする

2024年05月08日

【ネタ文学】クレーンゲームのナナメな見方がアレに似ている

記稿.2024/05/08

> クレーンゲームの本質とは、籠に囚われた妖精さんの救出作戦なんだぁ
> と妄想してみよう


 ‥クレーン操作の下では、籠に囚われた妖精さん達が、ハラハラドキドキしながら
 我先に助かりたいとばかりに祈りを捧げていたりするのだろうか‥
 (そういうモチーフはまだ見たことないz)


 ‥だがしかし、コインは無駄に失われていくものだ
 皆が皆、クレーン操作の達人だったら、警察も軍隊も政府も要らねぇどえす
 もとい、クレーンゲームなんざ遠の昔に廃版だz

 でもそうじゃないから、囚われた妖精さん事案が発生し続けるとも云えるのだ‥


 ‥そして、そんな感じに慣れ親しんでしまうと
 妖精さん達が悲鳴を上げながら、クレーン操作に注目してくる仕草や表情がカワイイとかなんとか
 そういう遊び方回路に出来上がることになる(ヤバイ人らの出来上がり)

 そんな萌え方に慣れ親しむ程に、ついつい次の言葉を正論に発するばかりだろう


> 「正義とした救出作戦は無償では無い、もっともっと、予算の追加をッ!!!」と
> 「正義とした救出作戦は無償では無い、もっともっと、予算の追加をッ!!!」と


 ‥なるほど、とても深く不快な鏡似性だったのだなぁ

  下手っぴクレーン操作役=自民与党
  籠に囚われた妖精さん達=日本国民
  奇跡的に掬い上げられた妖精さん=あらポチ族(生涯を●●げてご恩をお返しします‥みたいな)

  とかなんとか


> なら、助けて貰うなら達人が良いよね(異世界の定番としては十分にあり)
> 達人に助けて貰う所から始まる恩返しvs権力に召喚されて始まるポチ暮らし


 ‥まぁそうに例えると
 駄目神様の異世界にやって来ちゃったのって、異世界としてはヤベー部類になるって事ですよね
 (まぁ戦闘狂にしてみれば天国かもしれんけど‥失う感情にニブい御仁らどえす‥)


 ‥とはいえ、ドラマとは、正義の正当性を語り継ぐだけの代物ではありません
 登場人物らを通して、高度な理解を得られればそれで良いとした立場でもありんす

 (だがしかし、見たいのがファンタジーだったら、そりゃ選ぶz)
 (囚われた妖精さん達だって、助けて貰いたくない客のクレーンを避けるに決まってる‥みたいな)
 (まさに、投票に行かずに手仕舞いを決め込む日本国民‥みたいな)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 15:24 | Comment(0) | ネタ文学 | 更新情報をチェックする

2024年05月07日

【国語】「あらず」発音の謎

↓2)記稿.2024/05/07

>「非ず」と漢字を当てるのに、「有る」単独の言い回しとして用いることが無い
> 非ず○ : 有らず×
> なのに「あらずんば」と用いると「有らずんば」とだけ奇妙に変換されてくる


 ‥もっとも代表する用い方が、「平家にあらずんば人に非ず」

 この誰もが知る言葉の謎を、なぜかスルーしているのが現代人の洗脳度合いどえす
 この誰もが知る言葉の謎を、なぜかスルーしているのが現代人の洗脳度合いどえす


  (ググると、「平家に有らずんば人に非ず」とは押してこない)
  (むしろ、気が付かれたくないのか‥平仮名で載ってくる)

   (文科省傘下の学者群のあざとさ‥みたいな)
   (ちゃんと説明しやがれッ)


