2019年11月27日

【勝手句帳】r054(01-11-26)其の1静岡新聞掲載分から


↓ 9)1 向宜詠吟.2019/11/27

能面に隠せるシテの秋思かな
富士市・ランブル富士句会(11-26)  *シテ‥能用語で主人公を演ずる者。

|能面で固めるシテの桜冷え 裏でひやひや財務省

*参考:能の誘い

 ‥安倍政権が頓挫になると財務省共に道連れだ
 自民党ばかりでは無い、今や我々も粛清リストに名が挙がっちゃってるからな

 「ここは何としても耐えて頂きたい」


 ‥と言う側面もあるわけで、結局、かつての軍部と同じ心理オチにあるらしい
 戦争に資金を準備立てるのもこの手の機関の手腕ありきだからなあ
 この手の人材まで裁かれる姿は、軍事法廷でも見られない

 それが今回に限って
 安倍政権崩壊と共にやってくるとかなんとかと言うのだから、踏ん張っちゃうのだろう


> 官僚にとって左遷沙汰は一番の恥、だが今回は、左遷どころに無く「剥奪」下手すりゃ暗殺も
> 財務省官僚らにとって、赤字処理同然で白旗は有り得ない(そういう精神構造だから)
> 恩赦ありきで詰め寄らないと長引くだけだが(総じて中身が腐ってそうだからなあ‥)


↓ 9)2


ただひとり沼の小道の蛍草
富士市・ランブル富士句会(11-26)  *蛍草‥つゆくさ。

|ただひとり泥沼に湧く蛍草 総理の沙汰に連ねる「昭恵」


 ‥桜を見る会の沙汰にも「安倍昭恵」の名が聞こえている
 なんというのか、夫婦揃って公私の区別が無いらしい

 で、こちらは裁かれることはあるのか?

 (ある意味、知る人ぞ知る陰謀論版ヒラリーの日本版に思われるが‥まぁ対象外?‥)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 22:41 | Comment(0) | 名句にポン/2019中途から | 更新情報をチェックする

2019年11月26日

【エンコード日記】マクロブロック(I4x4)は、高画質狙いには不用の件

記稿.2019/11/26

> マクロブロックは、細かいほど圧縮効率が上がるはず
> と思い込んでいるだけだった


 ‥でも実際は、マクロブロックには枚数制限が課せられている
 だから、細々としたサイズに高ビットレートを盛り付けるよりは
 ある程度のサイズの方がJPGノイズからも遠ざかる

 また、始めから高解像度&高画質狙いなら、4x4サイズを無効にすれば、処理も軽くなる

 そもそも、イントラにだけ4x4を盛り込んだところで意味が無い

 マクロブロックに制限があるからこそ
 Pフレーム用の(P4x4)が自動処理においてすら不用の扱いに置かれるのだ
 Iフレーム用の(I4x4)だけを盛り込んでおいてもノイズにしかならんだろう‥


> 実際に、(I4x4)のチェックを外してやってみたところ
> 一度揚げ:Level(5.2)、8bit444、CRF(16.5)、bフレーム(2)、サイズ:FHD
> 二度揚げ:Level(4.1)、8bit420、CRF(13.0)、bフレーム(2)、サイズ:ハーフHD


 DVD二度揚げのハーフHDサイズでの画質が以前のHDサイズ並に向上した
 DVD揚げ用途としては申し分ない結果を得た

 DVD以外でも色々と試してみたが、画質はグッと良くなる
 ファイルサイズも微に小さくなる傾向だ

 それと、キーフレームの選択のされ方にも多少の変化を見てとれる


> ‥ということで、HEVCにおいても
> 高解像度&高画質狙いなら、4x4の格子はもはや不用で良さそうである



posted by 木田舎滝ゆる里 at 17:22 | Comment(0) | 黄岐の果ての黄嶺 | 更新情報をチェックする

【勝手句帳】r053(01-11-23)静岡新聞掲載分から


↓ 5)1 向宜詠吟.2019/11/26

コスモスは揺れあい触れあいしなやかにするように今を咲きつぐ
三島市・銀杏樹の会(11-23)

|コスモスの恋に吹かれつ微笑みつ 何を掴まむ秘めたる果てに


 ‥恋という奴は、手に入れようとするほどに無理がつきまとう
 夢中になって居られる間が花なら、形はどうあれそれはそれ
 なのに、選り好み(粗探し)に流されているのが大方の悩ましきところなのだろう