> そこで日本語はどうしているのかというと


 ‥そうである
 ‥そうではない

 というような奇妙な言い回しをするようになっている
 そこが基本に有るようで

 ‥無きにしも非ず
 ‥少なからずなりけり → 少なきに非ず → 少なくない

 なんて様相に変化する
 その一方で

 「‥有るには有る」を肯定の連続として指摘しないのに
 「‥無くは無い」を否定の連続として忌み嫌うのだ


 ‥ここまでの流れでツッコむと、どうしたって否定の連続ありきをやらかしてしまわざるを得ず‥

 又「無くは無い」を否定の連続と判定するのに
 「少なくない」を斯様に指摘するところが無い(どう考えても怪しい‥)


> そこから推論できることは
> 日本語の活用変化の中には、予約語とした限定型が、明らかに存在する事である


 (世界中のどこの言語よりも予約語が多すぎる‥みたいな)
 (それでなくても、同音異義語ありまくり‥方言ありまくり‥とても教えづらい)


 ※「それでなくても‥」の「ない」は、有らずと活用しないことからの派生形なのだから
  「それで無くても‥」と変換やらすのは如何なものかと思わざるを得ず

  ‥「ず」が否定の意味だからとして「無い」を宛がうのは違うと思うのだ‥
  (新たな漢字を用意するぐらいの踏み込みが求められるだろう)


 ‥いっそうのこと、「それでnくても」という風にでも書くとか‥
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 11:54 | Comment(0) | 日記/2024 | 更新情報をチェックする

2024年05月06日

【ネタ文学】エデンの園から終末or永遠まで‥お前らどれ選ぶ?

↓2)記稿.2024/05/06

> 例えば、地球円周を2倍にすると球面積は4倍になる
> ドラゴンも十分に徘徊できそうな規模惑星とした異世界での可能性を考えた時
> そげにモンスター上等として徘徊する世界で、スローライフ(農耕×牧畜)なんかできるか!
> とした疑問がどうしても拭えない‥orz


 ‥そう考えると
 モンスターやらドラゴンやらどちらに転ぶか不可解な神々の存在するヒエラルキーの世界で


> どうして人間が繁栄してスローライフをやらかせるんだよ‥有り得ねぇだろうがッ‥
> 人間社会の多様性を、どうしてそこからランダムに獲得できんだよ‥無理ゲーだろうがッ‥
> とした疑問がどうしても拭えない‥orz


 ‥魔法が在ると言ったって、成熟するまでのステップにもモンスターありきだよ
 どれだけのモンスターを血祭りにあげりゃ気が済むんだよ

  (そげな馬鹿とチキガイが貴族やらかすんなら、多様性も糞もねぇだろうがッ)
  (もっともっと強くなりたいとか‥多様性獲得テーマとしては脆弱すぎる‥)


> そこで、人類の実験には、どうしたってシールド・結界・思いこみ村境あるあるにせざるを得ず
> なのだから、初期段階としたある程度の養育環境の創出が欠かせない


 そして、次のステップに移行せる判断が下されると
 突然とした接触が起こることになる(実験×事件)
 ‥その時の経過は、どうしたって四つだ‥


 友好←→格差な従属(競争原理上等)←→差別×屈辱なる隷属(支配原理上等)←→皆殺し


 ‥何のことはない、それだけだ、まったくにそれだけだ
 そして、なぜか、すべてを盛り込まないと気が済まないのも物語脳なのら

 (実際には、すべてを盛り込むのは無理だから、ジャンルに分かれるのだが‥)
 (細かく見ると、主人公を取り巻く人間関係からしてそれだし)
 (異世界に来た‥という趣旨から、その世界の情勢をある程度理解せざるを得ぬ展開だ‥)


> されど、実験×表現する側ともども屈託ねぇ
> 高度な理解を獲得するには、それらは全部必要だ‥みたいな
> 高度な理解を獲得せしめたなら(感動?)‥物語はそこで終わる‥みたいな
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 15:57 | Comment(0) | ネタ文学 | 更新情報をチェックする

2024年05月05日

【ネタ文学】ドラゴンの主食は本当に「肉」で良いのだろうか?

記稿.2024/05/05

> ドラゴンの口は、恐竜と較べると体積比が小さいと思う
> これはブレス攻撃をする際の都合にも見えるが
> そもそもが、肉食という次第には無い‥のかも知れない‥


 ‥ドラゴンと言っても、大きさの定義が様々どえす
 銀河系サイズとかになると、そりゃもう、生態系なんて有るわけねぇ
 それこそ逆に、ドラゴンの体内に、宇宙を取り込んで、養ってるんや‥妄想どえす


 ‥ここでは、生態系に関われるサイズ向きなドラゴンを想定したい
 とはいえ、コミカルに描こうとして人型サイズになると
 大抵が爆食家としたオチになっており、そこがどうにも鬼門どえす

 そのままにシェイプシフトして、元のサイズでも同じく爆食家だと、とても不都合でーす
 (ドラゴン族が、ヒト同様の民族×国家の単位で暮らせそうになんて見えてこねぇ)


> そこで、斯様な推理を立てざるを得なくなります


 ‥人型で居た方が味覚の感度が高いので、爆食家になるのは人型の時だけ
 ‥ドラゴンとしたまんまの姿をしている時は、魔力が循環するので、空腹感は薄れる
 但し、幼少期もしくは若い個体の内はその限りでは無い

 ‥ドラゴンは、成熟すると、持てる魔力の都合から味覚の好みに変化が起きる
 結果、流動食を好むようになる

 その正体こそが、発酵食とせる液体だぁ‥みたいな
 (麹菌、酵母菌、乳酸菌、納豆菌、ドロドロなキノコ類‥とした池を培養しているみたいな)


> 異世界には、ヒト族が踏み込むことの不可能な菌類のお池がある
> 成熟せるドラゴンは、そこのお池の液体を好んで飲みに来る‥とかなんとか


 (食事のあとのニオイがもの凄そうだが、クリーン魔法でいつも綺麗)

 ‥魔鉱石を食うとしたネタを見かけるが
 あれは食っているのでは無い、魔力の調整用途に取り込んでいるだけ‥とするぐらいだろう

 (鳥が消化用途に、ジャリ粒を取り込むのに等しい‥みたいな)


 ‥当然、食事池の管理を自分たちでもやってることになる‥
 魔法でちょちょいのチョイできるんだから、グルメな個体ならやらかすに決まってる

 (だが、幼体からしてみたら、アレな修行食はヤバイとかなんとか‥思うのだろう)
 (なので、老体になってもヒトの食事の方が好きな‥酒豪の爺婆個体とは話が合う‥とかなんとか)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 13:06 | Comment(0) | ネタ文学 | 更新情報をチェックする

【ツッコミ隊】時代は、自民党を失してどっちに宛がっても同じに至った件

記稿.2024/05/05

カネを掛けて日本中に道路をばら撒きました(大丈夫なんかい?)

ネット通販が一日で届く爆祭りになりました(うおぉスゲー)

今年になってから制度が変わり、一日で届くとは限らなくなりました(こんなにも違うとは‥)
結果、新鮮な○○とした産地直送にも影響を与える次第になった草っ


> 気が付けば、ホタテは冷凍でもまぁ問題無いからやって来たけど
> ホタルイカやって来ねぇじゃんオチにけり(さすがに冷凍では旨味がねぇ??)


 ‥とまぁ道路も自民与党のチグハグさの一つとしたオチに至ったz
 道路開発だけ急いでも、結果として無駄ガネと化してしまった(残念)

 ‥静岡県からすると、まぁ山梨方面からの道路が開通したわけですよ
 そしたら、北陸からの荷も通りやすくなる思うわけですよ
 でも、ホタルイカ届かなかったくさっ(意味ねぇ)

 (すってんてんに忘れてたし‥)