 そもそもは、手に入れようとしている有り様が嘘くさいのだ

 ‥だから、矛盾に見えようとも、気持ち半分半分がお互いの都合だろう
 それで誰かに摘まれて消え去ったなら、それはそれである
 想定外の沙汰に巻き込まれたとしても、有り難い結論だったとして受けとめざるを得ぬ


 (だがしかし、その程度の空気を恋と呼ぶだろうか?‥その手の疑問はつきまとうだろう‥)


 ‥せっかちなのも恋だが、のんびりなのも恋である
 お互いにどちらに比重があったかということでもある
 横並びに無くても良いはずだったのに、いつの間にか横並びを目指していたりする
 それは社会の子育てシステムがそうだからに過ぎないが、社会あっての暮らしでもある

 されど、途中で苦しくなっても誰も面倒など見てはくれまい
 それが自由恋愛の果てという奴だ、自由恋愛上等とした連鎖だろう

 社会の基本単位が自由恋愛に傾倒したことで、誰も面倒を見てくれなくなっている
 相談するにしてもまずはお金ありきだろう
 お金に困っているから多くの破綻が訪れるのに、相談からしてお金ありきだ
 どうして長続きする上での期待を他者に頼れるだろうか?
 せいぜいが裁判所か探偵頼みで、ご破算確定コースでしかない

 「盛り返しましょう」なんてサービスは聞いた例しがない

 行政からしてそこはノンタッチのままだ
 離婚が多い方がうれしそうなぐらいに、勝手にしろの空気なのだ
 私たちの恋愛に向けた応援なんて、所詮その程度だ
(どうにも‥自由恋愛上等から生まれ経た世代の空気そのままか?)


 一方で、自由の原点とは孤立だよ、孤高だよ

 それがいつの間にやら、ぼっちは嫌だになっている
(それが自由恋愛上等から生まれ経た世代の傾向だ)
 何を言っているんだ、自由の原点は孤独だよ
 其を拒絶した性根でうまく行くわけが無い
 自由からして拒絶しているのだからな

 それを愛などとおためごかしの言葉で自分をわざわざ拐かしている
 まったく以てどうしようもない

 だったら始めから自由恋愛なんざ辞めておけ
 所詮は宗教観ありきの程度だったと思い知るべきである


 ‥それはつまり、同じお祈りのできる相手を選べって事だから‥
 ‥それはつまり、同じ食事のできる相手を選べって事だから‥
 ‥それはつまり、同じ掟を背負える相手を選べって事だから‥


 恋愛において行き着くところ、普通にそういう事らしい
 其は、自由恋愛とした遺伝性が、それほどにポピュラーとは限らない辻褄なのだろう
 恋人などでは無く、家族としての空気を求めるスタイルに置き替わるのだ
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 16:39 | Comment(0) | 名句にポン/2019中途から | 更新情報をチェックする

2019年11月25日

【勝手句帳】r052(01-11-22)静岡新聞掲載分から


9)1 向宜詠吟.2019/11/25

|掃除した床にポタリと玉の
袋井市・ど真ん中川柳(11-22)

|書き換えたうそにポタリ 汗答弁 遂にあるわけありき「安倍の変」



9)2


|好き嫌い言わせぬ鍋が煮こぼれる
袋井市・ど真ん中川柳(11-22)

|うそほんともごもご総理 煮こぼるる 忖度外にて焦げており


 ‥ワタクシがうそなんて言うわけが無いじゃないですか
 と息巻いていた安倍総理が、遂に収拾のつかない矛盾をやらかしている

 「桜を見る会」は、官僚ノンタッチで、誰も身代わりに立てることができない

 自分で仕切るのが如何に権力者にとってリスクかって教訓にもなっちまっている


> (なるほどなるほど)だから「お仕事」=「命令」の仕組みにあるわけだ


 「主体性が大事」などと‥社会で言い合う割りには
 その実は、積極的に切腹できる姿勢を下に要求して説いていただけだった

 ‥成功も報酬も上司の手柄
 ‥失態&失敗への責任転嫁こそ部下への褒美

 それが日本流民主社会の本質だった(ただの封建制のまんまやん)
 それが政界のお約束だった(上がそうなら下もそうならざるを得ない)