> で、今、問題になっているのが「水道クライシス」
> 金の掛け方のバランスが悪すぎる始末が露呈しているどえす


 ‥まぁ基本的にお役所なんて、予算請求こなければ何もせず‥どえす
 そもそもの役人体質からして糞で、民主的の度合いが差し替わっている‥

 (どこの県議でも自民党だしな)


 ‥しかも、財務省とした上からの澱としては

 予算を右肩上がりにしたい(つまり増税)
 されど、予算は削られたくない(キッチリ使い切ろう)
 でも、いくらあっても足りない(国債ありき構造)

 実の用は経済指標であって、歳入の増減では無いと言い返す草(こいつ駄目な‥言い分)


> つまり、財務省からして返済意識に乏しいくせに、返済空気だけ国民に急き立てる恐喝どえす
> つまり、財務省からして返済意識に乏しいくせに、返済空気だけ国民に急き立てる恐喝どえす
> つまり、財務省からして返済意識に乏しいくせに、返済空気だけ国民に急き立てる恐喝どえす


 そしてさらに、世間の給料が上がろうなら、上がった分に増税を仕掛けてくる始末だッ
 (国民から搾り盗ることしか頭にねぇ)


> で、結果の道路無駄遣い(どう始末するんだよッ)
> &水道クライシスやって来たん(相変わらずの後手後手にも超が付く)


 これはもう、自民党で無くてもどこに宛がっても同じに至った件
 これはもう、自民党で無くてもどこに宛がっても同じに至った件

 ‥道路をこれ以上に、造らなくて好くなってます(エア・モビリティ待機だし)
 ‥もとい、道路以上に急務の予算振り分けが課題になりました
 ‥そっちの関係を気にしない間柄の方が、むしろスムーズにやってくれそうみたいな

 (そもそもの水道利権をフランスに売却した云々の黒幕は麻生太郎だとかなんとか)
 (水道使えなくなったら利権も糞もねぇ‥それは意図的な防衛なの?ただの無能なの?)

  ‥水道が危険な案件だというのだけはガッツリと臭ってくるz‥


> どちらにせよ、水道クライシスとした件で、野党がどう攻めるかどえす
> 触れてこんかったら、そりゃもう、どこに宛がっても同じに見える(政権交代とて無理ッ)
> (というか、そのまんまなら、為政者全部が茶番との告白だz‥知ってるけど‥)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 11:02 | Comment(0) | 日記/2024 | 更新情報をチェックする

【国語】与えられる恩恵vs授けられる恩恵

記稿.2024/05/05

> 問1‥「与えられる」の正しい用い方はどちらでしょう?


 a)人が神に与えられる恩恵
 b)神が人に与えられる恩恵


> 問2‥「授けられる」の正しい用い方はどちらでしょう? 


 a)人が神に授けられる恩恵
 b)神が人に授けられる恩恵


 ‥なんだかどちらも悩ましい

 通常は、「神が人に与えし恩恵」「人が神に授けられし恩恵」‥と表現するどえす
 「与えたもう」「授けたもう」にせよ‥結果なのだから、過去形にして表現すると分かりやすい

 だが、与えようとしている段階や、授けようとしている段階だと
 今や、現在形にて、無理矢理に「られる」に押し込もうとしやがるようです


 ‥なので、そもそもの日本語とした感覚では
 問のどちらものaも に× → から○ ‥に直して表現した方が無理がでないでしょう

 さらに比較としては、どちらのbも に → へと ‥を用いるとより丁寧かなと


> だがしかし


 生徒が先生に教えられる日常
 先生が生徒に教えられる日常

 なんて感じに、今や、生徒も先生も同格に据え置かれる時代どえす
 (先生だって生徒から学ぶこともあるのだぁ‥みたいな)
 (ならば神だって、人間から学ぶこともあるのだぁ‥と思わざるを得ず‥)