> まさに油断大敵の傲慢さが招いた結果たるのだろう
> にしては、穴だらけすぎる「さすが安倍総理!」期待を裏切らないz
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 15:22 | Comment(0) | 名句にポン/2019中途から | 更新情報をチェックする

【エンコード日記】10bitと8bitでAQモードにおける割り振りに誤差が見られる件

記稿.2019/11/25

> 10bitと8bitでAQモードにおける割り振りに差があるとしか思えない
> つまり規格側の調整ミスだ(この傾向はAVCだけでなくHEVCにもあるように思われる)


 ‥10ビットの方が割り当てるビット量が少なくて済む
 「輪郭」への割り振りにしてもそこの差は起きるだろう

 しかしどうだ、その対比として「平坦」まわりのビットレート量が決まるとしたら
 逆に色みにパンチがなくなって、微にビットレートを増やしたくもなる予想が立つ

 ‥ところがそれを8ビットでも同じビットレート量(CRF)を割り当てようとすると
 途端にピンボケた映像に成り下がる

 その差が、どうにもCRF(±0.1)程度の差にあたるらしい(HEVCでは知らん)


> ということで現在
> 一度揚げ:Level(5.2)、8bit444、CRF(16.5)、bフレーム(2)、サイズ:FHD
> 二度揚げ:Level(4.2)、8bit420、CRF(14.0)、bフレーム(2)、サイズ:HD
> 二度揚げ:Level(4.1)、8bit420、CRF(13.0)、bフレーム(2)、サイズ:ハーフHD


 ‥で良いのではないのかとして、揺れています

 (どうにも、自分の確認した手順がおぼろになっちまっています)
 (8ビット444のCRF(16.5)をアニメで十分なサンブル確認していないことも確かだが)
 (実写とアニメでの差としてでてきたような、そこのところが曖昧になっちまってます)

 とりあえず、かなめものOPでは補正されてでてきているので、とにかく確認でーす(あらら)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 12:27 | Comment(0) | 黄岐の果ての黄嶺 | 更新情報をチェックする

2019年11月24日

【エンコード日記】インターレース解除における魔の領域

記稿.2019/11/24

> 極たまにインターレースのブレ画像が二枚連続している事があるらしい(ええ☆)


 ‥このような場合、如何に手を尽くしてもガクつきます
 (例:かなめも(アニメ)のOP)

 まぁそういう事もあるらしい
 そういう場合は、DVDということであきらめるか、BDと言うことになります


 ‥この「かなめも」のOPが曲者で
 HDML挿しとUSB挿しとで、輪郭の見映えに差が出ます(ハーフHD&HD)
 HDML挿しではなんでもないのに
 USB挿しでは場面により(静止画シーンなのに)妙に輪郭が沈み込んで見えてしまいます
 これは、プレイヤーの差に思われるところですが、原因は不明です

 ‥デジタルアニメの場合
 輪郭が細い傾向にあるのも絡んでいるように思われます

 まぁ幸い、一度揚げのFHDサイズの再エンコード容量はDVDを下回っているので
 そのような場合は、敢えて二度揚げせずに先送りするのも手でしょう


> それにしても、二枚連続って‥どうしてそうなったん?‥



posted by 木田舎滝ゆる里 at 11:50 | Comment(0) | 黄岐の果ての黄嶺 | 更新情報をチェックする

2019年11月21日

【エンコード日記】「Hi10様」と呼ばせていただきます(DVD揚げ極まったかも)

記稿.2019/11/21

> ‥黄岐黄嶺(SATD Exhaustive)にて

> 一度揚げ:Level(5.2)、10bit444、CRF(16.4)、bフレーム(2)、サイズ:FHD
> 一度揚げ:Level(5.2)、8bit444、CRF(16.4)、bフレーム(2)、サイズ:FHD

> 二度揚げ:Level(4.2)、8bit420、CRF(14.0)、bフレーム(2)、サイズ:HD
> 二度揚げ:Level(4.1)、8bit420、CRF(12.9)、bフレーム(2)、サイズ:ハーフHD


 ※ 8ビットと10ビットでの差を現在調査中です(あしからず)


 ‥アニメでの調整値を実写でやってみたところうまく行かず
 なんだかんだで「Hi10様」にご登場願うことになった

 手始めにCRF(16.5)を試してみたところ
 HDサイズよりハーフHDサイズのインパクトの方が良く見える(??)

 ブツブツとCRF(16.2)から確認していき、CRF(16.4)を得た

 ‥アニメでの調整値の時と同様に、HDサイズでのインパクトが回復した
 しかしここで終われない
 ハーフHDサイズのCRF値を疑わざるにはいられないのだ
 状況から見て、(±0.1)の程度での調整だろう
 上げるとBフレームの品質が落ちるので下げるしかない(結果は見事に果たされた)


 ‥実写だとそれなりに解像度の差を汲み取れますが
 アニメになると、もはや言われないと気にならない(輪郭の太さの差に気が付けば別)
 一次揚げの容量次第では、どのサイズを推すかは分かれるでしょう
 普通に‥変化に激しくキーフレームだらけになると途端に増量します
 なので、オープニングでIフレーム入りまくりタイトルでは悩ましくなりまーす


> 「Hi10様」の威力すげー(微に明るくなったような‥)


 ‥この微に明るくなった内訳が、どうにも動きと遠近の補正を兼ねているらしく
 8ビットの方がソースの発色に近いと言えば近いのですが
 10ビットの発色がそんなに異なるのかというと
 HEVCに見られるスムージング感が見られる程度で、気になるかならないかは個人差の範囲です
 むしろ実写においては、問答無用で10ビットで十分に思われるでしょう

 ただし、二度揚げの過程でどのように差を経るのかはまだ調査中です
 (そこまでやるのか、ものすげー手間ッ‥想定外だ‥)


> ‥「Hi10様」は美化の為にご活躍いただくべきであって
> 圧縮などというおこがましい役まわりだけのお仕事に押し込めて終わらせては為りません


 ‥というのが当方の方針なので
 10ビットで10数%削れたとしても、詰め込んで美麗になるなら詰め込むっす
 なので、10ビット=縮小するなんて考えは、捨てていただきたい

 一方で、一度揚げはあくまで一次作成ファイル扱いなので
 演算時間は8ビットの方が有利に思われ、それで十分間に合うなら、10ビットで出す必要は無いわけです
 この辺は、きっちり判断したいと思います

 つまり

 8ビットまわりの二度揚げにするか、10ビットまわりの二度揚げにするかどうかが
 現在の調査内容になってます


 それにしても「Hi10様」のお仕事は時間が掛かりすぎるっす
 まるで手の遅いマンガ家みたいなー

 (そこは「お疲れ様でした」とねぎらってさしあげましょう)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 20:13 | Comment(0) | 黄岐の果ての黄嶺 | 更新情報をチェックする

【勝手句帳】r051(01-11-16,19)其の2静岡新聞掲載分から


↓ 10)1 向宜詠吟.2019/11/21

観月琵琶虫の音秋をめで
静岡市・しみず川柳かすが(11-19)  *観月(かんげつ)‥月見。主に名月の観賞。

参考:三線と三味線の違いは皮と棹にあり!