 ‥だが、恩恵(スキル)という明らかな立場上の隔たりというか
 特別さ×立ち位置・役目・役回りのはっきりしている事柄に関しては

 「神が人に与える」よりは、「神が人に授ける」とした方向になるどえす
 「授ける」とした用い方そのものに、すでに品×格が込められているというかこもるどえす

  ‥「予言」と「預言」との違いみたいな‥


 ※ 日常的などうでもな事柄や趣には、「与える」でも問題無し


 ‥「られる」を万能だと思いこみ、安易に使い回していると
 どっちがどっちなんだかさっぱりだ‥とした意味不明に陥るばかりで表現上の無駄ッ
 双方に解釈できてしまえるとした無駄ッ
 判りにくさへの無知、無謀、謀略、調略ありき‥みたいなしんどさが付き纏うどえむ


> 一言で言えば、「られる」信仰は、表現上の手抜きに陥りやすいどえす
> そもそもの主犯は、前後の文意を吟味してねぇ接続の用い方が下手すぎるのら


 (帰国バイアスあるあるに思われるのだが‥今や物書きのレベルでそれですからね‥)
 (だからいつもこう思う‥日本人風なペンネームを翳した外人な奴らに違いねぇ‥と)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 01:03 | Comment(0) | 日記/2024 | 更新情報をチェックする

2024年05月04日

【ネタ文学】引きニート→踏破プレイヤー→異世界→「諦めるのが嫌い」発言に説得力はあるのか?

記稿.2024/05/04

> 好きこそものの上手なれ‥と言うのは解る


 ‥だが、引きニートのち踏破プレイヤーのち異世界
 としたテンプレあるあるの

 異世界にやって来て、勇者注文されて、其を頑張る理由に「諦めるのが嫌い」云々には
 もやもやとした虫唾が走るz

 異世界あるあるとした誰かから
 「どうしてそんなに頑張っちゃってるの?」ツッコミへの返答はとても悩ましい


 「あんたは貴族が嫌いなのか?」‥とか
 「俺も命令は嫌いなんだけど、この依頼には挑戦のし甲斐を感じてるんだ」‥とか
 「人の命が掛かっているのに、その気になれないなんて、そっちこそ損得勘定に見えるぜ」‥とか


> ツッコミ様はいろいろあるのに
> どうしてどいつもこいつも「諦めるのが嫌い」テンプレパターンなの?
> どう考えたって、説得力に欠いているだろうに


 (以前前世‥引きニートだったという負い目はどこさ行っただ‥)


 ‥まぁ、そこが不器用だったから引きニートに落ち込んだんだろうから
 口下手なのもツッコミ下手なのもあるあるなんだろうけどさ

 「諦めるのが嫌い」云々系のセリフは似合わねぇだろうがっ(どうなのお前ら?)


 ‥胸張って、以前の世界でも「諦めるのが嫌い」を通してきました言えるの?
 単にゲームの中でのそれっぷりだけだよね

 (どんな職業でも同じように其を発揮せるタイプを前提にして、口走っちゃいやしねぇ)


 あくまでチートありきのチートを掴んでいて、頑張れる発言だよy(残念な脆弱感てんこ盛り)
 あくまでチートありきのチートを掴んでいて、頑張れる発言だよy(残念な脆弱感てんこ盛り)

 ‥だがしかし、てめえのクリアーしたゲームに
 転生できたという「にへら感」に嘘はねぇんだから
 転生できたという「にへら感」に嘘はねぇんだから


> 「まだまだ伸び代十分なこの俺に、黙って一つ貸しを作っておけば良い‥」
> ぐらいのセリフを吐かせた方がずっと気が利いている


 ‥現代社会とした情勢からすると、コネ×ノウハウの揃って無ぇ奴にその発言は不似合いだけど
 切った張ったの冒険者同士ともなると、タイミング次第では
 ものは試しとした期待解釈には遠くないはずだ

 どちらにせよ、それな積み重ねありきの業界なんだからな
 「嫌いじゃ無いぜ、そういうセリフ」‥(違うのか?)