 その昔、大和では琵琶の素材に適した「蛇(ハブ)」の皮を入手できなかった
 ‥そこで目を付けられた皮が「犬」と「猫」‥
 当然、老いた犬に猫ではない、皮目的だからそれなりに、ボスを競ってそうな体格の良い奴という事にもなる
 で、後始末の肉をどうしてきたのだろうか?
 肉の解体処分のお仕事は専売特許だったから、その手の人たちをそのまま忌み嫌って、こう呼んでいた事になる

 「穢多(えた)」「非人(ひにん)」

 そのお仕事文化は、当然半島にも伝わることになり、犬肉文化を形成したようにも思われる
 日本で皮を売る目的なら、では肉は?(当然そうなる)
 飼育にしたって、豚やら鳥やらと比べたら犬猫の方がずっと簡単だ(当然そうなる)

 つまり、半島と非人系の一部はかなりの昔から商いルートで結ばれていた

 そんな事情を戦国大名たちが掴んでいなかったということは考えられない

 その後の犬公方に至っては、その手の勢力に注視していなかったなんてありえない
 なら‥その手の勢力が、徳川家に一番の怨みを抱くようになったと見ても不思議は無い
 その頃から、怨み憎悪の激しい連中に火を付けちゃってたのが歴史の下りだろう

 ‥この論点はスクープものだ‥


|観月や琵琶を抱えて語らむと 奏でてみれば厳かなるに
|月明かり聞こゆる琵琶や寺の方 虫の音共に古なるに


 ‥とまぁネタの句に刺激されて詠んではみたものの
 実際のところ、琵琶っすからね(三味線とは多少違う)
 琵琶に語りは付きものです(語りの無い琵琶なんて三味線となにが違うん?)
 ということで、雰囲気のそこんところがまるでわかりません


> これが所謂、バーチャル詠みに絡む制限でーす
> ということなので、誰か満月の月明かりの下で琵琶を弾いてみた映像をYouTubeに願います
> (できたら背景は、すこしボロ寺っぽい方が好いかな)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 11:01 | Comment(0) | 名句にポン/2019中途から | 更新情報をチェックする

2019年11月20日

【勝手句帳】r050(01-11-16,19)其の1静岡新聞掲載分から


↓ 6)1 向宜詠吟.2019/11/20

|よろめいて己が晩秋ハタと知る
牧之原市・相良田沼塾俳句部(11-19)
音もなく消えゆく星は人間と似て
牧之原市・相良田沼塾俳句部(11-19)

|晩秋や音もなく去る好景気 腰折る増税そのままに



↓ 6)2


|自分史のとぎれとぎれの夜長かな
牧之原市・相良田沼塾俳句部(11-19)

|安倍総理とぎれとぎれに過去隠し 切り取り線が手にも首にも


|盗人の長の任期や今朝の1120 自民の裏は増税泥棒


 ‥皆さん、裏の世界ではですね
 増税を果たすとご褒美が与えられるのです
 そういう仕組みなら頑張るしかないでしょう、それが総理としての務めですから
 ワタクシは通算5%の消費税増税を成し遂げました
 だから、その見返りに、ワタクシに4期5期の声が上っています
 ワタクシは次もやる気満々です、誉めてもらってこその人生ですから

 皆さんだってそうでしょう、誉めて貰えるんだったらボスの命令に従うのは日常です

 そうそう皆さん、裏の世界ではですね
 もう一つやらかすと最上級に誉めて貰える名誉があるんです
 それが戦争です(私たちのボスは戦争屋ですから)

 どうか皆さん、改憲の方も合わせてよろしくお願いしますよ
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 20:08 | Comment(0) | 名句にポン/2019中途から | 更新情報をチェックする

2019年11月19日

【エンコード日記】一度揚げと二度揚げの最適値(DVDアニメ)

↓2)記稿.2019/11/19

> ‥黄岐黄嶺(SATD Exhaustive)にて
> 一度揚げ:Level(5.2)、8bit444、CRF(17.0)、bフレーム(2)、サイズ:FHD
> 二度揚げ:Level(4.2)、8bit420、CRF(14.0)、bフレーム(2)、サイズ:HD
> 二度揚げ:Level(4.1)、8bit420、CRF(13.0)、bフレーム(2)、サイズ:ハーフHD


※ 一度揚げ用CRFの最適値は、現在(17.0)→(16.5)になっています



 ‥これでどのサイズでも似たような雰囲気を確保できるように思われます
(今回の二度揚げは、テレビUSB挿しをとくに目的とせず、先送りできる点がポイントです)
(勿論、テレビUSB挿しでの質も上がっていて別次元です)
(容量にしても、二度揚げすることでDVDのファイル容量より確実に小さくなる傾向です)
(オススメはHDサイズですが、用途次第でもあります‥720x480はまだ未チェックです)