  (まぁ、そこがソロプレイヤー独特の残念さ‥みたいな)
  (あとは中二病とした傾向がどれほどにあるかの差どえす)
  (真面目すぎるキャラだと、出て来ないセリフどえむ)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 18:58 | Comment(0) | ネタ文学 | 更新情報をチェックする

【ネタ文学】異世界ドワーフをバイキングと掛けて大航海やらかしてくれそうと疾くそのツボとは?

記稿.2024/05/04

> ‥いろいろ考えた結果
> ドワーフだからと言って、浮遊船まで造り出してから旅に出るなんてやり方は無し


 ‥思い立ったが吉日とばかりに
 手にする技術で以て、一通り備えて、ホイホイと大洋に向けて出港するに決まってる
 其もまたドワーフらしさニャ


 ‥では、その想定内になりうる備えとは?

 いくらドワーフがタフだからって
 24時間の交代制の帆船航海を‥100日も200日もやってなんかいられるかいッ‥に違いねぇ

  (大酒やらかして酔いつぶれたい口なんだから、交代制にも限度が募る)

 だから、どんな孤島だろうと停泊して陸の上でガッツリ寝入りたいに決まってる
 すると、坐礁の危険を避けるのが取りあえずの課題にならん

 使用する帆船サイズを丸ごと魔法袋に収納せる工夫を備えるとするのが、第一に違いねぇ

 (さすれば、更に予備の新造船を魔法袋に入れておけば心強い)
 (当然として、自分たちの底なし胃袋に見合った、水と食糧と酒と大工資材を詰め込むことになる)

  (魔法袋に詰めた、壊れた方の船を平地な陸に拡げて、ハイ修理)
  (これぞ異世界ドワーフの大航海とせる醍醐味だッ‥みたいな)


> でも、さすがに手漕ぎ船に非ず、40mサイズもあれば、最大で500人程度は詰め込めるっぽ
> でも、300人ほどは荷物扱いとしての許容なので、概ね100人超が船員の枠らしい
> (まぁその手の魔法袋前提なら、すし詰めでも、飯の余裕は保てそうだけど、分乗ありきどえす)


 ‥いやぁまぁ想定内すぎて、異世界版大航海としては何の変哲もねぇ
 そこで、ドラゴンが飛び交う世界なんだから円周四万キロなんてケチくせぇ

 円周を2倍にすると、球体面積は4倍に及ぶ
 (それ以上になるとさすがに土星や木星にあるあるの気象変動が大きすぎてヒトには不向きっぽ)
 (とくにスローライフには不向きに違いねぇ)

 すると、どうしたって、100日超に及ぶ船上待機状態もあるあるに違いねぇ
 なので、空を飛べる種族を船員に混ぜれば、嵐の前触れには対応できるだろうにせよ
 その目的にしたって、「孤島を見逃すな」とした様相になってくる


> そんなこんなで、喜び勇んで全員そろって上陸した孤島のいくつかの内の一つで


 「なんじゃらほい??、この島、なんか動いてねぇだべか?」

 とかなんとか、ここで魔法袋から船を出して備えるにしても悩ましい‥
 仕方がねぇからお互いの小舟をロープで繋げて、待機して寝る羽目にッ

 どこまで行くのかあら呆然
 気が付いてみりゃ、辺り一面砂漠の新大陸(?)に到着にござる、あら不思議


> どうにも正体は、超特大海亀の上だった、そいつの産卵地にまで運ばれたらしい
> (ちょっと何、新大陸っぽいところに辿り着いたは好いけれど、おりられねぇじゃん)


 ‥というのをテンプレにすると、超特大海亀ごと使い回せることになるz
 (ドワーフ連中が、各大陸のあちこちに出没せるとした論説の弁証にもなるはずだ)
 (その異世界で、各大陸を結ぶ航路が確立するまでは、まぁそんな流れありきかなっと‥)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 14:23 | Comment(0) | ネタ文学 | 更新情報をチェックする