 ‥二度揚げをするに辺り
 細かい設定がほぼ一緒の場合、先にbフレームの塩梅を確保した方が
 ダウンコンバートにおける安定感が上がります(ということにようやく気がつきました)
 理由としては、マクロブロックの最大値に制限が有るからです
 フレーム辺りと秒あたりで制限がされていることから、当然、効率よく重複利用するでしょうから
 bフレームを付ける付けないをやらかしていると
 全体のバランスを構成しなおさないとならなくなり、結果、動きの感じに差が出てしまうらしい
 ビットレートが足りていても、マクロブロック不足になりがちだと、途端にピンボケ感が漂います


> 調子こいて、すべてをLevel(4.1)で都合付くほど、アップ&ダウン変更はやさしくない
> DVDのアップコンバートの質を決めるのは、まずLevel×サイズということらしい


 ‥では、是に至った備忘録を記しておきます

 (ええ、ちなみに)これはあくまでDVDアニメ用の設定ですので
 BDその他においても、そのままに使えるかどうかはまだまだ是からの検証になります



1-2)1

> 二度焼きをFHDでやってみた
> 16:9 → 一度揚げサイズ(5760×1080)、二度揚げサイズ(1920×1080)
> 4:3 → 一度揚げサイズ(4320×1080)、二度揚げサイズ(1440×1080)


 ‥8:9の関係ならうまく行くだろうと思い立ち、縦のサイズを固定してやってみた
 ‥一度揚げのレベルは、(6.2)です

 結果CRF(17.0)を得ました(所謂、巷で良く言われている水準です)

 デジタルアニメの場合、CRF(20)からCRF(17.5)の容量増比はほぼ一定の傾向です
 CRF(17.0)からバラツキが始まるようです
 それでいて、DVDのファイル容量より小さくなる率が高いのです
 さすがにアナログアニメの場合は、CRF(20)がDVD容量程度ギリギリのようですが
 ノイズ感は、HDサイズ出しでのCRF(14)より若干減衰してくる内容なので
 高解像度の方が、輪郭まわりにノイズが乗りにくいという傾向にあることに変わりは無いようです
 (じゃ、4KのCRFはさらに高くしても問題ないと‥へぇ〜)


 ‥ところが、妙にざらざらとした雰囲気が気に入らず
 試しに8:9比にある480→1080でのインターレース解除がうまく行くなら
 一気に1080×CRF(17.0)出しも有りに思い立ちやってみたっす

 ‥結果‥


1-2)2

> 「フィルムグレイン」に見えるか「ノイズ」に見えるか、そこが問題だッ


 ‥subme(9)→ subme(11)ではうまく行っていなかった
 ‥subme(11)一発でFHD出しの方が、圧倒的に正確さを保つ傾向だった
 ‥subme(9)程度のQP(0)に過信は禁物!

 (じゃ、4KのCRFはそれほどに高くなんてできそうもないと‥へぇ〜)


 ‥QP(0)に至った理由は、そうしないと色が出ないと言うことだったわけですが
 もともとの制作側の用意する解像度がFHDサイズということで
 サクッと色の出やすい解像度だったらしい

 (‥えらい廻り道をしてしまっていたようです)
 (ですが、高画質で値の良いところを探り当てるのは大変なので結果オーライに思われます)
 (それの過程で得た、多少の差が大きいところもあるように思われます)


 ‥傾向として、二度揚げすると色が微に減衰しちゃうのはわかっていました
 ノイズも飛びますが、肝心のフィルムグレイン感まで飛んでいたらしい

 (DVDだからそこまで気にしてなかったのですが、感触は残っていたようです)

 こうなると当然、444出しを仮マスターとして置き換えるのもありかと‥
 実際、444の方が素直に良いと思えます
 それにしても、444の方がファイル容量が微に小さくなるのですが(そうでしたっけ?)

 (まぁ多分DVDだからに思われます‥こちらの方も合わせて確認していきたいと思います)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 00:41 | Comment(0) | 黄岐の果ての黄嶺 | 更新情報をチェックする